岩殿D地区の下段とA地区の田んぼの間の西向き斜面にクサボケが咲いています。ススキの両側に昨年よりも多く咲いていました。E地区上段との間の南向き斜面のクサボケの花はこれからです。斜面の草刈りの時期が影響しているのかもしれません。昨年、西向き斜面は12月29日に刈っています。
西向き斜面
P4010045P4010049P4010051
南向き斜面
P4010052P4010053
青木ノ入
P4020034

クサボケ(バラ科)
 『在来野草による緑化ハンドブック~身近な自然の植生修復』(朝倉書店、2020年)214頁
 生存年限:落葉低木
 生育期間:4~10月
 花期:3~4月
 生育地:日当たりの良い土手、野草地など。
 生育環境:日当たりと風通しの良い場所。
      日当たりの良い場所でなければ開花しない。
 刈り取り頻度が高くてもよく再生する。
 砂質の土壌を好むが、丈夫で特に土質を選ばずに育つ。

ワレモコウは入山沼下の管理地の処々に育っています。
A地区の池とB地区の下の田んぼとの間、冬にきれいに刈り取りました。みどりが鮮やかです。
P4010041P4010040
ワレモコウ(バラ科)
 『在来野草による緑化ハンドブック~身近な自然の植生修復』朝倉書店、2020年) 220頁
 生存年限:多年草
 生育期間:4~10月
 花期:7~9月
 生育地:野草地、土手など、時に群生する。ススキクラス標徴種
 初夏までの刈り取りであれば残った茎から再生・開花する。年間2回の刈り取りでも再生可能