2016年08月

ワレモコウのナシケンモン 8月22日

岩殿D地区のナシケンモン(ヤガ科)。
P8220037
ワレモコウの葉を食べ尽くしていました。

豪雨に備えて岩殿田んぼの点検 8月22日

昨日の池の漏水補修の写真です。
P8220016P8220017

岩殿A地区の池は満水で入り口と出口で越水しています。
P8220047P8220020P8220044

17日に開けた入山沼からの水路の水の取り入れ口に土嚢を置き、B地区の下の田んぼの水口はスレート瓦でふさぎました。
P8220023P8220033

ヒメナガメのペア 8月22日

岩殿A地区のAviej(アヴィージュ)の畑のコマツナ(アブラナ科)にいるヒメナガメ(カメムシ科)。下の左の写真には2匹づつのペアが3組います。
P8220011P8220013
葉の白斑はヒメナガメが汁を吸ったあとです。

※「ヒメナガメの模様考」(『星野仁のブログ』より)

豪雨に備えて児沢田んぼの点検 8月22日

台風9号の関東上陸による豪雨が予想されているので、午前7時頃、田んぼの水まわりの点検をしました。

田んぼの用水分水口は、上より下のU字溝の径が小さいこともあり越流していました。
P8220009

上の手前の田んぼの水口にスレート瓦をおきました。
P8220005

下の田んぼの水口は板でふさいで、その前に石を置きました。
P8220001P8220002

岩殿A地区の池から漏水 8月21日

岩殿A地区の池の水位が上がって漏水し、ブルーシートや物置の下まで流れていました。とりあえず、排水のための溝を掘り直して昼食を食べに帰宅しました。
P8210034P8210054P8210056

夕方、来てみると漏水はとまっていました。そこで岩殿C地区の物置から90㎝の木杭や厚めのシートを持ってきて、池側の護岸を補強し、さらに護岸から20㎝ほど離して溝を掘り、畦シートを護岸と平行に張り、サンドウィッチ状にはさみ込んで土中に埋めたところで、日が落ちて暗くなり作業を終えました。
P8210065P8210067P8210072

アズキの莢(さや)の成熟 8月21日

岩殿C地区のアズキの莢(さや)が黄色くなってきました。
P8210027P8210030
褐色になったら順次、収穫します。




無名沼イ号の水位 8月21日

台風9号の降雨で水位はどの位あがるでしょうか。
P8210026

8月17日の無名沼イ号の水位

ナシケンモン 8月21日

これはナシケンモン(ヤガ科)の幼虫だと思います。青木ノ入の畑にいました。
P8210020P8210016

ナシケンモン(『みんなで作る日本産蛾類図鑑』より)

シモフリスズメ 8月21日

青木ノ入の畑で作業中、土の中にいた褐色型のシモフリスズメ(スズメガ科)の幼虫です。蛹になるので土の中にもぐりこんでいたのでしょうか。
P8210012P8210015

シモフリスズメ(『みんなで作る日本産蛾類図鑑』より)

トウモロコシを刈リ取る 8月21日

青木ノ入の畑のトウモロコシを刈り取りました。
P8210011P8210023P8210024





共奏ファームの桂さんに元気をもらう 8月21日

児沢の下の畑の隣で自然農に取り組んでいる共奏ファームの桂さんと久し振りに立ち話をして元気をもらいました。往復3時間かけて炎暑の児沢で自然農に取り組む、普通の人にはできません。
P8210008P8210009

先週の日曜日、14日には畑でイベントを開催されたようです(「「新3K」の共奏ファーム訪問(埼玉・東松山)」>中田哲也さんの『新・伏臥漫録~フード・マイレージ資料室から~』)。薪3Kとは、きついけど、気持ちが良く、気づきがあるということです。



田んぼ用水分水口チェック 8月21日

昨日の降雨量は鳩山で19.5㎜でした。今日の児沢田んぼの用水の分水口の様子です。
P8210005P8210006
明日は台風9号の関東・東海上陸が予報されています。児沢の上の2枚の田んぼの水口は閉めています。植物調査(第5回)は31日(水)に延期しました。

ジャガイモのポット苗づくり 8月20日

ジャガイモのデジマをポットに植えました。青木ノ入の畑に移植する予定です。
P8200002P8200001

デジマ(「じやがいも品種詳説」 『日本いも類研究会』HP) 
昭和37年(1962)に北海道農業試験場において、大いもで多収の良食味母本系統「北海31号」を母、大粒で春秋とも多収性の「ウンゼン」を父として交配、採種を行ったものを、翌々年春作に長崎県総合農林センター愛野馬鈴薯センターにおいて実生養成を行い、以降選抜を重ねてきたものです。昭和45年(1970)春に西海13号の地方番号を付け、諸特性について試験を行った結果、昭和46年(1971)に「ばれいしょ農林19号」として登録され、江戸時代に外国への窓口であった長崎の出島にちなんで「デジマ」と命名されました。
 それまでの暖地の主力品種「タチバナ」に比べ食味が良く、いもの外観も優れるため市場で好評を得て、暖地の主力品種になりました。……

カリフラワーのタネをまく 8月19日

カリフラワーのタネをセルトレイにまきました。ウタネ発売の白扇(はくせん)です。
白扇オモテ白扇ウラ

P8190011


カリフラワーの苗購入 8月18日

カリフラワーのセルトレイ苗を買いました。「スノークラウン」です。
P8190013

田んぼ用水分水口チェック 8月18日

今日の児沢田んぼの用水の分水口の様子です。夜半雨が降りましが、用水路の水量は昨日と同じ程度です。
P8180003P8180004

夜中に雨が降りました。鳩山の今日の降雨量は6.5㎜ですが、日中は0㎜です。大気が安定せず、局部的に雨雲が発生し、所沢での降雨量は54.0㎜。日中、数時間にわたって豪雨があったようです。

田んぼの用水の分水口の改修 8月17日

岩殿満喫クラブと児沢探検隊の田んぼの用水は児沢(川)から取水して、道路沿いに流れてくる用水路の水をつかっています。満喫クラブの田んぼ3枚はこの水路の途中でこども動物自然公園のフェンス側にう回する分水路に水口や水尻があります。最近は、分水路に水がチョロチョロ流れていても本水路は干上がっていることが多いので、分水口の改修を昨日からしてみました。一気に完成とはいかないので様子をみながら手直ししていきます。

 昨日の作業終了時
P8160009

 今日の作業開始時
P8170037
U字溝には水は流れていないが、横は漏れている。

 今日の作業終了時
P8170041
U字溝を通って水は分水路に入ることと、分水路の生きもののために分水量が調整できるようにすることが課題です。

児沢田んぼの水口 8月17日

昨日、台風の降雨に備えて水口を閉じた児沢の田んぼ。上の2枚はそのまま、下の田んぼは板をどけて水口を開きました。

 上の手前の田んぼ
P8170033

 上の奥の田んぼ
P8170034
上の2枚の田んぼの水位は水路よりわずかですが高くなっています。

 下の田んぼ
P8170032

岩殿の畑 8月17日

風で揺さぶられてゴーヤの支柱が外れてネットが落ちていました。
P8170020P8170028

篠棒にまきついて立ち上がっていた地這キュウリのツルもはずれて畝の上に落ちていたので、ムギカラを追加して畝にたて・よこに交差して置いてみました。
P8170015

岩殿田んぼの水量調整 8月17日

予想外れの降雨量だったので、入山沼からの水路の水の取り入れ口の土嚢をとって開けました。
P8170004

B地区の下の田んぼの水口も開けましたが、A地区の2枚の田んぼは閉じたままにしています。
P8170009

無名沼イ号には水たまりが復活 8月17日

昨日の12時から24時間の雨量は鳩山17.0㎜、所沢7.0㎜、越谷36.0㎜、寄居7.5㎜と埼玉県内でもバラツキがありますが、台風7号接近で予想していたよりはずっと少ない降雨量でした。
岩殿C地区の無名沼イ号は水たまりができていました。
P8170002



台風前に畑も作業 8月16日

須田さんが台風前の畑の点検と作業をしました。
P8160016

アヴィージュの畑のトマトと地這キュウリ
P8160036P8160037
トマトは晴れた日にわき芽かき。地這キュウリは畝が狭いので支柱にからませて上に伸ばした方がよさそうです。

カリフラワーに苗が盗まれる 8月16日

8月14日に買ったカリフラワーのポット苗が盗まれました。
P8160006
4鉢だけ残りました。どこかで苗を調達できるとよいのですが。

コンポストの堆肥 8月16日

コンポストの草質堆肥づくり。今日は43度でした。
P8160019P8160020
水分調整にヌカを追加してまぜました。

8月13日のコンポスト堆肥

B地区上のコシヒカリが出穂 8月16日

岩殿B地区の上の田んぼのコシヒカリが出穂しました。
P8160025P8160028

台風接近に備え田んぼの水口閉じる・岩殿 8月16日

台風7号の接近による降雨に備えて、岩殿A・B地区の田んぼの水口を閉じ、田んぼに水路の水が入らないようにしました。

 岩殿A地区下の田んぼ
P8160029
水路にあったU字溝を入れて板でフタをしました。

 岩殿A地区上の田んぼ
P8160031

 岩殿B地区下の田んぼ
P8160034

 入山沼からの水路の水取り入れ口
P8160035
B地区の上と中の2枚の水口はふさいでいません。

台風接近に備え田んぼの水口閉じる・児沢 8月16日

台風7号の接近による降雨に備えて、児沢の田んぼの水口を閉じ、田んぼに水路の水が入らないようにしました。

 上の手前の田んぼ
P8160010

 上の奥の田んぼ
P8160011

 下の田んぼ
P8160015
水路にあったU字溝を田んぼの水口に入れ、板を入り口に当ててふさぎました。

クサギの花 8月15日

岩殿C地区の入り口の斜面のクサギ
P8150018P8150023
ピンクのつぼみと白い花です。

無名沼イ号のほとりでも咲いています。
P8150027P8150028

無名沼イ号干上がる 8月15日

岩殿C地区の無名沼イ号が干上がっていました。
P8150025
越辺川と都幾川にはさまれたこの当たりは、雨が少ないと地元の人から聞きましたが、今年は雨が降りません。

畑の溝沿いに草刈り 8月15日

.青木ノ入の上と下の畑の周りの溝沿いに草刈りをしました。

 14日の下の畑
IMG_0590IMG_0592IMG_0593

 作業後の下の畑
P8150017P8150012

 作業後の上の畑
P8150011P8150006P8150009

カリフラワーの苗を買う 8月14日

東松山市内のホームセンターでカリフラワーのポット苗を買いました。
P8140001
岩殿A地区の畑、青木ノ入の畑のどこで育てるのか、畝づくりも必要なのでしばらくポットで育てます。

B地区中のコシヒカリ出穂 8月13日

岩殿B地区の中の田んぼのコシヒカリが出穂していました。
P8130023IMG_0584
6月9日に須田ゼミで上半分下半分は6月18日に殿山共同農場の皆さんが田植えをしました。

B地区下のコシヒカリ出穂 8月13日

岩殿B地区の下の田んぼのコシヒカリが出穂していました。
IMG_0580IMG_0579
6月9日に須田ゼミの3年生が植えました。

サトキマダラヒカゲ 8月13日

コナラの樹液を求めてきたサトキマダラヒカゲ(タテハチョウ科)です。
IMG_0552IMG_0556

コガタスズメバチ 8月13日

市民の森の樹液がでているコナラに集まっていました。コガタスズメバチ(スズメバチ科)でしょうか?
IMG_0538IMG_0537IMG_0546
カブトムシにはかないませんが、樹液を求めて近よってきたチョウは追い払っていました。





シャカシメジ 8月13日

市民の森に続く雑木林に生えていましたシャカシメジ(センボンシメジ)です。
IMG_0572

コンポストの堆肥 8月13日

コンポストの堆肥づくり。今日は40度でした。
P8130007P8130010

8月7日のコンポスト堆肥



キアゲハの幼虫 8月12日

青木ノ入の畑のニンジン(セリ科)についていました。脅かすと黄色の肉角(にくかく、臭角)を出します。
P8120039P8120043P8120045

アズチグモ 8月12日

昼食を食べていた時、ブルーシートの上にいました。アズチグモ(カニグモ科)のメスです。
P8120017
体長はオスの3倍もあるそうです。

Aviej(アヴィージュ)の畑作業 8月12日

今日の作業参加者は堀越さん、芦谷さん、尾白さん、儀間さん、工藤さんの5名です。

畑の看板つくり。防腐剤を塗りました。
P8120028

ゴーヤの支柱を立てました。
P8120022P8130005

環境みらいフェア出展の相談。
P8120034

畑にはバジルなど追加して9種類になりました。
P8130001

帰りに青木ノ入の畑でトウモロコシ、ズッキーニを収穫しました。

北向き斜面の草刈り 8月12日

市民の森保全クラブ定例作業日。作業参加者は芦田さん、金子さん、澤田さん、細川さん、渡部さん、Hikizineの6名。手間がかかりますが林床の植物に注意して刈り残しながら、北向き斜面の草刈りをしました。今日は、細川さんがハチに刺されてしまいましたが、ポイズンリムーバーを使うこともなく大事にいたらずホッとしました。アシナガバチ亜科のハチだったようです。
P8120001P8120002

P8120003P8120004

P8120014

市民の森にもいろいろな種類のハチがいるようです。
P8120007
ボケていますがなにバチでしょう?

今日の作業は午前中で終わりました。次々回、9月9日(金曜日)は、午前中は現場で作業し、午後は場所を移して、環境みらいフェア出展の準備をします。

児沢のモチも出穂 8月11日

児沢の下の田んぼのマンゲツモチ出穂しました。
P8110034P8110036

殿山共同農場田んぼの草取り体験 8月11日

殿山共同農場の皆さんが、7月14日に続いて、岩殿の田んぼの草取りをしました。
P8110011P8110014

P8110018P8110020
ありがとうございました。

岩殿田んぼのモチ出穂 8月11日

岩殿A地区の下の田んぼのマンゲツモチが出穂しました。
P8110006P8110008

入山沼への農道の草刈り 8月11日

新井さんが入山沼への農道の両側と、岩殿E地区の下の部分の草刈りをしてくださいました。
P8110002P8110001

ゴーヤーが倒れる 8月10日

昨日の風でゴーヤーが倒れてしまいました。
P8100072
丈夫な支柱が必要ですね。
児沢のトマトは細川さんが補修しました。

岩殿の田んぼも出穂 8月10日

岩殿A地区の上の田んぼのコシヒカリも出穂していました。
P8100071P8100070

市民の森の枯木を業者が伐採 8月10日

市民の森のあずまや近くのコナラの枯木を市から委託された業者が伐採、搬出しました。
P8100047P8100049

P8100057P8100062
園路近くにあり危ないので伐採を要望していました。

ヨツボシホソバ 8月10日

児沢の下の田んぼにいました。ヨツボシホソバ(ヒトリガ科)のメスです。
P8100023




手前の田んぼも出穂 8月10日

児沢の上の手前の田んぼのコシヒカリも出穂していました。
P8100018P8100019

      お知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ