青木ノ入の畑

タマネギを植えつける 11月6日

青木ノ入の下の畑の5番の区画にマルチを張って、タマネギを植えつけました。
PB060006PB060009

PB060013PB060011



堆肥を入れて耕う 11月3日

青木ノ入の下の5番と7番の区画に堆肥を入れて耕いました。
P5250027P5250026P5250025


下仁田ねぎ・五寸にんじん・白茎みつばをまく

青木ノ入の下の畑の6番に下仁田ねぎ(殿様ねぎ)(トーホクのたね216)、8番に時なし五寸にんじん(アタリヤ農園)、白茎みつば(サカタのタネ 実咲923082)がまかれました。
PB020011PB020013PB020012

絹さやエンドウ・ソラマメを植える 10月28日

青木ノ入の下の畑の5~8番の区画を再度耕い、6番に絹さやエンドウ、8番にソラマメの苗を5本ずつ植えました。
IMG_0784

IMG_0787IMG_0788

IMG_0790IMG_0791

野菜のタネまき(追加) 10月26日

青木ノ入の下の4番の区画に短根種の極早生系三寸人参(アタリヤ農園)サニーレタス(アタリヤ農園)、青菜?(ウタネ)、早生千筋京水菜(アタリヤ農園)、上の畑に四季どり京水な(アタリヤ農園)かき菜(宮内菜)次郎丸ほうれん草(アタリヤ農園)、結球レタスがまかれました。
PA270021PA270023

野菜のタネをまく 10月24日

須田さんが青木ノ入の下の畑に野菜のタネをまきました。
下の畑は8区画(1~8)あります。
IMG_0720

1:青首官重総当大根(サカタのタネ)
2:秋まき種ブロッコリー(アタリヤ農園)富士早生キャベツ(アタリヤ農園)サラダ赤玉葱(アタリヤ農園)甘い強健たまねぎ(アタリヤ農園)
3:パクチー(サカタのタネ)早生種チンゲン菜(アタリヤ農園)まろやかな風味こまつな(アタリヤ農園)
作って便利収穫が楽しい絹さやえんどう(アタリヤ農園)
IMG_0724


下の畑を区画分け 10月11日


青木ノ入の下の畑を管理機・こまめが通れる幅の溝で2分してさらに小区画に分けてみました。8区画あります。
PA110001PA110002

PA110003PA110004

PA120002PA120003PA120004
使い勝手がよくなるのではと期待しています。

青木ノ入の下の畑の耕運 10月10日

青木ノ入の下の畑にこまめをもってきて使おうとしたら、ローター(耕運爪)をとめているRピンが左右ともないことに気づき、ホームセンターで買ってきました。そのせいもあって、今日は畝立てまではできませんでした。残念です。
PA100001PA100003PA100008

青木ノ入の畑の耕運 10月7日

青木ノ入の畑を吉田さんがトラクターで耕運してくれました。
PA070002PA070010

PA070011PA070013
午後からの予定でしたが、朝から始めて11時頃終わりました。

夕方、須田さんが上の畑にレンゲのタネをを1㎏まきました。
PA080031


青木ノ入の畑の草刈り 10月6日

.青木ノ入の畑の草刈りをしました。明日、午前中に刈った草を熊手でどけてきれいにして、午後、入山田んぼの会の吉田さんがトラクターで耕う予定です。
PA060028PA060029PA060033
今日も暑い1日でしたが、風があって気になりませんでした。



畑と休耕地の草刈り終了 9月9日

須田さんが青木ノ入の畑と休耕地の草刈りを完了しました。
P9090030P9100004

P9100003P9100002

アオクサカメムシ 9月7日

青木ノ入の畑のゴマにたくさんついていたアオクサカメムシ(カメムシ科)です。
P9070057P9070056

シモフリスズメが羽化 9月7日

8月21日に青木ノ入で捕まえたシモフリスズメの幼虫。土を入れたバケツに入れておくと、その日のうちに、土の中にもぐりこんでしまいました。幼虫が蛹(さなぎ)になるための準備をはじめる(前蛹)と体色が赤紫っぽい色に変化することは確かめられましたが、その後、脱皮して蛹になる蛹化(ようか))や蛹の観察しませんでした。蛹から蛾になる(羽化)のはもっと先だろうと思って放置していたので、今朝、ガサガサと音がして、バケツを覗くと灰色の羽の蛾になっているのをみた時はおどろきました。樹皮のような地味な翅のスズメガ科のガです。
P9070004P9070008

青木ノ入の休耕地の草刈り 9月6日

夕方、須田さんが.青木ノ入の道の西側の休耕地の草刈りを半分ほどしました。
P9070025P9070026
蜂の巣があるそうです。注意しましょう。

ゴマを収穫 9月6日

雨で倒れ、起こしても大半が立ち上がらなかった青木ノ入の畑のゴマ。少量ですが、もったいないので刈り取って収穫しました。
P9060025

青木ノ入の畑の草刈り 9月6日

8月4日に吉田さんがトラクターで耕った青木ノ入の畑。植え付け前に再度、耕運する予定でしたが、土がまだ湿気っているので、今日は草刈りだけすませました。
P9060020P9060019P9060024

道の両側の草刈りもしました。刈払機で草を刈ると、バッタやコオロギが道の反対側に逃げ出していきました。
P9060021P9060023

P9060027P9060028

ズッキーニを片づける 9月3日

青木ノ入の下の畑のズッキーニ。夏の間、ちょっと目をはなしていると実が腕以上にの太さになっていましたが、実がつかなくなり抜かれていたので片づけました。
P9030031P9030033
植えていた場所は秋・冬作の準備をします。


青木ノ入の畑のスイカ 8月31日

うっかり取り忘れていたスイカ。なにものかに食べられていました。
P8310061P8310063

藤井沢沼の水が畑に入る 8月29日

藤井沢沼からの水が増水し、道路下を通って畑の排水用の溝に入っていました。
P8290023P8290024
青木ノ入の畑は、昨年、須田ゼミが利用を始める前は田んぼで、藤井沢沼の水を用水として使っていました。九十九川に流れ込む水路の途中に田んぼの取水口があったことを忘れていました。

P8290025
水口の土のうを置き直して、畑の周りに掘った溝を点検して掘り直します。

トウモロコシの後にポップコーン 8月25日

昨日起こしたゴマの様子です。葉っぱがしおれて元気がありませんが、また倒れて地面に茎をつけてしまったものもあります。
P8250003P8250004
23日、須田さんがトウモロコシの後にポップコーン(爆裂種とうもろこし)をまいたそうです。

青木ノ入のゴマも起こす 8月24日

.青木ノ入の畑のゴマも起こしました。地面が柔らかいので起こしてもすぐに傾いてしまいますが、倒れた状態から自力で起きようと茎を曲げてたちあがろうとしているゴマもありました。
P8240010
道側のヒマワリは須田さんが刈り取り、実の部分は研究室で干しています。



台風9号の被害(.青木ノ入の畑)

ゴマが倒れました。
P8230024

※一昨日(21日)の様子

ナシケンモン 8月21日

これはナシケンモン(ヤガ科)の幼虫だと思います。青木ノ入の畑にいました。
P8210020P8210016

ナシケンモン(『みんなで作る日本産蛾類図鑑』より)

シモフリスズメ 8月21日

青木ノ入の畑で作業中、土の中にいた褐色型のシモフリスズメ(スズメガ科)の幼虫です。蛹になるので土の中にもぐりこんでいたのでしょうか。
P8210012P8210015

シモフリスズメ(『みんなで作る日本産蛾類図鑑』より)

トウモロコシを刈リ取る 8月21日

青木ノ入の畑のトウモロコシを刈り取りました。
P8210011P8210023P8210024





ジャガイモのポット苗づくり 8月20日

ジャガイモのデジマをポットに植えました。青木ノ入の畑に移植する予定です。
P8200002P8200001

デジマ(「じやがいも品種詳説」 『日本いも類研究会』HP) 
昭和37年(1962)に北海道農業試験場において、大いもで多収の良食味母本系統「北海31号」を母、大粒で春秋とも多収性の「ウンゼン」を父として交配、採種を行ったものを、翌々年春作に長崎県総合農林センター愛野馬鈴薯センターにおいて実生養成を行い、以降選抜を重ねてきたものです。昭和45年(1970)春に西海13号の地方番号を付け、諸特性について試験を行った結果、昭和46年(1971)に「ばれいしょ農林19号」として登録され、江戸時代に外国への窓口であった長崎の出島にちなんで「デジマ」と命名されました。
 それまでの暖地の主力品種「タチバナ」に比べ食味が良く、いもの外観も優れるため市場で好評を得て、暖地の主力品種になりました。……

畑の溝沿いに草刈り 8月15日

.青木ノ入の上と下の畑の周りの溝沿いに草刈りをしました。

 14日の下の畑
IMG_0590IMG_0592IMG_0593

 作業後の下の畑
P8150017P8150012

 作業後の上の畑
P8150011P8150006P8150009

キアゲハの幼虫 8月12日

青木ノ入の畑のニンジン(セリ科)についていました。脅かすと黄色の肉角(にくかく、臭角)を出します。
P8120039P8120043P8120045

ソバの跡地をトラクターで耕す 8月4日

昨日刈ったソバや雑草を集めて、ガーデンスタンドBagに入れ、吉田さんがトラクターで耕運しました。
P8040001P8040004

P8040005
5月1日に三本さんに耕耘機で耕してもらって始めた今季のソバ栽培。収穫せずに終わりました。

セスジスズメ 8月3日

青木ノ入の畑のサトイモについていました。セスジスズメの幼虫です。
P8030009

ソバを刈る 8月3日

.青木ノ入の畑のソバを刈りました。今回も収穫にもっていけませんでした。残念!
P8030008

   刈る前・後
P8030005P8030006
隣の畑で作業していた女性は85才でした。お元気です。

ズッキーニの収穫 8月1日

青木ノ入の畑のズッキーニを収穫しました。巨大になっていました。カレーに入れて調理しました。クセがなく食べやすいので夏野菜の定番になりそうです。カボチャの仲間でつるは伸びないので別名は「つるなしかぼちゃ」です。
P8010001P8010003

JAバンク新潟県信連発行の『Sole!にいがた』Vol.25 2016年夏号は、ズッキーニの特集です。

page-0001page-0002

page-0003page-0004

ジャガイモ、エダマメの収穫 7月14日

須田ゼミ3年生が青木ノ入の畑のジャガイモとエダマメを収穫しました。
IMG_0266IMG_0263

ソバは今回もうまく出来ませんでした。
IMG_0285IMG_0286
実入りが悪いので、刈り取って後作の準備をします。



青木ノ入の草刈り 6月29日

須田さんと、院生の菊池さん、玉木さんで青木ノ入の畑の除草と、農道、耕作放棄地の草刈りをしました。
P6300001P6300003P6300006

道の反対側が耕作放棄された2枚の田んぼです。
P6300004P6300005
お疲れさまでした。





青木ノ入の下の畑 6月15日

須田ゼミの青木ノ入の畑。上の畑はソバ、下の畑は七色はたけで、パクチーやズッキーニほか多くの野菜が育っています。小雨の中を須田さんと菊池さんが作業していました。
P6150054P6150051P6150052

青木ノ入の畑に罠をおく 6月10日

青木ノ入の下の畑に罠を仕掛けました。ズッキーニなどに被害が出ています。
P6100014

ソバがのびてくる 5月18日

青木ノ入の畑のソそばバがのびてきました。
P5180031IMG_0336IMG_0335

下の畑に植えたものも大きくなってきました。
P5180029

須田ゼミ3年・4年実習 5月12日

今年度最初の須田ゼミ実習。青木ノ入の畑にソバなどいろいろまきました。大型丸型容器(100ℓ))に昨日、岩殿A地区で刈った雑草を詰め込みました。ロケットストーブ、簡易かまど、ガスコンロを火力に、昨年収穫したお米と大豆で雑炊を作りました。
P5120007P5120010P5120012





ネットで囲まれた田んぼ 5月1日

青木ノ入のまわりの田んぼは南側の藤井沢沼を水源としています。その途中の田んぼにネットがはってあるのに気がついたので何だろうと見にいきました。
IMG_0237IMG_0236
寒冷紗をかけた苗箱が田んぼにあって、田んぼのまわりがネットで囲まれ、新しいわなが置いてあります。
この田んぼで耕作している方にお話をうかがうと、昨日、苗箱を田んぼにもって来て、今朝、ここに来てみるとアライグマの足あとがあって、苗箱があらされていた。市役所は休みなので、ホームセンターでとりあえずネットとわなを買ってきたという事です。この数年の中に、アライグマだけでなくイノシシやシカもでるようになったそうです。

青木ノ入の畑の除草 5月1日

夕方、須田さんが青木ノ入の道の反対側の畑と下の畑の周りに排水用の溝を掘りました。
P5030001P5030003IMG_0252
畑のまわりにあった刈払機で刈った草も片づきすっきりしました。

青木ノ入の畑の耕運 5月1日

三本さんは昼食後、軽トラに刈払機と耕運機を載せて岩殿に出発。途中、入山田んぼの会の吉田さん宅でプラ箱類をいただき、青木ノ入の上の畑の草刈り、耕運をしました。鶏糞堆肥を5袋入れました。この畑は須田ゼミでソバを育てる予定です。去年は田んぼを止めて畑に転換した最初の年で、何回かソバの収穫に挑戦しましたが、種まきの時季を失して景観植物の栽培でおわってしまいました。今年は収穫できるでしょう。
IMG_0233IMG_0251
IMG_0253IMG_0254
三本さん、暑い一日、お疲れさまでした。ありがとうございます。

須田ゼミ実習準備

明日のゼミでのジャガイモ植えつけの準備に、須田先生と菊池さんが青木ノ入の畑で作業をしました。

P4130061P4130060
(追記)14日午後、3年生のゼミの時間に青木ノ入の畑では野菜の作付け、岩殿A地区では畑の手入れをしました。


青木ノ入の畑周辺 1月25日

青木ノ入の畑のまわりは雪がとけていますが、そこまでの道路は連日の冷え込みで固く凍っています。
DSCN2262DSCN2263

DSCN2264DSCN2265

青木の入の畑を耕う 1月16日

利根川さんに青木ノ入の畑を耕ってもらいました。有り難うございます。
DSCN2076

DSCN2074DSCN2075

ソバの成長 10月18日

青木ノ入の畑のソバ。成長が遅れていましたが、雨が降ったせいか伸びていました。
DSCN0166DSCN0164DSCN0165
季節はずれで実をつけて収穫までいけそうもないので、他の作物に転換する案もありますが……。

ソバの出芽 10月3日

青木ノ入の畑で9月26日にまいたソバが芽をだしていました。
DSCN0003DSCN0004

ソバの種まき・草刈り 9月26日

須田さんが青木ノ入の畑にソバを追加してまき、岩殿の畑に隣接する遊休農地の草刈りもしました。お疲れさまでした。
DSCN9760DSCN9761



ソバの出芽 9月11日

9時頃の青木ノ入の畑です。9月4日に種をまいて、大雨で水浸しになっていたので、豪雨と水没の影響を心配していました。出芽はしていますが育つのかどうか、欠けているところもチラホラ目につきます(再度の種まきが必要か)。地面に水がまだ残っている部分があるので、追加の水抜き対策(畝間の作切り)が必要です。
DSCN9147DSCN9149DSCN9150

大雨後の青木ノ入の畑 9月9日

台風18号の接近による秋雨前線の活発化と東海地方への上陸・縦断による大雨で降水量は3日間で、ときがわ町では275.5㎜、埼玉県南東部の越谷市では観測史上最大の261.0㎜に達しています。東松山市では河川増水のため、市野川と都幾川流域で避難勧告がだされて地区があります。明日も夕方まで降雨の予報が出ていますが、今夕、雨が止んだので、岩殿の田んぼを見てきました。
九十九川の水量を神戸橋から見ると早くも水位が下がり始めていました。
DSCN9072

青木ノ入の畑のまわりの水路は水が溢れていました。
DSCN9073DSCN9075

DSCN9077DSCN9082

ボッシュ林から下りてくる道に沿って流れてきた水は、舗装道路にぶつかるところで藤井沢沼から下ってくる畔道の下を土管で通りますが、その手前で溢れて道の反対側のソバ畑に流れこんでいます。
DSCN9076DSCN9079DSCN9080
雨が止んだら、いつまでも水が畑に残らないように溝を掘って排水しましょう。









畑のまわりの溝掘り 9月7日

小雨です。青木ノ入のソバを植えた畑の溝掘りをしました。畔に沿って畑のまわりに掘った排水用の溝を、4日にソバをまいた時に掘り直しましたが、雨水が流れずにたまっていたので、下の畑に流れ落ちるようにシャベルで掘り下げて再度調整しました。
DSCN9022DSCN9065

DSCN9068DSCN9070

お知らせ
岩殿漫喫クラブと市民の森保全クラブのこれからのイベント情報は、岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブ催事・イベント情報でお知らせ中です。
催事・イベント情報・比企探訪最近の記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ