畦畔

畔の草刈り 8月3日

岩殿C地区の下の田んぼの耕作放棄地側の畔の草刈りをしました。
DSCN8042

児沢田んぼの草刈り 8月1日

児沢の田んぼのまわり、畦畔の草刈りをざっとしました。
DSCN7975DSCN7976

DSCN7985DSCN7983

岩殿C地区の田んぼの畔刈り 7月31日

岩殿C地区の田んぼの畔を刈りました。
DSCN7909DSCN7949

岩殿C地区の田んぼ 7月20日

田植えの時に苗を植えた部分と植えなかった部分を仕切る畔をきちんとつくるために、排水をきちんとして、植えなかった部分を干し上げてみようと思います。
DSCN7647DSCN7646DSCN7648



岩殿C地区の田んぼ 7月17・19日

今日も猛暑でした。関東甲信地方は梅雨明けした模様jです。
岩殿C地区の田んぼの畦畔と排水口をどうするか、手直ししながら思案しました。
DSCN7640DSCN7638

※7月17日お昼ごろの田んぼ
DSCN7587DSCN7586

児沢田んぼの畦塗り 4月26日

昨日、児沢の上の手前の田んぼの畦塗りの写真です。
DSCN5136DSCN5137DSCN5139
田んぼの一角を整地して、5月2日からキヌヒカリの苗を育てます。


塗った土が崩れる 4月26日

岩殿A地区の池と田んぼの間の畦畔。昨日の夕方、田んぼ側のハラに塗った泥が剥げていました。土をこねた時に、さらさらした感じがあってここは落ちるかなと思った場所です。奥の水口近くは、水漏れ対策に池側のハラに粘土を詰めてみました。池の水は一晩で満水し、堰を越えていました。
DSCN5109DSCN5110

畦畔作業あれこれ 4月25日

岩殿A地区の池と田んぼの間の畦畔補修作業をしました。
田んぼ側に畦波シートを立ててみましたが、田んぼから水が池の側に漏れることはないと考えて取り外しました。
田んぼの水口を開きました。満水の池の水で田んぼ1枚は軽く代かきができる水量があります。田んぼのどこが高いか、畦のどこが低いかもわかりました。
DSCN5083DSCN5093

DSCN5097DSCN5099
田んぼの泥水に手を突っ込み、畦のハラへ泥を押し付ける作業をして、田んぼの作土(表土)とすき床(耕盤)など田んぼの土のしくみを体感しました。

児沢の上の手前の田んぼの畦塗りはきれいにできあがりました。暗くなって写真がとれなかったので、明日、掲載します。






土質により畦つくりの方法の違い(『小山町史民俗編』)

静岡県の『小山町史 第9巻 民俗編』(小山町、1993年)92頁~93頁から引用します。静岡県の最北東に位置し、神奈川県・山梨県と接しています。富士山の裾野にあり景観のよい棚田があるそうです。

土質と畦つくりの方法 三月から四月にかけて畦作りがはじまる。これにはいく通りかの方法があったが、いずれもかなりの重労働であった。現在はブロック畦の田が多くなっているが、かつては皆土畦であった。畦は毎年、前年の畦を崩して練り直し、鍬で新しく作り直した。どの田もみな畦をこしらえ、水持ちを良くした。大胡田では畦を鍬で羊羹のように丁寧に塗り上げた。この畦の作り方をネリアゼあるいはヌリアゼという。小山町では畦の作り方にこの他にフミアゼという方法があった。これは後でふれる。畦作りは鍬で塗っていく。これも大胡田ではほど良い加減に水が乾き、おおよそ固りかけたという時に仕上げをしていくが、前述の正倉[まさぐら]あたりでは作るはしから仕上げていかないとすぐ固くなってしまうという。
 畦作りはまず前年の冬にアゼッカームキといって畦土のうわ皮の雑草を削り落としておく。これは畦に付かないように外に出してしまう。春に畦土の中のきれいなところを鍬でこなして柔らかくする。ここまではヌリアゲもフミアゼも同様である。ここまではヌリアゼもフミアゼも同様である。ここからネリアゼの場合は足で踏みつけ畦の形を作ると、そこに水を掛けて鍬でこねながら三回くらい畦をたたいては押し、又水を掛けては叩き、羊羹のように塗り上げた。大胡田の他に菅沼の原向[ハラムキ]でもネリアゼを行っていたというが、同じ菅沼でも坂下はフミアゼを行った。また湯船においてもフミアゼが主だったという。フミアゼは田土を鍬で畦に載せ、練らないで畦の両側面と上を三回ほど足で踏み付けて仕上げた。土に力のある田ではフミアゼでももつ。大胡田の田の場合は、フミアゼを行うと水をかけた際に畦がくずれるという。代かき後畦ぬりを行う。
※大胡田、正倉の土質
……大胡田の田は雨が降ると犂ははとんど引けなかった。ここでは田土に粘りがあり水持ちが良く、雨が上がってもすぐには水が引かなかった。水が引かないうちに犂ですくと、さらに田土が粘りをもつ。一方、一色の正倉あたりの土は砂まじりのため乾きぎみで、雨が上がればすぐ犂をいれて耕起できた。……(同書92頁)

岩殿の田んぼのクロヌリ

岩殿A地区の池と田んぼの間の畦畔。23日は作業を休みました。
DSCN5060

畦のクロツキをして固めて、田んぼの土でクロぬりをしました。
DSCN5079

池の水位をあげてみました。池の中のひょうたん島が水没する位です。
この水位では、膨圧で田んぼに水が滲み出すので、適当な水位をみつけて貯水できればと思います。
DSCN5080

児沢田んぼのクロぬり 4月24日

23日、児沢の上の奥の田んぼに畦シートを入れました。
DSCN5070DSCN5069

手前の田んぼは、細川さんがこて(鏝)を使ってクロヌリをしました。
DSCN5074DSCN5073

クロヌリ(『東松山市史民俗編』)

クロヌリ 『東松山市史 資料編第5巻 民俗編』(東松山市、1983年)61頁~62頁
田に水を保持させるため、畦の側面に土を塗ることをクロヌリと言う。クロヌリは田ウナイが終り、田かきをする前に行うのが普通である。この作業はクロ根切りから始まる。鍬かスキで畦の側面を切り落とすことをクロ根を切ると言う。次に畦に添って約30センチメートルの幅に土を寄せ、足で水と土とをこねる。これを手で壁を塗るように畦の側面に張りつけ、後で鍬を使って仕上げる。クロヌリの後は水を入れておき田かきになる。天水場や棚田ではクロは厚く、高く塗るので大変な仕事である。又天水場ではクロツキと言ってキネで畦の中央をたたいて固め水のもれるのを防いだ。

クロ・モトグロ・クロツケ(横浜市・港北ニュータウン郷土誌『都筑の民俗』)

クロ 横浜市・港北ニュータウン郷土誌『都筑の民俗』(港北ニュータウン郷土誌編纂委員会、1989年)86頁~87頁
クロ ここでいうクロとは田の畦のことである。これは田の境であり、田の水の漏水をふせぐ土手であり、さらには田の歩道でもあった。そのため、それらの役目にたえるため、十分に仕上げておかなければならなかった。
 作り方には二つの方法がとられた。一つはモトグロと称される旧年のクロをクワ(風呂鍬)でもって完全に崩し、その土をクロネカシといって、水分をふくませるように一日放置した後で、新規に台形状のクロを築く方法である。他の一つは、モトグロの表面に生えた草をクサカリガマでもって刈り取ったのち、クワでもって、表面の土を削りとり、そこに十分に水分をふくんだ土をクロツケといって貼りつけていく方法である。
 その仕上げはクワでクロの傾斜面を強く押圧しながら形成していくが、このクロヌリができれば一人前と評価された。なかでも段差のある谷戸のヒャッタでのそれはむずかしく、かなりの技術を要求され、百姓の腕のみせどころとされていたが、初体験のころは、仕上がったと思い後を振向くと、クロは直線ではなく曲がったり凹凸[おうとつ]があったりして、さんざん笑いの種にされたという。
 なお、クロのなかに、麦藁を入れてより正確な田境の証とした話も伝わっている。
風呂鍬とは(ウィキペディア「鍬」より)
 ……昔は鉄が高価で貴重であったので、木の板で刃を作り、刃先のみに鉄を接合した。刃の木製部分を風呂と言い、風呂鍬と風呂なし鍬との2種類があった。
 風呂鍬は、風呂、刃、柄の3部を明確に区分でき、平鍬、台鍬ともいう。打引鍬に属し、整地、中耕などに用いられる。京鍬、江戸鍬、野州鍬、南部鍬、相馬鍬などが属する。構造が堅牢であり、砂質壌土地に適する。
 風呂なし鍬は、金鍬(かなぐわ)ともいい、風呂と刃とが鉄板1枚でできている。打ち鍬に属し、開墾や重粘土地の耕耘に適する。……

畦の補修 4月22日

児沢の田んぼも岩殿の田んぼも畦の整備に大忙しです。
岩殿A地区の池と田んぼの間の畦のハラの草を除いてみると穴が空いています。泥をつめてふさぎました。
DSCN4976DSCN4979
次はクロヌリをします。

水路擁壁と畦の改修 4月21日

昨日の続きで、児沢田んぼの水路擁壁と畦の改修を行いました。
DSCN4957DSCN4958DSCN4959

スレート瓦の並べ直し 4月20日

児沢のフェンス側の水路の擁壁のスレート瓦を並べ直しました。それに合わせて田んぼ側の明渠の泥あげもしました。
DSCN4950DSCN4954
あれこれ手間取って、お昼で返る予定が雨が降り出した4時過ぎまでの作業になってしまいました。なんとか半分位できたかな。
DSCN4955DSCN4953
去年は、4月1日3日8日と作業をしています。

上の池の畦シートを片づける 4月18日

畦の水漏れチェックに岩殿に行き、岩殿B地区の池の畦シートを片づけました。
DSCN4882DSCN4891DSCN4895

岩殿C地区の田んぼの日当たりも点検しました。
東西に細長く入りこんでいる谷津なので、南側の斜面の高木の影響をかなり受けていることを再認識しました。

岩殿A・B地区の作業

一晩たった岩殿B地区池下の田んぼ。下の明渠に漏水していました。
DSCN4860

池の水をぬき、畦シートをはずして、細川さんが下地を平にしました。
DSCN4865DSCN4866

一枚下の区画にも水を入れてみました。この区画は平にするのは手間がかかりそうです。
DSCN4867

須田さんは、こまめを使って畑の除草と道下の藪の刈り払いを始めました。
DSCN4870
お知らせ
岩殿漫喫クラブと市民の森保全クラブのこれからのイベント情報は、岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブ催事・イベント情報でお知らせ中です。
催事・イベント情報・比企探訪最近の記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ