大晦日の19時30分~20時15分まで放送大学(ラジオ)リスク社会における市民参加』第14回・熟議と市民参加の場の設計を聴きました。気候市民会議については、東松山市環境基本計画(第3次)市民策定委員会に参加する中で、その必要性を痛感してきました。1月3日07:16まで利用出来たので聴き直しました。

科目の概要:現代社会はリスク社会である。食の安全をめぐる問題や、先端情報技術によるプライバシー侵害の懸念、各種の事故や災害、さらには気候変動問題への対処に至るまで、さまざまな損害と災難を自分(たち)自身の意思決定の帰結、すなわち「リスク」として捉え、行動する社会に、私たちは生きている。そこで焦点となる問題の多くは、不確実性が高く、多様な利害と価値観が絡むことから、科学技術の専門家だけでは「正解」を導き出すことができない。この状況に対処すべく、ここ約四半世紀の間に、リスクをめぐる社会的意思決定への市民参加が求められ、それを具体化する数々の方法論が生み出されてきた。本科目ではこうした動向を科学技術への市民参加という切り口で捉え、その経緯と理論的背景について理解を深めつつ、豊富な具体例をもとに、リスク社会における市民参加のあり方を学習する。
   

※三上直之「気候変動と民主主義 ~欧州で広がる気候会議~」(『世界』2020年6月号)
※三上直之「欧州の市民が議論した「新型コロナと気候変動」」(『科学』2020年12月号)
江守さんが強調していたとおり、気候市民会議の参考人は、「情報提供者」なのか「意見表明者」として呼ばれているのか、その場の役割を混同しないことが肝要です。選択肢を提示する情報提供者であっても「やるっきゃない」という態度変容を迫る信条がついつい出てしまいますね。

------------------------------------------------------------
新春トーク 若者たちが語る「アフターコロナ」
 NHKラジオ第1 2022年1月2日(日)午後5時05分~午後5時55分、午後6時05分~午後6時40分
コロナの先にはどんな未来がやってくるのか?
資本主義を否定し、「人新世」の新たな世界を提唱する斎藤幸平、現場主義で様々な社会問題に挑む安部敏樹、“若者の政治参加が日本を変える”と活動する能條桃子、各分野で活躍する2~30代の若者3人が、気候変動、格差・貧困などをテーマに激論を交わす。2022年の幕開け、未来を大きく展望する激アツの新春トーク番組をお届けする。
岩殿からの帰宅途中に軽トラ車中で聞き、帰宅後に続きを聴きました。NHKラジオらじる☆らじるで1月9日まで聴き逃し配信をしています。
  

要求項目

エクスティンクション・レベリオンの掲げる目標はウェブサイトにおいて、以下のように述べられている: [1][12][13]

  • 「政府は気候とより広範な生態学的な緊急事態について事実を語り、矛盾する政策を撤回し、メディアと協力して市民に情報伝搬する。
  • 政府は2025年までに炭素排出量をゼロとし一般物品の消費量を減らすべく、法的拘束力のある政策措置を講じる。
  • これらの変化を監督するための国民の議会を設立し、正しく機能する民主主義を確立する。」
基本方針

エクスティンクション・レベリオンはウェブサイト上で次の内容を説明している:[14][15]

  1. 「XRは後世代の人々が暮らしていける世界を作るため、変革を起こすという理念を共有している。
  2. XRが変革に必要として挙げる使命は、集団の推進力を活用した運動を実行するべく、総人口に対する3.5%の市民の参加を目指す。
  3. 人類は、健康的で対応性と再生力を備えた、循環的な文化体質を確立する必要がある。
  4. XRは自らの在り方も含め、現状に安住せず、既存の有害な社会構造に対して明白な疑問を投じ、変革を進めるべく活動を行っていく。
  5. XRは自らの経験、自己反省から学び、外部からの情報を吸収して常に活動内容の改善と開発に努める。
  6. XRはいかなる人々のいかなる規模の参加も歓迎し、積極的に安全で敷居の低い活動環境を提供する。
  7. XRは意図的に権力を握ることを避け、内部の上下関係を排除し、より公平な参加体制を築く。
  8. XRは非難や侮辱と言った手法を避ける。社会構造は有害であるが、その中の個人に責任を課し責めることはしない。
  9. XRは非暴力の組織であり、変化を起こすには非暴力の作戦・手段が最も有効であると考える。
  10. XRは自立的で拡散型の活動スタイルを基盤とし、既存の権力体制に挑戦するための手法・構造は集合的に創造していく。この基盤を用いた、いかなる市民活動も "RisingUp!" の名の下に実行することが出来る」[16]
※XR日本(HPTwitter
 

※鐙麻樹「派手な演出デモをする彼らは何者か ノルウェーの石油政治を批判」(『Yahoo!ニュース』2021.08.31 17:06)