脱穀・調整 『新編埼玉県史 別編1 民俗1』(埼玉県、1988年)365頁~366頁
 麦の脱穀は、大別すると千歯こきや麦うち台、輪転機で行う作業と、そのあとの作業としてクルリボウ(フリボウともいう)や石製ムギコナシやムギズリ、ムギウチなどで行う作業に分けられる。前者の道具で脱穀しても完全には粒に落ちないので、後者は脱粒を主とした作業である。
 脱穀用具は地域や家によっても異なるが、大麦は千歯こき、小麦は麦打ち台で脱穀するというように、麦の種類によって道具を使い分けている地域、あるいは千歯こきで大麦も小麦もこく地域、また両方とも麦打ち台で行う地域などがある。
 千歯こきには、歯が鉄製のものと篠(しの)竹製のものがある。麦の小束を広げるようにして歯にかけ、強く引くと小気味良い音とともに穂首から落ちる。千歯こきでこく人をコキテといい、主に男性の仕事である。歯につまったごみや穂を取り除く人をコキハズシなどといい、女性や子供の仕事である。コキハズシがいないとコキテがコキハズシも兼ねるので、作業能率は悪い。
 麦打ち台は普通、サナとかムギウチサナと呼んでいるが、ムギウチハシゴ(川口市)、ムギウチダイ(飯能市赤沢、秩父市田村)の名もある。麦束を振り上げ、何度も打ちつけて脱粒するのだが、粒が周囲に飛び散るため、莚(むしろ)などで囲いを作って作業をした。
 千歯こきや麦打ち台による脱穀が主流であったのは大正時代中ごろまでで、その後、足踏み式の輪転機に変化する。しかし、輪転機の導入時期は、他の農具の変遷と同じように一定せず、地域や農家の経営規模により異なる。所有形態も必ずしも一家に一台というわけではなく、共同購入の方法も少なからずあった。また、輪転機を導入せず、昭和30年以降も千歯こきや麦打ち台による脱穀を行っていた家もまれにあった。
 輪転機による作業量は、千歯こきや麦打ち台に比べてはるかに勝るが、ごみが大量に出るため、次のボウウチ(ムギウチ)の作業に多少余分の手間を要すといわれる。
 いずれにしても、これらの脱穀用具で脱穀しても粒になりきっていないので、次に脱粒作業をする。この作業はボウチ、ボウウチ、ムギウチ、ムギコナシなどと呼ばれ、クルリボウ、フリボウと称する道具が古くから用いられてきた。千歯こきや輪転機などでこいた麦を、天気の良い日に庭に広げて干した後、クルリボウで打って脱粒し、ノゲ(ノギ)を落とすのである。二人一組で向き合い、クルリボウで交互に打ちながら一人が後にさがり、一人が前進して行く。このような方法で数組が縦と横に十の字型に並んで打つ。そして一回り打ち終わると足で天地返しをし、再びクルリボウで打つ。同様の作業を三、四回重ねると、麦はほとんど粒になる。
 ボウチ(ムギウチ)の作業は、日中暑いうちに終わらせなければならず、労働は過酷で歌を歌いながら行う。この歌がボウチ唄(ムギウチ唄)である。
 脱粒した麦は押し板や麺板で押し寄せて集め、麦篩(むぎぶるい)に通して大きなごみを取り除く。さらに唐箕(とうみ)を用いて細かいごみを除くが、選別しきれないものは、再度クルリボウで打ってこなす。
 このようにして選別した麦は、天気の良い日に天日乾燥させる。この場合、庭に小石などがないところでは、ドジボシなどといって地面にじかに広げて干すが、小石混じりの庭では莚の上に干す。土用干しなら大麦は一日で上がり、天気が悪いと二日間干す。小麦はたいがい二日間干す。この天日乾燥には、ホシモノボシ、エブリなどと称する道具を用いて粒を薄く広げた。
 干し上がった麦は唐箕にかけて選別し、俵詰めにする。小麦はさらに万石(まんごく)通しか篩にかけて選別する。