2018年12月13日、社会資本整備審議会河川分科会大規模広域豪雨を踏まえた水災害対策検討小委員会が「大規模広域豪雨を踏まえた水災害対策のあり方について」答申しました(概要本文)。
大規模広域豪雨を踏まえた水災害対策(概要)
1. はじめに
2. 平成30年7月豪雨災害[2018年]を踏まえて対応すべき課題
(1)豪雨等の概要
(2)被害等の概要
(3)水災害の特徴
(4)明らかになった課題
3. 対策の基本方針
4. 緊急的に実施すべき対策
(1)施設能力を上回る事象が発生するなかで、人命を守る取組
(2)社会経済被害の最小化や被災時の復旧・復興を迅速化する取組
(3)気候変動等による豪雨の増加や広域災害に対応する取組
(4)技術研究開発の推進
5. おわりに