雨が上がり、気温も上がって朝方は霧がたちこめ、気持のいい一日でした。TOTO水環境基金の助成とCSR活動として社員・家族と一般参加の家族の皆さんが田んぼ体験、自然体験をする比企自然学校主催「児沢の森 田んぼの学校」の収穫祭が比企自然学校里山センターで行われました。スタッフとして佐飛さん、澤田さん、細川さん、Hikizineと地権者の関口さんが参加しました。
千歯扱きと足踏み脱穀機で乾燥した穂からモミをはずす脱穀をしてみましたが、千歯扱きの扱いに皆さん手こずっていました。ハンドルを回して風をおこしてゴミをとばす唐箕(とうみ)や、モミを玄米ともみ殻にすり分ける籾スリ機も持ってきて、デモしながら脱穀から精米までの順を説明してもよかったなと思いました。昼食は餅つき機で3升のモチをつき、からみ餅や、あん餅などにして食べました。午後はプロジェクターで田んぼの1年間の作業の様子を見て、参加者が感想を語りあいました。
来年度から、田んぼの学校は「岩殿満喫クラブ」の主催で開催します。
DSCN0109DSCN0110