農支度

蓑・カマス・ゴザ 雨具 大井町史

入間郡大井町は現在、埼玉県ふじみ野市です。

※ 『大井町史 民俗編』(1985年) 170頁 執筆:水谷いづみさん
 雨具 蓑・カマス・ゴザなどがあった。蓑は藁(稲藁)で編んで作るものだが、大井町では水田耕作をほとんどしていなかったので、稲作をしている上福岡の方から、藁を買ってきていた。カマスは、むしろでできた肥料入れだが、これも雨具に使用した。ただし、雨水を含むと、カマスは二貫目ぐらいの重さにもなって、重くて大変だった。雨の時にはゴザに紐を通して着ることもあった。頭にはすげ笠をかぶった。
雨具と言えば、まず「蓑」(みの)ですね。ウィキペディアの「蓑」の項目に、「明治中期まで、浅草雷門では毎年3月19日と12月19日に蓑市が開かれていた[2]」とあり、脚注[2]に、「蓑市 新聞集成明治編年史. 第七卷、林泉社、1936-1940」が示されています。
 蓑市 漸次 都会に用なし
[12・19、毎日] 昔より毎年三月十九日と十二月十九日には朝草雷神前の蓑市と唱へ、近郷より多くの蓑を同書に持出ぢ、市を立つる恒例にて、本日が即ち其の市日なれど、近年は農家の雨中耕作に出る時着用する位にて、府下にては蓑を着るもの極めて稀なれば出荷も尠かるべし。

ショイタ・キゴザ 農支度

ちょっぺ傘とござ合羽」のつづきです。

※ショイタ・キゴザ 『幸手市史 民俗編』(1997年) 126頁~127頁 執筆:中村啓子さん
 主に女がショイタを背負って野良仕事をした。ショイタはキゴザともいわれ、藁やいぐさで編んだゴザと油紙を荒物屋で買って、その二つを縫い付け、肩紐を作って付けたものである。油紙は厚く、一年は使えた。肩紐は木綿の端切れに芯を入れてくけたもので、ショイタを一度背負ってみて、家族一人一人にちょうど良い位置に付けた。雨のときの田植えなど、かがむ姿勢では雨が編み目にそって流れ落ちるのでからだは濡れないが、立ち仕事では前面や脇が濡れるので向いていなかった。ショイタは四角だったが、昭和初期に改良型として首の部分を切って、肩を覆う形のものができ、胸元を紐で縛るようになった。ショイタには、雨が降り出しそうなときは、油紙の面を外にして巻いて、田畑に持っていける便利さがある。
 ショイタの名称については幸手市西域ではショイタ、東域ではキゴザという傾向がみられた。
 このようにショイタを作ったり、菅笠に布団を付けたりすることをノウジタク(農支度)といい、野良仕事が始まる前の春先にするが、主婦は家族の分をすべて用意するので大変な手間がかかった。
   検索してみると、冬仕度や野良仕度はあっても、「農仕度」(のうじたく)は……。
   辞書にない熟語なのですね。意外でした。
   漢字表記では、「度」と「度」がありますが、漢語は「支度」。
   ネットで「支度と仕度の違い」と検索すれば、たくさん出てきますが、どちらでもよいようです。

ちよつぺ傘とござ合羽

ちょっぺ傘」、「ござ合羽」と聞いて、傘や合羽の仲間だろうとは予想できても、それが何なのかわかる人は少ないでしょう。ことによると、「合羽」(かっぱ)がわからないかもしれません。
嵐山町(らんざんまち)古里(ふるさと)の大塚基氏さんの文章です。
   ちよつぺ傘とござ合羽
田植えの時期になると、農協から田植え用品の注文がありました。その中の注文のメーンがちょつぺ傘とござ合羽でした。
ちょっぺ傘は、弁当のおむすびやまんじゅうなどを包むときに使った木を薄く削って作ったひげっかわのような材料を2センチ巾ぐらいにしたもので編んだ、三度傘とはちょっと違う、真横から見ると三角形の形をした、頭にかぶる帽子と言おうか雨よけの傘です。
ござ合羽は、藁蓑の代わりに作られたもので、敷物のござの上の方を半円形切り取って背負ったときに首が入るように作られ、表面に雨が染み込まないようにビニールシートを張ってある蓑です。頭にチョッペ傘をかぶり、背中にござ合羽を着た姿が、私の子供の頃の田植え時の五月雨よけのスタイルでした。
そのスタイルも、ビニールの雨合羽の普及により何時しか消えてしまいました。そして、伝統の萱や稲わらで作った蓑と、ビニール雨合羽の狭間で使用された雨合羽であるござ合羽は、存在さえも忘れられようとしています。
頭にかぶるものを「」、頭上にかざすものを「」とつかいわけるなら、「ちょっぺ」ではなくて、「ちょっぺ」ですね。

東京都の多摩では、「ござ合羽」を「ショイタ」と呼んでいたようです。

※ショイタ 多摩市史叢書(9)多摩市の民俗(衣・食・住) (1994年) 47頁~48頁 執筆:山崎祐子さん
   ショイタ
 農作業のとき、雨よけ、日よけのために身につけた。ゴザの一部に切り込みを入れ、肩から腰あたりまでを覆う。雨が浸み込まないように、裏側には、油紙が縫い付けてあった。ショイタはキゴザともいう。その後、表側にはビニールをつけたショイタになった。
 ショイタは、背中の部分しか覆うことができないが、前かがみになって仕事をするには十分であった。動きやすく、着ていて涼しいので夏の農作業には重宝であったという。戦後になって、ふだんの生活ではレインコートが定着してからも、夏の田畑ではショイタが見かけられたようである。戦後は、油紙ではなく、ビニールを裏側に張ったショイタが用いられた。
 ショイタは、作り方が簡単なので、自分で作ることもできたが、ほとんどは買っていたようである。
      page0001
   チョッペ傘をかぶり、ござ合羽を身につけて農作業をしているのを見たことがありますか。

お知らせ
岩殿漫喫クラブと市民の森保全クラブのこれからのイベント情報は、岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブ催事・イベント情報でお知らせ中です。
催事・イベント情報・比企探訪最近の記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ