「河川整備基本方針」とは、長期的な視点に立って河川整備の基本的な方針を水系毎に定めたもので、荒川のような一級水系は国土交通大臣(二級水系は都道府県知事)が定めることになっています。1997年の河川法改正に伴い、今後、荒川を整備・維持管理していくにあたっての長期的な目標となる洪水の流量などの基本的な事項を定めた「荒川水系河川整備基本方針」が2007年3月に策定されました。「荒川水系河川整備基本方針」では、基準地点岩淵(東京都北区)において200年に1回程度起きる洪水を想定し、基本高水を14,800m3/secとしています。しかし、この流量に対して下流では引堤などによる流下能力の増大を図ることが困難なことから、上流にダム群を、中流には調節池群を建設します。これにより7,800m3/secの洪水調節を行い、また河道は堤防を整備するなどして、岩淵地点における計画高水流量を7,000m3/secとしています。
荒川計画高水流量図入間川計画高水流量
荒川水系河川整備基本方針」(国土交通省河川局、2007年3月)目次
1. 河川の総合的な保全と利用に関する基本方針
 (1)流域及び河川の概要
 (2)河川の総合的な保全と利用に関する基本方針
   ア 災害の発生の防止又は軽減
   イ 河川の適正な利用及び流水の正常な機能の維持
   ウ 河川環境の整備と保全

2. 河川の整備の基本となるべき事項
 (1)基本高水並びにその河道及び洪水調節施設への配分に関する事項
 (2)主要な地点における計画高水流量に関する事項
 (3)主要な地点における計画高水位及び計画横断形に係る川幅に関する事項
 (4)主要な地点における流水の正常な機能を維持するため必要な流量に関する事項

(参考図)荒川水系図