11月22日に道の駅・八王子滝山で買った豆腐です。

多摩銘品
こだわり豆腐屋の木綿

国産の皮むき大豆のみを使用することで、
雑味がなくなり、より一層おいしくなりました。

国産大豆100%
消泡剤無添加

一丁162円の豆腐 →49.1円(100グラムあたり)
名称:もめんとうふ
原材料名:大豆(国産)
     粗製海水塩化マグネシウム(にがり)
内容量:330グラム
消費期限:16.11.25
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
製造者:有限会社 豆匠たかち [八王子一丁庵 商号 有限会社 豆匠たかち
 東京都あきる野市下代継26-5
お客様相談室:0120-802ー…
プラ:フィルム PP PA
   容器 PP

※一丁庵の豆腐は有機大豆?(一丁庵HPよくあるご質問より)
Q 一丁庵のお豆腐は有機大豆ですか?
A 有機大豆ではなく、国産の良質な大豆を使っています。
一丁庵の豆腐は全部安心ですが、安心の基準=有機大豆という方もいらっしゃると思います。有機大豆とは、最低3年以上土壌を有機質にし、農薬・化学肥料を一切使わず、所定の認定機関が認定していないと表示できません。海外では、有機大豆として市場に出回っていますが、国産大豆を有機栽培することは、海外の大豆よりも非常に難しいのです。それは、日本の気候に起因しています。日本独特の梅雨や蒸し暑い夏、これらを越えて出来る国産大豆は色々な害虫や病気にかかりやすいのです。つまり、国産大豆を無農薬で栽培すること自体大変に難しいのです。 現在、一丁庵で使っている大豆は、JA・農家と美味しい豆腐を造るための大豆としてお互い研究し、出来る限り農薬は抑えて栽培しております。

日本地豆豆腐倶楽部
日本地豆腐倶楽部は、一丁庵(東京)、豆光(神奈川)、おとうふ工房いしかわ(愛知)、久在屋(京都)、豆の力屋(大分)、山下ミツ商店(石川)の6社のとうふメーカーが集まり、本当においしくて健全なとうふづくりをしながら、メンバーそれぞれが、それぞれの地域で「地豆腐」ブランドを確立し、良質大豆の産地形成にまで積極的にかかわろうということを目標に発足しました。以来、メンバーがとうふづくりの合間を縫って集まり、勉強会や産地視察、シンポジウムなどを企画、実践しています。