岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

岩殿A地区

畑の草刈り 9月15日

午前中、岩殿A地区の畑の草刈りをしました。
IMG_2665IMG_2668IMG_2669

夕方、5時半過ぎに小雨が降りましたが、残りの部分も仕上げました。
IMG_2699IMG_2694IMG_2693

お隣の田んぼの稲刈りが始まりました。
IMG_2689IMG_2691

畦の草刈り 9月15日

岩殿A地区の田んぼの畦と物置の周りの草刈りをしました。
IMG_2655IMG_2657

IMG_2658IMG_2659IMG_2656
8 月10日には青々としていた田んぼも黄金色になれば刈り入れです。

田んぼの水掛け流し 8月24日

今朝7時20分頃、岩殿C地区で草刈りをしているとパラパラと雨が降りはじめました。北西方向に黒雲があり、帰宅してスマホの雨雲レーダーを見ると嵐山町古里あたりが中心でした。岩殿の雨は鳴かず池あたりでは降っていなかったのでスポット的なものですぐに止んだのでしょう。猛暑が続き田んぼの水が少なくなってきたので入山沼が開かれて田んぼに沼の水が入り、掛け流し状態になりました。
IMG_1548IMG_1546IMG_1542
塩ビ管をどけてU字溝だけにして上の池にも水を入れました。
B地区上段・中段・下段、下の池、A地区上の田んぼ、下の田んぼと水が廻ります。
IMG_1540IMG_1538IMG_1536

IMG_1533IMG_1532

田んぼのヒエをとる 8月20日

岩殿の田んぼでイネよりも大きくなり、穂が目立っているタイヌビエを切り取りました。
IMG_1437IMG_1442

IMG_1438

田んぼの水尻の補修 8月15日

今日は岩殿A地区の下の田んぼの水尻の補修をしました。B地区の田んぼの畦の草刈りをするつもりでしたが、時間をとってしまいました。
IMG_1323

岩殿の田んぼでも彩のかがやきの穂がでて来ました。
IMG_1321

畦の草刈り 8月13日

岩殿B地区の下の田んぼの畦と池のまわりの草刈りをしました。
IMG_1237

IMG_1359IMG_1358

畦の草刈り 8月10日

岩殿A地区の田んぼの畦と物置の周りの草刈りをしました。
IMG_1168IMG_1164

IMG_1166IMG_1182

下の田んぼの畦際のタコノアシ
IMG_1165
田植えの時、刈ってしまいましたが、また生えてきました。

田んぼの漏水箇所補修 8月7日

今朝、岩殿の田んぼの水位を点検してみると、満水状態になっていません。水尻に置いてある水番との接合部や畦シートの継ぎ目周辺に穴があいて水漏れしています。岩殿A地区の上の田んぼ、B地区の上・中の田んぼの漏水箇所の補修をしました。
IMG_1074IMG_1076

IMG_1077IMG_1068-001

B地区の上の田んぼが満水状態になると同時に分水されて上の池の貯水量が増やせるように、池に水を入れるパイプを載せているU字溝を3㎝程低くしました。
IMG_1063IMG_1102IMG_1098

岩殿田んぼの除草 7月2日

岩殿A地区の上の田んぼの除草をねじり鎌を使って須田さんがしました。
帰り道にはホタルが飛んでいて、今年もヘイケボタルの発生を再確認。
IMG_0479IMG_0518IMG_0520
8時頃までかかったので田んぼの写真は翌3日の撮影です。

カボチャ苗の追加 6月30日 

6月14日に続いてカボチャの苗15本を岩殿の畑に植えました。
IMG_0423IMG_0426




田ころがしで除草 6月29日

夕方、岩殿A地区の田んぼを田ころがし(田車、田打車)で除草しました。
IMG_0384IMG_0383IMG_0380



水漏れをふさぐ 6月25日

岩殿田んぼの水まわりの漏水をふさぐ作業をしました。予定していた作業ではないので補修資材もなくとりあえずの2箇所だけ応急処置しました。

A地区下の池の漏水箇所塞ぎ
IMG_0289IMG_0303IMG_0302
池の側壁の畦板繫ぎ目の隙間が拡大してそこから下の田んぼに流出

B地区上の田んぼ水口から手掘り水路への漏水止め
IMG_0310IMG_0311



カボチャを植える 6月14日

今年度は須田ゼミは休講なので、岩殿A地区の畑は空いています。草刈りだけしているのもムダなのでカボチャを植えました。生ごみ処理器キエーロに棄てていたカボチャからでた苗です。これまでウリハムシ対策にあんどんを立てたり、湿気対策に土を寄せて鞍つきにしてカボチャの苗は植えてきましたが、今回は一切なし。苗を植える前に植え穴に水が滲みだしてたまってきていましたから今後どうなることか、たくましく育ってほしいです。
IMG_9783

IMG_9778IMG_9779IMG_9781

生ごみ処理器キエーロ記事

田植え後の田んぼチェック 6月10日

田植えを昨日した岩殿の田んぼの午前9時頃の写真です。
5枚の田んぼで彩のかがやきの苗10箱を用意し、8.5箱を使いました。

岩殿A地区下の田んぼ
IMG_9554IMG_9567

IMG_9568IMG_9569

A地区上の田んぼ
IMG_9555IMG_9566
この田んぼは昨年コナギが多かった。

下の池
IMG_9556

岩殿B地区下の田んぼ
IMG_9557IMG_9565

B地区中の田んぼ
IMG_9558IMG_9564

B地区上の田んぼ
IMG_9559IMG_9563

上の池
IMG_9560IMG_9562

岩殿の畑の除草 6月9日

岩殿A地区の畑とE地区の道の上の区画の除草をしました。
IMG_9548IMG_9543

IMG_9542IMG_9497
畑の雑草とE地区の野草の一部は観察用に残しています。

田んぼの見廻り 5月21日

片桐さん、平賀さんが児沢・岩殿の田んぼの畦や水口・水尻など田んぼの状態を見廻りに来て、手直ししました。お疲れさまでした。
IMG_8485

IMG_8489IMG_8493

畦まわりの草刈り 5月13日

物置の片付けをしたら北村製作所のジズライザー(刈払機用安定板)があったので、岩殿の田んぼの畦まわりの草刈りをしてみました。雑草を地際で刈ると斑点米カメムシが好む成長点の低いイネ科雑草のみが再生するので、ある程度の高い位置(10~15㎝)で畦草を刈り、刈り残した茎でイネ科雑草の成長を抑制し、害虫を捕食するクモ・カエルを増やす。「刈る回数は従来と同じで3年続けると広葉雑草が増え、イネ科雑草が激減。斑点米カメムシも減る」(農文協のDVD)。
IMG_8110

IMG_8094IMG_8098IMG_8101

ジズライザーのパッケージの説明「草丈抑制で高く刈っても作業回数減少※」
草丈5㎝を残す高刈りだとすぐに雑草がのびる心配がありますが、実際は高刈りで摘芯された広葉雑草は横に枝を伸ばします。地面を這ってのびる被覆性植物も増えるので心配するほど草丈の伸張は問題にならず、高刈りはほどよく日陰をつくるので雑草の成長を抑制します。
※効果が出ない場所としては「①イネ科雑草のみで構成された場所」「②広葉の強害雑草(セイタカアワダチ草、アマリカセンダン草)などが繁殖した場所」になります。


※稲垣栄洋・丹野夕輝・山下雅幸・済木千恵子・松野和夫・市原実「高刈りによるイネ科雑草と斑点米カメムシの抑制」(『農業技術体系作物編』追録33(農文協、2012年)1077~1081頁
 はじめに
 草刈り作業による斑点米カメムシの増加
 高刈りによるイネ科雑草の抑制
  (1)イネ科雑草の抑制効果
  (2)耕作放棄地管理への活用
  (3)作業の安全性の点からの高刈りの評価
 高刈りの注意点
 高刈りによる植物の多様性の保全
 普及へ向けた課題と検討
  (1)高刈りの効果を高める条件の解析
  (2)群落高の抑制条件の解析
  (3)高刈りに対する合意形成
これまで見てきたように、高刈りは、斑点米カメムシの寄主植物の抑制や、在来野草の多様性保全、作業の安全性の点から優れた方法である。しかしながら、高刈りには重大な欠点がある。それは、刈り終わったときの見た目に草が残り、刈った感じがしないということである。そのため、作業後の達成感に欠けることや、近隣の方の目が気になる点が問題となる。特に日本の農業技術は、きめ細かい管理を行う点で優れていることから、草を残す方法は心情として受け入れにくい面もある。技術の普及にあたっては、高刈りが雑草管理、害虫管理のための合理的作業の1つであることを周知していく必要があるだろう。欧州では天敵の保全や生物多様性の保全を目的とした草地を農地周辺に維持し、草刈り回数を減らしたり、草刈り時期を遅らせたりする取り組みが行われている。そのような草地では、天敵や生物のための管理であることを市民や消費者に説明するための看板が立てられていることも多い。高刈りの普及にあたっても、高刈りが斑点米カメムシの防除や多様性保全のための方法であることを掲示することが一方策となるかもしれない。畦畔の雑草管理は、昔から主に草刈りによって行われてきた。しかしながら、昔は鎌で草刈りが行われていたのに対して、現代では主に肩掛け式刈り払い機が用いられる。おそらく鎌による草刈りは、地面の際で刈ることはできず、必然的にやや高い位置での草刈りになっていたのではないだろうか。これに対して刈り払い機による作業は、土を削るほどの低い位置での草刈り作業が可能となる。そして、このような刈り払い機による草刈り作業は、草一本残すことなく、気持ちよく草刈りができる代わりに、過度な草刈り圧によっては結果的にイネ科雑草の蔓延を引き起こすことが懸念される。そのため、刈り払い機による草刈り作業の普及は、斑点米カメムシの被害を拡大させてきた一要因となっていることも示唆される。「高刈り」というと奇妙な草刈りのように感じるかも知れないが、それは新しい技術ではなく、もしかすると、鎌で刈っていた昔の草刈り圧を再現することと捉えるべきなのかもしれない。これまで見てきたように、草刈りという単純な作業においても、適切な畦畔植生への働きかけが重要となる。今後、雑草をやみくもに排除するのではなく、知見を蓄積し、生態系管理という視点で、合理的に雑草や害虫を管理していくことを検討していく必要があるだろう。
. 参考文献

※研究究成果・害虫の発生を防ぐ畦畔管理1「草刈りは、やりすぎに注意 -草刈り高が問題雑草の発生に及ぼす影響-」(稲垣栄洋)
あぜや雑草地の草刈りは、雑草や害虫の発生を抑える上で重要な作業である。ところが、調査してみると草刈りをすることによって、かえって田んぼの害虫である斑点米カメムシが増加してしまう例が見られた。雑草や害虫を抑えるはずの草刈りによって、どうして害虫が増えてしまったのだろうか?
  稲垣「雑草学の視点から害虫防除を考える」7_12
※澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」(2018年度関東地域マッチングフォーラム『水田畦畔・圃場周辺の雑草管理の省力化』講演要旨集、2018年12月)
 畦畔は適期に雑草を管理することによって、その機能を維持している。しかし、慣行で行われている雑草管理は主として刈り払い機によるもので、夏季を中心に数回行われる作業は重労働であり、危険を伴う。生産者の高齢化や担い手不足に伴い、生産の場ではない畦畔の雑草管理の負担はますます大きくなっている。
 適期に管理ができず、畦畔で雑草が繁茂すると、雑草の種類によっては、圃場内に侵入したり、病害虫のすみかとなったりして、直接的あるいは間接的に農業生産現場に様々な害をもたらす。さらに、用水路や農道の周辺などでは、大豆圃場などに侵入すると防除困難な雑草が繁茂している所も多く、圃場周辺から圃場内への侵入を防止する必要がある。このような場所は地域全体で管理していく必要がある。
 このような状況の中、畦畔や圃場周辺の雑草管理の省力化は関係者の連携を密にして解決すべき重要な課題である。本講演では、雑草管理作業の現状や雑草発生実態を紹介し、雑草管理の問題点と基本的な考え方を整理するとともに今後の省力的雑草管理のあり方について考えたい。

澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_01澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_02

澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_03澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_04澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_05

澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_06澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_07澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_08

澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_09澁谷知子「畦畔等圃場周辺の省力的雑草管理に向けた課題と展望」_10

素掘り水路に橋かけ 5月7日

入山沼からの水路に仮橋をかけました。
IMG_7683
この橋幅では今日修理に出した耕運機は渡れません。

畑の除草 5月5日

岩殿A地区の畑の草刈りをしました。
IMG_7532IMG_7671

IMG_7534IMG_7676


田んぼの耕耘 3月26日

週末の天気が心配なので、岩殿A・B地区の田んぼの耕耘をしました。土曜日に殿山共同農場の皆さんと予定していた作業です。平賀さん、三本さん、関口さんが助っ人してくれて5枚すべてを耕し、畦の修理や草刈りをしました。

IMG_5989IMG_5994

IMG_5999IMG_6001

IMG_6003

B地区とI地区を区切る溝の落ち葉を掻きだし、B地区の下段と中段の田んぼの間にあった溝はつぶして下の田んぼに組み込みました。
IMG_6006IMG_6005

IMG_6010IMG_6011

IMG_6012IMG_6013

IMG_6015

畑の枯れ草を燃す 1月12日

岩殿A地区の畑の枯れ草を燃しました。
DSC_0003

脱穀終る③ 岩殿田んぼ 10月28日

岩殿A・B地区に架けてあったキヌヒカリの脱穀が終りました。
PA280047PA280050PA280049

PA280053PA280056

PA280059PA280060
5月2日に嵐山町古里で苗箱に籾をまいて、6月5日6日11日に田植え、9月20日、10月8日9日10日に稲刈りをしています。


稲刈り終る 10月10日

須田ゼミ3年生が岩殿A地区の上の田んぼの稲刈りをして、岩殿満喫クラブの田んぼすべての稲刈りが終わりました。稲架が強風で倒れないか台風19号の進路が気になります。
PA100013

PA100001PA100007PA100009

PA100014PA100015

岩殿A地区の稲刈り 10月9日

大東大学生団体Plus+のメンバー3人と須田先生の日本農業論の受講生4人に児沢探検隊の三本さんが加わって岩殿A地区の稲刈りをしました。
PA090044

PA090038PA090040PA090042


岩殿田んぼの稲刈り① 10月8日

殿山共同農場の皆さんが岩殿B地区の2枚の田んぼの稲刈りをしました。下の田んぼは9月20日に稲刈りをしています。
PA080038PA080041PA080042

中段の田んぼから始めました。
PA080007PA080009PA080010

PA080011PA080012PA080013

PA080015PA080016

田んぼに稲架棒を立てる 10月3日

児沢と岩殿C地区から稲架棒をA地区に運び、田んぼに立てました。
PA030038PA030034PA030001

PA030003PA030002
片桐さん、お疲れさまでした。

ヒガンバナの開花 9月21日

岩殿A地区の道沿いに2016年11月に移植したヒガンバナが咲いていました。田んぼに下りてくる道の除草をしている時に気がついたら刈ってしまっていたということを繰り返してきて、今年初めて見ました。
P9210035

P9210038

P9220010P9220015


水路の土のうを除く 9月16日

岩殿A・B地区の田んぼの水路を堰き止めている土のう袋を取りはずして、田んぼの排水を始めました。
P9160017P9160015P9160012
ザリガニが穴を開けて田んぼの水が無くなっていることが何度もあり、水位を維持することに気を使ってきましたが、稲刈りに向けて田んぼを乾かす時期になりました。片桐さんありがとうございました。

田んぼの法面の草刈り 9月15日

岩殿A・B地区の田んぼの東側D地区との境目の部分の草刈りをしました。背丈より高く伸びているものもあり驚きました。
P9150003

P9150013

P9150008P9150006
クサボケ(シドミ)の花が咲き、実がなっていました。


田んぼの排水 9月12日

岩殿A・B地区の田んぼも雨でたっぷりと水がたまっています。水番の仕切り板を下げたり土のう袋を外したりして水位を下げ始めました。
P9120015P9120004P9120003






田んぼの畦刈り 8月27日

片桐さんが、岩殿A・B地区の草刈りをしました。今日は刈払機にナイロンコード(ナイロンカッター)をつけて刈り具合を試してみました。
P8270042P8270045P8270047

岩殿でBBQ 7月18日

須田ゼミ3年生前期最後のゼミで岩殿A地区でバーベキューをしました。燃料のマキは現場で調達、バーベキューの焼き網はカマドをひっくり返してロストルで代用するなど工夫して即席で野外料理を楽しみました。
P7180035P7180032P7180026


岩殿田んぼの手取除草 7月16日

岩殿A・B地区の5枚の田んぼの除草をしました。今日は殿山共同農場の平賀さん、三浦さんが手伝ってくれました。ありがとうございます。
田ころがし(中耕除草機)、カルガモンも用意しましたが、主に手取りで除草しました。この時期、大きく育ってしまったコナギには手取除草の方が効率が良いようです。
P7160005P7160006P7160007

除草機[『図説 民俗探訪事典』(山川出版社、1983年)224頁]
img-190714193455

 除草は素手で行うほか、竹あるいは鉄製の草取爪を指先にはめたり雁爪(がんづめ)を使って水田の表土を攪乱(かくらん)しながら行なう。江戸時代には軽量の鍬を用いて中耕除草を行なう例も一部にみられたが、この雁爪が用いられるようになって、除草とともに中耕が一般化した。雁爪の出現は江戸時代にすでに知られているが、広く普及したのは明治時代になってからであり、これには前述の勧農社の指導によるところが大きいといわれている。爪の形も当初の直線爪から湾曲爪へ変化した。単に除草の機能をもつものとしては、早くから田の面をこする八反取(はったんどり)などと呼ばれる道具があったが、明治の初年には各地で回転式の爪をもった除草機が用いられていたようである。この回転式除草機を改良し、効率的に中耕除草を行なえるようにしたのが、中井太一郎の発明した太一車(たいちぐるま)に代表される回転除草機で、正条植の普及と相まって広くその後も使用された。

中井太一郎の中耕除草機

第19回・企画展「水田除草用具の移り変わり」
岩手県立農業ふれあい公園農業科学博物館
展示期間:平成15年7月4日 ~ 9月26日
◎除草の変遷
 水田の除草は、6月の梅雨期から夏の炎天下に行うものであり、稲作作業では過酷な作業の1つです。
 このため、素手による手取り除草作業は、文政5年(1822年)に書かれた農業便利論に出てくる「雁爪」や、その後の「八反取り」など道具を用い、泥土の反転や掻き廻しをすることにより除草してきました。
 その後、明治25年に鳥取県の精農家によって考案された「田打ち車」など「回転式除草機」が開発されたことにより、除草にかかる労力が大きく軽減されました。東北では、明治中期に山形県に最初に導入されましたが、本県では、大正7~10年頃から北上川流域を中心に普及しました。
 現在、最もよく使われている除草剤は、昭和23、4年頃から「2・4-D」の試験が始まり、昭和28年から実用化されました。昭和30年代からは、殺草力に優れた新しい除草剤が次々と開発され、昭和40年代には多くの除草剤が出現し、雑草や稲の生育状況にあわせて初期、中期、後期除草剤の体系処理が行われて効果を上げました。
 しかし、近年は減農薬栽培米などの生産で、回転除草機等の使用が再び見直されています。
1 雁爪
2 草取り爪
3 八反取り 〔除草田下駄〕〔八反ずり〕
4 田打車
5 回転中耕除草機
6 畜力除草機
7 株間除草機
8 除草剤散布機
 本県の昭和20~25年当時の稲作の総労働時間は、10アールあたり200~220時間で、その中で除草作業が占める割合は約20%にも及ぶことから、除草作業からの解放は全稲作農家の一大願望であった。
 除草剤「2・4-D」は、昭和23、4年ころから試験がはじまり、昭和28年から実用化された。その後殺草力の優れたMCPやMCPBが昭和30年代前半に、30年代後半からはPCP、カソロン、ニップ、MOなどの除草剤が次々と開発され、利用された。
 除草剤散布用の機具は、2・4-Dの開発当初は水和剤で落水後散布のために噴霧器が使用されたが、その後の多くの除草剤は、水中剤または粒剤化されていることから、散粒器が使用されるようになった。


中耕除草機作業終る 6月28日

昨日は畝間(うねま)を除草しましたが、今日は株間(かぶま)を回転式中耕除草機を使って除草しました。
P6280010P6280007P6280009

岩殿A・B地区の田んぼは、耕作放棄されていた田んぼを復田して以来、田植機を使わず手植え、除草剤を使わず無農薬でイネを育てています。今年の田植えも一株の苗数を少なくして、畝間と株間を広くとって縦横のラインを揃えて植えることを心掛けて取り組みました。
岩殿A・B地区では田植えは手植えでやるので、畝間と株間を同じ広さにして苗を植えることができ、その結果、畝間と株間の両方、縦横に手押の除草機を通すことができることになり、田んぼに四つん這いになって手取りで除草する辛(つら)さから幾分、「解放」されるということになるのです。理屈では……。

田んぼの水位調整 6月27日

昨日、除草した岩殿A地区の上の田んぼで、水口を開き、排水口に使っている「水番」の仕切り板を追加・調整して、田んぼの水位を高くしました。
P6270017P6270012

夕方、田んぼの水位が増え、仕切り板を越えて排水されるようになったので水口を閉めました。
P6270018P6270016





下の田んぼも除草 6月27日

11時頃、小雨が降り始めるまで岩殿A地区の下の田んぼも中耕除草機で除草しました。
P6270010
正条植に近いので条間だけでなく株間も除草機が通れそうです。

25日の様子
P6250022
この田んぼは上の田んぼと比べると水深が深く、水温も低いせいか、コナギの生育が遅く、水草が繁茂しています。


岩殿田んぼの除草 6月26日

夕方、岩殿A地区の上の田んぼを児沢探検隊から借りたアルミの中耕除草機でしました。
P6260017

昨日の様子(25日)
P6250024
コナギが繁茂しています。

除草の翌日(27日)
P6270006
除草したコナギが浮くように田んぼの水位を高くしました。

岩殿A・B地区の田んぼ 6月8日

岩殿A地区の下からB地区の上まで5枚の田んぼの様子です。

岩殿A地区の田んぼ
P6080005P6080010

シュレーゲルアオガエルの卵塊
P6080007

岩殿B地区の田んぼ
P6080014P6080015

P6080016P6080017
真ん中の田んぼの畦下からの漏水があり、目立つところに竹を立てておきました。

岩殿A・B地区の田んぼ 6月7日

岩殿A地区の下からB地区の上まで5枚の田んぼの様子です。

岩殿A地区の田んぼ
P6070013P6070014

岩殿B地区の田んぼ
P6070015P6070016P6070017

須田ゼミ3年生の田植え 6月6日

2限の3年生のゼミで岩殿A地区の上の田んぼ、B地区の下の田んぼ半分の田植えをしました。その後、畑の野菜を摘んで京都のなめ味噌をつけていただきました。生野菜にもあいます。
P6060031P6060035P6060037

B地区の上の2枚の田んぼも片桐さんの奮闘でなんとか田植えができる状態を維持しています。

須田ゼミ4年生の田植え 6月5日

4限は須田ゼミ4年生の田植えを岩殿A地区の上の田んぼでしました。就活が忙しくて2名の参加で、田んぼの半分を明日の3年生のゼミ用に植え残しました。
P6050019P6050007

ヌマガエル
P6050010

大東大学生の田植え 6月5日

大東文化大学国際関係学部須田先生の3限の受講生の田植えを岩殿A地区の下の田んぼでしました。
P6050001

P6050003P6050004
学生12名でウルチのキヌヒカリを植えました。

田んぼに苗箱を運ぶ 5月31日

嵐山町古里の大塚さんに育ててもらっていたウルチとモチの苗を田んぼに運びました。ウルチはキヌヒカリ15箱、モチはマンゲツモチ15箱です。下の田口さんからお借りした苗コンテナを使って一度に30箱を軽トラで運び、キヌヒカリは岩殿A地区の上の田んぼ、マンゲツモチは児沢の上の田んぼに置きました。
P5310025P5310027

P5310029P5310030




田んぼの水漏れチェック 5月25日

水漏れがないか、片桐さんが岩殿の田んぼの代かき後の状態を点検し、水口、水尻、畦など補強しました。
P5250004P5250005

岩殿田んぼの代かき 5月24日

岩殿A・B地区の谷津田5枚の代かきをしました。管理機のタイヤをカゴ車輪に付け替えて実施しますが、最初のA地区の下の田ではまり込み、エンジンもかからなくなり往生しまし。あれえこれ工夫してなんとか脱出成功、その後は三浦さん、片桐さんが頑張って5枚全部の田んぼの代かきができました。ありがとうございました。田んぼの畦は澤田さんが再度刈りました。
P5240006P5240007

P5240012P5240017P5240014
代かきをすると田んぼの様子が一変します。




雑炊を食べる 5月16日

須田ゼミ3年生。今日はロケットストーブで雑炊を作って食べました。
P5160011

田んぼの耕耘 5月5日

管理機で岩殿A・B地区の5枚の田んぼの耕耘をしました。前回1月29日は殿山共同農場の平賀さんが手伝ってくれましたが、今日は三浦さんも加わって、片桐さん、平賀さん、三浦さんの3人で汗を流しました。
P5050021

P5050003P5050009P5050007
田んぼが湿ってきていて管理機のハンドルも重くなってきました。お疲れさまでした。
P5050013P5050017

A地区の池からの水漏れ対策に畦シートをいれました。
P5050006

入山沼からの水路の清掃もしました。水際のツツジが増えてきたようです。
P5050022

畑に苦土石灰を入れる 4月14日

昨日作業した岩殿A地区の畑に苦土石灰をまいてこまめで耕いました。
P4140003
今日はお隣の田んぼは畦塗り機で畦をつくっていました。

畑の準備 4月13日

片桐さんと関口さんで、岩殿A地区の畑を管理機で耕しました。さらにこまめで耕い、田んぼ側は畝をつくっておきました。
P4130041P4130039P4130030



ハーブ類を追加 4月12日

8日に菊池さんが種まきした隣に、須田先生が追加の苗や種をまきました。
P4120024P4120020
夕方6時過ぎの作業、頭が下がります。

      お知らせ
    記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ