岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

青木ノ入の畑

青木ノ入りの道沿いの草刈り 9月28日

青木ノ入りのボッシュ林に上がる道と耕作放棄地、学びの道沿いの草刈りを、スパイダーモアで刈り高を換えながらしました。
P9280029P9280048

P9280028P9280047

P9280032P9280041

P9280034P9280053

P9280054P9280050
前回は8月25日でした。

車堀公園にスパイダーモアを戻し、ハンマーナイフモアで市野川右岸の道路沿いの草刈りをしました、
P9290002P9290003P9290004

青木ノ入の除草 8月25日

修理が終わったスパイダーモアを軽トラに載せて青木ノ入に来たら、須田さんが一足先に畑の除草をすませていました。ありがとうございます。
P8250035P8250036P8250041

学びの道沿いを除草しました。道沿いはシバで緑化を目指して草刈り回数を増やしたいです。
P8250043P8250047P8250048

青木ノ入の除草 7月9日

青木ノ入の果樹園と奥の耕作放棄地(青木ノ入1344、43㎡)の除草をスパイダーモアでしました。
P7090036

P7090021P7090023
ヒメコウゾやブルーベリーがある区画は刈払機でします。

5月20日6月1日の記事にありますが、帰化植物のユウゲショウ、ニワゼキショウなどが学びの道や管理地に蔓延するのは抑えていきたいと考えています。入山谷津の植物調査では2019年にはユウゲショウは青木ノ入にしかありませんでしたが、今年は岩殿A地区でも花を咲かせており、学びの道沿いに分布を拡げています。
P7030021
ユウゲショウは抜き取りがしやすいので、記事にはしていませんが、6月11日、19日、24日に抜き取りをしています。手が足りず、抜き取りだけではままなりません。
P6110005P6190034P6240043

日本では1200種以上の帰化植物が生育しています。帰化植物とは、①本来自生していない地域に、②人の活動に伴って持ち込まれ、③その地で自生するようになった植物です。異なる地域からやってきて、その地に天敵が存在しないという強運に恵まれ、その地の土質や気候に耐え抜き、その地の競合する在来種に負けずに生き抜くことができた強い植物です。在来種の生育地を奪ってしまったり、近縁の在来種と交雑して不稔(受粉してもタネができなくなる)や雑種が誕生したり、様々な生物に未知の影響を及ぼし、その地の生物相を大きく変えてしまう可能性があります。


在来種のネジバナ(ラン科、多年草)がありました。
P6250062

同じ国の中であっても、別の地域から持ち込まれた植物のことを「国内外来種」と言い、地域の生態系に大きな影響を及ぼす可能性があります。生育環境の違いにより、同じ種でも異なる遺伝的特性を獲得しており、別の個体群と交雑すると、その地固有の遺伝子が失われてしまうので、地域個体群を守ることも多様性の保全には大切です。生物多様性、豊かな生態系を守ることの大切さをもう一度考えてみましょう。


果樹園の除草 6月10日

須田さんが青木ノ入の果樹園の除草をしました。お疲れ様でした。
P6110001P6110002

11日、ユウゲショウを抜き取りました。
P6110005

青木ノ入の除草 6月1日

青木ノ入の学びの道と東側の果樹園の除草をスパイダーモアでしました。
P6010009P6010008P6010010
学びの道は舗装されていますが、道端はスパイダーモアでの除草回数を増やしてシバを育て芝生化ていきます。
外来種のユウゲショウ(アカバナ科)とニワゼキショウ(アヤメ科)。ニワゼキショウは3本のすじのある花被片(花びら)と、5本すじの花被片(がく片)が、それぞれが3枚ずつ交互にあり、合わせて6枚。道端のシバの中や果樹園にも生えていてきれいですが、これ以上増えないように抑制し、在来野草による緑化が優先です。
P5290006P5290001

P6010006P6010007

芝生の中に生えているのは抜くのがやっかいです。
P5290009

スパイダーモアの返却ついでに、車堀公園をチョッピリ除草しました。
P6010032P6010031

※6月7日、青木ノ入果樹園のユウゲショウを抜き取りました。
P6070004P6070005
雨あがりは、やはり引き抜きやすいです。

果樹園の草刈り 5月2日

青木ノ入の果樹園の草刈り。学びの道の東側の下(ブルーベリー、コウゾ)を刈りました。
P5030008P5030007

P5030002P5030009
西側は溝に落ちている草を取り除きました。

果樹園の草刈り 4月28日

スパイダーモアと刈払機で果樹園の草刈りをしました。
P4280029P4280030
道の東側は上・下で339㎡。

P4280033
奥の耕作放棄地は43㎡。

P4280036P4280035P42800371
道の西側は上・下で253㎡

P4280039
ブルーベリーやコウゾのある道の東側の下はこれからですが、手こずりそうです。

果樹園の草刈り 4月23日

青木ノ入の果樹園の草刈りを始めました。学びの道の東側の下からです。今日は刈払機でしましたが、スパイダーモアで刈ることにしています。
P4230001P4230002


落葉堆肥を運ぶ 3月2日

青木ノ入の果樹園に土のう袋に入れた落葉堆肥を運びました。
P3020096P3030010P3030024



シカの食害 1月25日

青木ノ入の果樹園のビワの木がシカの食害にあっていました。須田さんが果樹園の果樹の名札を付けなおしに行った時に発見しました。
P1270003P1270005



果樹園の草刈り 9月17日

週末、雨が降りそうなので、市民の森保全クラブの活動前に青木ノ入の果樹園の草刈りをしました。昨日の続きです。
P9170004P9170002


果樹園の草刈り 9月16日

青木ノ入の果樹園の草刈りを除草機、刈払機でしました。
P9160008

P9160002P9160003

P9160005P9160007
学びの道の東側のブルーベリー園は暗くなったので途中で中止しました。岩殿でも農家が稲刈りをごみ始めました。ゴミステーション側から6時過ぎまで、ライトをつけて、お疲れ様です。

ナミアゲハ幼虫(温州ミカンについていました)
 P9160031P9160025
  左:終齢幼虫 右:幼齢幼虫

モンクロシャチホコ幼虫とチャミノガ(みのむし)
 P9160024P9160022
 プラムについていました。ミノムシはチャミノガです。
モンクロシャチホコは8月から9月頃に樹上から地面に降り、落ち葉や浅い土中に潜り、さなぎになって越冬し、6月から7月にかけて成虫になります。サクラによくついていて駆除したくなりますがモンクロシャチホコには毒はありません。果樹園では食害性害虫ですが。
右の写真に写っているミノムシはチャミノガ(千葉県生物多様性センター「生命のにぎわい通信」10号、2009年12月)。

道端の草刈り 9月15日

青木ノ入の果樹園の道端と奥の耕作放棄地の草刈りをしました。午前中は西側、夕方は東側をしました。果樹園は明日、除草します。
P9150002P9150004

P9150010P9150006

P9150012P9150013

果樹園の草刈り 8月27日

須田さんが青木ノ入の学びの道西側の果樹園の草刈りをしました。25日の作業完了です。
P8280011P8280009
市民の森保全クラブの活動が終わった12時過ぎに出会いました。炎天下の作業お疲れさまでした。

果樹園の草刈り 8月25日

畑の草取りが終わって、青木ノ入の道の西側の果樹園の草刈りを須田さんがしました。前回は7月13日でした。夏場は本当によく伸びます。
P8260001P8260003


青木ノ入の草刈り 7月13日

夕方、青木ノ入の果樹園に接する耕作放棄地と学びの道沿いの草刈りをしました。11日の須田さんの果樹園の除草作業の続きです。
作業前
P7120058P7120057P7130150

作業後
P7130156P7130154P7130152



青木ノ入の草刈り 7月7日

昨日、須田先生が青木ノ入の果樹園の草刈りを手鎌でしていました。田んぼの作業に追われて手が回らず気になっていたので、夕方、刈払機で道の東側から除草を始めました。
P7070055P7060136
 ●------------------------------------------------------------●
7日は午後7過ぎまで刈りました(9日撮影の写真)。
P7090010P7090012P7090009

青木ノ入の草刈り終わる 5月26日

果樹園の草刈り③。青木ノ入の道両側下の畑の草刈りをして、青木ノ入の草刈りは一先、終了です(道端の草刈り①、果樹園の草刈り)。
P5260060P5260062

明日は雨のようですが、刈草が乾いて軽くなればまとめて、西側上と下の畑の境界の畦下の刈草置場に片づけます。
P5260006P5260007
24日に刈った奥の耕作放棄地の刈草(①の2枚目の写真)はレーキでまとめて移動しました。

果樹園の草刈り② 5月25日

青木ノ入の道の西側上の畑の草刈りをしました。
P5250100P5250102P5250106


次は両側下の畑です。これだけ草を伸ばしてしまうと刈るのに時間がかかります。
P5250107P5250109

果樹園の草刈り① 5月24日

夕方、小雨が降り出すまで青木ノ入の果樹園の草刈りをしました。昨年も5月24日に草刈りをしています。
P5240057P5240060P5240061
学びの道の東側の下と西側の上・下の畑の草刈りは次回です。

道ばたの草刈り① 5月20日

青木ノ入の畑の道端の草刈りをしました。5月中は散策者も多く、ユウゲショウの花を楽しんでいるようでしたので草刈りは延期していましたが、ツボミオオバコが目だってきたので刈りました。東から西に向かっている学びの道が北に向きを変えているカーブです。現在は半分程度がシバ主体になっていますが、草刈りを頻繁に行えば全体がシバになるでしょう。将来的にはここの道端はノシバによる芝地になればと思っています。
P5200070P5200072


P5200014P5200012

ユウゲショウ(アカバナ科)とツボミオオバコ(オオバコ科)(岡山理科大学の旧植物生態研究室(波田研)ホームページの『植物雑学事典』から)
ユウゲショウはアメリカ原産の帰化植物。多年生草本であり、観賞用に栽培されていたものが野化したものと思われる。路傍やあぜ道などに点々と生育が見られる。夏から秋にかけ、直径1.5~1.0cmの花をつける。めしべの先は4つに分かれ、十字状になっている。花が美しいので除草されず、また刈り残され、次第に増えつつあるように思う。……
ツボミオオバコは北アメリカ原産の帰化植物である。比較的新しく帰化した植物であり、広く分布したのはここ20年ほどではないかと思う。路傍などにも生育するが、特に新しい公園でよくめだつ。オオバコよりも、乾燥した立地にも生育できる。一年生の草本であり、春から夏にかけて花穂を形成する。和名は、花が開かず、いつまでもつぼみのままのように見えるとの意味である。……一年生草本であるので、まずは子孫を確保する戦略をとっている。……
※鞠子典子・西成典子・鞠子茂「踏みつけ攪乱と被陰ストレスの異なる土地利用タイプにおける在来オオバコと外来オオバコの個体群分布」(『法政大学多摩研究報告』29巻、2014年)
調査対象は在来オオバコ(オオバコ)、外来オオバコ(ヘラオオバコとツボミオオバコ)
オオバコ属植物の個体群分布と生育環境
……被陰ストレス耐性のないツボミオオバコは、晩春から初夏にかけて栄養生長・伸長生長を盛んに行い始めた共存種がツボミオオバコを被陰する頃には、その年の生育期間をほぼ終えていた(データ未発表)。ツボミオオバコは遺伝的制約により草丈が低くても、生育開始時期が早く、短期間で開花・結実に到達する生態学的特性を獲得することができる。こうしてツボミオオバコは、他の植物と生育時期をずらした生活史を過ごすことにより、他種による被陰という環境ストレスを回避し、繁殖成功を収めているものと考えられる。……(15頁)
まとめ
在来オオバコと外来オオバコの個体群密度を様々な土地利用タイプで調査し、被陰ストレスと踏みつけ攪乱という2つの環境要因から個体群分布の種間差について解析を行った。その結果、在来オオバコと外来オオバコは同所的に分布する土地利用タイプもあるが、在来オオバコのみ分布する土地利用タイプもあることが明らかとなった。この結果は、たとえ類似したニッチに生育する近縁種の間であっても、種子の環境適応戦略や散布様式などの生態学的特性に僅かでも差異があれば、在来植物と外来植物は住み分ける可能性のあることを示している。今後は、外来植物による在来植物の競争的排除が一方的に進行しない条件を科学的に解明し、雑草リスク評価に反映させていくことも必要ではないかと思われる。……(15頁)
オオバコヘラオオバコ(オオバコ科)(岡山理科大学の旧植物生態研究室(波田研)ホームページの『植物雑学事典』から)
オオバコは日本各地からアジアに分布する多年生草本であり、路傍雑草の代表格である。オオバコは「大葉子」であり、漢名では「車前」という。車のとおるような場所にも生育することに着眼したもので、なるほどと思う。路傍雑草と入っても、やや湿った場所を好み、瀬戸内海気候の岡山では、あぜ道や少し山に入らないとお目にかかれない。果実には粘着性があり、靴などに付着して散布される。……
ヘラオオバコはヨーロッパ原産の帰化植物で、江戸時代には渡来したという。多年生の草本で地下に太い根茎がある。葉は細長く、長さ20cmほどになる。春から夏にかけて高さ30cmほどの花茎をだし、下部から上部へと次々に開花する。生育地は路傍や牧草地、堤防などであり、刈り取りには強いものの、踏みつけには弱い。……

青木ノ入の果樹 4月8日

P4080003

P4090003P4090004P4090006

青木ノ入の果樹に名札がつきました。写真は学びの道の東側の果樹園のモモ(白鳳)です。ほかに、オリーブ(マンザニロ)、オリーブ(ルッカ)、大実ザクロ、リンゴ(紅玉)、クリ(筑波)、ブドウ(デラウェア)、柿(次郎)、プラム(太陽)、アンズ(ハーコット)、サクランボ(暖性)の11種とブルーベリーを夕方移植して13本あります。学びの道の西側は桃(白加賀)、ナシ(豊水)、イチジク、アンズ(信州大実)、アーモンド、ビワ(茂木)の6本です。
青木ノ入の果樹①(2019年12月28日記事)
 
青木ノ入の果樹②(2019年12月29日記事)
 
青木ノ入の果樹③(2019年12月30日記事)
 
青木ノ入の苗木追加(2020年2月1日記事)
 
西側上の梅(南高・白加賀)(2020年3月3日記事)
 
果樹追加(2020年11月28日記事)
   
すでに枯れてしまったものや、元気のないものもありますが、植えたからにはしっかり育てていきたいです。









今日の作業 4月7日

青木ノ入の道の東側の果樹園の草刈りをしました。
P4070014P4070008

渡部さんが軽トラ進入路に敷く角材を移動しました。
明日は防腐剤を塗ります。
P4070005

田んぼが予想よりも早く乾いてしまったので、畦塗りは延期します。
P4070028

青木ノ入の草刈り 4月6日

午前中、青木ノ入の西の果樹園と奥の耕作放棄地の草刈りをしました。
DSC_0078DSC_0077DSC_0080
午後は別用があり、午後7時過ぎに再訪すると、須田さんが午後、果樹にプレートを付けていました。散策者が何の樹だろうと咲いている花の写真をとったり眺めたりしている光景をよくみるので、重宝することでしょう。写真は明日、掲載します。今晩はイタチが出没していました。センサーカメラを設置してモニタリングしたら面白そうですね。

夕方、3月11日から7回シリーズで開催されていた『生物多様性国家戦略を考えるフォーラム』(国際自然保護連合日本委員会)の最終回をオンラインで聴講しました。700名以上の参加者があったようです。
2021031120210312

2021031820210322

2021032620210331

20210406
第6回のNPO法人地球守代表理事高田宏臣さん(AMAZON農学部門ベストセラー土中環境 忘れられた共生のまなざし、蘇る古の技』建築資料研究社、2020年6月)のお話しは面白かったです。YouTubeには動画が何本もUPされています。

アンズの花が咲く 3月20日

青木ノ入の果樹園でアンズの花が咲いていました。
IMG_9123IMG_9126


ブルーベリーを植える 2月4日

青木ノ入の道の東側下の畑にサザンハイブッシュ系ブルーベリーのマグノリア3本とサンシャインブルー1本を植えました。
IMG_7424IMG_7426IMG_7427

果樹追加 11月28日

青木ノ入の果樹園に、レモン、栗(筑波)、オリーブが追加されました。
IMG_5268IMG_5269IMG_5606

IMG_5271IMG_5272IMG_5604
筑波:果頂部がやや尖り、薄毛があり、先の周囲が粉を吹いたように白くなっているものが多い。淡黄色で粉質の果肉は甘味が強く、香り豊か。鬼皮に光沢があり、ゆでくりや渋皮煮に適しています。

青木ノ入の道沿いの草刈り 10月7日

青木ノ入の道沿いと奥の耕作放棄地の草刈りをナイロンコードでしました。奥の耕作放棄地は昨年12月にはチガヤとセイタカアワダチソウの藪になっていましたが、今年は草刈り回数を増やして低く刈っているので植生が変化しています。
IMG_3187IMG_3184

IMG_3182IMG_3196
岩殿では午後4時頃から雨が降り始めました。週末にかけて雨が続きそうなので、細断された路上の草は放置しておいてもきれいに流されてしまうでしょうが、雨の中、いつものように片づけておきました。


果樹園草刈り 9月14日

昨日、しばらく足を踏み入れていなかった青木ノ入の畑と岩殿A地区の畑がメヒシバの大海になっているのに気がついて、今日は青木ノ入の除草をしました。
IMG_2649

IMG_2673IMG_2674

雑草の中からニラ、パクチー、ゴーヤなどが顔を出しました。
IMG_2628IMG_2633

IMG_2631IMG_2635

イチジクは枝元に小さな秋果がついていました。
IMG_2619
秋果はその年にのびた新しい葉の枝元に実がなり、夏果は前の年の枝についていた小さな実が大きくなるそうです(『パコマ』2019.03.02記事)。

8月の猛暑で元気がなくなり消えてしまいそうな果樹もあります。
IMG_2627IMG_2622
オリーブとカキ。どちらも実はついています。

果樹園の草刈り 9月8日

青木ノ入の道の西側の果樹園の草刈りをしました。前回は7月31日。果樹のまわりは後回しです。
IMG_2018IMG_2019

IMG_2022IMG_2020

道の東側の草刈り 8月23日

ブルーベリーのいなほてらす出荷後、市民の森保全クラブの活動開始時刻(9時)まで青木ノ入の道の東側の草刈りをしました。
IMG_1495IMG_1494


道の西側の草刈り 8月21日

青木ノ入の道の西側、奥の耕作放棄地の草刈りをしました。
IMG_1464IMG_1458

IMG_1459IMG_1456

IMG_1460IMG_1463
学びの道は青木の入で舗装道を道なりに上がって行くと入山沼、市民の森。
左側の道に入って途中から山道を上るとボッシュ林。

果樹園の草刈り 8月2日

青木ノ入の道と東側の畑の草刈りを始めました。
IMG_0938IMG_0939IMG_0940



果樹園の草刈り 7月31日

やっと梅雨明けしそうです。青木ノ入の道の西側の草刈りを始めました。
IMG_0914IMG_0916IMG_0917

8月1日、梅雨明けしました(2日撮影)。
IMG_0935IMG_0936IMG_0937




カボチャや果樹の草刈り 7月19日

午前9時頃までに岩殿B地区のカボチャのつるの下の草と青木ノ入の果樹まわりの草を刈り取りました。今日は昨日と打って変わって強い日ざしがあり、朝のうちに作業ができたのは幸いでした。

カボチャ畑
IMG_0770IMG_0771IMG_0778

青木ノ入の果樹
IMG_0791IMG_0795IMG_0796

鳩山アメダスの記録
           日最高気温   最低気温   日積算降水量   日照時間 
  7月18日        23.3                19.7              3.5                  0.1
  7月19日        32.4                20.2              0.0                  8.1   

道沿いに草刈り 7月14日

青木ノ入の果樹園。夕方、入山沼に向かう道路の両側の草刈りをしました。
IMG_0704IMG_0708IMG_0702

株下の雑草取り 6月22日

18日にできなかった青木ノ入の上の畑の果樹の草取りをしました。8時頃から雨が降り始めましたが、今日は終わりまでできました。
IMG_0137IMG_0126IMG_0127

ブドウ(デラウェア)とカキ(次郎)には小さな実がついていました。
IMG_0131IMG_0134

ブドウの下にはカボチャも育っています。
IMG_0129

果樹園の手入れ 6月18日

曇で気温が上がらなかったので青木ノ入で作業しました。道の西側の6本と東側のバラ・ベリー類は株下の雑草を手取りしました。
IMG_0055IMG_0058

IMG_0078IMG_0088

東側の上の畑は刈払機で刈り終わったところで時間切れ。明日の雨降りの備えて溝の刈り草を掻き上げて終了。
IMG_0079IMG_0086

IMG_0080IMG_0084

ブドウは棚が必要です。
IMG_0082

道の西側の草刈り 6月16日

夕方、青木ノ入の道の西側の草刈りをしました。
IMG_9886IMG_9883

奥の耕作放棄地はワレモコウとセンニンソウを残し、チガヤとセイタカアワダチソウを刈りました。
IMG_9889



バラが咲く 5月31日

青木ノ入の畑にバラが咲いていました。

青木ノ入の草刈り 5月26日

青木ノ入の草刈り。ひととおり終わりました。
IMG_8746IMG_8749

IMG_8747IMG_8748


青木ノ入の草刈り 5月25日

今日は道の西側と奥の耕作放棄地の草刈りをしました。
IMG_8716IMG_8714IMG_8718

青木ノ入の草刈り 5月24日

青木ノ入の道の東側の上の畑の草刈りをしました。
IMG_8690

IMG_8689IMG_8688

道の上にマムシの死体がありました。
IMG_8694
マムシは見つかると殺されることが多いのでそのうちいなくなるかもしれません。

プラム(太陽)の実 5月10日 

青木ノ入のプラム(太陽)に実がついていました。
IMG_7851

IMG_7855

刈り草移動、石拾い 5月1日

青木ノ入の西の上・下の果樹園の刈り草を集めて刈り草置場に移動しました。
IMG_7295IMG_7296

上の畑の南高梅に実がついていました。
IMG_7294

小石や礫も集めました。
IMG_7298

青木ノ入の畑草刈り終了 4月28日

青木ノ入の西の下の果樹園と道沿いの草刈りをしました。刈り草が枯れたら集めて刈り草堆肥場に移動し、水がたまらないように畑の表面を均します。

西の下の畑
IMG_7091IMG_7097IMG_7096

西の上の畑
IMG_7099IMG_7098


隣の耕作放棄地
IMG_7100

東の下の畑
IMG_7093

東の上の畑
IMG_7094IMG_7102IMG_7101

果樹園の草刈り 4月27日

青木ノ入の西の上の果樹園と隣の耕作放棄地の草刈り。正午頃、雨が降ってきました。
IMG_7085IMG_7087

IMG_7081IMG_7079
左:セイタカアワダチソウ。右:ワレモコウ

果樹園の草刈り 4月25日

青木ノ入の道の東側の果樹園の草刈り。今日は刈払機にナイロンコードをつけてしました。
IMG_7037

IMG_7040IMG_7041

果樹園の草取り 4月24日

青木ノ入の東の下の畑のベリー園の草取りをしました。
IMG_7033IMG_7036

果樹園の草取り 4月23日

青木ノ入の東の上の畑の草取りを鍬でしました。
IMG_7030IMG_7032

IMG_7029IMG_7028



QRコード
QRコード
岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブからのお知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ