静岡県の『小山町史 第9巻 民俗編』(小山町、1993年)92頁~93頁から引用します。静岡県の最北東に位置し、神奈川県・山梨県と接しています。富士山の裾野にあり景観のよい棚田があるそうです。

土質と畦つくりの方法 三月から四月にかけて畦作りがはじまる。これにはいく通りかの方法があったが、いずれもかなりの重労働であった。現在はブロック畦の田が多くなっているが、かつては皆土畦であった。畦は毎年、前年の畦を崩して練り直し、鍬で新しく作り直した。どの田もみな畦をこしらえ、水持ちを良くした。大胡田では畦を鍬で羊羹のように丁寧に塗り上げた。この畦の作り方をネリアゼあるいはヌリアゼという。小山町では畦の作り方にこの他にフミアゼという方法があった。これは後でふれる。畦作りは鍬で塗っていく。これも大胡田ではほど良い加減に水が乾き、おおよそ固りかけたという時に仕上げをしていくが、前述の正倉[まさぐら]あたりでは作るはしから仕上げていかないとすぐ固くなってしまうという。
 畦作りはまず前年の冬にアゼッカームキといって畦土のうわ皮の雑草を削り落としておく。これは畦に付かないように外に出してしまう。春に畦土の中のきれいなところを鍬でこなして柔らかくする。ここまではヌリアゲもフミアゼも同様である。ここまではヌリアゼもフミアゼも同様である。ここからネリアゼの場合は足で踏みつけ畦の形を作ると、そこに水を掛けて鍬でこねながら三回くらい畦をたたいては押し、又水を掛けては叩き、羊羹のように塗り上げた。大胡田の他に菅沼の原向[ハラムキ]でもネリアゼを行っていたというが、同じ菅沼でも坂下はフミアゼを行った。また湯船においてもフミアゼが主だったという。フミアゼは田土を鍬で畦に載せ、練らないで畦の両側面と上を三回ほど足で踏み付けて仕上げた。土に力のある田ではフミアゼでももつ。大胡田の田の場合は、フミアゼを行うと水をかけた際に畦がくずれるという。代かき後畦ぬりを行う。
※大胡田、正倉の土質
……大胡田の田は雨が降ると犂ははとんど引けなかった。ここでは田土に粘りがあり水持ちが良く、雨が上がってもすぐには水が引かなかった。水が引かないうちに犂ですくと、さらに田土が粘りをもつ。一方、一色の正倉あたりの土は砂まじりのため乾きぎみで、雨が上がればすぐ犂をいれて耕起できた。……(同書92頁)