市民の森保全クラブ定例活動日。参加者は芦田さん、新井さん、江原さん、金子さん、木庭さん、小松さん、鳥取さん、細川さん、丸山さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineと文化まちづくり公社2名の14名。
伐採したかかり木の片付け
江原さんが早朝、6月30日に伐採したかかり木を作業道で玉切りして地区に運びました。
13945

P7070092P7150061

トラップの保守・点検
トラップの点検・カシノナガキクイムシの回収。8名が4斑に分かれて行いました。
1259912600P7150033

メイカコートを塗布したナラ枯れ枯死木切り株としなかった切り株の比較
伐採したナラ枯れ枯死木の切り株にカシノナガキクイムシの新成虫脱出を防ぐために樹木保護用コーティング剤メイカコートを塗った切り株からはカシノナガキクイムシは脱出していません。
P7150053P7150047カシナガの立木穿入位置
カシノナガキクイムシはコナラ根際部への穿入密度が高いので、枯死木伐採時に切り株を低くできるほど新成虫の脱出数を減らせる。伐倒高が高ければ、再度切り下げましょう!
 ※江崎功二郎・加藤賢隆・鎌田直人「樹幹表面におけるカシノナガキクイムシの初期穿入分布(『日本森林学会誌』91巻3号、2009年6月)208-211頁
 ※石川県の防除戦略と樹冠散布法2022年3月7日記事
 ※山梨県ナラ枯れ被害材の利用・移動等に関するガイドライン
  guideline1guideline2

尾根の道付近の林床
P7150036P7150041P7150038
今年もナラ枯れ枯死木が大量にでそうですが、市民の森園路沿いの景観はどのように変わっていくのでしょう。

オオゾウムシオオナガコメツキ
P7150025

オオゾウムシ(オサゾウムシ科)
DSC_0019
手で触ると擬死を装って動かなくなるが、後脚を押さえると逃げようと動きだす

オオナガコメツキ(コメツキムシ科)
DSC_0016DSC_0009
胸部に強靱な筋肉があり、ひっくり返すと跳ね起きる