門前百姓村→門前町→農業集落(明治~)へ(原田節二氏)

東松山市文化財調査報告第14集東松山市の古建築調査報告
   岩殿観音と門前集落(東松山市教育委員会、1980年度)13~14頁
第5章 門前集落
 総門橋から岩殿観音正法寺の石段下までやや登り気味の参道が一直線に伸びて、いくらか門前の趣きはあるが、かつてここに宿屋が何軒もあって賑わっていた名残りはほとんどない。したがって江戸時代から明治期にかけてのこの門前集落の様子を復元するのはきわめて難しい。
 ところがさいわいなことに、まだ現在ほどには変り果てず、まだあ人々の記憶にも残っていた昭和29年に、当時川越高校に在職されたいた原田節二氏(現在川越西高校長)が、現地調査と文献、古文書調査を実施され、それをA1版1枚の手書きノート「岩殿宿駅の研究」(昭和29年)とそれをまとめたB4版横書き罫紙5枚に手書きされた報告書「比企郡 岩殿調査」として東松山市教育委員会に残されていて、すでに本報告書の第1章でも参照文献として挙げているように、筆者らはこの調査研究のもっとも難しい部分を氏の調査研究の成果によって埋めることができ、その成果の上に建築史的、集落史的な、いくばくかの調査研究を重ねることができた。そればかりでなく、この岩殿集落の歴史的変遷の大筋を理解する上で氏の見解は貴重であった。
 氏によれば「岩殿は、観音様によって発達した門前百姓村であるが」、「門前百姓村より門前町に」、明治以後「そして再び農業集落に転換した」のである。かつて総門橋の内、院内には正存院をはじめとする三院のほか三十六坊があり、総門橋の外に広がる正法寺の寺領を耕作する門前百姓がいて、寺に出入し寺の雑用をした。そして初期には川越屋を門前名主(門前百姓の頭)とする門前百姓8戸(内6戸本家、2戸分家)があったと原田節二氏は書いておられる。僧がおり、修験者が訪れ、参籠することがあっても、寺領の耕作を基礎とする門前百姓の経済生活を変えるまでには至らなかった。岩殿門前集落に、旅人に旅宿を供する木賃宿や、飲食をも供する旅籠ができたのは、やはり坂東三十三所観音霊場巡りが百姓、町人にまで普及した江戸時代のことであろうが、岩殿門前集落は、宿駅として宿屋をなした者が多いという。宿屋を主に、各種の商工業者の店ができて、門前百姓村は、土地の耕作に依存しない集落、つまり門前町に変った。新編武蔵風土記稿には、「……当所は名高き坂東札所の観音の建るを以て、参詣の人常につどひ、村民おのづからまづしからず、此辺古はかの観音領なりしにや、古文書等には古き領主の名は見えず」と富裕なさまが記されている。
 明治以後は事情一変して再び農業集落に逆戻りし、殊第二次大戦後に至ってほとんどの家は建て替り、家の位置も参道沿いから奥の方へ退ってしまったようである。かつての面影はほとんど失われた今、かつての門前町の盛況を知るよすがとなるものは集落の地割と家号とである。門前三院中の一院正存院が所蔵する明治9年の地割図の上に、原田節二氏が丹念に調査して書き留められた各戸の屋号を、苗字名前などを照合しながら書き込んだのが第14図【略】である。これらの屋号が商工業者として店を構えていたことの名残りである。また地割も、土地が道路に沿って、間口の狭い細長い敷地にほぼ等分割されており、これもまたここが商工業者の集落だったことを表わしている。家屋は、新編武蔵風土記稿の「岩殿観音図」(第13図)【略】からもうかがえるように、軒を接して街並をなしていたのではなかった。原田節二氏の調査ノート「岩殿宿駅の研究」には多分聞き込みによってと思うが、明治期の家屋の位置を調査し、図示されており、それによると大部分の家が、ちょうど筆者らが調査した丁字屋や、宇津木氏宅のように、(第14図)大体参道に沿って建ち、平入で参道に戸口を開いている。