今年は稲架用の棒をいただいたり、借りたりして間に合わせました。
今日は、岩殿・入山田んぼの会の油屋さんと目薬屋さんから借りていた稲架棒をお返ししました。軽トラの荷台から稲架棒がおちないようにロープで「南京縛り」します。途中、入山沼のところは、カーブがキツイので軽トラの前後に張り出している横棒がぶつからないか要注意。道の上から被さってきている枝にかからないように慎重に運転して、九十九川沿いに下りました。
先ず、9月24日に油屋さんの田んぼから運んだ稲架棒。児沢の田んぼと岩殿A・B・C地区で使いました。
DSCN0169DSCN0170

DSCN0200DSCN0202

10月20日のお借りした目薬屋さんの分。岩殿C地区で使いました。横木の竹が長いので、軽トラの荷台に足を立て地面に平行になるようにして運びました。
DSCN0205DSCN0208
油屋さん、目薬屋さん、ありがとうございました。
稲架棒は雨ざらしにすると傷んで使いものにならなくなるので、雨除けがある置き場の確保をめざします。片桐さんが上手に、荷台に稲架棒をロープで固定していましたが、ひもやロープの結び方の勉強会があるといいですね。