岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

刈れたコナラを伐採 10月24日

市民の森尾根の道上り口付近のナラ枯れ被害木(№3、胸高直径35㎝)を鳥取さんが高所作業で梢部分を処理し伐採しました。
PA240017

PA240018PA240020PA240034

PA240040PA240035

PA240046PA240049

PA240079PA240083

地面から2m付近までは4本に切断しました。文化まちづくり公社が現場で燻蒸処理するそうです。ありがとうございます。
PA240082


PA240073PA240072PA240055
10月15日に設置したカシナガ捕獲トラップ試作品の側でナラ枯れ被害について説明する鳥取さん。市民の森保全クラブではこの冬、カシナガトラップを100セット作ります。1セットで2Lのペットボトルが25本、500ccが1本必要になるので協力をお願いしました。
ナラ枯れをこれ以上拡げない対策としてカシナガトラップと併行して、クリアファイルトラップ(TWT)設置も考えています。『薪ストーブライフ』42号(2021年9月5日記事)を読んだ時から、カシナガトラップの考案者小林正秀さんがクリアファイルトラップについてどのような評価をされているのか気になっていました。小林さんのフェイスブックに以下の投稿がありました。フェイスブックにログインしてコメントも読んで下さい。
小林 正秀
クリアファイルトラップは、1本の木に1~2個が設置されています。
開発者に「こんな簡単な方法で、ほんまにナラ枯れが減るのか?」と質問しました。
すると「正しく設置したら減る」と回答されました。
そこで「クリアファイルトラップを木に2個だけ付けるのは正しいのか?」と問いました。
すると「2個は少なすぎる」と返事がありました。
そこで「カシナガトラップを真似たのなら、私がやっているように、クリアファイルトラップの設置現場に助言すべきだ。間違った設置で、ナラ枯れが拡大するのは、伝染病なので大問題だ」と指導しました。
開発者から「わかりました」との返事をいただきました。
クリアファイルトラップのよな簡単な装置では、正しく設置しても、ナラ枯れは抑えられないので、カシナガトラップを開発したのですが…
……(コメント略)……
こんな簡単な方法でナラ枯れが抑えられるなら苦労しませんわ。自然をなめてますねー。

ジャノメチョウ(左)、ウラギンシジミ(右)
 PA240016

ドングリの播き付け・移植 10月24日

市民の森保全クラブ10月第4日曜日の定例作業。参加者は芦田さん、新井さん、片桐さん、金子さん、木庭さん、鳥取さん、細川さん、鷲巣さん、Hikizineの9名でした。
①22日に水に漬けて選別しておいたドングリをポット苗にし、②昨年10月末に植えたポット苗を点検して底穴から直根が10㎝近く伸びているものは皆伐エリアに植えました。さらに③残ったドングリをエリア上部に播種しました。今年、市民の森のドングリは当たり年なのでナラ枯れ被害木のチェックをしながら、大きなものを拾っておきます。
PA180033PA180142
大きなドングリを選びました。
PA210014PA220027
沈んだドングリを使います。
PA240008

PA240006PA240007

PA240042PA240041

PA240043PA240044PA240066

入山沼フェンス際の草刈り② 10月23日

昨日の続きで入山沼の堰堤の金網フェンス際のアズマネザサを刈りました。
PA230041PA230030PA230005
3m級のアズマネザサやクズ、オニドコロなど、刈ったものは岩殿C地区に軽トラで3回運びました。

堰堤の赤い実をつけたガマズミ
PA230023PA230022

eシフト「各党の気候エネルギー政策(選挙公約比較) 10月22日

地球温暖化対策計画・第6次エネルギー基本計画が改定され、閣議決定されました(経済産業省『第6次エネルギー基本計画の概要』)。また、今日は世界のFridays for Futureが呼びかける「世界気候アクションデー」でもあります。eシフト「あと4年、未来を守れるのは今」キャンペーン『各党の気候エネルギー政策「選挙公約比較」』を視聴(YouTube 33:30)しました。
1

7月にeシフト・原子力市民委員会が社会民主党、れいわ新選組、立憲民主党、自由民主党、日本維新の会、日本共産党、国民民主党、公明党に要望書を提出し、各党の政策担当者と面談して意見交換をしています。今回、衆院選挙に向けて各政党の公約が発表されていますが、気候・エネルギー政策にかかる選挙公約を比較、検討し、×××の5段階で評価しコメントしました。取材者との質疑応答部分はYouTubeでは配信されていません。


234
選挙公約比較の画像にある[評価基準]の表をよく見て下さい。

eシフト要望書
1)原発を停止し、再稼働はしない。新増設・リプレース計画および実用化の可能性が乏しい次世代炉の開発も中止する。原発事故被害者の生活再建の施策を具体化する。
2)送配電網の運用ルールなどの問題を解決し、遅くとも2050年までに電源では再生可能エネルギー(*)100%を目指す。 *環境・社会影響に配慮し持続可能な形で
3)石炭火力発電は例外なく全てを2030年までにフェーズアウト(停止)し、新設・リプレースは認めない。
4)エネルギー効率の向上、建築物の断熱の義務化他、省エネ施策を進め、2030年までの温室効果ガス削減目標を2013年比で60%以上とする。
5)エネルギー政策関連の審議会委員の中立性・多様性を確保する。またパブリックコメントだけでなく市民参加の機会を複数設定する。
原子力市民委員会要望書
1)福島原発事故の原因究明と被害救済に対する政府の責任を果たすとともに、 東京電力が原因者としての責任を果たし、被害者への誠実な謝罪と十分な賠償を行うよう指導力を発揮すること
2)国民の多くの声に正面から向きあい、真に開かれたプロセスでエネルギー政策を策定すること
3)早期に原発ゼロを実現するために、原発の再稼働を行わないこと
4)東京電力福島第一原発の廃炉ロードマップの抜本的見直しを行うこと
5)処理汚染水の海洋放出を撤回し、処分方法においては代替案の検討も含めた開かれた議論を行うこと
6)原子力災害発生時の広域避難計画の実効性担保および被害者の救済を法的に位置づけること

各党の気候エネルギー政策「選挙公約比較」発表プログラム(主催:eシフト、「あと4年、未来を守れるのは今」キャンペーン 協力:Fridays For Future Japan、原子力市民委員会)

・各党の気候エネルギー政策「選挙公約比較」発表:吉田明子(eシフト/FoE Japan)
・各論点と全体に関するコメント
 気候変動目標: 鈴木かずえ(グリーンピース・ジャパン)
 原子力政策: 松久保肇(原子力資料情報室)
 石炭火力と化石燃料: 桃井貴子(気候ネットワーク)
・全体に関するコメント
 若い世代から: 阪田留菜(Fridays For Future Japan/Tokyo)
 原子力市民委員会より: 大島堅一(座長/龍谷大学政策学部教授)

  スクリーンショット (1748).png
・質疑応答 (*配信なし)



入山沼フェンス際の草刈り① 10月22日

市民の森作業道と岩殿I地区の間の法面と入山沼の堰堤の金網フェンス際の草刈りを始めましたが、雨が降り始め途中で中止です。
PA220041PA220042


PA220061PA220062

PA220058PA220059

PA220063PA220036
釣り糸が草刈機の刃にまきつきます。ゴミは放置せずに持ち帰って下さい

共立 オーレック HR661A 修理に出す 10月22日

燃料タンクが壊れた共立(オーレック)のハンマーナイフモア除草機HR661A(8.2馬力、エンジン三菱GM291P)を修理に出しました。
PA220051

PA220046PA220048

※HOR661A取扱説明書パーツカタログ
第20回:ハンマーナイフ・モアの点検整備について - HR661A(『農業機械の簡単メンテナンス』)

作業道改修③ 10月21日

21日午後の作業です。ここまで作業をしてもらえるとは思っていませんでした。感謝です。(作業道改修
PA220013PA220014PA220015

PA220016PA220017

PA220018PA220019
奥の岩殿C地区に向かって進んでいます。写真は22日撮影。

作業道改修② 10月21日

19日に続いて市民の森作業道の改修工事が文化まちづくり公社により実施されました。今日はズリを敷き均し転圧する作業です。
午前中の作業の様子です。
PA210005PA210007PA210006

PA210008PA210009PA210030

午後も作業して改修工事は終了だそうです。

外れた稲架掛けシートをかけ直す 10月21日

岩殿田んぼの稲架は今年、A地区3列、B地区3列です。昨日の風で雨除けに被せたシートがずれていたので縛っているヒモを増やしてかけ直しました。
PA210041PA220003PA220001

PA210001PA210042

11日に群馬県高山村、昨日20日に長野県立科町に出掛けましたが青色のブルーシートっぽいものがかかっている田んぼがありました。岩殿ではみかけませんが、地域差なのでしょうか?

一丁160円(内税)の豆腐 10月20日

長野県佐久市長野県佐久市の道の駅・ヘルシーテラス佐久南の農産物・物産直売所で買った豆腐です。
ヘルシーテラス佐久南は中部横断自動車道佐久南インターチェンジ正面に2017年7月にオープンしたゲートウエイ型道の駅です。2018年4月5日20年4月9日に立ち寄ってこの160円の豆腐を買っています。前回は1パック350グラムでしたが、今回は同額で480グラムに増量されていました。

松本産大豆100%
まごころ豆腐
安心・安全・美味しい

一丁160円(内税)の豆腐 → 33.3円(100グラムあたり)
名称:もめんとうふ
原材料:大豆
    凝固剤(塩化マグネシウム)
    消泡剤
内容量:480グラム
消費期限:21.10.23
保存方法:要冷蔵5℃~10℃
製造者:つるや豆腐店合同会社
 佐久市下越155-10
 ℡0267-82-30…
プラ 紙

長野県のダイズについて長野県ホームページ2021年9月16日)
長野県では、以前は中山間地域を中心に大豆が生産されていましたが、平成10年[1998]頃から水田を活用した生産面積が多くなりました。
県内で製造された味噌は「信州みそ」として全国に知られていますが、このほかにも豆腐や納豆など特色ある大豆加工製品が県下各地で製造されており、その原料として県産大豆が活用されています。
  スクリーンショット (1792).png
前々回2018年に購入した豆腐は塩尻生まれの青大豆あやみどりを使っていましたが、今回の豆腐には品種名はありません。あやみどりの豆腐は淡緑色で普通の大豆を使用した豆腐とは色合いが違います。青大豆の豆腐の記事を掲載する時には写真も必要ですね。

QRコード
QRコード
岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブからのお知らせ
    記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ