薪用に持ってきたヒマラヤスギ(別名:ヒマラヤシーダ、マツ科)の葉についていたマツカレハ(マツケムシ、カレハガ科)の終齢幼虫。有毒の刺す毛虫です。アカマツ、クロマツ、ヒマラヤスギなどの大害虫で、ときどき大発生して問題になります。生きものの持ち込み注意しましょう。

P6010056P6020001P6020006
幼虫育成ボトルに採集した2匹のうち、動きのにぶい1匹はマユをつくって蛹になっていました。

カレハガ科。日本全国に分布。終齢幼虫は体長75mmに達する大型の毛虫で、俗にマツケムシと呼ばれています。幼虫は成長すると背面は銀色に光り、 胸部の背面には藍黒色の毛束の帯が目立つようになります。そして、触れるとこの部分の黒い毒針毛が皮膚に刺さります。毒性はドクガほど強くありませんが、 刺されると激痛があり、あとが腫れ上がります。痛みや腫れはすぐなくなりますが、かゆみは1~2週間くらい続きます。 アカマツ、クロマツ、ヒマラヤシーダなどの大害虫として知られ、ときどき大発生して問題になります。
 年1回発生し、成虫は7~9月ころ出現してマツ類の葉や枝に 200~500 個もの卵を産みます。間もなく孵化した幼虫は針葉を食べ、 10月下旬までに体長20mm内外の5齢に育ち、幹から下りて根際や落ち葉の下などで越冬します。このとき幹に藁などを巻いておくと幼虫が潜り込みますので、 冬にこれを集めて燃すのが有力な防除法になり、公園などでよく見られるマツの巻き藁はこの目的のためのものです。翌年の4月ころから幼虫は再び樹に登り、 針葉を食べ続け、さらに3回脱皮して8齢幼虫となり、6~7月ころに葉を綴って灰褐色のマユを作ってサナギになります。……

 昆虫が日常的な食料だった原始時代には、土地ごとに経験的に、食べられる虫、うまい虫、 たくさん採れる虫と発生シーズンなどの情報が親から子に伝承され、そうした”昆虫学”が高度に発達していたと思われます。 そうした記録が失われた今、昆虫の食用化に当たっての食用昆虫学を新たに構築する必要があります。ただ現代は、食品の加工や保存、 調理技術が格段に進歩しています。これを考慮すれば、味の善し悪(あ)しは別として、 体液に有毒成分を含む種類以外のほとんどの虫は食用化が可能と言えるかもしれません。
 たとえば、松の害虫のマツケムシ(マツカレハの幼虫)は代表的な有毒の、刺す毛虫ですが、戦前に韓国で大発生したとき、 その食用化が検討されたことがあります。そして後年、亡父の友人からそのときの試食の経験を聞いたことがあります。 まずこの毛虫を鶏に与えたら間もなく死んでしまい、解剖したところ胃壁に毒毛がびっしり刺さっていて驚いたそうです。 ところが火で毛を焼き、皮を剥(は)いでから調理して食べたらこれがすこぶる美味で二度びっくりしたとか。また、 大阪市立自然科学博物館長だった故筒井嘉隆氏もこれにならってマツケムシを試食し、「かすかな香気があり、 舌ざわりも良くまさに珍味であった」と記しています(『町人学者の博物誌』1987)。
 虫の食べ方は今も昔もほとんどが、生食、煮る、焼く、いためる、揚げるのいずれかです。……
ヒマラヤスギ(あきた森づくり活動サポートセンター総合情報サイト『森と水の郷あきた樹木シリーズから)
世界的な公園樹・ヒマラヤスギ(別名ヒマラヤシーダー、マツ科)
 ヒマラヤ北西部、カシミール、アフガニスタンの標高1100~4000mの高地に自生する常緑高木。スギではなくマツの仲間で、特大の松ぼっくりを実らせる。熟して落下すると、バラの花のような形をしていることから「シーダーローズ」と呼ばれている。成長が速く、三角形を描く円錐形の樹形が美しいことから世界中で植えられている。大木になり、枝葉に強い香りがあるので、原産地ヒマラヤでは神聖な木とされている。わが国には、明治12年に渡来し、増上寺の門前に植えたものが最初とされ、公園樹、学校の校庭などによく植えられている。コウヤマキ、ナンヨウスギとともに世界三大庭園樹に数えられる。
名前の由来・・・ヒマラヤ産で、葉の形がスギに似ていることから。ただしスギ類ではなく、マツ科ヒマラヤスギ属、別名ヒマラヤシーダー。 
ユダヤ人の習慣・・・男子が生まれると家の前にシーダーを、女子が生まれるとモミを植える習慣があり、子供が成長し、将来必要になる家具を作るのに備える。日本のキリに対する習慣に似ていて興味深い。 
材の利用・・・樹脂分を多く含むため耐久性が大きく、シロアリにも強い。乾燥は容易だが狂いが生じやすく、塗料のつきもよくないとされる。建築材、家具、器具、建具、船具・カヌー、木煉瓦、枕木、土木材、箱材など用途は広い。