市民の森保全クラブの活動記事一覧です。()内は活動参加者人数。★は定例活動日以外の活動記事。☆は市民の森の現状記事。市民の森外の活動記事(岩殿C地区など)。

市民の森保全クラブ20年度事業計画(案) 4月1日

切り株スツールを置く 4月3日

尾根の林床整理 4月10日8名)

落ち葉を集める 4月12日

降雨後の市民の森作業道 4月14日

入山谷津谷底のリル 4月14日

落ち葉掃き 4月15日

落ち葉掃き 4月16日

枯損木伐採・林床整理 4月177名)

枯損木伐採、製材、林床整理、堆肥場作り 4月26日11名)

根倒れサクラ・枯損木処理、材の皮むき 5月1日8名)

斜面の落ち葉を移動する 5月3日

市民の森保全クラブ追加作業① 5月3日

4月1516に斜面においた落ち葉を詰めたネット7袋を落ち葉堆肥箱に移動しました。

市民の森保全クラブ追加作業② 5月3日

5月1日の定例活動日に根倒れしたサクラが作業道をふさいでいました。夜間倒れたのかもしれません。作業用具等が置いてある岩殿C地区に入れなくなると様々な差し障りが生じます。倒れると作業道をふさいでしまいそうな高木を点検・精査して選木し、あらかじめ伐採しておくすことにしました。

市民の森保全クラブ追加作業③ 5月3日

20142月に市民の森尾根道入口に設置したベンチ、テーブル。丸6年が経過してかなり傷んでしまいました。今日は玉切りしたコナラとサクラの丸太を現場に運び、チェンソーで斫り(はつり、削る)、皮剥きして天板等を製材しました。

尾根みち入口にテーブル新設 5月5日

新エリアの下刈りと作業路整備 5月8日9名)

尾根みち入口整頓 5月8日

岩殿C地区の草刈り 5月8日

スギ材を運ぶ 5月9日

林床の草刈り 5月15日9名)

枯損木の落下 5月17日

→☆落木注意! 7月8日

林床の草刈り&スギの皮むき 5月24日10名)

初夏の岩殿ドローン映像 5月24日

作業路の土留め材と杭打ち小づち自作 5月28日

市民の森定例作業日 5月29日10名)

前回の続きでスギの皮むき、尾根と南向斜面の下草刈りをしました。斜面の下草刈りは新エリアの作業路のところまでできました。澤田さんは岩殿C地区~入山沼までの作業道の草刈り。作業路付近の落ち葉堆肥箱にヌカを振り入れ、箱の上に被せていたネットの落葉と混ぜました。3箱でヌカ25㎏と落ち葉15袋を追加しました。尾根の2箱は次回に実施します。渡部さんは尾根の園路登り口の休憩所に設置するテーブルの仕上げ。次回、防腐剤を塗る予定です。

シジュウカラの子育て 5月30日

市民の森定例作業日 6月5日8名)

今日もグループに分かれて作業を進めました。尾根のアカマツ林の下草刈りは今回でほぼ終了しました。尾根みち登り口休憩所のテーブル天板とスツール2個に防腐剤を塗りました。残りはC地区のスツールに使い、1缶使い切りました。木庭さんは岩殿F地区で刈払機に初挑戦。タコの修理、林床に積み上げている落枝・伐採枝条の塊(ボッチ)の点検など。

草刈り・裾刈り 6月6日

チップソー研磨機 6月10日

市民の森定例作業日 6月12日11名)

化まちづくり公社の6名と尾根のアカマツ林でチッパー作業をし、できたチップは袋に詰めました。できたチップを現場に撒くことは林床の富栄養化につながり、アカマツ林の林床管理には採用できません。尾根のアカマツ林を維持・再生していく(市民の森のアカマツ林再生プロジェクト)には林床の管理が重要です。林床に腐植物が堆積して土壌が富栄養化していくと、アカマツは衰弱し病虫害に侵されやすくなります(『Q&A里山林ハンドブック -保全と利用の手引き-』50頁)。

公園の園路に敷かれているウッドチップは長さ3㎝・幅2㎝・厚さ5㎜程度の大きさのものが通常利用されています。今回使ったチッパーはホタルの里の管理のために購入された竹粉砕仕様のものなのでチップが細かすぎて、市民の森の園路(尾根みち)のウッド舗装には使えません。下の入山沼から北側に回り込んでいる園路(谷みち)や作業道にまくと水はけが悪いので泥濘んでしまい、ここでも使えません。

尾根のアカマツ林再生のために市民の森保全クラブでは、①マツの根本に寄り掛かるように積み上げていた枯枝や丸太を撤去して他所に積み直す、②下刈り時にアカマツの根本の腐葉土を除く、③チッパーにかけられる太さの落枝・梢はチップ化(文化まちづくり公社と協働作業)、④冬季に落ち葉かきイベント実施(岩殿満喫クラブと共催)、⑤現場に残されている幹・太枝・梢類は切断して斜面の土留め工・垣・杭などに活用することなどを考えています。現場から残材やチップ袋等を下の平地(岩殿満喫クラブの管理する岩殿C地区)に運び出して片づける時にクローラ運搬車が利用できると便利なのですが、当面は人海戦術で工夫しながらやっていきます。今日はアカマツ林下の斜面の下草刈りをしました(作業路~無名沼イ号)。岩殿C地区で仮伏せしていたホダ木をセメント林に移動して本伏せしました。

市民の森定例作業日 7月3日8名)

コナラ林(旧エリア)の下刈りを始めました。コナラ林では2012年から毎年下刈り作業を続けて林床の優占種アズマネザサの生育を抑制したことや、大風・豪雨等による落枝、倒木、チェンソーによる枯損木の伐採、冬季の除伐により林冠にギャップができたことにより、林床もパッチ構造になって、キンラン、オオバギボウシ、ヤマユリなどの野草や実生から生長する低木類も増えてきています。刈払機・チェンソーの作業と並行して、こまやかな手作業での林床管理ができるようになれば、下層植生が更にゆたかな市民の森を楽しむことができるようになっていくと楽しみにしています。尾根みち入口のテーブルの天板が割れないように鎹[かすがい]を打ち込みました。丘陵斜面、谷底の谷津田(湿地ビオトープ)、谷頭のため池が一体となって生きもの豊かな里山空間が広がっている景色(景観)が見られようになることをめざして活動を進めていきましょう。市民の森保全クラブ・岩殿満喫クラブ、共に活動スタッフを募集しています。

雨で市民の森作業中止 7月10日

林床の下刈り 8月7日10名)

渡部さんがマスコットを作ってきてくれました。尾根の道の登り口に置いてあります。愛称を募集します。旧エリア南向斜面の林床の下刈りをしました。雨天や現場の状態が悪いので7月10日、17日、26日、31日と4回連続で作業を中止したので久しぶりの再会で話がはずみました。壊れかけていた一間×半間の落ち葉堆肥箱の枠板をどけました。2014年に設置したものです。

林床の下刈りと樹上作業 8月14日10名)

鳥取さんがロープで木に登り、樹上伐採(特殊伐採)の技を披露してくれました。木を根元から伐採する技術に、木登りして木を伐る技術が新たに加わることで、森林保全作業の内容を大きく広げることができそうです。……物置の天井から雨もりしているので、脚立を立てて屋根に登り排水経路をつまらせている落ち葉・小枝などのごみを掃除し、屋根の上にビニールシートをかぶせてみましたベンチまわりの草刈りもしました。

裾刈りと伐採 8月23日7名)

岩殿C地区の物置前の草刈り、無名沼イ号下の遊休農地に接する市民の森の裾刈り、旧エリアで前回倒したサクラを片付け、コナラの伐採をしました。

林床と物置付近の草刈り 8月28日6名)

今月は林床の草刈り 9月4日7名)

林床草刈り・サクラ枯損木伐採 9月11日9名)

林床の草刈り・枯損木伐採 9月18日8名)

明日の市民の森作業は中止 9月26日

市民の森の林床ではこの間の秋霖でキノコが大発生しています。