岩殿E地区の草刈りが終わりました。
IMG_1433IMG_1434IMG_1435
写真の日影の場所です。ワレモコウとヌマトラノオが生えている辺りは刈り残しています。

ワレモコウ(バラ科)が咲いています。
IMG_1412IMG_1409IMG_1416
2017年8月1日の記事にも書いているマメコガネについて。上の写真のようにマメコガネの食害が目立ちます。地面に近いところの葉を食べられていませんし、近くには被害のないワレモコウもあって局所的です。この写真にはマメコガネは写っていませんが、成虫の発生時期は6月~10月の年1回、寿命は2週間ほど。昼行性で、日ざしが強い時間帯に群がるようにいるのは葉の摂食だけでなく生殖と関わっているのでしょう。夜間は葉上にはいません。
マメコガネは日本在来種です。英語では「Japanese Beetle (日本のコガネムシ)」といって、日本からアメリカに侵入したのは1910~20年頃で、果樹などの樹木の害虫として甚大な被害をもたらしました(シンジェンタ「虫害ポケットブックオンライン版」)。

マメコガネの生態・防除法などについては
   (『日本農業新聞』2013年5月8日)
   (Life Lab
   (暮らしーの