岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

市民の森

ナラ枯れ始まる 7月3日

コナラ枯死木? 猛暑が続き、梅雨も上がり、コナラの枯死が始まったようです。
入山沼に向かう学びの道から遠望。市民の森の内と外で2箇所発見。
P7030030

市民の森の園路(尾根の道)付近
P7030026P7030033

市民の森の外(民有林)
P7030025

カシナガ捕獲続く 7月2日

先週からカシノナガキクイムシの活動がおちついてきた様子ですが、昨夕、トラップの水を換えて半日で、この程度、捕まっています。今まで入っていなかったものに入っていたりします。お昼までに舗装園路沿いのトラップのチェックができました。
P7020005P7020009

ヤブキリ(キリギリス科)
P7020007P7020008
逃がしてやりました。トラップに捕まっている虫を食べにきているようです。

フラス木 7月1日

株元にフラスが大量にあるコナラがあります。ダラダラとフラスが増えるのではなく短時間でこうなります。入口にフラスを付けているカシナガの穿入孔を早く見つけてトラップを付けなくては。見つけたらすぐ対処。
P7010035P7010036

マイマイカブリ(オサムシ科)の幼虫
P7010011P7010009
日本固有種だそうです。
マイマイカブリの生活史(Hondaキャンプ生きもの図鑑』から)
5~7月に交尾を終えたメスが土中に産卵する。幼虫は地面を徘徊しながらカタツムリを捕食する。1齢幼虫は5日間くらいで土中に潜り、脱皮して2齢(終齢)幼虫になる。さらに2週間後には土中に潜りこんで蛹(サナギ)になる。成虫・幼虫は、土や朽ち木に潜りこんで越冬する。

市民の森にニホンカモシカ? 6月27日

市民の森の舗装園路でトラップの点検作業をしている時に、坂戸市民の加藤さんからスマホの写真を見せてもらいました。6月20日の午前中に市民の森で撮ったそうです。
P6270003
牙があったのでイノシシだと言って写真を見せていたとおっしゃっていましたが、姿や体色は6月8日の記事に載せているニホンカモシカと似ています。ニホンカモシカには生え替わらない角はあっても牙はないので、「牙があった」は気になります。

トラップ点検(~石坂の森活動広場方向分岐) 6月27日

今日、梅雨明けしました。暑い日が続いています。お昼過ぎまで舗装園路のトラップの点検をしましたが、18日と同様、市民の森物見山駐車場から石坂の森活動広場への分岐点までしかできませんでした。新たにフラスが出ているコナラ(目通り18㎝、株元直径28㎝)があってトラップの新設をし、分岐点の石坂の森側のコナラに仕掛けたトラップにはカシナガが入り、裏側の株元にフラスが落ちていたのでトラップを増設しました。
P6270012P6270013

P6270015P6270020P6270021

トラップ点検(駐車場~石坂の森活動広場方向分岐) 6月18日

市民の森物見山駐車場から石坂の森活動広場方向分岐までの間に設置しているトラップの点検をしました。写真のコナラにはカシナガトラップ1基とクリアファイルトラップ10枚をつけています。
P6180009P6180002P6180008
この木にはカシノナガキクイムシが集まっています。赤テープがまいてないのは昨年、フラスが出ていなかった、カシナガが穿入していないということです。
※この木は6月12日に斉藤さんがLINEの市民の森グループで報告してくれた木です。マスアタックが続いています。



キノコ原木を本伏せ 6月17日

市民の森保全クラブ定例活動日。参加者は芦田さん、片桐さん、金子さん、木谷さん、木庭さん、斉藤さん、鳥取さん、橋本さん、細川さん、丸山さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineの13名。江原さんは欠席でしたが、麦茶のジャーを用意しておいてくれました。ありがとうございます。

4月8日に仮伏せしたキノコ原木を本伏せしました。
P6170025P6170027P6170028

20年度皆伐エリアのササ刈り
656657933

アカマツの実生
643

チョウセンカマキリ or オオカマキリの幼虫
648652

クサグモ(タナグモ科)
653

トゲナナフシ(トビナナフシ科)
642

オカトラノオ(サクラソウ科)
654

トラップの巡視
木庭さん、細川さん、丸山さんのグループと木谷さん、鳥取さんのグループでトラップの点検・メンテナンス・回収作業をしました。

655668

話題:今日も岩殿C地区に黒猫がいて、休憩時にペットの犬や猫が迷子になったり、捨てられたりした際に、飼い主を特定しやすくするため、繁殖・販売業者に所有者情報を登録したマイクロチップの装着を義務づける改正動物愛護法が6月1日に施行されたことが話題になりました。東松山市では、「地域猫活動・さくらねこ無料不妊手術事業(行政枠)」を実施しています。
chip01_1
国立環境研究所の『侵入生物データベース』に「ネコ」が出ています。domestic cat[イエネコ]は国際自然保護連合(IUCN)の侵略的外来種ワースト100にも選ばれています(環境省自然環境生物多様性「希少種とノネコ・ノラネコ」)。田中淳夫さんの『森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ』には、「ネコは害獣?ペットか野生動物か」(2020年2月22日記事)があります。
鹿児島大学鹿児島環境学研究会編『奄美のノネコ 猫の問いかけ』(南方新社、2019年3月)の書評:宮晶子「野生化猫 排除をめぐって」(東京新聞TOKYO Web 2019年6月23日記事)
 142071911
鹿児島大学・鹿児島環境学研究会編ノネコ問題普及啓発冊子『人もネコも野生動物も住みよい島』(2017年3月)
 170327noneko

ピーター・P・マラ+クリス・サンテラ[著]岡 奈理子+山田文雄+塩野﨑和美+石井信夫[訳]『ネコ・かわいい殺し屋 生態系への影響を科学する』(築地書館、2019年4月)
 1580
  目次
第1章  イエネコによる絶滅の記録
 ナチュラリストの灯台守
 ニュージーランドの固有鳥類とその絶滅
 多産系肉食獣・イエネコの狩猟能力が与える打撃
 判明していない絶滅前の分布
 イエネコの破壊力――ほんの数年で起きた絶滅
第2章  イエネコの誕生と北米大陸での脅威
 野生動物の生息地復元とエコロジカル・トラップ
 イエネコのルーツ ――ヨーロッパヤマネコ
 イエネコの進化と拡散
 保全生物学の誕生
 環境汚染物質と自然保護
 絶滅種の14パーセントに関与
 ソコロ島における外来種の影響と対策
 野放しネコの影響を科学する
第3章  愛鳥家と愛猫家の闘い
 野鳥フィールドガイドの誕生
 イエネコと人間の関係史
 ネコは社会制度のフィルター――ネコの待遇の変化
 銃から双眼鏡へ――フィールドガイドの功績
 自然界と人をつなぐバードウオッチング
 バードウオッチングとネコの経済効果
 屋外ネコと人の関係
 野放しネコの実態と世話人
 野放しネコに対する世話人の認識
第4章  ネコによる大量捕殺の実態
 野鳥への脅威を初めて世に問うたアメリカ人
 ナチュラリスト大統領の自然保護政策
 法律と現状のミスマッチ
 鳥類保護に立ち塞がる困難
 野鳥個体群の変動とネコの捕食の影響
 ネコの脅威は在来捕食者を超える
 野放しネコの直接的影響
 全米の野放しネコによる野生動物被害数
 嵐の勃発――愛猫家らの反応
 第六の大量絶滅
第5章  深刻な病気を媒介するネコ――人獣共通感染症
 飼いネコから人に感染するペストの脅威
 ネコひっかき病のバルトネラ菌
 ネコも媒介する狂犬病
 アメリカにおける狂犬病感染の主犯、ネコ
 ネコ科動物から大拡散するトキソプラズマ症
 「寄生生物操作仮説」の実証
 人も発症するトキソプラズマ症
 人への感染――妊婦に及ぼす危険と統合失調症
 野生動物への影響――カラスと海棲哺乳類の事例
 ネコ白血病のネコ科野生動物への感染
第6章  駆除 vs 愛護――何を目標としているのか
 絶滅危惧種フエコチドリ
 フエコチドリ保護のためのネコ狙撃事件
 野放しネコの法的位置づけ
 希少種保護のための二つの法律
 野生化ネコに対する提案と炎上する議論
 拒否された投票結果
 オーストラリアのネコ問題
 人道的駆除計画
 固有動物相を大切にするオーストラリア国民
 ニュージーランドの取り組み――キャッツ・トゥ・ゴー
 自然保護のジレンマ
 動物福祉と環境倫理
第7章  TNR[Trap Neuter Return 捕獲・不妊去勢・再放逐]は好まれるが、何も解決しない
 動物愛護協会で譲渡を待つ子ネコ
 ボランティアが支えるTNR活動
 TNRへの期待、それに続く失敗と限界
 動物倫理から見たTNR
 不妊去勢手術
 地域ネコのTNR活動の現場
 殺処分からTNRへ――地域ネコ管理の転換
 TNRを支える迷信
 TNRが個体数減少に成功するための条件――高い不妊化率と移入ゼロ
 TNR失敗要因とバキューム効果の有無
 TNRのさらなる問題点――軽視される生態系
 オレゴン州の捕獲ワナ――その後
第8章  鳥、人そしてネコにとって望ましい世界
 野放しネコの影響をどう考えるか
 野放しネコが減らない背景
 ネコシェルターの実状
 飼い主側の問題
 関連団体やペット業界の役割
 飼育許可制を目指す
 野放しネコの捕獲排除を巡る科学と非科学
 TNRの広がりとその効果への疑問
 島の捨てネコを減らす――オレゴン州での事例
 多様な団体の協同――ハワイの事例
 TNRとネココロニーが容認される特例
 野放しネコ対策を現実的に考える
 野生化ネコ対策の成功事例と費用
 致死的排除法と生物多様性への投資
 自然に関心を持つことの重要性
第9章  どのような自然が待ち受けているのか?
 対応の遅れがもたらす悲劇
 大災害としての野放しネコ問題
 乗り越えるべき二つの障壁
 野放しネコの影響と私たちの未来

訳者[外来ネコ問題研究会]あとがき
参考文献
索引
  訳者あとがき
 本書はネコを生態系の外来捕食者として捉えた初めての本格本である。著者のマラや登場人物のテンプルらと同じように、私たち訳者のほとんどは、生まれ育った国の自然を愛する鳥類学や生態・保全生物学の研究者で、もともとは「ネコ問題」の専門家ではなかった。海鳥、野生のウサギやネズミの研究、保全に携わるなかで「ネコ問題」に直面し、のっぴきならない状況に身を置いてきた。その危急性は、私たちにではなく、ネコに追い詰められる野生動物にこそ存在する。
 私が研究対象にする東アジア固有繁殖鳥のオオミズナギドリの世界最大繁殖地では、繁殖鳥の95パーセントが滅びた。ある人は、それはネコのせいではないという。他にも原因がある、だからネコに構うな、どの場所も今はネコの定住地なのだから、と。だが、仮にその言葉を容認すれば、その先には野生動物の絶滅が見える。今やネコは日本の多くの平野や山間地で最も巧みな肉食獣となっているだけに、日本の自然は危機的な状況に追い込まれている。とりわけ島でネコのもたらす脅威は目を覆うほどすさまじい。
 本書が取り上げるネコは、使役あるいはペット由来のネコである。生物学的にはヨーロッパヤマネコに近縁なリビアヤマネコを祖先にする、イエネコと呼ばれる家畜である。主にネズミ駆除のために人が同伴し、南極を除く世界のすべての大陸と、ほぼすべての有人島に渡った。その子孫たちは今や、所有者がいるネコだけでも世界で5億頭、人と接点を持つ野良ネコや、自立して暮らすノネコにいたっては、推定値すら出ていない。この家畜であるイエネコは、ネコ科動物はもとより、現生哺乳類のなかで人とともに最も繁栄しているといって過言ではないだろう。優れた肉食獣の能力をいかんなく発揮して、分布を広げた多くの地で野生動物を追いやりながら、管理の手をすり抜ける魔法の杖を持っている。その魔法の杖とは、言うまでもなく、人という地球最強の応援団である。そして今や人々のなかに、ある種の戦争をも引き起こしている。ネコ擁護者と野生動物擁護者の間に続く、不毛ともいえる「ネコ戦争」(原著タイトルのCat Wars)である。
  振り返れば、「ネコ戦争」が日本で起こったのは、マラらが生まれ育ったアメリカよりも半世紀遅れた。その理由は、ネコ戦争が経済的豊かさの指標と都市化の指標に深く関係するためだろう。両手に得た物質的豊かさと便利な暮らしと引き換えに、両指の間から、ぱらぱらとこぼれ落ちていった自然の豊かさと、都市の暮らしや核家族の寂しさを紛らわす存在として、多くの現代人がペットに生き物の温もり、連帯、心の安らぎを求めた側面が、ネコ問題の根源に存在するからだ。
  ネコ問題に潜むもう一つ重要なことは、ネコたちがネコ科特有の感染症を広げ、野生動物のみならず人に脅威をもたらしていることである。これはあまり知られていないが、人とネコが共犯で拡散する怖さがネコ問題に潜む。人獣共通感染症の密かな進行は、愛猫家も動物愛護団体もあまり意識していない盲点といえるだろう。コンパニオンアニマルの双璧をなすイヌに比べてネコの管理が遅れたのは、野外にいるネコの危険性が認識されていないからである。ネコは田舎では害獣駆除の役割を担わされ、街中では散歩の手間が要らない野放しできるペットとして、今も人間側の都合に振り回されているからだ。本書にはネコの感染症の危険性が丁寧に述べられている。
   本書は、ネコが生態系に与える影響を測るために、ネコを以下のようにひとくくりにしている点で特徴がある。飼いネコであっても、終日あるいは限られた時間、屋内から外に出るネコは、野外のみで生活する野良ネコ、ノネコとともに、野放しネコと認識されている。外に出る飼いネコも野外に暮らすネコ同様に、多くの野生動物を殺していることが、最新のテクノロジーを使った野外研究からも判明しているからである。[後略]
外来ネコ問題研究会ブログ:野外にいるネコから日本の固有な自然生態系を守ることを目的に2016年に結成された。日本の島嶼などの在来希少種や生態系に影響をあたえる外来種問題として、イエネコ問題を考える研究会。イエネコの適正飼養、適正管理、適切対策などによって、島や地域の在来種や在来生態系・生物多様性が保全されることを考え、シンポジウムや研究集会を行っている。


クリアファイル設置(見晴らし台東向き斜面) 6月17日 

市民の森見晴らし台の東向き斜面にクリアファイルを設置しました。ここはナラ枯れ被害の発見がおくれ、枯死木を伐採せずに春を迎えてしまったので、園路付近のように林床が刈られていませんが被害拡大要注意地区です。
P6170017P6170015P6170021

ホオノキ(モクレン科)の幼樹
P6170012P6170014

カノコガ(ヒトリガ科)
P6170011

トラップ点検(駐車場~分岐点) 6月12日

物見山駐車場から峠の道分岐点まで市民の森舗装園路沿いのトラップの点検をしました。
P6120018P6120026P6120020

トラップ点検(尾根の道) 6月11日

市民の森尾根の道の四阿付近のトラップの点検をしました。樹液の出ているコナラにはハチやチョウが集まっていました。
P6110047P6110050

P6110041P6110034

P6110024P6110023

谷の道片付け 6月9日

梅雨入りし、入山沼に集まっている市民の森の雨水がどう流れているかチェックし、道端に置いていた30㎝長にカットした伐採残材を岩殿C地区に移動して片付けました。
P6090010P6090017P6090018

P6090019P6090020P6090022

市民の森にニホンカモシカ 6月8日

市民の森の見晴らし台付近でニホンカモシカ(ウシ科)を坂戸市民の吉田さんと目撃しました。黒っぽい個体でした。丘陵部でも見られるようになったようです。
13.03.13

※動画:「埼玉県の動物ガイド(ニホンカモシカ)」 埼玉県こども動物自然公園 YouTube 3:56
市民の森の近くの埼玉県こども動物自然公園には岩殿丘陵の高低差20mの谷の地形を活かしたシカとカモシカの谷があります。

オオスズメバチ 6月8日

今日も市民の森の舗装園路沿いのトラップの点検をし、カシノナガキクイムシの捕獲数の多いコナラにクリアファイルトラップを増設しました。見晴らし台への分岐点付近のトラップはカシナガが多いようです。
13.45.0313.42.25

オオスズメバチ
2022-06-08 14.17.21
クリアファイルトラップに落ちていました。体長が5㎝もあります。女王バチ?

クリアファイルトラップ追加 6月7日

雨間に市民の森のカシナガトラップを点検し、捕獲数が多いコナラにはクリアファイルトラップ(TWT)を追加しました。
P6070019P6070028

6月4日の記事で、小平市緑化推進委員会の「小平市におけるナラ枯れ病対策の緊急提言」を紹介しています。小平市緑化推進委員会は、緑の保護と緑化の推進を広い視野から検討するため、小平市緑化推進委員会設置要綱により設置された委員会で、学識経験者2名と、団体推薦5名及び公募6名の市民11名の13名の委員で構成され、任期は2年間です。2022年1月27日に開催された第17期第8回会議要旨に小平市水と緑と公園課データによる椎名豊勝さんの「2020・2021年ナラ枯れ被害状況データ解析」が添付されています。
  ナラ枯れ被害状況データ解析_1
2021年の上水新町一丁目特別緑地保全地区一帯のトラップ未設置[枯死木75本]、1基設置[設置木36本、枯死木2本]、集中設置[設置木8本、枯死木0本]の違いによる効果を比較したグラフです。未設置は全体数がわかりませんので被害率は不明ですが、1基設置では6%の被害、集中設置[9~12基]では被害なしとなっています。1基設置で効果あるように見えますが、むしろトラップ方式実施の被害率が4.5%と見るべきでしょう。これを如何にして0%できるかです。【[]内は引用者追加】
小平市緑化推進委員会は各期とも「緑化推進計画提言書」をまとめ市長に手交しています。第17期の提言書は『370 年以上続く小平の水と緑を今に活かす緑化推進提言』(2022年3月24日)です。以下目次です[下線引用者]。
第1章 小平市の成り立ちは先人がつくり上げた―水と緑と桜―
 歴史的背景
 水:上水用水路網
 緑:雑木林屋敷林短冊形農地
 桜:御上水桜(小金井サクラ)
第2章 水と緑の緑化推進
 1、上水用水復活再生への提言
  1)用水路50km全線通水への方策
   ①用水流入量季節変化の把握
   ②新規水源流入用水路を絞る
   ③鎌倉鷹の台の新規整備公園に雨水貯留施設を設置し用水水源とする
  2)用水路の見える化の実現
   ①鎌倉公園に小平農業の礎である用水を再現する
   ②鷹の台公園に引込用水路と水車および水車可動のための流れを整備する
  3)用水および用水網への市民の理解を深める
   ①用水路名称表示の実現
   ②用水路特別構造の解説版の設置
   ③用水路散策コースの設定と市民による用水路&自然文化ガイドマップの作製
 2、雑木林屋敷林農地の保護再生への提言
  1)雑木林ナラ枯れ病への対応
   ①緊急提言の対応策は引き続き実施し、市民参加を図る
   ②コナラクヌギ発芽育苗システム(どんぐり里親制度)の拡充
   ③コナラ等育苗施設の新設
   ④ナラ枯れ病死樹発見通報システムの創設
   ⑤緊急提言についての検証
   ⑥ナラ枯れ病対策の市内雑木林管理機関との連携および民間雑木林助成制度の創設
  2)雑木林植生の質の向上による生物多様性の確保
   ①雑木林では定期的な下草刈り等管理の徹底
   ②クズ掃きの抑制
   ③保護と利用をゾーニングで明確に分離する
  3)雑木林を市民にとって身近にする方策
   ①雑木林の愛称を公募し命名する
   ②雑木林解説版の設置
  4)屋敷林の保護保全
   ①屋敷林まるごと保護保全
   ②屋敷林並木の保存
   ③ヒイラギモクセイ生垣の復活
  5)農地の保全
   ①短冊形農地の保全
   ②ブルーベリー栽培農地の拡充
   ③たからみちの保存
  6)復活協力、御上水桜(小金井サクラ)
第3章 市民協働で水緑をつくる提言
  1)水と緑のボランティア応援ポイント制度
  2)危機状況を市民にリアルタイムで知らせ体験で問題意識を共有する
  3)具体的体験の緑の啓発行事で市民参加の推進
  4)さまざまな緑のワークショップ開催参加で緑の意識を育む
  5)都市緑化功労者表彰制度の強化と拡大
  6)クラウドファンデングによる緑化公募で市民参加
  7)民間企業団体国都の機関敷地の緑化、市民開放への方策の検討
第4章 都市計画事業への緑の提言
  1)新府中街道に小平南北“緑”の軸線を提案
  2)鎌倉公園についての提案
   ①鎌倉公園は「都市農業公園」とすべき
   ②民間農地と共存する鎌倉公園(都市農業公園)のあり方
   ③持続可能な循環型農業の仕組みを鎌倉公園で見せる
   ④鎌倉公園に小平農業の礎である用水を再現する。
   ⑤鎌倉公園で自然エネルギー発電を
   ⑥インクルーシブ公園の整備提案
  3)鷹の台公園についての提案
   ①鷹の台公園鎌倉公園に防災機能の提案
   ②鷹の台公園に用水路と水車、水車のための流れを提案します
  4)駅前広場にシンボルツリーを提案
第5章 花落ち葉小公園
  1)ハンギングバスケットによる花の街化
  2)落ち葉
   ①落ち葉に感謝するイベント開催の提案
   ②各公園に「落ち葉ステーション」を設ける
   ③公園や雑木林隣接住宅等に「雨どい清掃券」の無料配布
  3)小公園
   ①市民アイデアで小公園を魅力あるものに
第6章 提言のその先にある小平市「水と緑」の体系
その他提言書には盛り込めなかった提案
第1章小平市の成り立ちは先人がつくり上げた-水と緑と桜-府中で生まれた川崎平右衛門の名前が出ていますが、鶴ヶ島市高倉に陣屋跡があるのを思いだしました(8代将軍吉宗、大岡越前に登用され、1739年から10年間武蔵野の新田開発の立役者として活躍した人物)。

------------------------------------------------------------
 みどり率

カシノナガキクイムシ(動画) 6月5日

市民の森峠の道の21年度コナラフラス木(№116)に仮設置したクリアファイルトラップの捕虫部に落ちたカシノナガキクイムシ成虫です。カバーをつけていない(石鹸水をいれていない)ので生きています。
P6050009P6050008

P6050002P6050005P6050012

 


ハナビラニカワタケ 6月1日

市民の森作業道のコナラの伐採残材についていました。ハナビラニカワタケ(シロキクラゲ科)です。
P6010020

クリアファイルトラップ設置・点検 5月31日

市民の森の舗装園路で粘着テープ、カシナガトラップを点検し、クリアファイルトラップ(TWT)を増設しました。
P5300034P5300033P5310016

P5310019P5280119P5280114
粘着テープは外れて垂れ下がっているものを貼り直しました。ツタ類が伸びてきてテープを覆いそうになっているものもあり、ツタを取り除きました。
カシナガトラップはエタノールを入れた透明ボトルに雨水が混入しているものがありました。ペット部ではトラップの外れを直し、落葉や木屑を取り除きました。
トラップ設置場所を巡回して、どの木にカシナガがマスアタックしているか早期に情報を収集して対応すること、設置したトラップが破損していないか、ゴミ詰まりしていないか等、細かく点検することが現在の課題です。

カシナガトラップ設置 5月22日

市民の森保全クラブ定例活動日。参加者は芦田さん、片桐さん、金子さん、木谷さん、木庭さん、鳥取さん、新倉さん、細川さん、丸山さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineの12名。3斑に分かれてカシナガトラップ68基を尾根の道、雪見峠道、ボッシュ林、舗装園路につけました。
P5220010P5220030

P5220029P5190058

P5220022P5220025

P5220026P5220032

舗装園路の片付け
P5220013P5220014
5月10日に残していた伐採残材を運び出しました。

明治神宮の森のナラ枯れ対策(5月21日撮影)
S__21626903S__21626905
明治神宮の森では2019年からカシナガトラップ(KMCトラップ)とシート被覆でナラ枯れ対策をしています。
明治神宮の森 ナラ枯れ対策 YouTube baba46494649チャンネル 2019.07.14 2:33

市民の森のくん蒸処理作業終わる 5月11日

市民の森で花園グリーンサービスさんが実施していた伐倒したナラ枯れ枯死木17本の根株と1mの長さに玉切りした伐採木を積み直してシートを被せて密閉し、薬剤でくん蒸処理して殺虫する作業が終わりました。微生物の働きで最終的に水と二酸化炭素に分解される生分解性シートを使っているそうです。
P5110007P5110008



舗装園路際の伐採木条枝片付け 5月10日

市民の森舗装園路の雪見峠道分岐点の地球観測センター寄りにおいてあった伐採木の条枝を片付け、岩殿運びました。
P5100040P5100042

P5100043P5100058-001

P5110012

ナラ枯れ被害拡大防止対策・くん蒸処理作業始まる 5月9日

ナラ枯れ被害拡大防止対策。ナラ枯れ枯死伐採木の根株と搬出されずに現場に積んでいた樹幹部のくん蒸処理作業が始まりました。
P5100047P5100068P5100069

P5100014P5100018P5100064




コナラに粘着シートをまく 5月5日

文化まちづくり公社により、カシノナガキクイムシを捕獲する粘着シート70枚が市民の森のコナラに巻かれました。
P5050016P5050014P5050015

※粘着シートにつくのはカシナガだけではありません
 生きもの保護にシートの上に金網が必要なのでは!
 生きもの防護金網

カシナガ初発日調査開始 4月25日

森林総研森林昆虫研究領域の「カシノナガキクイムシ成虫初発日予測技術の開発のための調査」で、コナラの穿入孔内で成長、羽化したカシノナガキクイムシの新成虫がいつコナラから脱出するのかを記録する装置が市民の森に設置されました。
カシナガ初発日撮影調査

P4250003P4250005

P4250024P4250023

ナラ枯れの防除法
  予防(枯死木の発生を抑えるための作業)
  駆除(枯死木を処理する作業)
 GREEN AGE2020046
  北島博「ナラ枯れの現状と防除対策」

 表1

ナラ枯れ枯死木伐採(№12) 3月27日

市民の森のボッシュ林内のナラ枯れ枯死木(№12)を伐採しました。参加者は芦田さん、新井さん、江原さん、木庭さん、鳥取さん、新倉さん、細川さん、丸山さん、鷲巣さん、Hikizineの10名。他に見学参加者が5名あり、一緒に作業していただきました。ありがとうございます。今年度中に市民の森内で伐採することになっていたナラ枯れによるコナラ枯死木16本の伐採は今日で完了です。
軽トラが伐採現場近くまで入れないので伐採器材を青木ノ入から運び上げることになり、作業開始前に一汗かきました。21年度のボッシュ林内ナラ枯れ被害木は1本だけでしたが、被害が拡大しないことを願っています。
P3270016P3270053P3270054

P3270058P3270059P3270066

P3270069P3270072P3270079

P3270081S__20201487P3270076

※3月31日:ちご沢の森、ナラ枯れ枯死木伐採
 4月1日:岩殿C地区、キノコ(シイタケ、ナメコ)の駒打ち

フラス木追加 2月26日

物見山駐車場から地球観測センターに向かう舗装園路が峠の道に分岐する地点から西側、北側に張りだしている見晴らし台など尾根部とガリー侵食がすすんでいる谷底までフラスの出ているコナラのチェックが終わりました。№249~250、№622~647までナンバリングして、追加本数は28本です。そのうち16本はおそらく枯死しています。
P2190042P2190315
ナラ枯れなど萎凋病[いちょう]による枯死木では「腐朽菌による幹の分解が急激に進み、1年以内に落枝や倒木が起こりやすい。広葉樹の大木は数t[トン]の重量があることから、道路や住居の周囲では重大な事故につながるおそれがある。生活圏に大木が存在することは危険性の増加にもつながるので、安全確保の観点を含めた管理を行う必要がある。」(黒田慶子・太田祐子・佐橋憲生編『森林病理学 -森林保全から公園管理まで-』朝倉書店、2020年4月)とあります(180頁)。見晴らし台の尾根と舗装園路近くのコナラ枯死木は落枝や樹幹が途中から折れる折損に注意が必要です。

昨年10月9日の記事ではフラス木は110本としていますが、№001~038+39、№201~248+249250、№401、№601~621+622~647、№801~802で市民の森のナラ枯れ被害木は139本になりました。

見晴らし台からの眺め向上 2月24日

市民の森の見晴らし台から榛名山方面はよく見えません。見晴らし台のすぐ前に上に伸びる枝が複数あって見通しを悪くしているのです。なんとかしてほしいという要望があったので、枯死木伐採作業終了後、見晴らし台に行って、眺めを阻害しているコナラを根元から伐採しました。このコナラは以前、展望を悪くしているという理由で幹の途中で切られ、そこから萌芽枝が伸びて再び見通しを悪くしていたようです。こういう例は他所でもよくあります。
P2240062B

P2240064P2240078


P2240072P2240076

森林景観づくり-その考え方と実践』(日本林業調査会、2017年)122~123頁
  E
見通し確保のための伐採は思い切って根元から!

コナラ枯死木の搬出② 2月24日

石田造園さんが市民の森舗装園路沿いで伐採したコナラ枯死木を搬出しました。カシノナガキクイムシの穿入孔の多数ある樹幹部です。チッパーで破砕し製紙工場で紙の原料になる木材パルプ(L材)になります。入山沼側とこちらでトラックに積んだ丸太は合わせて8トン位になるようです。
P2240006P2240008

P2240083P2240084

コナラ枯死木の搬出① 2月24日

石田造園さんが尾根の道で伐採したコナラ枯死木を搬出しました。長瀞町の埼玉木材チップ共同組合で厚さが10㎜以下になるようにチップ化します。
P2240001P2250010P2250011

P2250013P2250014P2250017
伐根が地際から10cm以下となるように再切断しなければなりません。

作業道~尾根の道登り口は積んであった大きな丸太がなくなりすっきりしました(26日撮影)。
P2260337P2260339

伐採残材の片付け 2月8日

作業エリアの林床に置いている伐採残材を運び出して片づけました。
P2080013P2080015
細い枝はそのまま残して、チッパーにかけてチップにします。

森のクマさんの道しるべ 1月19日

市民の森尾根の道登り口に置いているマスコットの森のクマさん道しるべを付け直しました。
P1180020P1190003
昨日は木工ボンドで案内板を手につけたのですが風に揺さぶられて落ちてしまうので、カラーワイヤーで吊るしました。

落ち葉掃き 1月18日

作業道側においている落葉堆肥箱Eに落葉を入れました。100㎡分掃きましたが、踏み込めば200㎡分でも積み込めそうです。
P1180022P1180027

P1180028P1180031

タヌキのため糞 1月15日

タヌキのため糞。昨日、入山沼付近でひき逃げされていたタヌキのものかも知れません。
P1150054

シカの角研ぎ? 1月11日

市民の森の尾根の道付近のアカマツについていたシカの角とぎあとです。
P1070014

※シカの好物
※「害獣の生態及び行動特性を踏まえた効果的な被害対策と管理に関わる人材の養成」(2019年9月6日)

堆肥箱周囲の篠刈り 1月2日

12月26日のイベント参加者を対象に1月4日に落ち葉掃き・焚き火会を追加して実施することにしました。参加希望者は1家族だけですが、荒熊手で落葉が掃き易いように、作業道近くの落葉堆肥箱D・Eの周辺のアズマネザサを刈払機で刈っておきました。
P1020219P1020217P1020218

堆肥箱の中の落ち葉 12月30日

26日のイベントで満杯にした市民の森の落ち葉堆肥箱。箱の中に子どもたち入って落ち葉プールを楽しんでいましたが3日間で10㎝下がっています。
PC300018PC300024PC300025

堆肥箱Gの袋詰め終わる 12月16日

昨日の作業を続けて、落ち葉堆肥箱Gの袋詰めが終わりました。1箱で60袋以上あると思います。
PC160017PC160015PC160022




落ち葉堆肥の袋詰め 12月15日

落ち葉堆肥箱Gの落ち葉堆肥の袋詰めを始めました。
PC160012PC160014




吉見八丁湖のアカマツ林 12月12日

吉見町八丁湖の湖畔をめぐる周回路から体力づくりジョギングコースに入って上っていった場所です。
PC120001PC120003

PC120011PC120032

※ヘラブナ釣りができ、ボートにも乗れていた八丁湖公園の2000年5月撮影の写真(HP『公園へ行こう』記事)。20年前の八丁湖の様子がわかる記事です。


紅葉・落葉 12月6日

入山沼から尾根の道入口にかけて、風がない日には落ち葉が道を覆っている季節になりました。
PC060003PC060002PC060004

市民の森下の作業道を通って奥の岩殿C地区へ。テーダマツの若木の緑が鮮やかです。
2021-12-06 15.37.282021-12-06 15.38.052021-12-06 15.38.54

2021-12-06 15.39.172021-12-06 15.38.582021-12-06 15.38.30

黄色・赤褐色の紅葉 12月4日

イチョウやカエデの紅葉にまけず、コナラの赤褐色やウリカエデ・コアジサイの黄色など雑木林の紅葉はまだまだ見頃です。
PC040001PC040004PC040002

PC040026PC040025PC040023

落ち葉堆肥の袋詰め始める 11月27日

落ち葉堆肥の袋詰めを落ち葉堆肥箱Aから始めました。
PB270004PB270003PB270001

市民の森保全クラブの活動エリアには現在、落ち葉堆肥箱は5箱あります。作業道側に3箱(A、D、E)、尾根の道近くに2箱(F、G)です。堆肥箱+アルファベットの意味は2021年1月16日の記事で確かめて下さい。今年度は12月26日、1月8日の落ち葉掃き&焼き芋イベントに向けて、三段重ねの堆肥枠を増設します。

~自然ふれあいウォーキング~市民の森で遊ぼう!① 11月13日

晴天に恵まれ、『~自然ふれあいウォーキング~市民の森で遊ぼう!』(主催:東松山文化まちづくり公社)が実施され、市民の森保全クラブは シイタケのホダ木作りで参加しました。今日の活動出席者は、芦田さん、太田さん、片桐さん、金子さん、木庭さん、鳥取さん、橋本さん、細川さん、渡部さん、Hikizineの10名でした。
img-211115070328-0002img-211115070328-0004PB130088

PB130064PB130065PB130068

PB130067S__11264025S__11264021

PB130094PB130090PB130089

シイタケの駒打ちをした皆さん、持ち帰ったホダ木にたっぷり水をかけましたか? これから、木口に白い菌糸が出てくるまで1週間に2回程度、ホダ木全体に水をまきます。湿度を保ちシイタケ菌を活着させるためです。ホダ木が乾かないように置く場所も気を付けて下さい。
PB130060PB130063
(栽培の手引きは画像をクリックすれば拡大します)

今年度の『市民の森で落ち葉を掃いて焼き芋を食べよう』(市民の森保全クラブ・岩殿満喫クラブ共催)は12月26日(日)、来年1月8日(土)に実施します。チラシの見本ができたので掲載します。
img-211115070328-0006

ミニホダ木準備完了 11月5日

市民の森保全クラブは11月13日(土)に実施される『市民の森で遊ぼう! ~自然ふれあいウォーキング』(主催:東松山文化まちづくり公社)に協力して、「シイタケのミニホダ木作り」を尾根の道のあずま屋で行います。9月17日10月8日10月15日に伐採、乾燥させていたホダ木を15~20㎝に切断し、ドリルで穴をあけてミニホダ木を110本作りました。イベント当日、1本に15個宛、種駒を打ち込んでもらいます。
S__11051029S__11051030PB050019

PB050022PB050028

S__11051035PB050023

PB060006PB050032
台に使ったコナラの樹皮が剥けたので、尾根の道の森クマさんのマスクにしました。


南向斜面の休憩スポット復活 10月31日

11月13日に使うシイタケの駒打ち用ホダ木準備で、9月17日から使えなくなっていた南向斜面の休憩スポットが復活しました。渡部さんありがとうございます。
PB010043

PB010042PB010044

市民の森活動日 10月29日

市民の森保全クラブの活動日。参加者は芦田さん、木庭さん、鳥取さん、橋本さん、細川さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineの8名でした。鳥取さんが尾根のアカマツにのぼって松ボックリ(球果)を点検しましたが、すでにかさ(鱗片)がひらいて、アカマツのタネはひらひらと風に乗って飛んでいってしまった(風散布)後でした。今年度は種子から育てるのは諦めて、芽生えを探しましょう。落ち葉掃きに向けて林床の草刈りをし、15日にホダ木を採った後、斜面に残っていたコナラの残材を片づけました。
 

S__10977796S__10977800

S__10977801S__10977803

PA290037PA290038


粘着シートの生きもの 10月26日

虫むしホイホイ(カシナガキクイムシ捕獲シート「かしながホイホイ」をロールにしたもの)にはカシノナガキクイムシ、ヨシブエナガキクイムシだけでなく、樹上生活をしているもの、樹液を吸いにくるもの、さらに、それらを餌にしよう、体液を吸おうと近づいて粘着シートにくっついてしまう生きものもいて実に様々です(9月25日記事10月5日記事)。

りーっりーっと鳴くアオマツムシ
PA260023
市街地にもいますが、樹上生活をしています。

コガタスズメバチ
PA260039PA260029

ハサミムシ
PA260021

ヤマカガシ
PA260009
10月5日にはアオダイショウ

粘着シートを点検しながらコナラのドングリを拾いました。
PA260058

日が落ちる時、林の一角が一瞬眩しく輝きます。
PA260048PA260050

作業道改修③ 10月21日

21日午後の作業です。ここまで作業をしてもらえるとは思っていませんでした。感謝です。(作業道改修
PA220013PA220014PA220015

PA220016PA220017

PA220018PA220019
奥の岩殿C地区に向かって進んでいます。写真は22日撮影。

作業道改修② 10月21日

19日に続いて市民の森作業道の改修工事が文化まちづくり公社により実施されました。今日はズリを敷き均し転圧する作業です。
午前中の作業の様子です。
PA210005PA210007PA210006

PA210008PA210009PA210030

午後も作業して改修工事は終了だそうです。

作業道改修① 10月19日

東松山文化まちづくり公社が市民の森作業道の改修工事を開始しました。ありがとうございます。路面を削って轍(わだち)がなくなりました。
PA190062

PA190065PA190063

南向斜面の裾刈り 10月15日

市民の森保全クラブ今日の活動(その3)
鷲巣さんが新エリア南向斜面の草刈りを鎌でしました。9日に刈った場所の手前です。
PA150017PA160057

PA160055PA160056

無名沼イ号と岩殿満喫クラブが管理する岩殿C地区に接する市民の森南向き斜面は2019年から保全活動を始めたエリアです。
市民の森は現在は文化まちづくり公社が指定管理者ですが、その前は市役所都市計画課が管理し、公園利用者の安全・安心確保を目的として、①園路沿いの下草刈りと倒木・落枝の撤去、枯損木・危険木の除伐、②毎年数ヘクタールずつのローテーションでエリア内の下草刈りを、造園土木事業者が実施してきました。18年度はこの付近一帯が施工区画となっていたので、急斜面で長年放置されて来た斜面下部までの下刈り実施を市民の森保全クラブ・岩殿満喫クラブで市に要望し、11月にユンボ、乗用除草機を導入した工事が実施され、ツル植物に覆われたアズマネザサの大藪が撤去されました。これが新エリア誕生前史です(2020年1月6日記事)。
新エリアの斜面下部では当面アズマネザサやクズなどツル植物を管理し、裸地化による斜面土壌の流出を防止しながら、ソデ群落、マント群落として緑化を図っていきます。日当たりがよい裸地斜面の誕生で、土の中で何年も眠っていた種子が発芽してきています。草本では早くも19年3月にはシュンランの開花を確認していますが、木本ではクサギ(シソ科の落葉小低木)が目立っています。年間2m近く成長するパイオニア樹種のクサギが斜面を覆ってしまうのは拙いので毎年刈り取っていますが、萌芽再生力も強いので、数年間は再生-刈り払いのサイクルを続けていくことになりそうです。

QRコード
QRコード
岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブからのお知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ