岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

岩殿C地区

C地区のテーブル新設 10月4日

岩殿C地区に、伐採木を加工して新たなテーブルが設置されました。渡部さん、ありがとうございます。天板に防腐剤を塗って大切に使っていきます。
IMG_3099IMG_3098IMG_3101

C地区のベンチとテーブルは2015年4月新設され、現在、使っている大型のものは翌年にクヌギの大木から製作されたものです(2016年3月17日記事4月8日記事4月14日記事)。設置して5年、風雨にさらされ、腐植や食害が進んで傷みが酷くなってしまいました。今後も小型のものを複数設置していけたらと思っていますのでよろしくお願いします。

スパイダーモア修理 9月24日

岩殿C地区でスパイダーモアのベアリングを交換しました。
IMG_2863IMG_2865

IMG_2857IMG_2870
三本さん、ありがとうございました。

沼下の草刈り終わる 9月23日

岩殿では午後1時頃から雨が降り始めました。無名沼イ号の堰堤とその下の草刈りが終わりました。
IMG_2853IMG_2854IMG_2855

沼下の草刈り 9月22日

岩殿C地区の無名沼イ号下の草刈りをスパイダーモアでしました。エンジンを始動するのに小一時間かかりうんざりしましたが、上段から4段目までは無事に終わり、ホッとした時点でエンストしました。不調の原因をネットで調べてみます。
IMG_2841

IMG_2847IMG_2846

IMG_2845IMG_2843
4段目だけはスパイダーモアで刈り残した畑の周りと法面を刈払機で刈りました。
明日・明後日は台風12号が東日本の接近して雨になるという予報が出ているので水路から田んぼへの入水口を閉じ、田んぼの水尻の制水板やU字溝など撤去しました。田んぼに水を入れるのは来年までありませんが、今年の田んぼの水まわりの状態を忘れないうちに、いきなり穴があいて水漏れがしない&水深調整がしやすい田んぼを目指して設置しなおします。

下の田んぼの草刈り 8月26日

岩殿C地区の下の田んぼの草刈りをしました。
IMG_1561
この田んぼはチップソー、上の田んぼはナイロンコードでしました。

田んぼの草刈り 8月25日

昨日の続き。田んぼの草刈りがボッシュ林境界までできて10時頃終了。折良く、吉田さんがトラクターで来てくれてしばし歓談しました。
IMG_1554IMG_1557
ホダ木置場近くで井戸掘りを試みたことがあったそうです。4、5人で岩盤まで掘って中止。水には昔から苦労してきたのですね。

田んぼの草刈り 8月24日

昨夕から岩殿C地区の休耕中の田んぼの草刈りをはじめました。
IMG_1531IMG_1526

IMG_1549IMG_1551

昨日午後7時過ぎ、日が落ちて真っ暗になった農道でシカ2頭に遭遇しました。目撃は2回目です。岩殿地区一帯でも実効的なイノシシ・シカ対策を本気で考え実施しなければならない時が迫っきているようです(→2019年2月5日の記事2018年10月22日の記事)。

シカが食べる植物、食べない植物
長野県南佐久郡南牧村にある八ヶ岳高原海ノ口自然郷オーナー会のブログに掲載されている記事「いよいよ夏本番!、鹿が食べない植物・食べる植物……」(2014年7月29日)。自然郷自生種をリストアップしたのだそうです。市民の森と周辺に自生しているものがたくさんありますね。
シカが食べる 植物(シカの食害対策が必要なもの)
アオスズラン、アキノキリンソウ(あまり食べないが、でも食べる)、アズマギク、イブキボウフウ、ヤブジラミ、ウメバチソウ、オオウバユリ(鹿の大好物)、オカトラノオ、オキナグサ(鹿の大好物)、オミナエシ(鹿の大好物)、カラマツソウ、カワラナデシコ、オオバギボウシ(鹿の大好物)、コバギボウシ(鹿の大好物)、クガイソウ(鹿の大好物)、クサボケ(鹿の大好物)、クサボタン(鹿の大好物)、クサレダマ、クルマユリ(鹿の大好物)、クロユリ(鹿の大好物)、コオニユリ(鹿の大好物)、コミヤマカタバミ、サラシナショウマ、シモツケ、シモツケソウ、ショウジョウバカマ、シラヤマギク、センブリ、ソバナ(鹿の大好物)、タカネバラ(鹿の大好物)、タチツボスミレ、タマガワホトトギス(鹿の大好物)、タムラソウ(鹿の大好物)、チゴユリ、チダケサシ類、ツバメオモト(鹿の大好物)、ツボスミレ、ツリガネニンジン(鹿の大好物)、トモエシオガマ(鹿の大好物)、ニガナ、ノコンギク(鹿の大好物)、ヒロハノマンテマ、フウロ類(グンナイフウロ、アサマフウロ、ハクサンフウロ、タチフウロ、など)、フシグロセンノウ(鹿の大好物)、ホソバノキソチドリ、マイヅルソウ(ウサギにも食べられる)、マツムシソウ(鹿の大好物)、ミヤマエンレイソウ(鹿の大好物)、ミヤマハンショウヅル、ヤナギタンポポ、 ヤナギラン(鹿の大好物)、 ヤマアヤメ、ヒオウギアヤメ、ヤマシャクヤク、シロバナヤマシャクヤク、 ヤマユリ(鹿の大好物)、ユウガギク(鹿の大好物)、ユウスゲ、ニッコウキスゲ、リンドウ、ワレモコウ(鹿の大好物)

基本的には シカが食べない植物 ( シカの食害をあまり被らないもの )
アカバナ、アザミ(フジアザミ、ノアザミ、ノハラアザミ、タイアザミなど。時々食べられている)、イカリソウ、イケマ、イチヤクソウ類、イブキジャコウソウ、シロバナイブキジャコウソウ、イワカガミ(ウサギには食べられている)、イワニガナ(別名:ジシバリ)、ウサギギク、ウスユキソウ(時々食べられる)、ヤマハハコ(時々食べられる)、ウツボグサ、オオヤマフスマ(別名:ヒメタガソデソウ)、オトギリソウ、シナノオトギリ、コケオトギリ、オサバグサ、キオン、キケマン、キジムシロ、キリンソウ、キンポウゲ、キンミズヒキ、ミズヒキソウ、クサフジ、クモキリソウ、クリンソウ、クルマバナ、イヌゴマ、クワガタソウ、ケブカツルカコソウ、コウリンカ、サクラソウ、ササバギンラン、サワギキョウ、サワギク(別名:ボロギク)、サンリンソウ、シラタマノキ、シャクナゲ、スズラン(実際には食べられている。しかし、食べたらシカは死ぬ)、センボンヤリ、ダイコンソウ、チダケサシ、ハナチダケ、ツマトリソウ(時々は食べられている)、ツリフネソウ、キツリフネ、トリカブト(時々食べられている)、ノコギリソウ、ハナイカリ(時々食べられている)、ハルリンドウ、ヒメイチゲ、ベニバナイチヤクソウ、ホタルサイコ、マムシグサ類(ヒロハテンナンショウ、コウライテンナンショウ)、マルバダケブキ、ミツバツチグリ、ミツバツツジ、ミヤマモジズリ、ヤブレガサ、ヤマオダマキ(時々食べられている)、ヤマホタルブクロ(時々食べられている)、ヤマラッキョウ、ラショウモンカズラ、ルイヨウボタン、レイジンソウ、レンゲツツジ

3段目、4段目の草刈り 8月13日

岩殿C地区の無名沼イ号下の3段目、4段目の草刈りを朝、夕2回して終了しました。
IMG_1217IMG_1220

IMG_1223IMG_1224

IMG_1221IMG_1222

無名沼イ号下の草刈り 8月8日

無名沼イ号下の草刈り。6日から日暮れにしています。今日は上から2段目まで終わりました。
IMG_1131IMG_1130
無名沼イ号の畔の花の咲いている木はクサギ。

IMG_1133
刈り残した2m×1mには20種類の草が生えています。

上の写真は9日朝撮影。下の写真は8日の作業を始める前のものです。
IMG_1123IMG_1122

3段目の草刈り 7月8日

岩殿C地区の無名沼イ号下3段目の草刈りをしました。
IMG_0595IMG_0594IMG_0593

大きく開いたキノコの傘。15㎝以上あります。
IMG_0596IMG_0598IMG_0599

無名沼イ号下の草刈り 7月7日

ブルーベリ-出荷までに時間があったので、無名沼イ号下の草刈りをしました。ヒメジョオンが群落になっていました。ハルジオン、メヒシバなど草刈りの時期と頻度を考えてはびこらないようにしていきたいと思います。
IMG_0558

作業道にシマヘビがいました。
IMG_0560IMG_0566


上の田んぼを耕す 6月2日

吉田さんが岩殿C地区の上の田んぼを耕しにトラクターで来てくれました。ありがとうございます。
IMG_9067
田んぼの乾き具合が足りないので今日は途中で中止。

田んぼの草刈り・裾刈り 5月30日

岩殿C地区の田んぼの草刈りと作業道下の裾刈りをしました。休耕している田んぼは日当たりや水分条件がヤナギの発芽に良いのでしょう。今日もヤナギの綿毛(柳絮、りゅうじょ)が飛んでいました。ヤナギは種子散布から約2週間は90%以上の発芽率を保つそうです。

IMG_8925IMG_8929

      東欄の梨花 蘇軾
  梨花淡白柳深青  梨花淡白にして柳深青
  柳絮飛時花滿城  柳絮飛ぶ時 花城に滿つ
  惆悵東欄一株雪  惆悵[ちゅうちょう]す東欄一株の雪
  人生看得幾清明  人生看得るは幾清明


初夏の岩殿の谷津① 5月19日

二宮靖男さんからいただきました。5月12日の植物調査時に撮影した写真です。
立夏のあとの岩殿谷津の景

畑の耕耘 5月17日

吉田さんが元気になって無名沼イ号下の畑をトラクターで耕ってくださいました。久しぶりです。
IMG_8264IMG_8281

田んぼも耕っていただけそうなので、草刈りを始めました。田んぼの作付けをやめてからは吉田さんのトラクターで除草してきましたが、クズの根が入り込み、ヤナギが発芽して成長し始めています。今日も岩殿G地区のヤナギの柳絮(りゅうじょ)が飛んでいました。白い綿毛を持ったヤナギの種子が風にのって運ばれてきて、耕作をやめた農地の樹林化はこうして始まるのかと再確認しました。
IMG_8294IMG_8297

ドクダミの採取で、毎年一回の出会い。お元気そうで何よりです。
IMG_8265IMG_8276

岩殿C地区の草刈り 5月8日

岩殿C地区の休憩所とワラビ園周辺の草刈りをしました。
IMG_7778IMG_7780

IMG_7741

無名沼ロ号の沼底のミゾソバも刈りました。
IMG_7805

無名沼イ号下の草刈り 5月3日

岩殿C地区の無名沼イ号下の草刈りをしました。
IMG_7491IMG_7480

IMG_7482IMG_7494

IMG_7500
今年は岩殿A・B・D・H地区でもレンゲの生育がよくなかったようです。草刈りの影響があるのかもしれません。草刈りの時期を失して藪状にしてしまって、草刈り機で追われるように処理しているのが実状なので、草刈り時期や回数、草刈り機操作による微妙な土地の凸凹の変化が冬場の降雨による水たまりに影響している可能性があるのかも?

岩殿C地区の田んぼ 4月14日

岩殿C地区上の田んぼ
IMG_6607

平成最後の春岩殿入山谷津の風景 2019年4月15日

二宮さんが昨年(2019)4月15日の植物調査の時に撮影した岩殿F地区、C地区の写真です。
平成最後の春岩殿入山谷津の風景

川津桜開花 3月1日

岩殿C地区のワラビ園に植えた川津桜(カワヅザクラ)が一輪咲いていました。
DSC_0009DSC_0013

刈笹・落ち葉焼却 2月29日

昨日の続きで、無名沼イ号堰堤かr2段目の区画で刈笹・落ち葉の焼却をしました。
DSC_0002DSC_0004

DSC_0034DSC_0001

刈笹・落ち葉焼却、物置整理 2月28日

市民の森保全クラブの金曜日の定例活動日。参加者は澤田さん、細川さん、Hikizineの3名でした。
23日に掃き下ろした刈笹と落ち葉を3ヶ所で燃しました。
DSC_0060DSC_0056

今日は3人なので力仕事はよして、物置の中に棚を入れて整頓しました。
DSC_0065DSC_0062
ドラム缶の釜でジャガイモとシイタケのホイル焼きを作りました。
休憩していると体が冷えてきたので、釜をコタツに。
ブルーシートを掛けるとほのかに温かくなりました。

DSC_0074DSC_0075

無名沼ロ号で土のう作り 2月25日

今年は田んぼの畦畔や水路を手直しする作業が多くなりそうなので、無名沼ロ号の底にたまっている土を土のうにつめて準備しておくことにしました。今日は33袋です。
DSC_0001DSC_0008DSC_0011


ドラム缶石焼き芋機ほぼ完成 2月19日

ドラム缶石焼き芋機ほぼ完成し、試しに燃してみました。重量は中に入れた玉石を含めて30㎏ぐらい。煙突の支え脚、本体とエビマガリを固定する金具をつければ完成です。三本さん、細川さん、ありがとうございます。
DSC_0004DSC_0011

蓋も上手に丸く作られ、蓋板を切り抜いた残りの部分も丸テーブルになっていました。
DSC_0018DSC_0014




ドラム缶の加工 2月18日

昨年1月19日に買ったドラム缶を加工して、石焼き芋のカマドをつくる作業を三本さん、細川さんでしました。今日は二つに切断して、炊き口を開けるところまでです。
DSC_0041

キノコの駒打ち 2月18日

岩殿では夜間、みぞれが降ったようです。片桐さん、澤田さん、細川さんでキノコの駒打ちをしました。
DSC_0005DSC_0001

落ち葉・枯草焼却 2月13日

昨日の続きで、無名沼イ号下の一段目、二段目の刈笹・落ち葉と土手の枯草を焼却しました。落ち葉の下にあるイネ科の雑草は枯れていますが湿気ってい焼きづらいです。
DSC_0057DSC_0065DSC_0062

落ち葉・刈笹焼却 2月12日

無名沼イ号下の畑で2月3日に水路から掻きだしておいた落ち葉と刈笹を焼却しました。
DSC_0001DSC_0005
明日、雨が降るかもしれないので、全部燃してしまいたかったのですが、2割くらいは燃せませんでした。

刈笹や落ち葉を水路から掻きだす 2月3日

岩殿C地区に接する市民の森保全クラブ活動新エリア南向き斜面の裾刈りで水路に溜まっていた刈笹や落ち葉を掻きだしました。
DSC_0010DSC_0014
1月26日に落ち葉を燃しましたが、水路に溜まっているものは湿気っていて焼却しませんでした。落ち葉に笹が混じっているので、畑の上に置いて乾燥させて焼却処分します。

イノシシの足あと 12月1日

今日は、岩殿F地区の刈り草を集めている場所にイノシシの足あとがありました。29日にはC地区の下の畑にもありましたが、ミミズを探して湿気った場所を掘り返しているようです。
PC010007PB290030

イノシシの仕業? 11月24日

ミミズを食べようと土を掘り返しているのでしょうか。岩殿C地区の田んぼの降り口と市民の森作業道側の畦が掘り返されていました。
PB240022PB240016PB240014




無名沼イ号下の草刈り 10月17日

岩殿C地区の無名沼下の上段・中段・下段の草刈りを午前・午後しました。
PA170003PA170007

PA170015PA170009

ベンチ・テーブル・駐車場の草刈り 10月2日

岩殿C地区のベンチ・テーブル周りと駐車場の草刈りをしました。
PA020034PA020035PA020038



岩殿C地区の裾刈り 9月28日

岩殿C地区に接する市民の森の南向斜面と作業道下の裾刈りをしました。作業道下の木本の植物はすべて刈りとりました。
P9280022P9280038P9280027

P9280021P9280037

P9280028P9280039

P9280032P9280034
傾斜が急なところもあり、25.4ccエンジン・ロング竿・ループハンドルの刈払機が欲しくなりました。

ボッシュ林の倒木 9月15日

いつ倒れたのでしょうか。岩殿C地区の物置き設置エリア近くにボッシュ林のアカシデが倒れてきていました。根倒れしているのに今日気がつきました。
P9160002P9150024P9150019

朽ちた橋板取り外し 9月3日

ポンプを動かしている間、C地区の物置前、ベンチ・テーブルあたりの草刈りを、ナイロンコードですませ、残材を加工した木橋を改修しました。
P9030014P9030016

P9030020P9030025P9030022
中央の朽ちた橋板2枚を取り除き、幅寄せしました。これまでとおり、軽トラは渡れます。

無名沼イ号でポンプの試運転 9月3日

17年12月16日以来のポンプ起動。児沢で分解・調節して、岩殿C地区の無名沼イ号から休耕中の田んぼに水を入れてみました。50mのホースがぎりぎりで使えました。
P9030001

P9030008P9030017

P9030012P9030018
18年、19年と休耕したC地区の田んぼ。代かき・田植え時の水不足はポンプ利用でしのげそうです。湛水して湿地として管理することも視野にいれて検討していきます。


カボチャのあんどんをはずす 8月3日

7月9日に岩殿C地区の畑に移植したカボチャのあんどんをはずしました。
P8030001P8030002

P8030003P8030004

カボチャを植える 7月9日

岩殿C地区の無名沼イ号下中段の畑にカボチャの苗を植えました。
P7090034
7月5日に掘った植穴から水のたまっていないものを選らび、土を寄せて高くして植えました。




カボチャ苗の植えつけ準備 7月5日

梅雨の晴れ間が長く続かないのでズルズルと延期してきたポットのカボチャ苗の植えつけ。岩殿C地区の畑の中段と下段に植穴をいくつも掘ってみましたが、穴の中に水が滲み出してきたので、下段の植付はあきらめました。中段の東側は水が滲み出しているので西側に植穴を増やし、落ち葉堆肥の元肥をいれました。篠棒がたっているのが水が滲み出している植穴です。軽トラで運んできた苗は今日はそのまま自宅に持ち帰り、植え付けは後日ということにしました。
P7050013

P7050019P7050024

P7050022P7050027





畑の草刈り 7月3日

岩殿C地区の無名沼イ号下の2枚の畑の草刈りをしました。
P7030039P7030035

P7030041

谷津田に映える梅雨の花ノハナショウブ 6月15日

昨日実施したノハナショウブ確認調査について、二宮さん作成の資料です。
谷津田に映える梅雨の花ノハナショウブ_ページ_1谷津田に映える梅雨の花ノハナショウブ_ページ_2谷津田に映える梅雨の花ノハナショウブ_ページ_3
(二宮靖男さん撮影・作成)


ノハナショウブ確認 6月14日

無名沼イ号堰堤のノハナショウブの花が咲き、二宮さんが小野さんと確認に来てくれました。
P6140009P6140011

岩殿C地区の田んぼと作業道の間の斜面。植物観察のしやすいおすすめポイントです。
P6140015


岩殿C地区の草刈り 6月5日

夕方、岩殿C地区の畑まわりの草刈りをしました。高茎のハルジオンなど目立つものを刈り取りました(写真は6日撮影)。
P6060024P6060010




簡易トイレ返却 5月20日

昨年11月から岩殿C地区に設置していた簡易トイレが撤去されました。今日はバキュームカーで汲み取り、明日は立ち会って撤収の予定でしたが、大雨が予想されるため、本日、返却しました。
P5200005P5200003

物置・ベンチ・テーブル周りの草刈り 5月3日

岩殿C地区の物置・ベンチ・テーブルの周りの草をざっと刈りました。生え際から刈らずに目立つものだけ刈っておくのでよしとしましょう。
P5030001P5030002P5030003

大学生のシイタケの駒打ち 4月17日

須田先生の『日本農業論』受講者と4年ゼミ生でシイタケの駒打ち(C地区)と野菜の種まき植え付け(A地区)をしました。シイタケの駒は昨日、長野県立科町で購入したものです。
IMG_4730IMG_4735IMG_4741

畑らしくなってきました。
IMG_4761IMG_4760

市民の森保全クラブの活動エリアではヤマツツジが咲いています。
IMG_4716IMG_4725

笹・落葉の焼却・昼食会 4月12日

市民の森保全クラブの定例活動日。参加者は芦田さん、新井さん、金子さん、澤田さん、細川さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineと三本さんの9名でした。市民の森新活動エリアの笹や落葉などを岩殿C・F地区で焼却しました。4月6日の作業で集めておいたものです。無名沼イ号とC地区の上の斜面はきれいになりました。
P4120002-001P4120005
次回は、東側の無名沼ロ号~岩殿F地区の上にあたる部分の斜面の笹を片づけます。

昼食会は、C地区のたらの芽などを天ぷらにしておいしく食べました。
P4120017
毎年春になると山野草を食材にして……といってきましたが、細川さんの準備と奮闘で初めて実現しました。ありがとうございます。一人一役は分担しましょう(差し入れも歓迎)。


畦上面をたいらにする 4月8日

吉田さんが岩殿C地区の田んぼの畦の上面を削って平にしました。水路の泥をさらって畦にのせていたので畦が高く上面が丸くなっていましたが、これで畦の上を歩きやすくなり、作業がしやすくなります。
P4080004P4080005

P4120019

農協の仲介で毛塚の一反田は川島町の方に畦塗りしてもらうことになりました。お世話になります。


ワラビ園の刈払い 4月6日

今年は雨量が少なく発芽が遅れているようなので、ワラビに先んじて伸び始めた笹や雑草、桑や低木類をワラビの枯れた地上部と一緒に刈払機で刈り取りました。
P4070002P4070005


      お知らせ
    記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ