岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

除草 5月15日

岩殿F地区のボッシュ林側を除草しました。
P5150042P5150038P5150036

植物調査枠のヤナギの樹液を吸っていたヤマキマダラヒカゲ(タテハチョウ科)
P5150026P5150021

サトキマダラヒカゲ2016年8月25日記事
IMG_0551

※サトキマダラヒカゲ×ヤマキマダラヒカゲ 翅裏比較図 (『蝶鳥ウォッチング』)

田んぼの耕運 5月15日

片桐さんが児沢の2枚の田んぼを耕しました。お疲れさまでした。
P5150002P5150006

P5150059P5150056


児沢田んぼの草刈り 5月14日

夕方、関口さんと児沢の田んぼの草刈りをしました。
P5140057P5140054

P5140049P5140050

P5150004P5150001
こども動物自然公園側の土水路の畦も刈ってくれた関口さんありがとうございます。

苗運び 5月14日

殿山共同農場の高野さんの仲介で吉見町の農家からコシヒカリの苗12箱をいただきました。児沢探検隊の田んぼに置いています。高野さん、平賀さん、探検隊の皆さん、ありがとうございます。
P5140043-001P5140045

P5140047P5150008

近くにあった吉見町三ノ耕地遺跡の看板(吉見町教育委員会)
P5150095

塩古墳群(『おじさんの覚え書き』2016年7月17日記事)





伐採残材の整理 5月14日

市民の森保全クラブ定例作業日。参加者は芦田さん、片桐さん、金子さん、澤田さん、木庭さん、鳥取さん、橋本さん、細川さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineの11名。岩殿F地区植物調査枠の東側で伐採残材の整理をしました。
P5140030P5140027


P5150043P5150044P5150048

日ざしが強く汗をかいてしまいます。ここが片付けば……。
P5150045P5150046P5150047
4月16日からの作業ですが、次回で一区切りできればと思っています。

岩殿D地区のチガヤ
P5140012P5140011

入山沼下の学びの道法面、岩殿I地区の西縁水路寄りのエゴノキミズキガマズミには白い花が咲いています。
P5140015P5140013P5140017

休憩中にみつけたクロモンドクガ(ドクガ科)の幼虫
P5140032P5140036

クロモンドクガ(『昆虫ワールド』サイトから)

パプリカを植える 5月13日

須田ゼミの畑。今日はパプリカの苗を植えました。須田先生が種から育てたものだそうです。土を寄せて鞍つきにしてあるカボチャの苗にウリハムシ除けのあんどんを立てました。(→昨年6月14日の記事
P5130005P5130014P5130012

※畑にいたアヤモクメキリガ(ヤガ科)の幼虫。広食性でいろいろな野菜の苗にもついています。
黒い縁取りの白紋、気門は白色で黒い縁取り、気門下線は朱色と白色です。
P5130010

田んぼを平らにする 5月13日

代掻き前にできることはしておくつもりで岩殿A地区下の田んぼの高低を均しました。田植え後の水管理の手間を考えると、田んぼの高低をチェックしてあらかじめ、できるだけ高低差を少なくして均平にしておくことが大切さが分かります。大区画の圃場ではレーザーレベラー、GPSレベラーを使って整地作業を実施しているようですが、小さな谷津田では目測で均すしかありません。
P5130016P5130015
削った土は中の田んぼの均平作業に使いました。

翌日(14日)の様子
P5140001
水が浅くたまっている範囲は広くなりましたが、13日に乾いていたところはやはり周りより高いようです。

eino01_137_724_1



田んぼの土をドロドロにして平らに(『山形味の農園』(山形)サイトから 2017.04.28更新記事)

田んぼの手直し 5月10日

午前中は書類の作成の仕事があったので、午後から岩殿に出勤。A地区の中と下の田んぼの手直しをしました。
中の田んぼ
P5100008P5080023B
右の写真(8日撮影)で水がたまっているところに、土を入れました。

下の田んぼ
P5100006

ボッシュ林側の草刈り 5月9日

P5090039P5090080

P5090074P5090073

ヤブミョウガ(ツユクサ科)の新芽
P5090070

伐採サクラ枯損木の残材処理 5月9日

新井さん、橋本さんと田島さんで4月30日に伐採、5月7日に片づけたヤナギ枯損木の残材を処理しました。
P5090002P5090031

G地区のヤナギの白い綿毛のついた種(柳絮・りゅうじょ)が飛んでいました。
P5090043P5090062

ヤナギについているセグロシャチホコ幼虫
P5090048

QRコード
QRコード
岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブからのお知らせ
    記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ