岩殿F地区

無名沼ロ号の草刈り 9月13日

岩殿F地区の無名沼ロ号の草刈りをしました。今年はC地区の田んぼにイネの作付けをしていません。無名沼イ号からの水は田んぼに入れずにボッシュ林側の沢に流れるようにしているので、市民の森側(北側)の水路をまわりこんだ水が無名沼ロ号にたまることはなくなりました。落葉を集めてターザンロープを沼の上の木の枝に架けて遊ぶイベントを3月4日にしました(いけぶくろ自然クラブの里山きこり体験3月24日の市内小学生・幼児のイベントは中止)が、来年も落葉プールを作れば実施できそうです。
P9130002P9130004

P9130005P9130006

植物調査ルートの草刈り 8月16日

早朝、小雨が降っていたので、児沢でのブルーベリーの摘み取り作業は中止して、20日の植物調査に備えて岩殿F地区・G地区の筆界の草刈りをしました。
P8160008P8160015P8160016

P8160018P8160020P8160022

無名沼ロ号の堤
P8160003P8160025P8160023

夕方4時過ぎから高坂駅東口のあずま町では雨が降り始め、車の後を追うようにして岩殿でも雨になったため、岩殿H地区の草刈りは中止しました。早朝の雨は、鳩山町役場で1㎜、白山中学校では0㎜の雨量でした。夕方から午後8時までの雨量は鳩山町役場で2㎜、白山中学校では1㎜です。

セイタカアワダチソウを草刈り 7月20日

岩殿F地区の上の区画のセイタカアワダチソウの草刈りをしました。このあとまた出てくるセイタカアワダチソウと比較するために中央に一メートル四方刈り残しました。
P7200032P7200033

日ざしがつよいので、刈ったその日の夕方には刈草は茶色にかれています。
P7220019
(2日後の22日撮影)

植物調査ルートの草刈り 7月14日

16日の植物調査に向けて岩殿F地区、G地区の調査ルートの草刈りをしました。
岩殿F地区の岩殿C地区の田んぼに接続する部分はセイタカアワダチソウとカナムグラの群落が2分していますが、ボッシュ林側のカナムグラを全刈りしました。その下の段からは、ボッシュ林側を縦断するルートの草刈りをしたので市民の森の作業道から草刈り現場は見えません。
P7140086P7140090P7140093

P7140095P7140097P7140099

G地区はボッシュ林側からH地区に向かうルートの途中まで草刈りをしました。
P7140101P7140102

無名沼ロ号周辺の草刈り 5月6日

無名沼ロ号の土手の草刈りと岩殿F地区のボッシュ林側の畦の草刈りをしました。
P5060016P5060033P5060035
前回の草刈りから2ヵ月たち、岩殿F地区の市民の森側(岩殿1383)とボッシュ林側(岩殿1382)の筆界を通る農道、地籍のコンクリート杭、田んぼの畦は草におおわれて見えなくなってきました。今年度は土手や畦はいつでも歩けるように定期的に草刈りをしながら、田んぼ一枚毎の現状を観察し、市民の森やボッシュ林からの雨水やしぼり水が入山谷津を通って九十九川となるルートも把握します。毎月の植物調査の成果も合わせて、ため池の土手(堰堤)や水路、農道、田んぼ、畦畔をどのように修復していけば生きものゆたかな里山の景観を回復していくことができるのか、今後の管理の方向性を探っていけたらと考えています。

伐採木の枝条を焼却 5月2日

岩殿F地区の市民の森側に積んであった伐採木の枝条を燃しました。
P5020026P5020027

笹の焼却 4月27日

岩殿F地区・G地区の笹の焼却を新井さんとしました。

岩殿F地区
4月22日にしのこしたボッシュ林側とG地区に積み上げていた笹を焼却しました。
P4270008

岩殿G地区
下の田んぼとの境界に茂っていた5mにもなる笹藪を2月7日に須田さんが刈り終わって、その後、片付けを後回しにしていたので久し振りの作業です。半分弱、燃し終えましたが、この後はぐんぐん伸び始めた草を刈りながら、風の弱い日をまっての作業となりそうです。
P4270006

笹の焼却 4月22日

市民の森と岩殿F地区の境界の法面と岩殿G地区との境界沿いに放置していた笹や伐採枝を午前中は鷲巣さん、午後は新井さんと焼却しました。
P4220025P4220031

P4220029P4220032
F地区のネムノキとG地区のヤナギの間です。お疲れさまでした。

刈り草・笹の焼却 4月17日

岩殿F地区の刈り草の焼却をしました。午前中は3か所、午後は2か所で燃しました。5時頃、雨が大粒になるまで続けたので、G地区寄りの昨年12月に刈った笹もかなり燃すことができました。
P4170038P4170011

オギを片づける 4月15日

3月14日に刈ったカヤ(オギ)を運んで、仮伏しているホダ木に被せました。この間の刈り草の償却とオギの移動で岩殿F地区もすっきりしてきました。
P4150016

4月11日(刈り草をまとめた状態、オギは左端)
P4110043P4090030

今日も吉田さんが田んぼを耕いに来て下さいました。
P4150012

刈り草の焼却 4月14日

岩殿F地区の北側の刈り草を燃やしました。
P4140012P4140013P4140014
曇天で風もなく、2か所で燃すことができました。

刈り草の焼却 4月11日

岩殿F地区の刈り草の焼却を始めました。昼ごろから風が強まるという予報だったので、午前中に早めに作業を切り上げました。
P4110029P4110032P4110040
燃え残りがないようによく燃して、水をかけて消火して、後始末に波板をかぶせました。

作業道下の草刈り 3月27日

3月25日にチェンソーで伐採したコナラは、岩殿F地区(岩殿1783)と作業道下にはみ出している市民の森との境界に倒れています。片づけ作業時に長靴では踏み抜いて穴をあけてしまいそうな笹の棹を地際から刈払機で刈りました。
P3270025P3270020P3270012

岩殿F地区の草刈り 3月15日

岩殿F地区の草刈りをしました。今後は、刈払機は一休みして、刈ったものを集めて片づけることを優先します。
P3150015P3150014

P3150002P3150004

P3150010P3150013

カヤを刈る 3月14日

岩殿F地区の下の区画の中央ボッシュ林寄りに倒れていたカヤ(オギ)を刈り取りました。12月頃、まだ立っているときに刈った方がよかったかもしれません。シイタケのホダ木の仮伏の覆いに使う予定です。
P3140022P3140024

岩殿F地区の草刈り 3月12日

岩殿F地区の二つの地番(岩殿1382、岩殿1383)の境界の法面の草刈りをした後、ボッシュ林側の岩殿1382の最下段の岩殿G地区と接する部分に生えているネムノキの北側(市民の森側)の草刈りを始めました。
P3120005P3120010

岩殿F地区の草刈り 2月28日

岩殿F地区の市民の森側(岩殿1383)の草刈りをしました。刈り草を集めて燃していないので、写真ではわかりずらいのですが、無名沼ロ号の水を使っていた田んぼが①~⑥の6枚あったようです。市民の森側(岩殿1383)はボッシュ林側(岩殿1382)から一段高くなっていて、地番の境界に農道(市道)が通っています。
P2280021P2280006P2280004

岩殿F地区の草刈り 2月27日

無名沼ロ号の堰堤の下の田んぼ跡の枯草の草刈りを始めました。岩殿F地区の市民の森側(岩殿1383)です。
P2270003

無名沼ロ号(岩殿1384)の水を使っていた谷津田が数枚、扇状に配置されています。
P2270010


南向き斜面と北向き斜面 1月26日

入山谷津は東西に入っています。市民の森保全クラブ作業エリア(南向斜面)には雪はありませんが、ボッシュ林(北向き斜面)の雪は解けていません。日当たりの違いです。
P1260103P1260101P1260129


市民の森作業道下の笹刈り 1月13日

昨日始めた、市民の森の作業道とその下の耕作放棄地(岩殿F・G地区)の間の南向き斜面の草刈りが終わりました。
P1130015

P1130005P1130010P1130002

耕作放棄地の笹刈り 12月15日

岩殿F地区とG地区との境界の笹刈りが終わりました。
PC150027PC150036
境界の部分の農道に手が入ったのは10~20年振り(?)かもしれません。

耕作放棄地の笹刈り 12月13日

岩殿F地区とG地区との境界の笹刈り。今日からボッシュ林側を始めました。
PC130030PC130027
境界を農道が通っていたようで、市の境界杭が打ち込まれています。

耕作放棄地の笹刈り 12月11日

岩殿F地区とG地区との境界の笹刈り。今日はF地区にあるネムノキの東側(G地区より)を刈り終えました。
PC110026PC110030PC110033

耕作放棄地の笹刈り 12月8日

今日は岩殿F地区とG地区の境界付近にあるネムノキの東側の笹を刈払いました。
PC080050PC080049PC080040

耕作放棄地の笹刈り 12月4日

岩殿F地区とG地区の境界付近にあるネムノキの西側の笹を刈払いました。
PC040042PC040044


耕作放棄地の笹刈り 12月2日

岩殿入山谷津のF地区とG地区の境界にある笹藪の刈払い作業。今日は作業道から岩殿A地区の下の田んぼにおいてある農業機械にかけてあるシートが見えてきました。
PC020027

PC020004PC020012

PC020015PC020018

耕作放棄地の笹刈り 11月29日

岩殿入山谷津のF地区とG地区の境界にある笹藪の刈払いを森作業道側から始めました。
PB300005
刈払った場所のすき間からG地区のカヤが見えてきました。

F地区の草刈り再開 11月6日

岩殿F地区のボッシュ林側の草刈りをしました。
PB060004PB060002

PB060005
上の段から中段にあるエノキまでセイタカアワダチソウの黄色の花が目立つ場所を主にざっと刈り取りました。

吉田さんが草刈り 9月5日

岩殿C地区とF地区との境界を吉田さんが草刈りをしてくださいました。ありがとうございます。
P9050005P9050003P9060005

ネムノキの花 6月28日

岩殿F地区とG地区との境界にあるネムノキの花が咲いています。
P6280029P6280034

20日の写真では咲いていません。
P6200050
この1週間で咲いたようです。

F地区の草刈り 6月20日

明日は、50㎜程度の降雨が予報されています。今日のC地区の田んぼは砂漠状態でしたが、明日の雨量によっては、代かき~田植えができるようになるのではと期待しています。
F地区の草刈り、ボッシュ林側をG地区の境までざっとしました。15日17日で上から2段目まですませました。
その下のエノキがあるところまで2段あり、上の段、下の段ともに、ミゾソバがまとまって生えていました。下の段はミゾソバを残してカナムグラなどを刈りました。
P6200006P6200015P6200045

その下の段との境にはアズマネザサが生えていて、下の区画にはフジの幼木、オギ、ヤナギ、G地区との境界にネムノキがあリます。ボッシュ林側の水路際にはドクダミ、ヤブミョウガがあり、その間を刈りました。
P6200064

P6200063P6200057

F地区の下のG地区はヤナギの大木がある半ば樹林化している耕作放棄地です。
G地区の東側に枯れたセイタカアワダチソウ群落がある何枚かの耕作放棄された田んぼ、稲作をしている農家の田んぼ、岩殿A地区の畑と田んぼがあります。F地区とG地区の境界を刈れば、入山谷津のボッシュ林側は耕作放棄地を歩いて岩殿C地区まで縦断できるようになります。
P6200068P6200067

F地区の草刈り 6月17日

岩殿F地区の草刈りをしました。15日の下のボッシュ林側の段で、カナムグラとセイタカアワダチソウの群落です。
P6170024P6170016

F地区の草刈り 6月15日(16日更新)

岩殿F地区の草刈りをしました。F地区は地番が2つあり、耕作放棄される前は1つの地番を何枚かの田んぼに区画して耕作していました。
P6150003
今日刈った場所は無名沼ロ号とボッシュ林との間のセイタカアワダチソウが目立っていたところです。C地区の田んぼのすぐ下でかつては1枚の田んぼでした。作業中の写真です。

1日経って刈り草が枯れて、刈払った区画がはっきりわかるようになりました(16日)。
市民の森・無名沼ロ号側から
IMG_2780

ボッシュ林側から
IMG_2788

岩殿F・G地区境界辺の刈払いを始める 3月12日

岩殿C地区の田んぼ下の耕作放棄地をF地区・G地区と仮称しています。今日はF地区とG地区の境目をボッシュ林側から刈り始めました。境目は畦があって段差がありますが、畦跡の一部が破れていて、水路増水時にはG地区に水が流れこんでいるようです。
P3120009P3120010P3120011

コンパネの畦板を入れる 2月22日

岩殿C地区の下の田んぼの東側(F地区との境)にコンパネの畦板を入れました。
IMG_2013IMG_2016

作業前
IMG_2005

岩殿F地区の草刈 2月6日

岩殿C地区の田んぼの下の耕作放棄地(岩殿F地区)の草刈。1月に北側の無名沼ロ号のまわりを須田さんが刈りました。木枯らしで刈草や枯草が乾いてきたので穴を掘って野焼きして草木灰をとろうと思います。
P2060005P2060018P2060020

P2060014

IMG_1624IMG_1619

枯れたツルの除去 12月15日

岩殿F地区の草刈。株元を切ったので木にからまったまま枯れているフジツルを引っ張って落としました。途中で千切れて先端は残ってしまいます。
PC150016PC150015PC150008





F地区の草刈 12月12日

岩殿F地区の草刈。昨日の下の段の草刈をしました。イノコズチの群落があったボッシュ林側(南側)の水路のそばから、市民の森(北側)に向かって刈りました。今日刈った部分はクズの根がはびこっていました。
PC120012PC120008PC120006

F地区の草刈 12月11日

岩殿F地区の上の段のセイタカアワダチソウの群落部分を中心に草刈をしました。
PC110020PC110019

PC110006PC110016

無名沼ロ号の排水問題 8月24日

一昨日、昨日の豪雨で市民の森から水路や無名沼イ号に流れてくる水が増え、田んぼの堰が埋まってしまったこともあり、岩殿C地区の水は大部分が無名沼ロ号に集まることになってしまいました。
P8240064P8240062

無名沼ロ号には余水吐(よすいばき)のような排水施設は全くありません。満水状態になると、行き場を失った水は下の田んぼに入ります。田んぼでは畦のすき間を押し広げながら穴を作り、F地区(耕作放棄地)に落ちています。
P8240041P8240040

P8240053P8240044P8240043

※昨日の記事

台風9号の被害(無名沼ロ号)

無名沼ロ号は満水となり、あふれた水が下の田んぼに流れ始めていました。
P8230066P8230068P8230069

※昨日の朝の無名沼ロ号






無名沼ロ号 8月22日

午前7時30分撮影の無名沼ロ号の写真です。
P8220061P8220062

昨年ユンボで掘り下げたボッシュ林側の水路
には水はなく、市民の森からしみ出してくる湧水は田んぼの縁の水路で堰のあるボッシュ林側に流れています。
P8220058

無名沼ロ号に水が流れるのはボッシュ林側の堰が閉じていれば、無名沼イ号下とボッシュ林側の水路に水が流れだしてからになります。堰は8月2日に田んぼをかわかすために開いて落水し現在もそのままですが、今日の豪雨で無名沼ロ号も満水状態になるでしょうか。

※「無名沼イ号からロ号への水の流れ」(7月16日の記事)



岩殿F地区の草刈り 5月24日

岩殿F地区(耕作放棄地)の草刈りをしました。岩殿C地区の下の小さい田んぼに接している区画はおわりました。
P5240021P5240014

ボッシュ林側の沢には一滴の水も流れていません。
P5240012

裾刈りと田んぼの下の草刈り 5月13日

入山田んぼの会の吉田さんが、C地区の林道下の草刈りと、F地区の草刈りを自発的にしてくださいました。5月5日の無名沼イ号の堤の草刈りに続くも作業です。
P5130023P5130024
耕作放棄地のF地区の草も青々と日々のびてきています。田植えまでにはなんとかしたいものです。

F地区で笹の焼却 4月21日

岩殿F地区の刈払った笹を燃しました。
IMG_0065IMG_0062

耕作放棄地の刈払い終了 4月13日

岩殿F地区の耕作放棄地の刈払いが終わりました。笹の棹の切り下げ、フジツルの除去、焼却など今後の作業もありますが藪はなくなりました。
P4130053P4130058

P4130059P4130041

手をつけていないボッシュ林の水路沿いを除いて、F地区の笹藪は今日で見納めです。
P4130025P4130026P4130031

今日も刈払い 4月11日

昼間の風速5m~9mの風で、平地のサクラの花は大方、散ってしまいました。
今日はF地区の刈払いを刈払機と刈込鋏でしました。葉が緑色の元気のよい3m以上の笹を刈込鋏で切り、笹藪の外にひきずり出して片づけてから刈払機をつかってみました。枯れて黒っぽくなっているのは、靴で踏むとバキバキ折れます。
P4110010

耕作放棄地の刈払い 4月10日

昨年12月に始めた岩殿F地区の耕作放棄地の刈払い。残っているアズマネザサの藪が1枚の写真に収まるようになりました。
P4100016P4100017P4100018
藪になったアズマネザサは、3月25日のブログ記事にあるような方法で刈るのが、その後の運び出し、焼却の手間を減らすことにもなりそうです。

物置工事資材購入、耕作放棄地除草 4月2日

児沢から移設する物置を置く位置を決め、セメント、砂、重量ブロックなど土台にする資材の購入をしました。
倒れると屋根を直撃して物置をこわしてしまいそうなボッシュ林の木は伐採が必要です。
P4020009P4020016

午後は、昨日の続きでアズマネザサの藪を刈払いました。
P4020021P4020013

水路まわりの整備と耕作放棄地の除草 4月1日

児沢の田んぼから物置を移設することになり、設置場所などを検討し、水路まわりを整備しました。
P4010015P4010003

昨日に続いて耕作放棄地で刈ったアズマネザサを焼却し、無名沼ロ号の沼下になる岩殿1383の除草を夕方までしました。
P4010016P4010021

※ブログのカテゴリー、岩殿田んぼ・油屋たんぼを岩殿B地区、岩殿田んぼ・目薬屋田んぼを岩殿C地区など岩殿満喫クラブが関わっている田んぼや畑、耕作放棄地、雑種地、山林の呼称を変更します。


      お知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ