岩殿B地区

岩殿B地区の上の池の改修 6月2日

岩殿B地区の上の池の東側の排水口にスレート瓦を入れて閉鎖しました。
P6020027

今のところは、岩殿I地区からの溢水を上の池に溜め、急な増水時には西側の明渠から下の作付けをしていない田んぼに順次入れて貯水する計画です。
P6020026

ヒオドシチョウ 5月25日

岩殿A地区に軽トラで下りていく林内の道に落ちていました。ヒオドシチョウ(タテハチョウ科)です。
P5250013P5250012


刈り草と枝条を焼却 5月23日

岩殿B地区の一番上の区画にあった刈り草とD地区の笹や落枝を燃しました。
P5230016P5230013


岩殿B・D地区の草刈り 4月29日

岩殿B地区の上の区画の草刈りをしました。D地区の上の区画に落ちていた落枝や笹を集めて積みました。
P4290002

続いて岩殿D地区の上の区画の草刈りをしました。入山沼堰堤下の岩殿I地区から逸出したキショウブが2ヵ所にまとまって生えています。いずれ根から掘りあげて退治します。
P4290010P4290009

田んぼの草刈り 4月26日

岩殿B地区の休耕している田んぼの草刈りをしました。
P4260020P4260013
下の田んぼはいつのまにかレンゲ畑から黄色のケキツネノボタン園になってしまいました。



元日の岩殿田んぼ 2018年

あけましておめでとうございます!!
岩殿満喫クラブの活動は5年目になります。今年もよろしくお願いします。
P1010007

P1010003IMG_4147IMG_4152


※元日の岩殿田んぼ写真:2014年15年16年17年

昨日の岩殿A・B地区の田んぼ 10月24日

上の耕作放棄地からの雨水と入山沼から流れて来る水路の水で、B地区の下の田んぼは池となり、A地区の池は大増水していました。
PA230046

PA230037PA230040

入山沼からの水路の取水口をふさいでいた土のうは流されていました。
PA230047

入山沼からの水路に架けていた橋の板が1枚流されました。
PA230041PA230043

稲架にかけたイネは3束だけ地面に落ちていました。
PA230044PA230045

B地区の上・中の田んぼの除草終る 10月4日

岩殿B地区の上・中の田んぼの除草をしました。
PA040010PA040016

PA040021PA040022
A地区から一番上のサトイモ畑が見えるようになりました。


B地区下の田んぼの除草 10月3日

岩殿B地区の下の田んぼの除草をしました。今年はB地区の3枚の田んぼは作付けをせずに放置していたので、草がのび放題になっていました。
PA030005

アメリカザリガニ11匹 9月2日

岩殿B地区の池に仕掛けた四手網に今日は、アメリカザリガニが11匹かかっていました。1㎝以下のものもいます。
P9020001

アメリカザリガニ30匹+ 8月30日

昨日、仕掛けた四手網を引き上げたら、アメリカザリガニが30匹以上入っていました。
P8300012P8300011
大きなものはいませんでしたが、数の多さは予想以上でした。
今日は四手網を下の岩殿A地区の池に仕掛けました。

四手網を仕掛ける 8月29日

アメリカザリガニ捕獲のために、岩殿B地区の池に四手網(よつであみ)を仕掛けました。
P8290025P8290030
80㎝×80㎝で、餌は煮干しにしました。


サトイモの除草 8月13日

岩殿B地区の草に埋もれていたサトイモの除草をしました。
P8130051

左の列がセレベス、右の列が石川早生です。
P8130053P8140008
鎌で株元を刈ったあと、刈払機でまわりを除草しました。

一昨年植えたドダレ(土垂れ)もなんとか育っていました。
P8140009

7月7日のサトイモの様子





サトイモの除草 7月7日

岩殿B地区の上の区画に植えているサトイモの除草をしました。
IMG_3114
5月20日に、石川早生、セレベスを植えました
奥の方で一昨年植えたサトイモの子孫が芽を出して育っています。

田んぼも畑も雑草繁茂 7月5日

岩殿A地区の田んぼはコナギが、B地区の一番上の畑はサトイモが草に埋もれてそうです。
P7050109P7050124

岩殿A・B地区 6月21日

岩殿A・B地区の雨が上がった夕方の状態です。
B地区の田んぼには水がたまっていました。雨の度に水口・水尻を手直ししていけば、貯水機能を高められそうです。
IMG_2942IMG_2943

A地区の田んぼの水は、貯水池→上の田んぼ→下の田んぼ→排水路と流れます。池の水は必ず2枚の田んぼを通って排水される仕組みです。田んぼに充分に水がある時は水口を閉鎖し、貯水池から田んぼを通さずに下流に水が流せるように、田んぼの水口部分にあって堰の働きをしている土のう袋の高さを調節し、それが壊れないように補強しておく手直しが必要であることがわかりました。
IMG_2958IMG_2936

A地区の畑の畝間に水がたまっていました。高畝仕立てで、野菜が水没しないようにツルが伸びているところワラを敷いておいたのはよかったようです。
IMG_2954IMG_2955

岩殿A地区の田んぼ 6月13日

昨日から入山沼の水が流されていますが、田んぼへの分水口を閉じたので、耕作放棄地をこえて流れてきた水だけが田んぼに入り、水量が落ちついてきました。
IMG_2749IMG_2757

IMG_2751IMG_2750

IMG_2769

上の3枚の田んぼは水が抜けています。
IMG_2755IMG_2754IMG_2766

田んぼに水をはる 6月12日

今年の岩殿B地区は、一番上はサトイモを植え、下の3枚の田んぼは作付けをしません。沼からの水がどっとおしよせたので、田んぼに水がはれるように急いで水路、水口を手直しして、湛水(たんすい)状態にしました。
P6120019P6120020P6120021
(写真は左から、上、中、下の田んぼ)

サトイモを植える 5月20日

岩殿B地区の上の区画にサトイモ(石川早生、セレベス)を植えました。
P5200065

石川早生(HPフーズリンク『旬の食材百科』より)
   子芋用品種
   里芋の代表格
   「キヌカツギ」の小イモ
   早生種で、九州産に始まり関東へ
P5200066

セレベス(HPフーズリンク『旬の食材百科』より)
   親子兼用品種
   インドネシアのセレベス島から伝えられた里芋
   秋から冬が旬
P5200067

サトイモの植え溝を掘る 5月19日

5月5日に耕うんした岩殿B地区の上の区画にサトイモの植え溝をこまめで掘りました。
P5190017

岩殿B地区の上の区画の耕うん 5月5日

岩殿B地区の上の区画。一昨年(2015年)はサトイモを植えました(2015年5月19日8月5日)。昨年は作付けをせずに放置しました(2016年4月10日5月31日)。今年はサトイモを植える予定です。堆肥作りをしていたコンポスター(2016年6月11日8月5日)をどけて、こまめで耕いました。
P5050038

P5050012P5050029P5050040

管理機で田起し 4月27日

昨日に続いて、管理機で田起しをしました。今年は入山沼下の田んぼはA地区の2枚でウルチを栽培し、B地区は田植えをしません。
IMG_2565IMG_2566
昨日は管理機が故障し、終業時間ギリギリの農機具店に運び込んで修理してもらうなど余分な仕事が増えて大変でした。2日間、片桐さんお疲れさまでした。

田んぼの傍のヤナギを伐採 3月6日

岩殿B地区の下の田んぼのすぐ西側にあり、木障になるヤナギを伐採しました。樹齢は15年くらいです。岩殿B地区の田んぼは、2000年頃に作付けを中止したのでしょうか。
P3060003

P3060002P3060004P3060011
入山沼からの水路の落葉を掻き上げました。よい落ち葉堆肥ができそうです。

コナラの高木から落枝 11月28日

畑で作業している時、岩殿A・B地区に入山沼から下りてくる林で、コナラの高木の直径10㎝位の枯枝がドーンと地面に落ちました。軽トラを入れている場所です。前触れもなくいきなり落ちてくるので要注意です。
PB290008PB290010PB290014





稲架棒を片づける 11月2日

岩殿A・B地区の田んぼに立てたままになっていた稲架棒を田んぼから片づけました。
PB020020PB020021PB020022

PB020023PB020026

クロウリハムシ 10月20日

岩殿B地区のサクラの枝にいましたクロウリハムシ(ハムシ科)です。
PA200015

クロウリハムシと食餌草育て方jp

ヤマトシリアゲ 10月5日

岩殿B地区のコンポストの上にいました。ヤマトシリアゲ(シリアゲムシ科)です。交尾の際にオスがメスに餌を与える例が多いそうです。
PA050024PA050025PA050026

ヤマトシリアゲのオス(♂)
PA050028

ヤマトシリアゲのメス(♀)
PA050029



殿山共同農場の皆さんと稲刈り 10月4日

殿山共同農場の皆さんが岩殿A地区のマンゲツモチとB地区のコシヒカリの稲刈りをしてくれました。今年は水不足でC地区の2枚の田んぼには作付けができませんでした。9月29日の須田ゼミ3年生の1枚と殿山の皆さんの4枚で今年の岩殿地区の稲刈りは終了です。
PA040016PA040018

PA040020PA040024

PA040026PA040033
田んぼに足が埋まり、刈ったイネを運ぶのも一苦労でした。

PA040030
お昼を食べて午後3時までかかりました。
殿山共同農場の6人の皆さんお疲れさまでした。
ありがとうございます。

須田ゼミ3年生の稲刈り 9月29日

須田ゼミ3年生が稲刈りをしました。岩殿B地区の下の田んぼで6月9日に3・4年生でコシヒカリを植えた田んぼです。泥田に足をとられながらも、短時間で完了できました。
P9290004P9290019P9290020

P9290021P9290023P9290024

P9290025P9290026P9290027

P9290028P9290029P9290032

田んぼの水抜き 9月21日

この3日間の雨量は、18日3.0㎜、19日24.5㎜、20日89.0㎜(鳩山)で、水路には水が滔々と流れています。稲刈りに向けて、田んぼの排水口や水路の土のうをはずしました。
P9210058P9210060P9210062
明日はまた雨の予報がでています。

田んぼの畦草刈り 9月12日

昨日の続きで岩殿B地区の田んぼの畦草刈りをしました。
P9120006P9120005

B地区の草刈りを始める

岩殿A地区の草刈りが終わり、B地区を始めました。明日は畦を刈ります。
P9110006P9110011

シロヒトリ 8月31日

岩殿B地区にいたシロヒトリ(ヒトリガ科)です。
P8310047P8310051

※翅に黒点がまばらに散らばるキハラゴマダラヒトリもいます。

豪雨に備えて岩殿田んぼの点検 8月22日

昨日の池の漏水補修の写真です。
P8220016P8220017

岩殿A地区の池は満水で入り口と出口で越水しています。
P8220047P8220020P8220044

17日に開けた入山沼からの水路の水の取り入れ口に土嚢を置き、B地区の下の田んぼの水口はスレート瓦でふさぎました。
P8220023P8220033

岩殿田んぼの水量調整 8月17日

予想外れの降雨量だったので、入山沼からの水路の水の取り入れ口の土嚢をとって開けました。
P8170004

B地区の下の田んぼの水口も開けましたが、A地区の2枚の田んぼは閉じたままにしています。
P8170009

B地区上のコシヒカリが出穂 8月16日

岩殿B地区の上の田んぼのコシヒカリが出穂しました。
P8160025P8160028

台風接近に備え田んぼの水口閉じる・岩殿 8月16日

台風7号の接近による降雨に備えて、岩殿A・B地区の田んぼの水口を閉じ、田んぼに水路の水が入らないようにしました。

 岩殿A地区下の田んぼ
P8160029
水路にあったU字溝を入れて板でフタをしました。

 岩殿A地区上の田んぼ
P8160031

 岩殿B地区下の田んぼ
P8160034

 入山沼からの水路の水取り入れ口
P8160035
B地区の上と中の2枚の水口はふさいでいません。

B地区中のコシヒカリ出穂 8月13日

岩殿B地区の中の田んぼのコシヒカリが出穂していました。
P8130023IMG_0584
6月9日に須田ゼミで上半分下半分は6月18日に殿山共同農場の皆さんが田植えをしました。

B地区下のコシヒカリ出穂 8月13日

岩殿B地区の下の田んぼのコシヒカリが出穂していました。
IMG_0580IMG_0579
6月9日に須田ゼミの3年生が植えました。

殿山共同農場田んぼの草取り体験 8月11日

殿山共同農場の皆さんが、7月14日に続いて、岩殿の田んぼの草取りをしました。
P8110011P8110014

P8110018P8110020
ありがとうございました。

田んぼの穴をふさぐ 8月9日

岩殿B地区の上の田んぼ。水が減っているなと思って調べてみたら穴があいていたのでふさぎました。
P8090061P8090063

コンポストの堆肥づくり 8月7日

8月5日にヌカをまぜたコンポストの堆肥づくり。発酵により温度が上がり42度になっていました。
P8070028P8070033

中段の田んぼの除草おわる 7月28日

岩殿B地区の中段の田んぼの除草がおわりました。
IMG_0383P7280006P7280007
耕作放棄される前は2枚の田んぼだったところを1区画にしました。田んぼの高低を均しきれずに田植えしたので、北側と南側とでは水深が違います。田んぼの北~東側(苗の色がうすいところ)はすぐに耕盤といった感じで田んぼの土が硬く、西~南は長靴がズブズブと埋まるドブッ田です。

ヌマトラノオ 7月21日

岩殿E地区の坂下の上の区画にはヌマトラノオが群生しています。草刈りに当たり数ヶ所、観察用に刈り残しました。
P7210039P7210041P7210042

ルリボシカミキリ 7月20日

岩殿B地区の下の田んぼのイネについていました。
P7200057P7200059
ルリボシカミキリは「関東では2000年ごろから丘陵にも生息地を広げた」(『日本の昆虫1400②』文一総合出版、2013年)そうです。

下の池に漏水 7月20日

岩殿B地区の下の田んぼの水位が下がっているのが気になって調べると田んぼに穴があいてそこからA地区の池に漏水していました。
P7200007P7200013P7200012
池の水を抜いて漏水の出口を調べられないので、土嚢袋に入れてあった粘土を田んぼの穴から詰めて応急処理しました。

岩殿A・B地区の田んぼ 7月15日

田んぼも池も満水状態です。
IMG_0353IMG_0352

IMG_0354IMG_0345

殿山共同農場の皆さんの田んぼの草取り 7月14日

殿山共同農場jの皆さんとスタッフ、7名でが岩殿A地区の下の田んぼとB地区の下の田んぼの草取りと、畦と水路のまわりの除草をしました。お疲れさまでした。
IMG_0268IMG_0272

IMG_0272IMG_0277

殿山共同農場の皆さんの田植え 6月18日

殿山共同農場の皆さんと9名で岩殿B地区の2枚の田んぼの田植えをしました。途中まで植えていた中の段の田んぼと上の段の田んぼにコシヒカリを植えることができホッとしています。C地区の2枚の田んぼを残して、岩殿、児沢の8枚の田んぼの内、今年は半分を殿山の皆さんにしていただきました。ありがとうございます。
P6180010P6180012P6180014

P6180039P6180040P6180048

P6180050

田んぼに土を入れてみる 6月16日

今日も昨日と同じように雨が降っています。岩殿C地区の田んぼの水量は昨日と比べて目だった変化はありません。
B地区の中段の田んぼにC地区の田んぼの土をいれました。田んぼの土を均すのに、高いところの土を低いところに移動させるのではなく、低い所に他所の田んぼの土をいれて埋めていく方式です。
P6160005P6160008P6160010
半分弱土をいれた土囊袋10袋分です。中の田んぼ全体を均すのには田んぼの土が50袋分必要と概算しました。

      お知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ