岩殿田んぼ

脱穀終了 11月3日

イネの脱穀が全て終わりました。9月23日に児沢の下の田んぼ28日に岩殿A地区の田んぼ30日に児沢の上の田んぼ10月10日に岩殿C地区の田んぼのイネ刈りが終わり、その後は天日干しで稲架に架けていましたが、晴れ間が続かないので脱穀は11月になってしまいました。昨年は10月20日に、一昨年は10月28日に、2014年には10月30日に脱穀作業は終わっています。
PB030002PB030009

PB030004PB030005

PB030006PB030007

PB030014
岩殿A地区、C地区のイネは児沢に運んでハーベスタで脱穀しました。A地区は一部、来週の須田ゼミでの足踏み脱穀機用に残してあります。

田んぼの水口を開く 8月8日

昨日、田んぼの水口を締めましたが、台風5号の降雨は鳩山町で累加雨量11㎜、白山中学校でも11㎜と思っていたほどではありませんでした。今日は、児沢の田んぼ、岩殿C地区の田んぼの水口、入山沼からの水路の岩殿A・B地区田んぼへの水の取り入れ口を開けて、田んぼに水が入るようにしました。
P8080006P8080007P8080009

C地区の田んぼ 8月1日

台風3号の降雨に期待して7月4日に補植した岩殿C地区の田んぼ。4日94.5㎜、6日11㎜(鳩山アメダス)の雨が降ったのですが、作業時間がとれずに田んぼに水を溜めることができず、その後の晴天で収穫を諦めて除草もせずに放置してきました。25~26日31.5㎜、29日29.5㎜、30日19.5㎜、8月1日34.5㎜と雨が降ったので除草すれば……という気持ちが頭をもたげてきますが、他のしなければならない作業や仕事と重なってまとまった作業時間が取れません。残念です。
P8010003P8010002

田んぼの除草 6月26日

6月4日児沢(2枚)、7日・8日岩殿A地区(2枚)、23日岩殿C地区(1枚)と、やっと田植えが終わったとホッとしているところですが、先に植えたところでは、田んぼの雑草コナギなどがはびこってきました。除草剤など一切使っていないので、田んぼに入って作業をしなくてはなりません。
IMG_3013

田植えが終る 6月23日

岩殿C地区の上の田んぼの田植えが終わりました。代かきをしないで田植機を使い、コシヒカリを植えました。全面に植えるだけの苗がありませんでした。来週、雨が降れば水が入ります。
P6230011P6230003P6230004

上の田んぼの作付け準備 5月25日

昨年、田植えを断念した岩殿C地区の田んぼ。今年は上の田んぼでウルチを栽培します。午後は雨が止み、堰、水路、入水口、排水口を作り直しました。
P5250014P5250015P5250016

P5250017P5250018P5250020

※昨年までの岩殿C地区の田んぼの記事はカテゴリーの「目薬屋田んぼ」でまとめてみられます。現在、「目薬屋田んぼ」は「岩殿C地区」、「油屋田んぼ」は「岩殿A地区」、「岩殿B地区」としています。

田んぼの排水口改修 5月20日

サンポリの水田用給排水口「水番」を使って児沢の上の田んぼの排水口を改修しました。
P5200011P5200013

トラクターで支援 5月7日

夕方、吉田さんがトラクターで岩殿C地区の田んぼを耕って下さいました。田んぼの中を区切っていた畦跡が気になるから均しておこうと思ってとのことでした。田んぼや作業のことをいつも気にかけてもらい、感謝しています。
P5070026P5070028P5070030

元旦の岩殿田んぼ 2017年

あけましておめでとうございます!!
岩殿満喫クラブの活動は4年目になります。今年もよろしくお願いします。
IMG_0979

P1010061P1010016IMG_0973

※2016年1月1日の写真

※2015年1月1日の写真

※2014年1月1日の写真






岩殿の紅葉 12月5日

岩殿丘陵の紅葉は見頃です。天候が安定せず、先月末の初雪と毎週の降雨で落葉が早まりましたが、晩生の紅葉は充分に楽しめます。
PC050026PC050027

PC050023PC050021
九十九川の起点近くの川沿いの藪がなければ奥まで見通せますね。

トラスト自然塾の観察会 11月4日

トラスト自然塾の皆さん15名が市民の森で観察会を開き、岩殿の田んぼにも立ち寄りました。
PB040001PB040002PB040004

ハーベスタで脱穀 10月20日

吉田さんのハーベスタ(自走式ハーベスタ クボタ RH400 5.8馬力 クローラ式)で、岩殿と児沢の稲架にかけてあったウルチとモチを脱穀しました。吉田さんと渡部さんが応援してくれました。ありがとうございます。
PA200012PA200022PA200030

PA200034PA200036PA200043
今年は岩殿C地区の2枚の田んぼは作付けできなかったので、1日で脱穀作業が終わりました。

道路沿いの草刈り 8月29日

青木ノ入と入山の間の九十九川起点の橋のところは管理が放棄され、誰も草刈りをしていません。道路脇だけでも刈るべきかどうしょうか迷っていましたが地元の人の手できれいにされていました。市民を散策者や入山沼の釣り人に喜ばれることでしょう。ありがとうございます。
P8290035

橋を渡ってA地区の田んぼへ降りていく地点で、吉田さんのトラクターに出くわしました。C地区の水路や田んぼはがこの間の雨で大変になってしまったようです。
P8290038

スジブトハシリグモを運ぶオオモンクロクモバチ 7月18日

スジブトハシリグモを運ぶオオモンクロクモバチ(旧称:オオモンクロベッコウ)です。クモは麻酔されて動けません。岩殿A地区の物置の脇のブルーシートをかけている資材置場にいました。どこに巣があるのでしょう。
P7180017P7180022P7180023

岩殿C地区の田んぼ 7月15日

岩殿C地区では田んぼの水口をふさいでいるので、無名沼ロ号に水が溜まっています。
IMG_0304IMG_0313

IMG_0314IMG_0326

水が涸れてくる 7月12日

岩殿C地区の堰。10日(左)と今日(水)の水のたまり具合です。

P7100054IMG_0128IMG_0126

B地区の入山沼からの水路は水涸れ状態です。
IMG_0134

水位の下がった田んぼではヒビ割れの箇所がみられます。
IMG_0142

まとまった降雨の期待外れる 7月9日

0時頃から雨が振り出しまとまった降雨を期待していたのですが、7時、9時が最も多くて1㎜、お昼過ぎには止んでしまいました(鳩山町の降雨量は5㎜)。9日7時頃と10日の9時頃の水量の比較です。C地区の堰は変化なし。A地区の下の田んぼは5㎜位上昇していました。

岩殿C地区の堰
(左:9日、右:10日)
P7090004P7100054

岩殿A地区の下の田んぼ
(左:9日、右:10日)
P7090016P7100056

C地区の田植え断念 6月30日

この間、曇天と小雨が続いてもまとまった雨が降らず、今後は晴れの日がつづき、堰の水量が減り、田んぼに水を入れられそうもないので、地権者の吉田さんに相談して、岩殿C地区の2枚の田んぼの作付けを今年は断念しました。残念です。
P6300008P6300007




南向き斜面の下草刈り終了 6月10日

市民の森保全クラブ定例作業日。参加者は芦田さん、金子さん、澤田さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineの6名でした。刈払機で林床の笹刈り。昼食後も作業を続けて、奥のコナラの苗を植えた部分と下の林道の草刈が終わりました。今回で南向き斜面は終了し、次回から東向き斜面から入山沼沿いに回り込んで北向き斜面の下刈りを行います。
P6100008P6100012P6100013
林床の木漏れ日から冬季の伐採により樹冠が開けた場所が生まれていることがわかります。

P6100006P6100035

田んぼの水 6月10日

昨夜の降水量は鳩山町で1.5㎜。岩殿C地区の堰には、朝、わずかに水溜まりができていました。
P6100003

夕方、岩殿入山田んぼの会の吉田さんがトラクターで田んぼを見に来て、イネを作付けないことにしているボッシュ林側を耕してくださいました。
P6100031P6100034

水路の堰と田んぼの排水口整備 6月8日

岩殿入山田んぼの会の吉田さんと一緒に岩殿C地区の田んぼで作業しました。
P6080007

岩殿C地区のからからになっている水路の堰を単管パイプ、畦板、土囊袋を使って築き直しました。
P6080009P6080019

畦の高さを調整し、田んぼの排水口も整備しました。
P6080011P6080015

P6080021P6080023

畦シートの溝切り 5月27日

岩殿C地区の2枚の目薬屋田んぼの下側(東側)に畦シートをはるための溝をきりました。
P5270014P5280001

切り株の切り返し 5月26日

岩殿B地区の西の雑木林の伐採木の切り株の切り返しをしました。
P5260003

シマヘビ 5月7日

岩殿B地区の西の雑木林にいました。昨年と同じ個体でしょうか。今年の方が細い感じです。
P5070028P5070030

岩殿C地区で作業 3月30日

岩殿C地区で澤田さんと渡部さんが作業しました。
P3300069

P3300073P3300075

P3310001P3310003

トラクターで田起し 3月26日

岩殿C地区の田んぼと畑地を吉田さんがトラクターで田起ししてくださいました。
P3270032P3270043

池に畦板をはる 3月21日

岩殿A・B地区の2つの池の田んぼ側に畦板をはりました。

 上の池
P3210006P3210019P3210036

 下の池
P3210009P3210016P3210033
昨年はカルガモやサギが来て、エサを探していました。今年はネットをかぶせて鳥が入れない部分も作ってみようかと思っています。

みんなが集まる楽しい場所つくり 3月21日

27日(日曜日)に子どもたちの自然体験活動(木こり体験)を計画しています。こども用のベンチを作り、水路の橋を2枚にしました。
P3210024P3210041P3210027
田んぼのまわりの湿地や水路でセリを摘んでいる人達をみかけるようになりました。あいさつもせずに熱中している人もいらっしゃいますが、せっかくの機会ですから言葉を交わして交流していきたいものです。

P3210020
A地区の上の畑にレンゲが咲いていました。

水路の整備 3月21日

岩殿A・B地区の田んぼは入山沼の水を水源にしています。入山沼とA地区の間も昔は田んぼでしたが、今は耕作放棄地となって、ハンノキやヤナギ類、キショウブが群生している湿地です。耕作放棄地分の水路の上にかかっているアズマネザサをざっと刈払いました。
P3210014P3210022P3210023
田んぼの排水用の塩ビ管や畦シートの残骸など見つけました。耕作を止めてからどのくらい経っているのでしょう。

木障木の伐採 3月18日

岩殿C地区の奥の農地の上に枝を張りだしていたコナラ、クヌギ、シデの3本を伐採しました。
DSCN3614DSCN3615

DSCN3618DSCN3629
アズマネザサの藪も刈払機で刈ってうすくしました。
下の耕作放棄地の藪刈りに目途をつけたいのですが、天気が下り坂で週末はまた雨がふりそうです。

クヌギの製材 3月17日

木障木の伐採で、抜根直径が40㎝~60㎝の大きなクヌギの丸太ができたので、製材してテーブルを作ることにしました。
DSCN3556DSCN3560

DSCN3563DSCN3571
                   長さ230㎝、幅52㎝

DSCN3586
桟木を入れてしばらく積んで置きます。

クヌギ3本伐採 3月16日

今日は田んぼの木障木を伐採しました。午前中は、3月27日に予定している自然体験活動(きこり体験)のプログラムの検討、その後、岩殿C地区に移動し、カマドにお湯をわかし、野本市民活動センターのソバ打ちグループの岩立さんからいただいたソバを食べました。ご馳走さまでした。
DSCN3517DSCN3521

午後は渡部さんの指導で、片桐さんが2本、細川さんが1本、クヌギを伐採しました。3本とも梢は下の田んぼに落ちましたが、上に引きあげ、玉切り、枝落としをしました。渡部さん、片桐さん、細川さん3人がチェンソーを使い、テキパキ仕事が片づきました。
DSCN3534DSCN3536

DSCN3543DSCN3546

DSCN3549
夏の休憩時の日除けにクヌギ1本とシデ2本を残しました。

入山沼下の水路 3月10日

昨日は20㎜ほどの降雨があり、入山沼下の耕作放棄地には水溜まりができていました。
DSCN3419DSCN3418

岩殿B地区の上の池にも水が貯まっています。
DSCN3416

入山沼の漏水で水路の水量も増していました。
DSCN3414DSCN3413DSCN3412

伐採木の幹をチェンソーで製材する 3月9日

3月3日の作業の続きで、渡部さんが伐採したクヌギの幹をチェンソーで半割にしました。
DSCN3372DSCN3375

DSCN3382DSCN3383

水路に伐採木で橋をかける 3月3日

岩殿C地区で、2月17日18日24日25日に伐倒し、枝払い・玉切りした丸太を利用して水路の4ヶ所に橋を架けました。
DSCN3212DSCN3213

DSCN3214DSCN3215

DSCN3216DSCN3217
チェンソーで丸太を半割りしたものを使いました。美事なチェンソーワーク、チームワークです。

水路とボッシュ林との境界部分の笹刈りをしました。
DSCN3227

岩殿A・B地区の田んぼの畦と池の補修

片桐さんが岩殿A地区の田んぼの水路や畦の補修とB地区の上の池の掘り下げをしました。
DSCN3150DSCN3152

DSCN3154DSCN3163

DSCN3165DSCN3167
池の田んぼ側には畦板を貼る計画です。



トラクターが田んぼにはまる 2月28日

11時頃、入山田んぼの会の吉田さんが岩殿A地区の田んぼ耕いに来てくれましたが、下の田んぼにはまってしまいました。これも、チルホールで引きあげました。
DSCN3108DSCN3110DSCN3111


クヌギ2本伐採 2月25日

深夜、雪が降り、岩殿C地区がどんな状態か気にしながら現場にやって来ました。
DSCN3042DSCN3047

午前中は、50㎝級のクヌギを伐採しました。
DSCN3050DSCN3059DSCN3064

午後は、40㎝級のクヌギです。
DSCN3069DSCN3073DSCN3076
今日の作業は滑車、チルホール、クサビ、フェイリングレバーが必需品。50㎝ガイドバーのチェンソーもソーチェンを交換してパワーアップ。

伐採木の整理も手際よくできました。
DSCN3094
帰り際に無名沼ロ号の堤とボッシュ林側の水路沿いの枯木も伐採することができました。

枝条・梢・幹の整理 2月24日

2月17日18日の伐採木の片づけです。枝条・梢・幹の部分を切りそろえて集めました。昨日暖かだった分、寒さが身に染む1日、お昼は細川さんが準備してくれた味噌仕立てのウドンをおいしく食べました。
DSCN3019DSCN3025DSCN3041

DSCN3035DSCN3036DSCN3039

クヌギ2本伐採

昨日の2本に続いて、今日もクヌギ2本を伐採し、枝を切りしました。
DSCN2793DSCN2794DSCN2800

畦畔整備と裾刈り 2月17日

片桐さんが岩殿A・B地区の田んぼ畦畔と水路の整備をすすめていました。
DSCN2736DSCN2735

DSCN2737DSCN2739DSCN2738

田んぼまわりの遊休農地と道路との境界部分の裾刈りも須田さんが奮闘中です。
DSCN2777

クヌギの伐採 2月17日

片桐さん、澤田さん、細川さん、渡部さんが参加して岩殿C地区のクヌギ2本の伐採をしました。

午前の作業
DSCN2748DSCN2749

DSCN2750DSCN2752

午後の作業
DSCN2760DSCN2771

DSCN2772DSCN2775

岩殿C地区と市民の森の境界の裾刈りと耕作放棄地の刈払いでたまったササやイバラ、クズなどを焼却しました。
DSCN2734DSCN2754

水路まわりの改修も進行中です。
DSCN2774

空から見た岩殿田んぼ 2016年2月

P1240687
2016年2月13日 内田泰永さん撮影

A:藤井沢沼
B:青木ノ入の畑
C:九十九川
D:岩殿A地区、E:岩殿B地区
F:入山沼、G:社会福祉法人愛弘会 愛弘園
H:市民の森保全クラブ作業エリア(市民の森)
I:無名沼イ号、J:岩殿C地区、K:無名沼ロ号
L:ボッシュ林(市民の森)
M:清澄ゴルフ倶楽部

※5年前の2011年2月20日撮影の画像はこちら

岩殿A・B地区周辺の草刈り、田んぼの整備 2月10日

大東大学生ボランティアの上原さんと高木さんと澤田さんで、岩殿A・B地区周辺の遊休農地の草刈りをしました。
DSCN2531DSCN2539

DSCN2537DSCN2536

並行して、田んぼの溝掘りや畦の補修を片桐さんがしました。
DSCN2530DSCN2567
注文していた畦板がお店に届いたので、明日、受けとっておきます。

刈払機操作復習、田んぼの溝ほりなど 2月7日

予定していた岩殿C地区の作業が積雪のため実施できないので、岩殿A地区の物置の前で大東大院生ボランティアの玉木さんと4台の刈払機刈刃の交換と始動の復習をしました。
DSCN2522

その後、2月中に計画している畦畔と水路の改修に向けて田んぼの溝掘りをしました。
DSCN2524DSCN2526DSCN2527

岩殿C地区 2月7日

朝9時頃の岩殿C地区です。樹上の雪はじきにとけてしまうと思いますが、風情があります。
DSCN2515DSCN2516

DSCN2517DSCN2519
耕作放棄地の草刈りを予定していましたが、中止しました。こちらははやく溶けてもらいたいです。

岩殿C地区・耕作放棄地 2月5日

岩殿C地区とその下の耕作放棄地で澤田さんと作業をしました。上の畑の休耕地と田んぼの北側は雪がとけていますが、南側のボッシュ林寄りの田んぼや耕作放棄地には雪が残っています。土曜日の夜半、降雪の予報があります。日曜日は晴れそうですが作業ができるかどうか心配です。
DSCN2391DSCN2392DSCN2394

DSCN2396DSCN2397

DSCN2406DSCN2401DSCN2402

伐採木の整理 2月3日

1月31日に続いて伐採木の整理をし、岩殿B地区から西の雑木林への移動がおわりました。
DSCN2353DSCN2356DSCN2360
入山沼からの水路にかけていた作業用の丸木橋も撤去しました。

伐採木の整理 1月31日

27日に続いて今日も、渡部さんに岩殿B地区に水路をまたいで倒れているクヌギの伐採木の整理をしてもらいました。
岩殿B地区の上の池に落ちていたものをチルホールを使って雑木林に引き揚げました。木障木の伐採で田んぼの畔や水路が傷んでしまったので、2月中に岩殿A・B地区の畦畔・水路の補修を実施します。
DSCN2299DSCN2301DSCN2303

DSCN2304DSCN2306DSCN2308

伐採木の整理 1月27日

渡部さんに岩殿B地区に水路をまたいで倒れているクヌギの伐採木の整理をしてもらいました。
チルホール、スリングを使い、雑木林に引き揚げることが出来ました。
DSCN2287DSCN2288DSCN2289

お知らせ
岩殿漫喫クラブと市民の森保全クラブのこれからのイベント情報は、岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブ催事・イベント情報でお知らせ中です。
催事・イベント情報・比企探訪最近の記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ