岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

岩殿A地区

岩殿E地区・A地区の除草 7月13日

岩殿E地区とA地区の畑の除草をハンマーナイフモアでしました。E地区下段はセイタカアワダチソウが優先する部分を刈りました。
P7140013P7140014

P7140001P7140002

P7140005P7140003

岩殿A・B・H地区の草刈り 6月17日

明日は50㎜程度の降水が予報されているので、入山沼下の岩殿A・B地区と岩殿H地区の軽トラを止めている手前の部分の草刈りをしました。
岩殿A地区
DSC_0022DSC_0023

DSC_0024P6190018
下の田んぼ。左は17日、右は19日撮影。
湛水、干上がり繰り返されるので湿地にはえるタコノアシは「いじけて」います。

DSC_0025-001DSC_0042
上の田んぼにはネジバナ(ラン科)、タコノアシ(タコノアシ科)があり、下の畑にはユウゲショウ(アカバナ科)が咲いていました。

岩殿B地区
DSC_0029DSC_0033

P6190021DSC_0034

岩殿H地区
DSC_0044P6190034
アカメガシワ(トウダイグサ科)の雄花が咲いています。
アカメガシワは雌雄異株[しゆういしゅ]、雄の樹と雌の樹があります。

冬水たんぼの刈り草を片づける 12月31日

岩殿A地区の田んぼのまわりに放置していた資材を片付けついでに水を張っている下のたんぼの刈り草も畦沿いに集めました。
PC310004PC310009PC310011



学びの道下の裾刈り 10月6・7日

学びの道と岩殿D地区との間の広い法面の裾刈りを須田さんがしました。
PA070006PA070007PA070008

週明けに雨が降りそうなので、ミニ田んぼに残していたイネを刈りとりました。
PA070010PA070028

ミニ田んぼの稲刈り 10月5日

片桐さんがミニ田んぼを心配して見に来てくれて、倒れていても干せるものを刈り取り、束ねて稲架にかけてくれました。ありがとうございます。
PA050001PA050002PA050017

PA050014PA050018

ミニ田んぼの排水 10月3日

岩殿A地区のミニ田んぼに手を入れました。イノシシに荒らされて収穫を諦めていた田んぼですが、これ以上水が溜まらないように排水口など調整しました。
PA040021PA030010PA030014

岩殿A地区の草刈り・片付け 9月27・28日

岩殿A地区と農道(市道)の草刈りと物置周りの片付けをしました。
P9270002P9270003P9270010

P9270009P9270007

P9280011P9280007

今年の実に田んぼはイノシシが入ってイネを押し倒し、水管理に失敗してなんともいえない状況になってしまいましたが、稲架棒は形だけたててみました。
P9270017P9280003

A地区上の田んぼの除草 9月13日

夕方、岩殿A地区上の田んぼの除草をしました。
P9130024P9140009P9140006

タコノアシ(タコノアシ科)は刈り残しました。
P9140008P9140012

アライグマ捕獲 8月12・14日

12日、岩殿A地区の物置脇に設置していた箱罠にアライグマがかかり、今日、引取られました。
P8120038P8130019P8140006

アライグマ被害への対応(東松山市HP)
 
   ⇒動画で試用されているスライド
    アライグマの生態と防除対策の必要性について_06アライグマの生態と防除対策の必要性について_18

    アライグマの生態と防除対策の必要性について_19アライグマの生態と防除対策の必要性について_20
    アライグマの生態と防除対策の必要性について_21アライグマの生態と防除対策の必要性について_24

    アライグマの生態と防除対策の必要性について_25アライグマの生態と防除対策の必要性について_26

     ※アライグマに襲われたトウキョウサンショウウオ(2022.03.24撮影)
      2713d753e8eb33bf

    アライグマの生態と防除対策の必要性について_30アライグマの生態と防除対策の必要性について_31アライグマの生態と防除対策の必要性について_32

  
           (『withnews』2021年8月21日記事)

兵庫県森林動物研究センター『兵庫ワイルドライフモノグラフ
 兵庫ワイルドライフモノグラフ12_1


アライグマ防除の手引き』(環境省、2014年3月改訂)
 アライグマ防除の手引き(環境省)_2アライグマ防除の手引き(環境省)_3アライグマ防除の手引き(環境省)_4
 アライグマ防除の手引き(環境省)_1
    ※東松山市は3の「定着・拡大段階」。2019年度捕獲頭数498頭。  

さとやまん『アライグマ備忘録(HATENA BLOG)』

草刈り③ 7月26日

岩殿A地区の田んぼとD地区下段の草刈りをしました。
P7270338P7270337P7270341
田んぼはタコノシ(タコノアシ科)を残し、D地区はアズマネザサを刈り取りました。

ミニ田んぼ 6月10・12日

13日の田植えに向けて、レーキで田んぼの土を均し、水位を下げました。
10日
P6100004P6100005

12日
P6120042P6120044
品種は糯[もち]の峰の雪[みねのゆき]です。「奥羽302号」に「ひめのモチ」を交配して育成された品種で、1995年1月に登録されました。

もち米の歴史(加須市の『こめや』HP)
昭和30年代 :それまで作付面積が最も多かった農林糯5号から、いもち病*抵抗性が強く多収なコトブキモチに替わりました。その他では北海道のユキモチ、東北から九州まで幅広く作付けされていた旭糯、主に東山、東海で作付けされていた祝糯、信農糯3号の作付けが多かったようです。
1958年以降:多収で良質なこがねもちの作付けが急増してきました。その後もこがねもちの作付けは増加し、1964年には全国のもち米の作付面積の約18%を占め、作付けした県は東北・北陸の7県に及びました。
1960年以降:いもち病に強く多収のカグラモチ、いもち病に強く多収のマンゲツモチが育成され作付けが増加しました。
昭和50年代:短稈で白葉枯病**に強いヒヨクモチ、耐冷性といもち病抵抗性が強いヒメノモチの作付けが増加してきました。
1979年以降:もち米の安定的な供給を目的とした生産団地制度が発足したため、作付けの団地化が進み、特定の県にもち米の生産が集中し、それにともない品種の作付けも特定の品種に集中していきました。
1989年:耐冷性が強く餅質の良いはくちょうもちの作付けが急増してきました。
1992年度:作付けの多い品種は、上位からヒヨクモチ、ヒメノモチ、こがねもち、はくちょうもち、たんねもちの順となっており、全国のもち米栽培面積の約60%を占めていました。
いもち病:糸状菌が引き起こす病気で、その発生する部位によって呼び方が異なります。冷害時には不作の直接的な原因になることもあり、稲の病気の中で最も被害の大きい恐ろしい病気と言われています。
白葉枯病:細菌によって起こる病害で、発病が激しい場合は葉全体が灰白色になって枯死してしまいます。主に葉に発病しますが、葉鞘や籾にも発生することもあります。いもち病と並んで世界的に重大な稲の病気と言われています。


刈り草を堆肥箱へ運ぶ 6月7日

5日に集めた刈り草を岩殿A地区に運んで堆肥箱に入れました。
P6070004P6070007

P6070013P6070015

田んぼに水を入れる 6月5日

岩殿A地区のミニ田んぼに水を入れました。
P6050016

P6050021P6050019

P6050027P6050026

------------------------------------------------------------
毛塚の田んぼには、4日、5日に1時間。
4日
P6040034

5日
P6050001P6050002

満水のミニ田んぼ 5月23日

岩殿A地区のミニ田んぼは、土水路と上の田んぼから水が落ちて来るようにしていたので満水、溢水(いつすい)、さらに漏水もしていました。
P5230016P5230030

P5230018P5230019P5230023

P5230025P5230026P5230029
畦下から漏水している箇所には目印を立てておきました。

上の田んぼは水番の調整板を上げたままにしていたので水が溜まっています。
P5230039P5230041P5230034


上の田んぼの水番とミニ田んぼの水口を土のう袋を入れて閉めて土水路から田んぼへ水が入らないようにして、水尻の仕切り板を上げて排水しました。畦下から土水路への漏水は後日、対策します。
P5230073P5230022P5230171

ミニ田んぼ改造 5月20日

昨日、今日の2日間、雨が降った(鳩山アメダスの降水量8.0㎜)ので、畦塗りをするのには充分な深さで田んぼに水が溜まっていましたが、後日に実施することにして、今日は田んぼの改造をしました。田んぼの四隅を削り、受水口、排水口の付け替えをして田んぼの作付可能面積が2㎡ほど増えました。
P5200004P5200010

P5200006P5200009P5200008
が直したところです。18 日の記事の写真と比べてみてください。

畦塗り準備 5月18日

岩殿A地区のミニ田んぼに畦塗りをするために、まず土水路から水を引き込みました。
P5180042P5180043
田んぼの畦際に水を廻したら、田んぼの土をドロドロに捏ねて畦塗りをします。

ミニ田んぼを耕す 5月17日

岩殿A地区下段のミニ田んぼを耕しました。
P5170057P5170053

※シュレーゲルアオガエルの卵塊(⇒21年5月20日記事
隣の休耕中の田んぼにシュレーゲルアオガエルの卵塊がありました。
P5170051

岩殿A地区の草刈り 4月30日

午後、小雨が降り始めましたが、岩殿A地区の草刈りを済ませました。
P4300049

P4300039P4300040P4300041

P4300045P4300046

P4300057P4300058

土水路の泥上げ 4月7日

須田さんが岩殿A地区の田んぼと畑の間の土水路の泥上げをしました。
P4080051P4080053
上の池から田んぼ沿いに流れて来る水と岩殿I地区からD地区の東縁(学びの道下)を流れてE地区上段に落ちて来る水とが合流している場所です。

池の泥浚い 4月4・5日

池の擁壁に板を入れて土留めにして、池から浚った泥を貯めます。
4月4日
P4040025P4040022
4月5日
P4050021P4050022P4050023
池の生きものがカモやサギに食べ尽くされないようにいれていた魚礁用ヘチマロン(ポリエチレン系樹脂を植物のヘチマの乾燥繊維の様な立体網目形状に成型した製品⇒新光ナイロン株式会社サイト)を移動しました。







池の泥浚い 4月2日

岩殿A地区の上の池で昨日の続きの作業をしました。泥が多いので水位をさらに下げました。
P4020023P4020026P4020021

池の泥浚い 4月1日

3月24日の岩殿B地区の上の池に続いて、今日はA地区下の池の泥浚い[どろさらい]を始めました。
東側の排水口を開いて、浚渫を始めました。
P4010013P4010019P4010022

中程まで泥をあげたら、西側の狭くなっている場所に移動。
P4010024P4010039

下の写真の部分は明日にします。
P4010033

水路の落葉を掻き上げる 3月22日

入山沼下の西側を流れて来る土水路(入山沼西縁用水)の落葉と小石(礫)を掻き上げました。
下流(岩殿A地区)から上流(岩殿B地区・I地区)へ
P3220013P3220017P3220022

上流(岩殿I地区)から下流へ(岩殿B地区)へ
P3220026P3220027P3220029

岩殿A地区の池の西側入水口を閉鎖
P3220002

堆肥枠のシートを外す 3月21日

週末にかけて雨が降りそうなので、岩殿A地区の落葉堆肥枠にかけていたシートを外しました。
P3210167P3210169

堆肥枠設置 3月14日

180㎝×45㎝の板4枚で、堆肥枠を岩殿A地区の上の田んぼに設置しました。
P3140014P3140018P3140016

物置の隣に堆肥枠をおく 3月12日

岩殿A地区の物置の隣に半間×半間の堆肥枠をおきました。ブルーシートの下に置きっぱなしになっていた稲ワラや落葉を入れました。
P3120011P3120017

レンゲやアセビが咲いています。
P3120015P3120089

※『神奈川県シカ不嗜好性植物図鑑』(神奈川県自然環境保全センター、2016年3月)

土水路と池の泥上げ 1月7日

岩殿B地区の下の田んぼの東縁の土水路と接続するA地区の池の泥上げをしました。
P1070006P1070004

P1070008P1070002



田んぼまわりの草刈り 12月29日 

岩殿A地区の下の田んぼとD地区下段と水路との間の斜面の草刈りをしました。
PC290003PC290005

PC290006PC290013

斜面はクサボケを刈り取らぬように注意しました。
PC290011

田んぼの片付け 10月20日

昨日、脱穀が終わった毛塚一反田の片付けをしました。稲架棒は児沢に、稲ワラは希望者に配りました。
PA200002PA200003PA200004

岩殿A地区のミニ田んぼの稲架も片づけました。掛けていたイネは明日、児沢で脱穀します。
PA200017PA200020

ミニ田んぼの稲刈り 10月11日

岩殿A地区のミニ田んぼの稲刈り。稲架掛けしました。
PA110015PA120004

PA110017PA120003

田んぼのまわりの草刈り 10月9日

稲刈り用の稲架棒などを運んできて、田んぼのまわりの草刈りもしました。
PA090009PA090011PA090014

------------------------------------------------------------
稲架の脚のしばり方(『自然農実践』から)
7716

 

田んぼのまわりの草刈り 10月5日

岩殿A地区の田んぼのまわりの草刈り。昨日に続いて上の田んぼで始めましたが、雨が降ってきたので中止しました。
PA050004PA050005

田んぼのまわりの草刈り 10月4日

岩殿A地区の田んぼのまわりの草刈りをしました。
PA040001PA040003

刈草を燃す 10月2日

岩殿A地区の田んぼで刈草と稲ワラを燃しました。
PA020011PA020012PA020014

野菜の種まき 9月22日

須田ゼミで野菜の種まきをしました。
P9220043

P9220048P9220049

P9220050P9220051

岩殿A地区の草刈り 9月21日

須田さんが岩殿A地区の田んぼと畑、E地区上段の草刈りをしました。ありがとうございます。
P9220004P9220002P9220005

チカラシバ(イネ科)
P9220052

田んぼの草刈り 8月4日

休耕している岩殿A地区の田んぼの草刈りを刈払機でしました。
P8040027P8040034P8040038

大東大生の田植え 6月14日

須田先生の農業食糧問題受講生の実習で田植えを岩殿A地区ミニ田んぼですることになっていましたが、雨が降り始めて途中で中止しました。参加者が多いのでビックリしました。
P6140008

関東甲信地方が梅雨入り 6月6日

関東甲信地方が梅雨入りしました。明日、須田先生の農業食料問題の実習で田植えをする予定でしたが、来週に延期となりました。
P6060006P6060003
小峯さんからキヌヒカリ(ウルチ)の苗をいただきました。ありがとうございます。

学生実習始まる 5月19日

岩殿A地区の畑で須田ゼミの実習が始まりました。
P5190059P5190062


田んぼを耕う 5月12日

岩殿A地区の下の田んぼを耕いました。
P5120002_01P5120045P5120008




田んぼの草刈り、片付け 5月11日

岩殿A地区から稲架棒をC地区に移し、田んぼと田んぼのまわりの草刈りをしました。岩殿の田んぼは今年は休耕するつもりでしたが、下の小さな田んぼは須田ゼミで使うことになり、岩殿の農家から苗を分けてもらって田植えをすることにしました。
P5110010P5110009P5110011
ブルーシートを被せている稲ワラはどこに移すか検討中です。

P5110014P5110015
傷んでいる竹はワラビ園の柵にし、木は新調できないので腐らないように注意して保管します。

昨年の記事

カルガモのつがいにオスがちょっかい 5月6日

カルガモの番[つがい]を入山沼下の田んぼでよく見ます。今日はこの常連に新顔のオスが近づいて、争いになっていました。
P5060015P5060016

「カルガモの順位闘争」(『をかしの庭』2014年3月31日記事)
P5060012



スパイダーモアで田んぼの除草 5月5日

今年は、岩殿A地区の田んぼも休耕します。A地区の上の田んぼをスパイダーモアで除草してみました。
P5050005

稲架棒の片付け 11月2日

須田先生の農業・食料問題の授業の学生が野菜やレンゲの種まきをしました。丁度、稲架棒を片づけていたので、脚の片付けを手伝ってもらいました。横棒3本は長くて軽トラでは運びづらいので、担いで岩殿C地区に運びました。
PB020026PB020028

PB020029PB020033

PB020035PB020037PB020034

PB020001PB020020

稲ワラをまとめる 10月30日

昨日、ハーベスターで脱穀したあとそのまま岩殿田んぼに置いていた稲ワラをまとめて、ブルーシートを掛けました。
PA300028PA300030


外れた稲架掛けシートをかけ直す 10月21日

岩殿田んぼの稲架は今年、A地区3列、B地区3列です。昨日の風で雨除けに被せたシートがずれていたので縛っているヒモを増やしてかけ直しました。
PA210041PA220003PA220001

PA210001PA210042

11日に群馬県高山村、昨日20日に長野県立科町に出掛けましたが青色のブルーシートっぽいものがかかっている田んぼがありました。岩殿ではみかけませんが、地域差なのでしょうか?

須田ゼミ稲刈り 10月7日

午後、須田ゼミの稲刈りを実施しました。学生が田んぼにいられる時間が短いので下の田んぼの半分位は刈りとり、稲架棒も立てておいたので、稲刈り、結束、稲架掛けがすぐに終わりました。
PA070068PA070075PA070076

PA070077PA070084PA070086

バインダー復活 10月7日

岩殿田んぼの稲刈り中に、三本さんがバインダーを修理してくれて、A地区下の田んぼの稲刈りができました。
PA070019PA070020PA070022

稲刈り後、ガソリン漏れで使えなくなった除草機の燃料タンクを外して点検し、交換が必要な部品を確認しました。


横木を運ぶ 10月6日

明日の稲刈りに向けてバインダーを児沢から持ってきましたが、引き起こしカバー側の分草先金のネジが切断され、残念ですが使えません。鎌で手刈りします。
ヰセキRL37バインダ取扱説明書_1

夕方、軽トラで稲架の横木を運び、作業道に停車して、須田さんに手伝ってもらって田んぼまで運びました。軽トラに載せたままでは木の枝に引っかかりそうなので用心しました。
PA060046PA060048PA070006


QRコード
QRコード
岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブからのお知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ