岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

入山沼

進入道路の草刈り

岩殿の畑に下りる坂道の所から入山沼までの道路両側の草刈りをしました。

  草刈り作業前
DSC00063

  草刈り作業後
DSC00072

  畑に下りる道
DSC00075

入山沼下の耕作放棄地 2月25日

ヤナギやハンノキなどの低木が生えている湿地です。
入山沼からの水路の補修と動物相・植物相の生きもの調査が必要です。
DSC08025DSC08019DSC08018

入山沼 2月25日

入山沼は凍っていませんでしたが、堰堤の道路の残雪は深い。
DSC08020DSC08024DSC08026

入谷沼下の遊休田んぼ

アズマネザサの上に雪が積もって、入山沼直下の田んぼの状態がわかりやすくなっています。
田んぼの中にハンノキ、ヤナギ類などの低木が生えています。
ここもどうにかしたい田んぼです。草刈りでも、樹木の伐採でも、水路の管理でも、出来ることは出来る時に、どんどんしたい気持もありますが、今、ここにいる生きものにどのような影響があるのか配慮し、時期や方法など検討して行きたいと思っています。→「ボッシュ林下の遊休田んぼ
DSC09062DSC09066DSC09068

     耕作放棄地・有休農地・2008年度現地調査(緑・黄・赤)
 耕作放棄地 以前耕地であったもので、過去1年以上作物を栽培せず、しかもこの数年の間に再び耕作する考えのない土地」(農林業センサス)

 遊休農地 ①現に耕作の目的に供されておらず、かつ、引き続き耕作の目的に供されないと見込まれる農地。②その農業上の利用の程度がその周辺の地域における農地の利用の程度に比し、著しく劣っていると認められた農地(①を除く)(農地法)

 現地調査(2008年度)区分 :人力・農業用機械で草刈り・耕起・抜根・整地を行うことにより耕作することが可能な土地。:草刈り・耕起・抜根・整地では耕作することはできないが、基盤整備を実施して農業利用すべき土地。:森林化・原野化している等、農地に復元して利用することが不可能な土地。

凍結した入山沼

入山沼は九十九川の源流の一つで、岩殿田んぼの水源です。
夏場は黒っぽい沼ですが、今日はミルク色でした。
DSC09007DSC09067

DSC09069DSC09070

QRコード
QRコード
岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブからのお知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ