岩殿A地区

岩殿A・B地区 6月21日

岩殿A・B地区の雨が上がった夕方の状態です。
B地区の田んぼには水がたまっていました。雨の度に水口・水尻を手直ししていけば、貯水機能を高められそうです。
IMG_2942IMG_2943

A地区の田んぼの水は、貯水池→上の田んぼ→下の田んぼ→排水路と流れます。池の水は必ず2枚の田んぼを通って排水される仕組みです。田んぼに充分に水がある時は水口を閉鎖し、貯水池から田んぼを通さずに下流に水が流せるように、田んぼの水口部分にあって堰の働きをしている土のう袋の高さを調節し、それが壊れないように補強しておく手直しが必要であることがわかりました。
IMG_2958IMG_2936

A地区の畑の畝間に水がたまっていました。高畝仕立てで、野菜が水没しないようにツルが伸びているところワラを敷いておいたのはよかったようです。
IMG_2954IMG_2955

ネギを植える 6月18日

岩殿A地区とC地区の畑に、吉田さんからいただいたネギを植えました。
P6180030P6180031

P6190002P6190001

P6190004

岩殿A地区の田んぼ 6月13日

昨日から入山沼の水が流されていますが、田んぼへの分水口を閉じたので、耕作放棄地をこえて流れてきた水だけが田んぼに入り、水量が落ちついてきました。
IMG_2749IMG_2757

IMG_2751IMG_2750

IMG_2769

上の3枚の田んぼは水が抜けています。
IMG_2755IMG_2754IMG_2766

畝間に浸水 6月12日

岩殿A地区の畑は、田んぼの排水路から水が逆流して畝間が湛水状態になっていました。
P6120015P6120016
高畝仕立てなので畑の作物の水没は免れました。

下の田んぼの田植え 6月7日

須田先生の講義を受講している学生が岩殿A地区の下の田んぼで田植えをしました。学生は3人でしたが短時間でコシヒカリを植え終わりました。
IMG_2711IMG_2712IMG_2713

IMG_2716IMG_2717
下の畑の空いているところににサツマイモの苗を植えました。
ジャガイモの花が咲いています。品種で色が違うようです。


モンシロチョウの蛹 6月2日

岩殿A地区のカリフラワーにモンシロチョウの蛹がついていました。ヨトウガの老齢幼虫もいます。
P6020043

『ヨトウムシ類の見分け方と防除』(大阪府病害虫防除所、2001年)
「畑が招くヨトウムシ」小川幸夫の虫の世界から見る農業第10回、『農業ビジネス』HP

苗箱を田んぼに置く 6月1日

上押垂の農家からウルチの苗を運んで、児沢の下の田んぼと岩殿A地区の上の田んぼに置きました。
P6010026P6010027P6010028

代かきと排水口調整 6月1日

岩殿A地区の2枚の田んぼの代かきを管理機でし、排水口に「水番」を入れました。
P6010013P6010014P6010017

P6010016P6010021P6010022
合わせて、田んぼのまわりの草刈りと物置まわりの片付をしました。

岩殿A地区の田んぼ 5月30日

昨日、おそくまで作業した岩殿A地区の上の田んぼです。
P5300013P5300014
排水口で水位をまだ調整できないので、入山沼からの水路の受水口で土のうを動かして入水量を減らしました。

岩殿A地区の田んぼ 5月27日

昨日、田んぼに水口を開いて田んぼに水が入るようにしました(池→上の田んぼ→下の田んぼ)。

下の田んぼ
月曜日まで雨が降らないだろうと予測して、水路を閉鎖して上からの水はすべて田んぼに入るようにし、排水口は畦シートでふさぎました。
P5270013

P5270018P5270016

P5270035
西側の畦付近を除いてジョレンで均したので、田んぼに水を張った状態になっています。

上の田んぼ
下の田んぼに水が張れたので、上の田んぼの水位を上げるために、排水口に5㎝ほど盛り土をして高くしました。
上の池からの水がすべて田んぼに入るように水路は閉鎖しました。
P5270014P5270037P5270038

岩殿A地区の田んぼ 5月26日

入山沼から下りてくる水路の水は田んぼへはまだ取水していませんが、上の耕作放棄地から落ちてくる水がB地区の水路を下ってA地区の池に集まります。田んぼの受水口、排水口の整備ができていませんが、田んぼに水が入るように水口を開きました。
P5260052P5260060P5260057

P5260050P5260049
岩殿の田んぼの水は溜められるときに無駄なく、下に流さずに溜めておくことが肝要です。

岩殿A地区の田んぼの畦塗り 5月24日

岩殿A地区の2枚の田んぼの畦塗りをしました。
P5240019P5240018

P5240016P5240017P5240015

田んぼの畦の除草 5月20日

岩殿A地区の上の田んぼの畦の除草をしました。「土衛門」で漏水防止対策をします。
P5210002

ジャガイモの芽かき 5月18日

須田ゼミの実習で岩殿A地区のジャガイモの芽かきをしました。
P5200037P5200038

コマツナについていたナノクロムシ(カブラハバチの幼虫)を捕殺しました。
P5190031P5190028
青木ノ入の畑のブロッコリー、キャベツのアオムシ(モンシロチョウの幼虫)も見つけ次第、駆除しています。

麦のまわりも草刈り 5月16日

岩殿A地区のコムギとライムギ畑のまわりの草刈りもしました。
P5160030P5160032P5160031

カリフラワーを植える 5月9日

自宅でタネから育てたカリフラワーの苗を岩殿A地区に植え、トンネルをかけました。
P5090001P5090016P5090018

ヌカをまいて落ち葉をかける 5月5日

岩殿A地区の通路の作業。今日は、ヌカをまいて、その上にコナラやクヌギの落ち葉をかけました。
P5050021

P5050006P5050018P5050022

通路を掘り下げて枯草など入れる 5月4日

岩殿A地区で畝間の通路を掘り下げて、畑の隅に摘んであった畑の残渣や刈り草、落ち葉などを埋めました。
P5040012P5040009P5040007



カリフラワーを植え直す 5月3日

トンネルで育てているカリフラワー。ボトニングで株が小さいうちに花蕾をつけてしまったので、新しいモノに植え替えました。
P5030015P5030019
ボトニングは株が小さいうちに寒さにあたることで起きるそうです。

ジャガイモの芽かき 5月2日

岩殿A地区のジャガイモ(男爵薯)の芽かきをしました。
P5020007P5020008

A地区のマルチ片づけ 4月28日

岩殿A地区のカリフラワーを育てていた畝のマルチを片づけました。
P4280016

インゲンが出芽 4月28日

4月17日にまいたインゲンが芽を出していました。
P4280011P4280015

管理機で田起し 4月27日

昨日に続いて、管理機で田起しをしました。今年は入山沼下の田んぼはA地区の2枚でウルチを栽培し、B地区は田植えをしません。
IMG_2565IMG_2566
昨日は管理機が故障し、終業時間ギリギリの農機具店に運び込んで修理してもらうなど余分な仕事が増えて大変でした。2日間、片桐さんお疲れさまでした。

学生の農業実習始まる 4月20・21日

大東文化大学国際関係学部の須田教授の講義「世界の中の日本農業」履修生と、3年生と4年生のゼミ生の今年度の農業実習が始まり、ジャガイモ、エダマメ、各種野菜など春の種まきをしました。
P4220008P4220009

ジャガイモ出芽、インゲンをまく 4月17日

3月19日に植えつけたジャガイモ(男爵薯)が芽を出していました。
P4170028P4170029P4170031

渡部さんがインゲンをまきました。
P4170032

ジャガイモを植える 3月19日

岩殿A地区の畑にジャガイモを植えました。
IMG_2131IMG_2133IMG_2134

ホームセンターで買った男爵薯1㎏の袋には8個入っていました。
ストロンとつながっていた部分がくぼみとなっているお尻側を下にして縦半分に割って10個、丸のまま3個、切り口にマイルドシリカをつけて13個植えました。
IMG_2117IMG_2119IMG_2122

田んぼの傍のヤナギを伐採 3月6日

岩殿B地区の下の田んぼのすぐ西側にあり、木障になるヤナギを伐採しました。樹齢は15年くらいです。岩殿B地区の田んぼは、2000年頃に作付けを中止したのでしょうか。
P3060003

P3060002P3060004P3060011
入山沼からの水路の落葉を掻き上げました。よい落ち葉堆肥ができそうです。

カリフラワー収穫 12月13日

岩殿A地区のカリフラワーも収穫しています。
PC130007PC130009

畑を耕す 12月2日

岩殿A地区の畑をこまめで耕しました。
PC020016PC020017

PC020019
夏の片づけがやっとおわり、春の準備です。

畑をこまめで耕す 11月30日

昨日、きれいにした畑の上半分をミニ耕運機こまめで耕しました。麦をまく予定です。
PB300003PB300002
近ごろは毎週のように週の半ばに天気が崩れて作業が進みません。秩父音頭の一節に「秋蚕(あきご)仕舞うて 麦蒔き終えて 秩父夜祭り 待つばかり」とありますが、週末、12月3日の夜祭りまでに麦をまき終えるのは無理なようです。

畑の残渣を片づける 11月29日

岩殿A地区の畑の残渣、支柱などを片づけました。
PB290003PB290004PB290007

寒さでパパイヤも枯れ始める 11月25日

岩殿A地区のパパイヤも寒さで枯れ始めました。オクラやゴーヤのところまで耕してムギをまく予定です。
PB250021

畑の道沿いにヒガンバナを植えました。
PB250023

霜が降って夏野菜はおしまい 11月16日

霜が降って紅葉の時期となり、畑のゴーヤやエンサイ(空心菜)もおしまいです。
PB160003PB160005PB160006

カリフラワーが実をつけていました。
PB160011

こまめで耕運 11月3日

岩殿A地区の畑のキャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、赤エンドウを植えている畝とサツマイモの間を青木ノ入から移動したこまめで耕いました。
PB030030PB030031

稲架棒を片づける 11月2日

岩殿A・B地区の田んぼに立てたままになっていた稲架棒を田んぼから片づけました。
PB020020PB020021PB020022

PB020023PB020026

赤エンドウをまく 11月1日

岩殿A地区のブロッコリーの隣に赤エンドウがまかれました。赤エンドウはみつ豆に入っている豆です。
PB020019
エンドウには硬莢種(こうきょうしゅ)と軟莢種(なんきょうしゅ)の2種類があります。硬莢種(こうきょうしゅ)はその名のとおり莢(さや)が固く、主として完熟して乾燥した豆を収穫して利用します。花は紅色です。軟莢種(なんきょうしゅ)は莢(さや)が柔らかく、未熟な莢を食べる絹サヤ、未熟な莢と豆を食べるスナップエンドウ、豆だけを食べるグリーンピースなどがあります。花は白いものが多いそうです。

キャベツの苗を植える 10月25日

昨日、吉田さんからいただいたキャベツの苗を植えた岩殿A地区の畑に、サカタのジューシーキャベツ「金春」(きんしゅん)のポット苗を5本植えました。
IMG_0701IMG_0705IMG_0708

カリフラワーを食害するアオムシ 10月20日

カリフラワーについたモンシロチョウの老齢幼虫です。食欲旺盛です。
PA200025

カリフラワーのトンネルをはぐ 10月16日

9月16日に植えた岩殿A地区のカリフラワーは防虫ネットのトンネルの中で葉がギュウギュウになっているので、ネットをとりました。
PA160011

空心菜の花 10月12日

空心菜(蕹菜。ヒリガオ科サツマイモ属)の花が咲いていました。
PA120019PA120017
アサガオのように合弁花で花びらは5枚と数えるようです。

カリフラワーの苗を植える 10月8日

夕方、残っていたカリフラワーの苗をジャガイモの畝に植えました。
PA080041PA080037
ミニ耕運機こまめでアブラナ科の畝との間の畝間を耕してアブラナ科の畝を高くしました。

キャベツ・ハクサイ・ブロッコリー 10月7日

須田さんが、昨日のキャベツ8株に追加して、ハクサイ5株、ブロッコリー5株を植えました。アブラナ科の畝ができました。
PA080035PA080034PA080033


カリフラワー、キャベツを植える 10月5日

朝、カリフラワーの苗18本を追加して植えました。
PA050006PA050041
畝幅を広くしているので、まだいろいろと植えられそうです。

夕方には、須田さんがキャベツを植えました。
PA060005PA060006

殿山共同農場の皆さんと稲刈り 10月4日

殿山共同農場の皆さんが岩殿A地区のマンゲツモチとB地区のコシヒカリの稲刈りをしてくれました。今年は水不足でC地区の2枚の田んぼには作付けができませんでした。9月29日の須田ゼミ3年生の1枚と殿山の皆さんの4枚で今年の岩殿地区の稲刈りは終了です。
PA040016PA040018

PA040020PA040024

PA040026PA040033
田んぼに足が埋まり、刈ったイネを運ぶのも一苦労でした。

PA040030
お昼を食べて午後3時までかかりました。
殿山共同農場の6人の皆さんお疲れさまでした。
ありがとうございます。

カリフラワーのトンネルを高くする 9月30日

カリフワラーのトンネルをはぎました。レタスを含めて6株位にアオムシがついていました。葉が防虫ネットにくっついているので支柱を高くしてネットを張り直しました。
P9300003P9300004P9300019

ジャガイモの苗を植える 9月28日

午前中に畝立てをおえ、午後4時過ぎ、小雨の中秋ジャガイモを植えました。
P9280001P9280039P9280036
種芋から育てたデジマ12本と秋収穫ジャガイモ仕立てのキタアカリのポット苗(カインズで購入)10本を1列に植えました。畝幅を広くとっているので千鳥に植えるのも考えましたが、植えられる野菜があれば一緒に育ててみます。







カボチャのツル片づけ 9月25日

ジャガイモのポット苗を植えるので、カボチャのツルを片づけました。
P9250047

お隣の田んぼでは昨日から稲刈が始まりました。
P9250037
須田ゼミの稲刈りは29日(木曜日)に実施します。

田んぼの水抜き 9月21日

この3日間の雨量は、18日3.0㎜、19日24.5㎜、20日89.0㎜(鳩山)で、水路には水が滔々と流れています。稲刈りに向けて、田んぼの排水口や水路の土のうをはずしました。
P9210058P9210060P9210062
明日はまた雨の予報がでています。

昨日のカリフラワー植え付け作業の確認 9月17日

作業中に日没となり、後片付けもままならぬ終了したので、朝一番に畑に来ました。ネットの上には10匹位とまっているムシがいましたが中に入り込んでいるものはいないようでした。
P9170014P9170011P9170007
昨日は、カリフラワーとレタスの苗を1畝に32株植え、残ったカリフラワーはそのまま置いておけないので、コマツナの後地に3株ずつ2列に仮植えして帰宅しました。今朝、チェックすると支柱のサイズが小さいようなので、夕方、1サイズ大きな支柱に交換し、ネットの裾に土をかけました。

P9170006
尾白さんに籾ガラくん炭をもらいました。畑の土に混ぜて、通気性や排水性の向上に役立てます。



カリフラワーの植え付け 9月16日

カリフラワーを畑に植え付けました。畝の表面を均して、マルチを張ります
P9160006P9160008

マルチに穴を開けて、カリフラワーのポット苗を1列に植え込み、さらにレタスも5つ追加しました。
P9160009-001P9160010

トンネルをかける頃には日没間際となり、作業終了時にはあたりは真っ暗でした。
P9160020P9160023

      お知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ