岩殿B地区

岩殿の田んぼ 6月6日

入山沼の水は昨日止められて、今日は流れていません。継続して水が田んぼに入らなくなったので水が抜けたり、高低差があったり田んぼ整備の不備が目立ちます。

岩殿A地区の田んぼ

P6060009P6060008

岩殿B地区の田んぼ

P6060012P6060011P6060010

殿山共同農場田植え・代かき 6月4日

殿山共同農場・スタッフ14名で岩殿A地区の2枚の田んぼの田植え(上:マンゲツモチ、下:コシヒカリ)とB地区の代かき。
P6040003P6040012P6040013

昼食・交流会はC地区で。
P6040035

5枚の田んぼに水が入る 6月3日

入山沼の栓が抜かれて、今朝は5枚の田んぼ総てに水があふれていました。岩殿A地区の2枚の田んぼは明日、殿山共同農場の皆さんが田植えをします。

岩殿A地区下の田んぼ
P6030004

上の田んぼ
P6030005

岩殿B地区下の田んぼ

P6030006

中の田んぼ
P6030009

上の田んぼ
P6030010

田んぼのまわりの草刈り 6月2日

作業を始めてから何日もかかりましたが、本日、岩殿B地区の上の区画とD地区の草刈りが終わりました。セイタカアワダチソウは抜き取るべきでしたが、今回は作業の余裕がなく刈払機で倒しました。

岩殿B地区上の区画
P6020001

岩殿D地区上の区画
P6020002

岩殿D地区中の区画
P6020003

岩殿C地区下の区画A

P6020004

岩殿D地区下の区画B

P6020007

岩殿E地区道上の区画

P6020008

田んぼの代かき 5月31日

片桐さんが友人の平賀さんと岩殿A・B地区の3枚の田んぼを耕しました。

A地区の下の田んぼの代かき
P5310001P5310004

A地区の上の田んぼの代かき
P5310005P5310006P5310020
平賀さんが池の水をバケツで田んぼに掻い出して代かき完了。池側に畦シートを入れました。

B地区の下の田んぼ
P5310010P5310013
そもそも田んぼに水がないので耕耘のみ。

P5310012P5310017P5310023
畦や法面、田んぼと水路の間、B地区の上の区画、D地区の2段目の区画の草刈りもしました。
平賀さん、ありがとうございました。

切り株の切り返し 5月26日

岩殿B地区の西の雑木林の伐採木の切り株の切り返しをしました。
P5260003

岩殿B地区の田んぼに畦シートを入れる 5月18日

片桐さんが、岩殿B地区の田んぼに畦シートを入れ、受水口のまわりの手直しをしました。
P5180015P5180014

畑のまわりの草刈り 5月11日

夕方、岩殿A・B地区の畑と物置のまわりをザーッと草刈りしました。
P5110011P5110012P5110009

田んぼに畦シートを入れる 5月2日

岩殿A地区とB地区の田んぼに畦シートを入れました。

岩殿A地区
P5030010P5030009

岩殿B地区
P5030012P5030013

伐採木がストーブのまきに 4月30日

岩殿B地区の西側の雑木林においてあった伐採木を櫻井さんが自宅のストーブの燃料用に運び出しました。この季節に雨ざらしで放置してしていると虫がはいりこむそうです。

IMG_0175IMG_0176IMG_0177

IMG_0171IMG_0172IMG_0178
残ったものの一部は、須田ゼミのキノコの駒打ちに使います。

水位が上がれば漏水する 4月30日

岩殿A・B地区の池は田んぼ側の土留めに畦板をつかっていますが、水位が高くなると漏水しています。水面に粉粘土を散布して、水底に沈下したものを撹乱して、底土となじませてため池の遮水性を高める工法があるようですが、笠岡粘土(カネサン工業)などつかえないでしょうか。

岩殿A地区の池と田んぼ
IMG_0169

岩殿B地区の池と田んぼ
IMG_0166

池の漏水チェック 4月29日

上の池の水位を上げて、隣の田んぼに漏水しないか調べてみることにしました。
P4290015P4290016

田んぼの耕起 4月12日

入山沼下の5枚の田んぼの荒起しを、片桐さんと澤田さんが耕耘機でしました。お疲れさまです。

岩殿A地区の2枚の田んぼ(西側と東側から撮影)
P4130002P4130003

P4130017P4130016

岩殿B地区の3枚の田んぼ(西側と東側から撮影)
P4130005P4130006P4130008

P4130015P4130014P4130013


レンゲやクサボケ 4月10日

毎年4月になると、レンゲやクサボケの記事をブログにのせています。レンゲは「乾燥良好な肥沃土壌を好む」、「湿害に弱い」、「水はけのよい弱酸性の土壌を好みます」とか書かれていて、秋に播いてもろくに育たない理由を播種時期の遅れや田んぼの湿気のせいにしてなんとなく納得して来ました。

A地区の田んぼや畑は、去年と同じ感じにレンゲが咲いています。
P4100014P4100012

P4100013
畑にニューメロンが播かれていました

B地区の上の区画のレンゲ
P4100003

D地区の上段・中段・下段のレンゲ
P4100004P4100006P4100009

田んぼ側の法面にはクサボケ
P4100010

B、D地区のレンゲは今年の新顔です。播いていません。D地区は耕作放棄された田んぼですが、段ごとの土壌の湿り具合の違いがレンゲの生え具合とかかわっている気がします。
D地区は段ごとに草刈りの回数を変え、刈払機と鎌を併用して野草を刈り残して低茎、中茎、高茎のビオトープ草地・法面やビオトープ低木林に、A地区の畑はビオトープ菜園としてつくっていけたらと思いますがいかがでしょう。

お知らせ
岩殿漫喫クラブと市民の森保全クラブのこれからのイベント情報は、岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブ催事・イベント情報でお知らせ中です。
催事・イベント情報・比企探訪最近の記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ