第5次東松山市総合計画後期基本計画(案)の地区別計画(松山・大岡・唐子・ 高坂・野本・高坂丘陵・平野)から環境分野の取組を抜き出してみました。
地区別の取組(環境)_1地区別の取組(環境)_2

4 高坂地区 [計画(案)110~112頁]
目指すべき地区の姿: 伝統と計画的なまちづくりが調和する 安全でにぎわいのあるまち
高坂地区の現況と課題
《現況》
・市の南部に位置し、西側の丘陵地、中央の台地、東側の低地と起伏に富んだ地形は、 豊かな自然環境を育んでいます。歴史的施設や文化財が数多く存在し、埼玉県こども 動物自然公園や大東文化大学などの地域資源も豊富です。
・高坂駅周辺は、土地区画整理事業や地区計画制度によって本市の副次核の形成が進ん でいますが、既存集落の生活道路の整備や地域内の交通安全対策などを求める声も高 まっています。
・高坂駅東口を中心に若い世代の転入が増加していますが、子育てや教育に関する社会 資源の不足と合わせ将来の急速な高齢化も懸念されます。
・令和元年東日本台風により、都幾川、越辺川、九十九川の流域で甚大な水害を被り、 早期の復旧・復興とともに、防災・減災に向けた取組が求められています。
《課題》
・子どもの遊び場が少ない
・保育園や幼稚園が足りない
・高齢者の移動手段が不十分
・医療機関が不足している
・荒れた農地が多い
・車通りが多く、スピードの出しすぎや騒音が気になる
・緊急車両が通れない狭い道路がある
・幹線道路を外れると防犯灯が少なく暗い
・観光地の案内標示や駐車場の整備が不十分
・地域の特産品がない

高坂地区の取組
子ども
子どもを育てやすい地域づくり 【事業者・行政】
子育て支援センターを拠点として子育て世代の交流と情報交換を推進することで、 子育て世代を応援します。また、医療機関の連携強化や適切な情報提供により、子ど もを安心して育てられるまちを目指します。
地域で子どもを守り育てる環境づくり 【市民・事業者・行政】
新市街地と既存集落のコミュニティの調和を図り、経験豊富な地域の人材を活用し ながら、地域一体で子どもを守り育てる意識を醸成するとともに、必要に応じた安全 対策を進めます。
地元への愛着の育成 【市民・事業者】
地域で育った子どもたちが将来も住み続けたいと思えるよう、地域の人々とのふれ あいや豊かな歴史・文化に親しむ機会を充実させ、地元への愛着を育みます。
健康福祉
運動と外出の機会づくりによる高齢者の健康増進 【行政】
豊富な地域資源と起伏に富んだ地形を生かし、ウォーキングを推進するとともに、 高齢者ニーズに応じた公共交通の充実により移動手段を確保することで、高齢者の運 動と外出の機会を創出し、心身の健康増進を図ります。
三世代がいきいきと暮らす地域づくり 【市民・事業者】
若年層や学生、子どもが多いことを生かし、地域活動やボランティアに積極的に参 加できる機会をつくるとともに、高齢者と子どもが交流し、三世代がともに支え合う 地域を目指します。
環境
体験活動や自然とのふれあいによる交流の促進 【市民・事業者】
豊かな自然や歴史・文化的財産を交流拠点として活用し、野外活動や環境学習など の自然体験活動によって地域の魅力を再発見するとともに、人と人との交流を促進し ます。
良好な自然環境の保全と観光的利活用の調和 【行政】
「まなびのみち」で結ばれた市民の森や物見山公園などの魅力ある自然環境を保全 するとともに、多くの人が自然に親しむ場として多様な利活用を進めます。
生活基盤
住宅の増加に対応した防犯対策の推進 【市民・事業者・行政】
今後も予想される住宅の増加などの状況を踏まえながら、防犯灯の設置をはじめと する地域内の安全を高める取組を推進し、防犯対策の進んだ地域を目指します。
地域一体となった交通安全対策の推進 【市民・事業者・行政】
高坂駅周辺の道路整備などが進んだことにより、今後も地域内の交通量増加が見込 まれることから、東松山警察署など関係機関と連携し、地域一体で交通安全意識を高 めます。
生活道路の整備 【行政】
日常生活の利便性の向上と緊急時の安全確保のため、狭あい道路の整備を推進しま す。
災害に強い地域づくり 【行政】
令和元年東日本台風からの復旧・復興を加速させるとともに、国や県の治水対策の 早期完成を働きかけます。
活性化
観光 PR の強化と効果的な情報発信 【行政】
観光客に分かりやすい案内標示の整備や観光パンフレット・マップ等の配布により 地域の持つ魅力を広く市内外へ発信します。 ○特産品の開発等による地域の魅力アップ 【市民・事業者・行政】
地域で古くから伝えられる歴史のある食べ物の特産品化等、地域ならではの名産品 の開発によって魅力を更に高め、地元への愛着を深めます。
地域資源を活用したにぎわいの創出 【市民・事業者・行政】
地域内に点在する観光拠点をウォーキングルートによって結び、観光客の回遊性を 高めることで、にぎわいを創出します。
市の副次核としての都市機能の充実 【行政】
都市基盤整備がおおむね完了した高坂駅周辺は、市の副次核として都市機能の更な る充実を図ります。