ツマグリヒョウモン(タテハチョウ科)の蛹(さなぎ)です。児沢の田んぼにいました。
DSCN9403DSCN9405
幼虫は気温5℃に耐え、3ヵ月ほどの絶食なら生存可能という驚異的な生命力を持っているそうです(森昭彦『イモムシのふしぎ』サイエンス・アイ新書、2014年8月、160頁)。