市民の森保全クラブ追加作業日。参加者は芦田さん、新井さん、江原さん、鳥取さん、新倉さん、橋本さん、細川さん、渡部さん、Hikizineの9名でした。ちご沢の森のナラ枯れ枯死木(№30)の伐採をしました。今日でちご沢の森のナラ枯れ枯死木の伐採4本が終了しました。市民の森と合わせて20本、頑張りました。樹上作業・伐倒を担当した鳥取さん、皆さん、お疲れ様でした。
P3310019P3310023P3310024

P3310046P3310057

P3310031P3310043P3310060

P3310067P3310070P3310072

P3310077P3310085P3310081

今日伐採した№30は急斜面にあって、伐採したコナラの樹幹部を上の園路に引き上げられませんでした。木材の伐倒や搬出作業だけでなく、重量物の持ち上げや器材の移動などにも便利に使える牽引道具(チルホール、ハンドウィンチ、エンジン式のロープウィンチなど)を上手に使って、体力勝負の片付け仕事は楽に安全に済ませたいですね。

東京大学富士癒しの森研究所編『東大式 癒しの森のつくり方 森の恵みと暮らしをつなぐ 』(築地書館、2020年10月)
富士山麓山中湖畔に広がる、東京大学演習林「癒しの森」/ここを舞台に人と森とをつなぐプロジェクトが始まった/キーワードは「癒し」/楽しいから山に入る、地域の森の手入れをする、薪をつくる、「癒し」を得ながら森に関わる、誰でも親しめる森をつくる………/みんなでできる森の手入れが暮らしや地域を豊かにする/これまでの林業を乗り越えるきっかけとなる、森林と人をつなぐ画期的な第一歩
癒しの森1癒しの森2
東京大学富士癒しの森研究所編『東大式 癒しの森のつくり方 森の恵みと暮らしをつなぐ 』目次
はじめに
第1部  癒しの森と森づくり
 第1章  富士山麓・山中湖畔で始まる、新たな森と人とのつながり
  1 東京大学の森「富士癒しの森研究所」
    なぜ山中湖畔に東大が
    時代背景と研究テーマの変遷
  2 山中湖村のたどった道─寒村から国内有数のリゾート地へ
    山野の恵みにたよる厳しい暮らし(江戸時代?明治時代)
    観光による開発の兆し──富裕層向けの保養地(大正時代~昭和初期)
    山中湖村の発展と生業の急激な転換(戦後・昭和時代)
    森と人の断絶と日本有数の保養地の衰退(平成時代)
  3 「癒しの森プロジェクト」、始まる!
    たどりついたのは「癒し」
    「癒し」という森の恵み
    「癒し」が森と人をつなぐ可能性
    「癒しの森プロジェクト」は山中湖村だけのもの?
    地域の事情によりそった、森と人との関係をつくる
 第2章  みんなでつくる癒しの森
  1 癒しの森ってどんな森?
    日本の社会と森の癒し
    癒しの森とはどんな森か
    癒しの森からもたらされる「癒し」
  2 森は動いている
    日本の風土と森
    人の暮らしがつくった風景
  3 癒しの森のつくり方
    社会があってこその癒しの森
    暮らしを見つめ直す
    森林所有者とのつながり
    癒しの森にフィットする技術──安全・快適・簡易
  4 癒しの森づくりが拓く未来
 第3章  癒しの森を支える技と心得
  1 森にひそむ危険
    樹木がもたらす危険
    その植物、「さわるな危険」
    ハチ-痛いだけならいいけれど……
    マダニ-かゆいだけならいいけれど……
    野生動物-意外と身近にいます
  2 癒しの森のリスク管理
    樹木の管理
    危険の見つけ方
   【コラム1】 樹木の見た目は生き様
    動植物のコントロール
  3 森を快適に保つ
  4 あっ、危ない!-山しごとを安全に行うために
    身を守る装備
    伐倒作業
   【コラム2】 東屋(あずまや)-道ぞいの危険木を有効利用
    刈り払い作業
    高所作業
  5 森づくりの便利な道具
    ポータブルロープウインチ-力がなくても重いものを動かせます!
    簡易製材機「アラスカン」-木を伐ったその場で製材ができます!
   【コラム3】 台風被害木を生かすアイデア─パネル式看板再生プロジェクト
    無煙炭化器-じゃまになる枝・灌木をかたづける①
    木材チッパー-じゃまになる枝・灌木をかたづける②
    薪割り道具いろいろ
    【コラム4】 癒しの森からの木材を活用した建物─富士癒しの森講義室
 第4章  薪のある暮らし─癒しの森の原動力
  1 古くて新しい薪
  2上手な薪の使い方
    薪を燃やすということ
    薪は乾燥が命
    薪をケチってはいけない
    薪はかさばる
   【コラム5】 薪棚をつくろう
    よい薪・悪い薪
  3 薪ストーブを選ぶ
  4 薪を割る
  5 薪を積む
  6 薪で料理を楽しむ
第2部  癒しの森でできること
 第5章  癒しの森で学ぶ
  1 自分たちの手で癒しの森をつくる
    心地よい森の中でのグループワーク
    道づくり
    立木を生かした遊具をつくる─縄ばしごとブランコ
    やまなかふぇ─素敵なバーカウンターができました
  2 森のエネルギーを使いこなす
    薪割りと薪の体積計測
    間伐と間伐材の価値の試算
    炭焼き体験と収炭率
    森のエネルギーで調理実習
  3 癒しの森をデザインする
    先入観なしに森に関わるスケジュール
    アイデアいろいろ
    ●えだまり ●まるぼっくい ●ひとりふたりほとり
    ●くーぐる ●Gym.こもれび
    ●The Healing Pit "Yes, We Dig" ●浮庵fuan 
    ●あめおと ●簾簾幽席 ●くもの巣迷路 ●全緑疾走
  4 癒しの森を使った音のワークショップ
 第6章  山しごとをイベントに
    柴刈りと柴垣づくり
    下草刈りと芝刈り
    堆肥づくり
    落ち葉焚き
    フットパスde森づくり
    癒しの森の植生調査隊
    薪原木の競り売り
    薪づくりのための安全作業講習会と間伐木の搬出
 第7章  癒しの森でこころを整える
  1 森林散策カウンセリングとは
  2 カウンセリングに最適な森林空間とは
   【コラム6】 森林散策カウンセラーになるには?
  3 こころのために森を使う
    ちょっとした相談や話し合いを森で
    リフレッシュに最適
おわりに
引用・参考文献