めんこ

めんこの遊びかた 比企郡川島町

川島町(かわじままち)ではパースですか。おこし、つっぱ。めんこは小さな財産。

※パース 川島町文化財保護審議会『川島町の文化財13 子どもの遊び・歌』(1993年) 10頁
 いためん・めんことか呼ばれた遊び、5、6人で遊んだ。各自一枚のパースを取り出し、指定された場所におきジャンケンで順番を決めた。
 “おこし”といって地面においてあるパースめがけて投げおろし、裏返しに出来れば自分のものとなる。成功している時は何回でも連続して出来た。裏返し出来なかった場合は次の順番となる。また、“つっぱ”といって、箱を裏返して底の平らな部分を利用して、それぞれのパースを置く。遊び方は、相手のパースめがけて、自分のパースのふちをあて、うまく台上の部分から突き出す。成功すると自分のものとなる。
 他にもパースの縁を立てかけてある戸板などにあて遠くへ飛ばす遊びもあった。また“おこし”にも“つっぱ”にもいろいろな条件をつけて遊びを工夫していた。
 パースには、大・中・小の三種類があった。円形のボール紙に武者絵が印刷されていた。
 どこの地区にも一軒か二軒、文具屋、雑貨店があり、その店先には駄菓子がおかれ、子どもの遊び道具がおかれていた。パースは、
 一銭で、大が四枚、中が六枚、小が十枚ぐらい買えた。(大正時代~昭和初期)(中山)
 パースは買い揃えたもんで貴重なものだった。遊びの中でも“ホンコ”と“ウソッコ”があり、“ホンコ”の場合はうまく成功すると自分のものとなるので、遊びといっても真剣で夢中になった。新しいパースで“ホンコ”の遊びをやると新しいものをめがけて皆から標的とされた。(長楽)
 パースが得意な子になると、ボール箱一杯集めて得意となり、小さな財産となっていた。

めんこの遊び方 坂戸市の民俗2 赤尾の民俗

赤尾は、都幾川と越辺川との合流する東松山市早俣の対岸(越辺川右岸)です。
1920年(大正9)生まれの男性からの聞きとりから。子どもの頃、大正から昭和初めの回想です。

めんこ 坂戸市の民俗2 赤尾の民俗 1993年 304頁~305頁 執筆:榎本直樹さん
 丸いメンコが多かった。義経などの武者の絵が多かったが、漫画のような絵のものもあった。みな、木のミカン箱いっぱいに入れて、「おれは100枚持ってるぞ」などと、枚数を競いあった。
 メンコには、相手のメンコをひっくり返すともらえるというものと、アオリダシといって、円の枠の中から相手のメンコを出すともらえるというものとがあった。アオリダシの場合、自分の打ったメンコが枠から出てしまうと、それは枠内に置かれて、だれのものでもなくなってしまった。
 メンコでは、上にはおった着物で風を起こして、相手のメンコを動かした。そのため、メンコを始めるときには、わざわざ家へ帰ってハンテンを着てきた。体が温まって汗が出てきても、ハンテンを着たまま、かまわずに続けたものだった。
 小学三年生くらいになると、子守りをさせられるので、コモリバンテンを持っていた。わざわざこれを着てメンコをする子もいたが、「こすい、こすい(ずるい)」「それは、なしにすべえ」などと言われて、着てはいけないものとされることが多かった。
     アオリダシ
     子守り半纏、背負い半纏、おぶい半纏、ねんねこ半纏

めんこの遊び方 小川町の歴史 別編 民俗編

起こしっこ、飛ばしっこ、イッスンコ、ナマリ。勝負のルールは集団により異なる。

めんこ遊び 小川町の歴史 別編 民俗編 2001年 708頁~709頁 執筆:山口槌男さん
 めんこを、「パーコシ」とか「ドン」と呼んだ。めんこには、丸型と長四角の二種類がある。武者、軍人、野球選手、力士などの絵が描かれていた。このめんこの裏に更に厚紙を貼ったり、ろうで煮て堅くし、強いめんこにした。
 強い子とやるんじゃないよ、とか、小さい子のを取り上げるんじゃないよ、などと親によく言われたものだが、勝負には「ほんこ」と「うそっこ」があり、やたらに取り上げることはしなかった。
 また昔は、弟妹を子守りながら遊ぶ子も多かったので、小さい子も仲間に入れて遊んでやった。勿論小さい子はみそっかすで、勝負の対象外にした。
 ○ 起こしっこ 地面に置いためんこに、自分のめんこを叩きつけて、相手のめんこを裏返せば勝ち、着ているはんてんの裾であおって風を送る技など工夫した。
 起こしっこは、めんこ遊びのメーンだった。
 ○ 飛ばしっこ 今の10円硬貨くらいの小型のめんこを、親指と人差し指の腹で水平にはさみ、強く押すと飛び出す。この飛んだ距離を競う。勝てば相手のめんこが取れる。
 また、縁台の隅にめんこの片端をはみ出させて置き、はみ出した部分を指で上から叩き、遠くへ飛ばしっこをする。そのほか縁台の端に置き、横なぐりにはじいて飛ばすやりかたもある。
 ○イッスンコ 丸型のめんこを戸板、戸袋などに打ち付け、地面に落ちためんこが、相手のそばに落ち、二本の指で二枚が押さえられれば勝ち。
 ○ ナマリ これはメンコではないがよく似た遊びである。今の十円玉よりやや小さめの金属片を、一銭で10枚売っていた。これをナマリと呼んでいた。
 地面に直径50センチメートルくらいの円を描き、それぞれ円の中にナマリ一枚ずつ置く。相手のナマリにうちつけて円の外に出せば勝ち。
 学校で、他地区のがき大将に「ほんこ」を申し込まれると断りきれないで取られてしまうこともあった。  (高見)【たかみ、小川町の八和田地区】

めんこのルール ウィキペディアより
もっとも典型的な遊び方である「起こし」のルールは以下の通りである。
 1.地面にめんこを置く
 2.別の者が別のめんこを叩き付ける
多くの場合、以上の競技手順は同じだが、あらかじめ地面に置かれた方の所有権の移転に関わる勝敗の決め方が、地方や集団によって異なる。所有権の移転がなされる場合の代表例を以下に列挙する。
 ・あらかじめ地面に置かれためんこが「裏返る」。
 ・あらかじめ地面に置かれためんこの「下を通過する」。
 ・あらかじめ地面に置かれためんこが、規定の範囲(枠で囲った範囲など)よりも「外に出る」。
地面に置くめんこの枚数は1枚の場合もあるが、複数の参加者が1人1枚、または、参加者1人2枚など、様々である。
また、めんこの大きさに大小があり、子供にとって欲しい図柄が異なるので、自分の欲に任せて明らかに不当なルールを適宜つける例が横行する。取り上げられためんこは返してもらえない(所有権が移転する)ので、真剣に遊ぶ要素がある。
雨に濡れると柔らかくなるので、蝋を塗りつけるという「強度保持」をする一方、裏返りにくくするためぐにゃぐにゃにするなど、めんこの性能を変化させたりする。
この他にも他のカードゲームと類似した遊び方である「積み」や「抜き」、「落とし」、また物理的な遊び方として「壁当て」や「滑り」などがある。

めんこの遊び方 鶴ヶ島町史 民俗社会編

めんこの遊びかたは、相手のメンコをひっくり返す「あおり」と外にだす「突きだし」(東松山市大岡では「まるだし」)。
「こばめん」は?


めんち 『鶴ヶ島町史 民俗社会編』 1992年3月、359頁 執筆:高篠喜一さん
 別名「めんこ」ともいう。厚紙で丸形に作られためんちには、勝負で遊ぶのに相応(ふさわ)しく、史上有名な武将などの顔が描かれていた。相撲とり、野球選手、プロレスラー、映画俳優、漫画の主人公などの似顔絵が描かれたものもあった。
 地面に叩きつけ相手のめんちを裏返せば勝ちで、熟達すると袢纏で風を起こすのが「コツ」となった。土俵を描いて、あるいは箱などを土俵に見立て、そこから突き出すというルールもあった。
 紙めんちが出回る前は「泥めんち」があった。これは粘土の焼き物で「おかめ」「ひょっとこ」「般若面」などがあった。落として相手の泥めんちに当て、裏返せば勝ちである。今では見られないが、古い屋敷の隅や畑にごみと一緒に捨てられているのを見つけることがある。

めんこの遊び方 新編埼玉県史民俗編

めんこの遊び方は基本的に二つ。①相手のメンコをひっくり返す。②「コバメン」(トブツケ、壁当て)。

メンチ 新編埼玉県史 別編2・民俗2 1986年3月 547頁 執筆:斎藤修平さん
   メンチ
 店で購入したメンチ(メンコ)を幾つかの方法で取り合う遊び。まず、相手によって「本メン」で行うか「貸しメン」で行うかが決定される。本メンは友だち同士の間で、貸しメンは兄弟同士で行われるのが一般的であった。本メンは勝負の結果、実際にメンチの所有権が移るが、貸メンは勝負(遊び)そのものを楽しむだけでメンチの所有権は変化しない。
 遊び方は基本的に二種類しかなかった。一つは地面に置かれた相手のメンチを自分のメンチでひっくり返す遊びで、もう一つは、メンチを戸袋などにぶつけて、どのくらいはね返ってくるかを競うコバメンという遊びである。前者の遊びは、ハンテンカゼ(着物の袖を振って起こす風)を利用したり、相手のメンチの横に自分の足を置いて「壁」を作って相手のメンチをひっくり返しやすくしたり工夫した。また一度に相手のメンチを二枚ひっくり返したメンチを「二丁取ったメン」と名付けて得意がった。さらに、メンチには「厚メン」と「薄メン」があって、薄メンで厚メンをひっくり返すことも大きな楽しみであった。
 このほかコバメンの一種だが、メンチを壁にくっつけて、どちらが後に落ちるかを競う方法もあった。メンチは、みかん箱にいっぱいためて大切にしたが、勝ったメンチを友だちに、店で売るより安く売って小遣いにしたこともよくあった(日高町粟坪)。
    本メン 貸しメン 厚メン 薄メン 二丁取ったメン

めんこ(面子) 子どもの遊び

面子は江戸時代からの子供の玩具です。埼玉県内では、メンチ(めんこ)、ブツケ(ぶっつけ)やパー(ぱーす)などと呼ばれ、男の子のポピュラーな遊びでした。日本各地に、パッチンとかいろいろな呼び方があるようです。
嵐山町(らんざんまち)古里(ふるさと)の大塚基氏さんが書いた子供の頃(昭和30年代)の面子遊びの思い出です。
   ぶっつけ
 私の子供の頃の冬場の暇な時には、よくぶっつけとべーごまをしたものです。
 遊びの方法から名付けたのだと思いますが、ぶっつけは、ボール紙を丸く切ったその表に、映画やラジオ番組や漫画の主人公などが描かれたりしている一種のおもちゃで、一般的には「面子(めんこ)」とも言われていました。
 しかし、私の地方では、それ自体を「ぶっつけ」と言い、遊びもぶっつけと言いました。ですから「ぶっつけを持ってきてぶっつけをしよう」と言う感じで遊びが始まりました。
 ぶっつけの遊びの方法は2つの方法がありました。
 一つは、何人かの子供が集まると、じゃんけんして順番を決めます。そして負けたものがふっつけを土べた(土)の上に置くと、一番勝った者が土べたに置いてあるぶっつけの側に自分のぶっつけをぶっつけて(たたきつけて)、置いてあったぶっつけがおきると(表裏がひっくりかえると)、そのぶっつけが貰えるというゲームです。何人かで遊んでいると、何枚もぶっつけが土べたに置いてあるので、初めの一枚がおきると次のふっつけに挑戦できます。そして、おこせなかったら次の人と交代になるゲームです。
 しかし、ぶっつけで相手のぶっつけをおこすには技術が必要です。ぶっつけは直径3センチぐらいのものから、直径が15センチを超える大きいものがあります。ですから大変です。でもゲームが進行していくと、大きいぶっつけも草花や石っころなどの処に跳ねて行って、斜めになったりするので小さいぶっつけで大きいぶっつけをおこすチャンスが生まれます。
 私の子供の頃は何処の家でも子沢山で子供がいっぱいいました。ですから、私もそうでしたが、子供が弟や妹を負(お)ぶって子守りをしながら遊ぶのも当たり前のことでした。そして、冬の寒い頃には背中の子供が寒くて可哀相なので、背中の子供の上から袢纏(はんてん)を羽織って帯で結わえて遊びました。
 そこで、袢纏を着たままふっつけをすることになりますが、袢纏を着たままふっつけをすると袢纏の大きな袖が空を切り、その風圧でぶっつけがおきる可能性もあって、『ずるい』などと、子守りをしていない子供が子守りをしている子供に対して不満を漏らすこともありました。
 いずれにしてもぶっつけは、土べたにおいてある相手のぶっつけに自分のぶっつけをぶっつけるようにして、その風圧なり、ぶっつけた反動なりで、相手のぶっつけを裏返しにさせてとってしまうと言うゲームです。
 もう一つのぶっつけの取りっこのゲームは、遊びの名前を思いだせませんが、板などの平らな台の上に置いた対戦相手のぶっつけの縁に、自分のぶっつけの縁を少し折って、その折った面を台の上に乗っている相手のぶっつけに横殴りにぶっつけて、台の外に出してしまえば相手のぶっつけが貰えると言うゲームです。そして、どちらも台の上に残ったり、両方とも外に出てしまった場合は、引き分けで順番が次の人に移るというゲームです。
 ぶっつけは、お正月を中心とした、冬場の子供の遊びでした。…… (嵐山町古里・大塚基氏)
 遊び方はいくつかあり、「あおり」、「おこし」、「さばおり」、「さし」、「つきだし」、「はたき」、「おとしめん」などと呼ばれています。遊び方は同じでも呼び方はいくつもあるようです。大塚さんの紹介しているのは、「あおり」と「つきだし」でしょうか。

※日本大百科全書(ニッポニカ)の「めんこ」解説です。
  めんこ
江戸時代からある子供の玩具(がんぐ)で、泥、板、鉛、紙、ゴム、ガラス製などがある。面子とも書き、古くは面打ち、面形(めんがた)ともいった。最初泥 製のものが登場した。直径3センチメートル、厚さ3、4ミリメートルほどの面型に、粘土を詰めて焼いた。江戸時代享保(きょうほう)年間(1716〜 1736)まず上方(かみがた)でつくられ、江戸中期以後幕末にかけて流行した。図柄模様に、当時の人気俳優の家紋、火消(ひけし)の纏(まとい)、相 撲、芝居、地口、江戸地名、商売往来、英雄もの、文字、鳥居などがあり、種類は2000種にものぼった。遊び方は、地面に6から16くらいの区画を描き、 一定の位置からめんこを投げ入れ、相手のものに重なれば自分の所得となり、もし線の上にかかれば逆に相手にとられる。この方法を江戸では「きず」といい、 京では「むさし」、大坂では「ろく」などとよび、各地でそれぞれの名で流行した。
 明治時代には、厚さ1ミリメートルほどの鉛の薄い板に、武者絵 や花模様を彩色した鉛めんこが出現した。直径約3センチメートルのものを中心に、大小各種があり、円形のほかに武者絵の刀や槍(やり)の穂先の部分を突出 させたり、力士姿をその体形のままにつくったものなどがあった。江戸時代の泥めんこにかわって1879〜1880年(明治12〜13)ころから現れ、日露 戦争前後を頂点として盛んにもて遊ばれた。遊び方には、トーケン、カッパの2種があり、泥めんこと同じ方法で行われた。またトランプの銀行遊びのような遊 び方もあった。
 さらに明治後期からは、これらにかわってボール紙製の紙めんこが流行し、現在もみられる。円形の丸めんこのほか、しおり形の長 (なが)めんこもある。遊び方は、地面の相手のめんこに自分のものをたたきつけ、横から風をおこして相手のものを裏返しにすれば勝ちとなる。めんこは地方 によって、ビタ(青森)、ブッツケ(北関東)、ベッタン(関西)などと、いろいろによばれる。べいごま、ビー玉とともに賭(か)け事遊びとして、流行期に は小学校で禁止されることもあった。 [斎藤良輔]
市町村史の民俗編の子供の遊びの中に書かれている「めんこ」の部分を、続きの記事で紹介します。
お知らせ
岩殿漫喫クラブと市民の森保全クラブのこれからのイベント情報は、岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブ催事・イベント情報でお知らせ中です。
催事・イベント情報・比企探訪最近の記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ