無名沼イ号下の2段目と畑に使っている3段目との間の土手のヒメジョオン(要注意外来種⇒総合対策外来種=総合的に対策が必要な外来種)、セイタカアワダチソウ(要注意外来種⇒重点対策外来種=総合対策外来種の中で甚大な被害が予想されるため、対策の必要性が高い外来種)を抜き取りました。
P6190117P6190126

ここにもネジバナ、ユウゲショウが咲いていました。
DSC_0003P6190122

越冬して残ったカマツカ(バラ科)の実

作業道林縁のヒヨドリジョウゴ(ナス科) つる性多年草
P6190055P6190056
春には5裂した葉が形成されることが多く、夏から秋の葉は3裂したものや分かれていない全縁のものが多くなる(⇒岡山理科大学波田研HP『植物雑学事典』ヒヨドリジョウゴの葉

生態系被害防止外来種リスト(環境省・農林水産省)
生態系被害防止外来種リスト_1生態系被害防止外来種リスト_2