岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ Think Holistically, Conduct Eco-friendly Actions Locally

水生昆虫

コシマゲンゴロウ 6月13日

岩殿C地区の堰の水たまり状態になっている水路にいました。1㎝ぐらいで、黒と茶色の縞模様が特徴的です。ゲンゴロウの仲間は日本では100種類以上(130種類以上・『図説 日本のゲンゴロウ』)知られています。多くのゲンゴロウが田んぼから姿を消した中でコシマゲンゴロウは減少しているが残っている中型のゲンゴロウだそうです。
DSCN6763DSCN6792

ゲンゴロウ類が減少した理由としては、①以前は水苗代内のセリなどに産卵していたと思われるが、水苗代の焼失によって産卵期が遅くなった。田植後に産卵したのでは、中干しまでに幼虫期【30日位】を終えることができない。②コンクリートの畦では上陸して潜る【田んぼから畦に登ってきて、2㎝位の深さで蛹(さなぎ)になる】ことができない。③除草剤によって産卵する植物が消えている【ゲンゴロウのメスは田んぼの中の草の茎をかじって穴を開け、1こずつ卵をうみつける。ゲンゴロウはイネはかじったりできないので、除草剤を散布して、草が生えていない田んぼでは、ゲンゴロウは育つことができない。大型のゲンゴロウには大きい茎の草が必要】(以上は『ふくおか 農のめぐみ 100』、『田んぼの生きもの指標』による)があります。
 農薬の使用などによる水質汚染、ため池や水路の改修などの環境改変に加えて、④外来種による被害(ブラックバス、ブルーギル、アメリカザリガニ、ウシガエルのどれかひとつでも侵入した池では、大型のゲンゴロウ類が日本各地で例外なく姿を消した)もあげられています(永幡嘉之「激減するゲンゴロウ 深刻な外来種による被害」)。

コシマゲンゴロウ(HP『水生昆虫が面白い』) 
※HP『Hondaキャンプ』「生きもの図鑑」シマゲンゴロウ(体長1.5㎝位、体色は黒、両側に太くて白い縞があり、背中の中央に一対の丸い斑点)
※永幡嘉之(ながはたよしゆき)「激減するゲンゴロウ 深刻な外来種による被害」(日本経済新聞電子版ライフ『生きものがたり』




コバントビケラ 6月7日

コバントビケラ(トビケラ目 アシエダトビケラ科 コバントビケラ属)です。体長は1㎝位で児沢の水路にいました。落ち葉をくり抜いて、2枚張り合わせた巣を作っています。
DSCN6568DSCN6571

※コバントビケラについては、「コバントビケラ属」(HP『兵庫県立人と自然の博物館』)

※トビケラについては「トビケラ入門」(HP『トビケラ専科』)

※水生昆虫については、「身近な川の水生昆虫を調べてみよう」(HP『兵庫県立人と自然の博物館』)。学習教材として川でよく見る水生昆虫。底生動物の図鑑シートもあります。





      お知らせ
    記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ