積雪のため、2月12日、19日の定例作業日は、高坂丘陵市民活動センターで「Iwadono Conference 岩殿会議」を実施しました。参加者は、片桐さん、佐飛さん、澤田さん、Hikizineの4名です。岩殿・児沢の田んぼや畑、遊休農地の現状と課題などについて話し合いました。
今日も岩殿での作業は無理なので、児沢家に集合して、畑の作業を行いました。参加者は、片桐さん、佐飛さん、澤田さん、関口さん、Hikizineの5名です。
じゃがいもの植付の時期が近づいているので、五十嵐牧場に牛糞堆肥を注文しました。1時間もしないうちに、2トントラックで運んで来てくれ、上の畑と下の畑に半分ずつ降ろしてもらいました。
DSC08122DSC08121

農協で苦土石灰を10袋購入。集めていたヌカも合わせて畑にすき込みます。
上の畑はまだしけっているので、途中までヌカをまいて今日の作業は終了。
DSC08123DSC08125

お昼は、澤田さんが持参したロケットストーブでお湯を沸かし、羽釜でうどんを作って食べました。
児沢家のクネも澤田さんが刈り込み。お茶の木があります。
DSC08128DSC08138

下の畑全体に堆肥と苦土石灰をふりこんで、児沢探検隊の手押し耕耘機ですきこみました。
石ころまじりの硬い砂質土で、片桐さんもてこずっていました。耕耘機が少し非力です。
畑のそばの梅もほころんでいます。
DSC08129DSC08137DSC08140

児沢の田んぼの水路は田んぼ側に水があふれていました。駐車スペースのU字溝入り口を落ち葉がふさいでいたのです。3面張りにしない工法で水路の改修が必要です。