岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

岩殿D地区

岩殿D地区の草刈り 8月2日

岩殿D地区中段の草刈りをしました。
P8020022P8020029P8030011


B地区の田んぼ側の土手の150㎝級のセイタカアワダチソウを引き抜きました。
P8020023P8020024

P8020027P8020025P8020028

セイタカアワダチソウの抜き取り 7月3日

D地区の下段のセイタカアワダチソウは抜き取りをしました。土が硬くてスッとは抜けず、力任せの引きちぎり状態で、大半は根がわずかに付いている程度です。残念。
P7030040P7030044P7030054

P7030043P7030041P7030049

岩殿E地区の南側は一面、セイタカアワダチソウ群落になりました。ここは除草機を使う予定です。
P7030019

6月1日に刈ったワレモコウ復活
P7030021

法面の草刈り 5月18日

岩殿D地区、I地区と学びの道の間の法面の草刈りをしました。
P5180052P5180043P5180051

エゴノキの花が満開でした。
P5180008P5180012

学びの道でも
P5180055P5180054

E地区上段と学びの道の間の草刈りは須田さん。ありがとうございます。
P5180049P5180046


岩殿D地区の除草 5月12日

岩殿D地区の除草をハンマーナイフモアでしました。空模様を気にしながらの作業で、刈り残した所もあります。
P5120004_01P5120006_01

P5120008_01P5120007_01

P5120012_01P5120013_01

キショウブの花が咲いていたので、花茎を摘み取りました。
P5120032P5120030P5120027

除草機をC地区に戻すついでに、学びの道の除草をしました。
P5120005_01P5120048P5120047

学びの道の草刈り 5月9日

須田さんが岩殿I・D地区法面の上を通る学びの道の草刈りをしました。ありがとうございます。
P5100044P5100045

P5100052P5100053
東松山市内では毎年、ごみゼロの日(5月30日)前後、今年は29日(日曜日)にごみゼロ運動を実施します。岩殿でも地域の道路に散乱しているゴミ拾いを行い、農地の所有者は29日前に道路沿いの草刈りをすませます。


キショウブを刈る 4月21日

岩殿D地区、I地区のキショウブを刈りました。昨年は4月22日に実施しています。
P4210020P4210019P4210018

P4210017P4210016P4210015
今年は冬場に水路を掘って排水しているので、地面が乾いていて刈払機で刈り取りやすくなりましたが、I地区下段とD地区中段は分布が拡大気味なのが気になります。刈り取り条件(時期、高さ)、冠水条件(深さ)の組み合わせで、キショウブ群落の拡大を抑制することをめざしていますが、試行錯誤の繰り返しで長期の取り組みにになりそうです。←キショウブの花の切り取り(2021年5月20日記事)

岩殿D地区の草刈り 4月2日

ハンマーナイフモアでD地区(下段~上段)の草刈りをしました。
P4020003P4020006P4020021

P4020001P4020005P4020020





土水路(東縁水路)の泥あげ 2月3日

岩殿D地区の土水路(東縁水路)の泥あげ。水路の標柱の所まで掘りあげました。
P2030042P2030043
D地区の学びの道下の土水路作業はここで措き、降雨時の様子を見ます。

土水路(東縁水路)の泥あげ 2月1日

岩殿D地区上段の土水路(東縁水路)の泥あげをしました。中段は楽に作業できたのですが、今日は覆土に10㎝位の細根層(水平根、ヤナギorクワ)がある場所があり、掘りあげるのに手こずりました。
P2010001P2010003P2010005

※堀大才「樹木の根の構造と機能」(NPO 法人樹の生命を守る会(緑の技術集団)会報『樹の生命』第14号、2016年5月)3~12頁
※堀大才『絵でわかる樹木の育て方』(講談社、2015年)
 

D地区上段の作業 1月30日

岩殿D地区上段で作業しました。B地区と接しているエリアの刈草焼却と土水路(東縁水路)の掘り直しです。
P1300012P1300013

P1300016P1300024
土水路は桑の木の下のヒサカキ辺りまで下から掘り直しました。

土水路(東縁水路)の泥あげ 1月29日

岩殿B地区上段で刈草を焼却し。D地区中段の土水路(東縁水路)の泥あげをしました。
P1290002P1290013P1290017

P1290007P1290011P1290014

D地区上段の作業 1月27日

岩殿B地区の田んぼとの境界の土手周りの草刈りをし、D地区上段の湿地化を食い止めるための段取りをしました。
P1270029P1270027P1270016

最初にすることは、学びの道下の斜面に接する土水路(東縁水路)の掘り下げ作業です。昨年2月に下段で実施して効果がありました。
P1270024P1270017P1270020



D地区上段の草刈り 1月26日

昨日のB地区上段に続き、隣にあるD地区上段の草刈りを始めました。
D地区上段とB地区上段ののカヤは刈ってシイタケのホダ木の仮伏せの時に使う予定です。
P1260003P1260006

今日は学びの道下の土水路(東縁水路)の部分を刈りました。D地区上段を入山沼方面に向かって進むとI地区との高低差がなくなって、どこがD地区とI地区との境界になるのかわからなくなります。水路の標柱があるところまで刈っておきました。
P1260007P1260011

P1260012P1260018

枯れたタコノアシが目に付くところはD地区中段~I地区
P1260015

※米村惣太郎「絶滅危惧植物タコノアシの保全と再生に関する生態学的研究」(清水建設技術研究所『研究報告』90号、2,013年1月)
6.1 タコノアシの生態的特性
個生態に関する実験および自然環境下における生育状況の調査結果から次のように考えられる。
6.1.1 生活環
種子は主に春季に発芽し、その年の夏季~秋季に開花・結実するとともに地下茎による栄養繁殖体を形成する。栄養繁殖体は、春季に伸長開始し、種子からの生育と同じく、夏季~秋季に開花・結実し、栄養繁殖体を形成する。冬季にはその年に生育した個体は枯死し、種子および栄養繁殖体から新たな個体ができる。
6.1.2 繁殖特性
タコノアシは種子と地下茎による繁殖を行う。種子繁殖では、多くの種子を生産し、水流などで広い範囲に散布しておき、発芽に適した裸地的環境であれば発芽・生育するが、適さない場合はシードバンクを形成し、攪乱によりギャップが生じた場合に発芽・生育する戦略を持つ種と考えられた。また損傷を受けても再生可能であり、栄養繁殖により個体数が 8 倍に増えたことから高い栄養繁殖能力を有していると考えられた。
6.1.3 生活史戦略
植物の生活史戦略を知ることはその種に適した生育環境を推定する有効な方法である 9)。Grime は植物の進化を支配した重要な淘汰圧として、競争、ストレス、撹乱の 3 つがあり、この作用のもとに、3 つの主要な戦略型、即ち、競争種、ストレス耐性種、撹乱依存種が進化したと考えた10)。これらの特性はトレードオフの関係にあり、現実の植物は 3 つの戦略をそれぞれ異なる程度で兼ね備えていると考えられている。……
……耕田では、ストレスとして降雨による冠水があるがその度合は小さい。休耕田では耕起や刈取りなどの農的管理が撹乱として機能し、それによりタコノアシの生育が継続できるが、管理が行われないと他種との競争に負けて消失する。調整池では、ストレスとして同様に冠水があるが、比較的度合は小さいため、休耕田と同様に競争的環境になり、短期間で消失する。ただし刈取りや耕起を行うことで個体数の増加や再出現が確認された。
このような各生育地での生育状況および個生態学的特性から、タコノアシは撹乱のない競争的環境では他種に負けて消失するが、冠水ストレスと撹乱に対する高い耐性を有しており、また大量の種子生産量やシードバンク形成などにより撹乱条件下でいち早くニッチを開拓できると考えられることから、総括的にはストレス耐性を兼ね備えた撹乱依存種と位置付けられる。[165~166頁]
6.2 タコノアシの保全と再生のための方法
6.2.2 休耕田における保全
休耕田の土壌分析および継続的な生育地の観察の結果、タコノアシの生育場として湿田状態が維持されていることが重要であった。また耕起、刈取りによる農的管理が行なわれている休耕田ではタコノアシの継続的な生育が見られたが、管理が行われなくなると、数年のうちに消失したことから、河川での洪水による撹乱を代替するような農的管理の実施が必要である。
6.2.3 タコノアシの再生のための方法
 1) 発芽・生育適地
実験結果から、タコノアシはギャップ検出機構を有する撹乱依存種であり、また調整池の植栽基盤では冠水あるいは土壌水分が適である場所より、過湿状態の場所で最も長く生育が維持されていた。これらから裸地であり、常時は冠水していない、過湿な土壌状態が維持されるような植栽基盤を構築する必要がある。
 2) 導入方法
播種およびポット苗での導入が可能である。ポット苗と同様に現地生育個体の移植も全て活着したことが確認されている。またシードバンクからの再出現も確認されており、これら 4 つの方法が現地の状況に応じて利用可能である。種子の生産量が多く、長期の保存も可能なため、再生や復元に際しては、種子を採取し、それを保存しておき、ポット苗を育成し、現地に導入する方法が最も確実性が高いと考えられる。
 3) 維持・管理方法
タコノアシは撹乱が起きずに植生遷移が進むと消失する。また調整池で起こるような水位変動だけでは遷移を戻すような作用は期待できない。そのためタコノアシを継続的に生育させるためには、休耕田で行われていたような耕起や刈取りのような農的管理、即ち、撹乱依存種が好む裸地的環境を創出・維持することを念頭においた順応的な管理の実践を行う必要がある。[166頁]

学びの道から見た入山沼下と市民の森の眺め(景観)です。眺めは視点(見る場所)で違ってきます。この写真では、帯状に入山沼堰堤まで続く学びの道下の斜面が大きく写っています。
P1260027
この場所からアズマネザサの大藪が消えたのは2019年4月です。「放っておけばこの景観はこれからどうなっていくのか?」、「景観をよくするというのはどういうことなのか?」、「法面緑化をどうすすめるのか?」問いを共有して考えていきましょう。
・法面の笹刈り(2019年3月29日30日4月3日

学びの道下の草刈り 10月29日

入山沼近くの学びの道下の草刈りを須田さんがしました。
PA290125PA290123

刈っていた場所の近くにコガタスズメバチの巣が落ちていました。巣に付いていた枝を動かしたときに一部が欠け、警戒した働きバチ(雌)が外に出てきました。
PA300023PA300021

スズメバチの種類の見分け方(『ルイワン蜂・害虫駆除センター』HP記事)
STEP1 腹部末端節の色から
 1.腹部末端節が黒色の場合
  チャイロスズメバチ、ヒメスズメバチ、ツマグロスズメバチ
  ● 腹部全体が黒色、頭部と胸部は赤褐色・・・チャイロスズメバチ
  ● 腹端より1-2節まで黒色・・・ヒメスズメバチ
  ● 腹端より4節まで黒色・・・ツマグロスズメバチ(八重山諸島に生息)
 2.腹部末端節が黄色または赤褐色の場合 
  オオスズメバチ、コガタスズメバチ、キイロスズメバチ、モンスズメバチ

STEP2 単眼の周囲の色から
 1.単眼の周囲が赤褐色の場合
  ● 頭部中央にある頭楯(とうじゅん)の突起の数?
   ● 2個の場合は・・・オオスズメバチ(雌)
   ● 3個の場合は・・・コガタスズメバチ(雌)
 2.単眼の周囲が黒色の場合
  ● 腹胸部の後ろにある1対の小楯板(しょうじゅんばん)の色は?
    そして、腹部の斑紋の特徴は?
   ● 小楯坂は黄色または赤褐色・・・キイロスズメバチ
                                                                  (北海道産はケブカスズメバチ)
   ● 小楯坂は黒色で腹部の斑紋が波打つ・・・モンスズメバチ

 巣が見える所にある場合 概ねコガタスズメバチかキイロスズメバチのどちらか
 巣が見えない場所にある場合
   木の根元(地面)から出入りしている⇒オオスズメバチ
   木の幹などに空いた穴や建物の通気口など外部に空いた穴から出入りしている
    ⇒モンスズメバチ キイロスズメバチ ヒメスズメバチ

 コガタスズメバチ

土手の草刈り 9月27日

岩殿D地区と田んぼの間の土手の草刈りをしました。毎年4月には赤いクサボケ(バラ科)の花が咲いています。クサボケは日当たりと風通しの良い場所が生育に適しています。シカの大好物だそうですが、実(シドミ)を採取して増やせればと考えています。
P9270005P9270004




岩殿D地区の草刈り 9月23日

除草機が不調で使えないので、学びの道からD地区下段に除草機が入れるように草刈機で草を刈りました。
P9230018P9230016P9230015

草刈り 9月22日

夕方、須田さんが岩殿A地区の田んぼの畦と、D地区と学びの道の間の斜面の草刈りをしました。
P9230005P9230004

P9220030P9220033P9230021
暗くなって光量が足りません。



岩殿D地区中段の除草 9月22日

学びの道から除草機をおろして岩殿D地区の草刈りをしました。
P9220014

湿気っていて前回、除草機をいれられなかった学びの道側には多年草のタコノアシが増えてきました。
P9220018P9220017P9220019



コナラ伐採株からの萌芽、実生稚樹 5月20日

学びの道から岩殿D地区に除草機を下ろす道の草刈りをしました。
P5200020P5200026

坂を下りたところにコナラの実生稚樹があって、半分ほど刈ってしまってから気づいて、保護のための目印に竹で囲っておきました。
P5200066

D地区には1月5日に伐採したヤナギやコナラ、ヤナギ等の切株があって、コナラ2本は萌芽していました。
P5200055P5200056


ドングリを育て緑の森を創ろう!_3ドングリを育て緑の森を創ろう!_4

キショウブの花の切り取り 5月20日

入山沼下のキショウブはこれ以上、分布が拡大しないように刈り取りや花茎の摘み取りをしています。今日はD地区とI地区で花茎29本を切除しました。
P5200067P5200069

※中嶋佳貴・沖陽子「重点対策外来種キショウブの異なる刈取処理による耐冠水性の差異」(『雑草研究』62巻3号、短報、2017年)(下線は引用者)
緒言
外来生物法により、重点対策外来種としてリストアップ(環境省 2016)されているキショウブ(Iris  pseudacorus  L.)はアヤメ科アヤメ属の多年生抽水植物である。ヨーロッパから中央アジア原産で、日本には明治時代に園芸植物として導入され、現在では全国の湖沼や河川などの沿岸帯に帰化している(角野 1996)。キショウブは、4月~6月に鮮黄色の美しい花を咲かせて美観を創出する(Alaska 2010)。草高は1.5 mに達し、朔果は秋季に成熟して裂開し、種子を散布する(角野 1996)。同じ頃、分げつの側芽として越冬芽が出現し、翌春には一部の分げつから花茎が伸長する。繁殖力は旺盛で、冠水や乾燥が繰り返される水辺環境でも生育が可能である(Alaska 2010)。近年まで水辺の緑化にもキショウブは積極的に植栽されてきた(桜井 1989)。しかし、外来生物法により、重点対策外来種として総合的な対策が必要とされている現状では、植栽されてきた既存群落や、野生群落を適切に管理する必要性がある。これまでに、キショウブと同じ多年生抽水植物のヒメガマ(Typha angustifolia L.)やヨシ(Phragmites australis (Cav.) Trin. ex Steud.)の防除及び管理については、刈取処理による機械的防除法が検討されている(Nelson  1966;  桜井 1991)。これに対し、キショウブにおいては機械的防除法に関する知見は未だ報告されていない。そこで本研究では、重点対策外来種であるキショウブが過繁茂することなく適切に管理できる方策を模索する目的で、時期の異なる刈取処理後の耐冠水性を検討した。(134頁)
考察
キショウブと同じ抽水植物のヒメガマを刈取りによって機械的に防除するには、生育盛期の複数回の刈取処理が必要とされる。米国では、生育盛期の夏季にシュートを地際の0 cmで2回刈取り、冠水深を7.6 cm以上にすると、刈取後翌年の夏季には100%の防除に成功した(Nelson 1966)。ヨシも水面下で複数回刈取れば再生が防げられる(桜井 1991)。そこで本研究では、生育盛期に刈取高と冠水深を段階設定した結果、キショウブは生育盛期に刈取高を1 cm以下とし、冠水深を4 cm以上に設定すれば、1回の刈取処理で再生を防げることが明らかとなった(第4表 )。ヒメガマのシュートの刈取後に枯死に至るメカニズムとして、Sale(1983)やSojda(1993)は、シュートを水面下で刈取ると地下部への酸素供給が困難となり、地下茎の生長力が低下することを述べている。本研究において、キショウブも刈取高より冠水深が深い場合、分げつの刈取面が冠水し、酸素獲得が困難となって、再生が妨げられたと考えられる。耐冠水性を有する植物は、冠水に伴う嫌気的な環境に代謝経路の変化(Fitter et  al.  1992;  ハルボーン 1981)や、通気組織を離生的もしくは破生的に発達させることで酸素不足に適応している(Fitter et al. 1992)。キショウブは嫌気的条件下においてSOD(Superoxide Dismutase)活性の上昇(Monk et al.1987)、AEC(Adenylate  energy  charge)によるAT Pの生産(Hanhijarvi et  al.  1995)によって冠水条件に耐えることが確認されている。また、嫌気的条件によって誘導される有害なエタノールや乳酸を生成する発酵過程を回避するために、無害なシキミ酸を生合成する代謝経路に変化してAT Pを獲得している(ハルボーン 1981)。しかし、このシキミ酸の集積は休眠期である冬季の湛水状態でのみ確認されており(Mcmanmon et  al.  1971)、この代謝経路のAT Pの生産量は非常に少ない(Fitter et  al.  1992)。秋季の越冬芽出現期以降は冬季の生育停止期に近づくため、AT Pの生産が少なくて済むことに加え、湛水状態で生育する条件でも徐々に温度が低下するため、夏季ほど嫌気的になりにくい環境下にあると考えられる。ゆえに、本研究において9月の越冬芽出現期に地上部を刈取って酸素の供給が抑制されても、代謝経路の変化で適応が可能な範囲であり、生育盛期と比較して良好に再生したと推察される。また、越冬芽出現期の刈取処理は、刈取高が2 cm以上では翌年の分げつ数を減少させなかったが、花茎の発生については著しく抑制させることが明らかとなった。ゆえに、9月上旬の越冬芽出現期における刈取処理は、キショウブが重点対策外来種として懸念されている近縁種との遺伝的攪乱や、種子散布による分布拡大を防ぐ意味で重要である。本研究は、キショウブに対する刈取りと冠水の効果を分げつ数のみで評価したことから、キショウブの管理については直接、言及できないものの、生育盛期及び越冬芽出現期の刈取処理と冠水条件を組み合わせて活用すれば、様々な状況に応じてキショウブ群落を適切かつ効率的に維持することが可能である。(137~138頁)

※中嶋佳貴・沖陽子「管理指針に必要なキショウブの繁殖特性の解明」(『日本緑化工学会誌』43巻2号、2017年)(下線引用者)
キショウブの自然条件下における分布域拡大には根茎断片の拡散及び種子散布が大きく寄与している根茎断片は波浪等の自然攪乱、刈取などの管理作業による人為的攪乱によって既存群落から発生し、水流にのって拡散後、漂着して新たに群落を形成する。水位変動等により干陸地に漂着する場合もあるが、根茎断片は大気中に根茎が露出した乾燥条件下でも3ヶ月間生存が可能とされ、再び水位変動や降雨等によって生育に好適な水分条件下におかれると、定着する可能性も十分にある。定着時は1個体の根茎断片であっても翌年は旺盛に抽苔して開花結実するため、開花に至る個体の外部形態を把握しておくことは重要である。(373頁)
外部形態から春季に新鮮重が重く、緑葉数の少ない分蘖は花芽である割合が高く、逆に新鮮重が軽く、緑葉数が多ければ葉芽である確率が高いことが明らかとなった。また、開花に至らない個体は旺盛な生育を示す傾向にあるため、分蘖を刈取れば翌年の生殖生長を抑制することが可能である
 既に日本全土に分布が拡大している現在、根絶を望む考えは現実的ではない。キショウブ群落が他の生物に対して与える生態的影響については今後も検討する必要があるが、環境圧の高い場所において修景を目的とした緑化が期待される場合、キショウブは有用種である。ゆえに、今後の水辺の景観形成の場面では、本研究で明らかにした花芽を有する割合の高い分蘖を活用して、春季に植栽後、開花による美観を速やかに創出することを推奨する。開花後は花茎を切除して種子散布を防ぐとともに、地上部を夏季から秋季に1回刈取って、翌年の稔実朔果数を5割~8割まで減少させる更なる生殖生長を抑制するためには、刈取り回数を増加するなど検討して、群落の拡大を抑制し、その場で許容される群落を適切に維持することが望ましい。(374頁)

キショウブを抜きとる(2018年10月月6日記事)

ウワミズザクラ、マルバアオダモが咲く 4月4日

学びの道を歩いていて、ウワミズザクラやマルバアオダモが咲いているのに気がつきました。
ウワミズザクラ(バラ科ウワミズザクラ属)
IMG_0367IMG_0368

マルバアオダモ(モクセイ科トネリコ属)
IMG_0371IMG_0373

枯枝焼却 3月20日

岩殿D地区下段とH地区で伐採木の枯枝を燃しました。
岩殿D地区
IMG_9138IMG_9140
土手にクサボケの花が咲いています。

岩殿H地区
IMG_9141IMG_9144IMG_9150
田んぼに来た時に軽トラを駐めている入口近くと、中央手前の伐採木の山を半分位燃しました。今年伐った乾燥が不十分なものや太いもの、長いものは燃すのに時間がかかりそうなものは隣地との境界に移しました。

明渠に竹を入れる 3月3日

岩殿A地区の上の田んぼの明渠に児沢で伐ってきた竹を入れました。
IMG_8244IMG_8243IMG_8239
昨日の鳩山アメダスの日降水量は10.0㎜、最大風速は10.2㎜/sでした。D地区の下段に積んでいた伐採木の細枝が風で吹き飛ばされていないか心配でしたが無事でした。

中段・上段の草刈り 3月2日

岩殿D地区中段、上段の草刈りをハンマーナイフモアでしました。
中段
IMG_8159IMG_8162

上段
IMG_8165IMG_8166
上段、中段ともに湿地化している部分は刈払機で刈るつもりです。

伐採木の片付け 3月1日

岩殿D地区中段に放置していた伐採木の条枝などを集め、ハンマーナイフモアで枯草刈りができるように下段に片づけました。
IMG_8131IMG_8139

IMG_8135IMG_8147



ハンマーナイフモアで草刈り 2月25日

岩殿D地区の下段をハンマーナイフモアで草刈りしました。
カヤの藪を一部、生き物の営巣用に残しました。
IMG_7986IMG_7983IMG_7988
学びの道とE地区の間で傾斜の緩いところもハンマーナイフモアで刈りました。
学びの道沿いの法面はスパイダーモアがどの程度使えるかいずれ試してみます。

土水路を掘り下げる 2月23日

岩殿D地区下段の上部で土水路(幅25㎝)を掘り下げ、伐採したミズキやコナラの枝を学びの道法面下部に置いてみました。
IMG_7918IMG_7917

IMG_7929

※岩殿D地区下段の下部(2月21日記事

D地区下段の湿地化が防げるか、土水路の様子を見ながら修正していきます。

伐採木の解体・焼却 2月22日

岩殿D地区下段に倒されたままになっているコナラとミズキを太枝切狭で解体しました。コナラ(樹齢13年等)の幹でキノコのホダ木に使えそうな部分をノコギリで90㎝長に切断して複数本で13本採りました。木口は13~6㎝で細いものもありますが、この太さならチェンソーを使わなくても作業できます。
IMG_7900IMG_7901

岩殿E地区に残っていた残材を焼却しました。
IMG_7894IMG_7896

伐採したクワの片付け 2月21日

岩殿D地区下段の1月5日に伐採したクワを片付け、土水路側に寄せました。
IMG_7892

今日は気温が上がり、吉田さんがC地区の田んぼを耕しに来てくれました。
IMG_7881IMG_7887IMG_7890
田んぼが湿気っているので少し耕して撤退となりました。

伐採木残材の焼却 2月14日

今日は岩殿D地区下段で昨年までの伐採木残材を燃しました。
IMG_7663IMG_7665

岩殿B地区上段とD地区で刈ってフレコンバッグに集めていたカヤをC地区に運びました。駒打ちしたキノコのホダ木の仮伏せ時に被覆材料として使います。
IMG_7673IMG_7685

ホダ木を運んでいる時、作業道で撮影したジョウビタキ(♀)
IMG_7683IMG_7679

昨年までの伐採木残材を焼却 2月13日

岩殿D地区に積んだままにしていた伐採木の残材の焼却を上段から始めました。
IMG_7620IMG_7621IMG_7631

D地区のカヤも刈り取り、フレコンバッグに入れました。
IMG_7628

ヤナギの伐採 1月5日

昨日、岩殿I地区、D地区で選らんだヤナギなどを田島さん、冨田さん、橋本さんと新井さんで伐採しました。ありがとうございます。
IMG_6440IMG_6443IMG_6442

IMG_6427IMG_6505

IMG_6428IMG_6436

IMG_6437IMG_6438IMG_6439

橋本さんにレンガを20個いただきました。
IMG_6539

7年・5年前の岩殿D地区・学びの道 12月31日

現在、5年前(2015年)、7年前(2013年)の岩殿D地区・学びの道の写真です。手前がA地区・B地区・I地区ですが、13年にはB地区の田んぼはありません。15年にはI地区もありません。

2020年12月31日
IMG_6267IMG_6268IMG_6269

2015年12月30日
DSCN1680DSCN1679DSCN1678

2013年12月31日
DSC07302DSC07306DSC07304

学びの道の法面草刈り 10月30日

須田さんが学びの道と岩殿D地区の間の法面と入山沼堰堤の草刈りをしました。ありがとうございます。
IMG_3728IMG_3729IMG_3730

IMG_3733IMG_3732


岩殿入山谷津の植生調査第7回 10月21日

天気に恵まれ、二宮さん、小野さんで実施しました。
IMG_3410IMG_3412IMG_3413

今日も岩殿C地区の掲示板でクモやミノムシの観察をしました。

ジョロウグモ(♀・♂)(岩殿D地区で撮影)
IMG_3404IMG_3406IMG_3408
写真の♂は脚を2本失って6本になっています。

※クモの一生 短命派のジョロウグモはあわただしい1年を送る
  石川県教育センター『石川の自然第24集生物編(11)』(2000年3月)
    身近なクモの不思議と魅力_1
      (『金沢・新おもてなし考』2007年10月31日記事)

シゼコン(自然科学観察コンクール)入賞作品(2013年、14年)
 岐阜県関市立武芸小学校

オオミノガの終齢幼虫(2018年1月24日児沢ブルーベリー園記事)

岩殿D地区の草刈り 10月20日

岩殿D地区の草刈りをしました。セイタカアワダチソウ、キショウブの目立つところを刈払機で重点的に。7月16日に刈った場所のセイタカアワダチソウはは30㎝程。さすがに伸びていません。
IMG_3402

IMG_3376IMG_3375IMG_3374

IMG_3398IMG_3399IMG_3400


道路沿いの草刈り 7月16日

入山沼に向かう道路の道沿い、岩殿D地区、E地区で丈の高くなったセイタカアワダチソウを刈りました。三本さんありがとうございました。
IMG_0753

IMG_0755IMG_0758IMG_0759

IMG_0760IMG_0761IMG_0763

水路の泥上げ 6月8日

入山沼に向かう道路の下にある手掘り水路が土砂で埋まり、岩殿D地区は湿地化が進んでいます。今日は下段から中段にかけて水路の掘り直しをしました。
IMG_9439

IMG_9436IMG_9438

IMG_9440IMG_9441

掘りあげた泥は土のう袋に入れました。道路改修に使っている砂、道路下の斜面の山土、腐植した落ち葉や落枝などの有機物が混じっています。トンボのヤゴも見つけました。
IMG_9448

道路下の斜面の草刈り 5月22日

入山沼に向かう道路と岩殿D地区の間の斜面の草刈りをしました。
田んぼに下りる道の分岐点~桑の大木がある範囲です。
IMG_8538IMG_8542IMG_8543

IMG_8546IMG_8547

午後、須田さんがその先のマンホールの所まで刈りました。
IMG_8652IMG_8655

この先、入山沼堰堤までの区間は後回しにします。斜面の下部の裾刈りを優先します。
IMG_8653

IMG_8671IMG_8667

IMG_8662IMG_8663IMG_8664

岩殿D地区の草刈り 5月21日

岩殿D地区の下段の草刈りをしました。昨日は10㎝から15㎝の高刈りをしましたが、今日は5㎝程度にしてみました。
IMG_8517IMG_8495IMG_8497

IMG_8494IMG_8508IMG_8510

昨日の高刈り(下段一列のみ)
IMG_8455

下段下部のクワ
IMG_8497IMG_8499

IMG_8507IMG_8504
幹の病気にかかっていて枯れるのではと思っていましたが、実をつけています。

※小林享夫「枝・幹の病気〈こうやく(膏薬)病および胴・枝枯性障害〉」(日本緑化センター『グリーン・エージ』1975年9月号)
※白田明『クワ病害診断の手引き』(桑診断技術研究会、2007年)

ウスキクロテンヒメシャク(シャクガ科)?
IMG_8505
クワの葉についていました。

ウスキクロテンヒメシャク(岐阜聖徳学園大学・川上研究室『進化する昆虫図鑑』、『新・理科教材データベース』)

岩殿D地区中段の草刈り 5月20日

岩殿E地区に続いてD地区の草刈りを中段から再開しました。ここも田んぼとして使われるなくなって久しく、田んぼと水路を画する畦が消滅したことにより雨降りが続くと一面に水が滞り、東側から湿地化が進行しています。近年、ヤナギやキショウブが目だってきたのはその証です。
IMG_8458IMG_8457IMG_8456

下段の草刈りは明日にします。
IMG_8455

キジの「ケーン、ケーン」という鳴き声が谷津に響いています。番[つがい]でいるようです。
IMG_8425IMG_8420
人になれているのか、5m位の距離になっても逃げません。

草刈り続行 5月14日

岩殿B地区の田んぼとD地区上段の草刈りをしました。

岩殿B地区の田んぼ
IMG_8122IMG_8123IMG_8124

岩殿D地区上段
IMG_8128IMG_8129

IMG_8130IMG_8131
ここは地際で刈るのを止して少し高刈りしてみました。

入山沼進入路の草刈り 5月7日

須田さんが入山沼に向かう道路の草刈りをしました。お疲れさまでした。
IMG_7797

IMG_7693IMG_7697




キショウブを刈り取る 4月16日

岩殿I地区とD地区のキショウブを刈り取りました。
岩殿I地区
IMG_6660IMG_6661IMG_6662

IMG_6663IMG_6664IMG_6665

岩殿D地区
IMG_6666IMG_6667

IMG_6668IMG_6669

伐採木の玉切りと刈草燃し 2月8日

新井さんが1月31日に作業した岩殿B地区の伐採木を玉切りして片づけました。昨日、購入したスチールのチェンソーで初仕事です。
DSC_0013

併せて岩殿D地区下段と土手の刈草を燃しました。
DSC_0001DSC_0002

DSC_0005DSC_0008

D地区下段の枯れ草刈り 1月5日

岩殿D地区下段の枯れ草刈りをしました。
DSC_0003DSC_0006DSC_0012

入山沼進入路の草刈り 10月3日

入山沼に向かう道路の岩殿D地区の上の部分の草刈りをしました。斜面の部分はセイタカアワダチソウが目立っている場所を主に刈りました。
PA030050PA030041

岩殿D地区の草刈り 9月21日

岩殿D地区の草刈りをしました。上・中・下段とも開花まじかのセイタカアワダチソウの群落部分を刈り、東側の入山沼に向かう道路下は刈っていません。地上部を刈り取り、その後の地上部の再生に地下部の蓄積養分を消費させ、地下部の貯蔵物質の収支をマイナスにし再度刈り取って、セイタカアワダチソウの繁茂を抑えて小型化させるには、9月上旬に刈り取りを済ませるべきだったのですが……(2018年10月27日記事「セイタカアワダチソウの繁茂抑制」)。アズマネザサにからんでいる(アズキの祖先種)ヤブツルアズキの小さな実を集めて、お汁粉も頭に浮かびましたが、11月までは待てません。

上段
P9210002P9210003P9210006

中段
P9210007P9210009

P9210012P9210015
左:タコノアシ 右:巻き付いていたカエデが枯れてしまったミツバアケビ

下段
P9210019P9210020

E地区境界の土手
P9210022P9210027

P9210029
クサボケの実(シドミ)

岩殿D地区の草刈り 5月20日

岩殿D地区の草刈りをしました。上・中・下段をざっと刈り取って終了です。中段は地際で刈ると水しぶきがあがるような湿気った状態の場所が広がっていましたが、下段は乾燥して砂ぼこりがたちました。

上段
P5200006


中段
P5200008
ミゾソバ、ヌカボ、ケキツネノボタン、トボシガラ、キショウブなど

下段
P5200013
スイバ、セイタカアワダチソウなど

入山沼進入道路の草刈り 5月18日

入山沼に向かう道路の両側の草刈りをしました。
P5180049P5180053P5180048

ここの草刈りを始めたのは2012年? ブログの2014年5月12日記事の写真と比べてみて下さい。

東武鉄道の東武健康ハイキング第385回「東松山市 歩いて学ぼう!「まなびのみち」を巡るハイキング」が5月9日から明日19日まで開催されています(コース地図PDF)。今日も多くの人が学びの道を歩いて市民の森に向かっていました。
P5180017P5180019

QRコード
QRコード
岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブからのお知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ