市民の森保全クラブで数えた今年のナラ枯れ枯死木は100本以上になりました。その内の大半は市民の森の園路近くにあります。園路付近で落枝や倒木があると公園利用者に危害が及びます。この冬の間に園路付近のナラ枯れ枯死木は伐採しておかなければなりません。伐採後、カシナガが穿入している部分は搬出、できないものは玉切りして現場に積み上げてくん蒸処理、根株はすべてくん蒸処理が必要です。どこまでがナラ枯れ対策なのか明確にして、市の予算措置が必要です。予算のない事業はありません。
物見山駐車場から地球観測センターに向かう市民の森の舗装園路付近のナラ枯れ枯死木の伐採は尾根の道エリアでの作業と比べると手間や時間がかかります。10月11日に公社、業者、市民の森保全クラブで伐採を分担することにして市民の森保全クラブ分を30本(その内、舗装園路付近は17本)としました。この17本を現場で再点検してみると、舗装園路には重機をいれられるので、重機を使える専門業者が伐採した方が効率がよく安全にできるものがあります。事故の防止やトラブル予防に、公社・業者・市民の森保全クラブ三者の伐採分担の見直しが必要です。


市民の森図面


№810(目通り直径64.5㎝)
PA170026PA170027

№813(目通り直径32.5㎝)
PA170028PA170029

№819(目通り直径49㎝)
PA170030PA170031

№841(目通り直径38㎝)
PA170032PA170033PA170034

№861(目通り直径26.5㎝)
PA170042PA170043
積み置き場所をどこに?

№870(目通り直径34㎝)
PA170044PA170045

№898(目通り直径29㎝)
PA170046PA170047

№902(目通り直径52㎝)
PA170048PA170049
バイオトイレ・四阿

№2001(目通り直径38.5㎝)
PA170052PA170053PA170054
№902付近、舗装園路の南側

№912(目通り直径39㎝)
PA170055PA170056
舗装園路ガードレールの谷側、下にも園路

№934(目通り直径32.5㎝)
PA170057PA170058PA170060
見晴らし台入口

№1000(目通り直径28.5㎝)
PA170061PA170063
園路切通し上部

№1014(目通り直径43㎝)
PA170068PA170073PA170070

№1025(目通り直径21㎝、39㎝)
PA170074PA170075PA170076

№1026(目通り直径33㎝)
PA120060

№1027(目通り直径37㎝)
PA120061

№1033(目通り直径47㎝)
PA170080PA170081PA170082

作業は安全第一!
舗装園路を傷めない! ガードレールを壊さない!
ボッシュ林のバイオトイレ用に引込まれている電線を切らない! etc.