昨日の青木ノ入の畑 10月23日

田んぼの用水は藤井沢沼から流れて来る水路から引いていたので、水口の詰め物の間から浸水していました。
PA230035PA230029

PA230031



昨日の児沢家北の畑 10月24日

児沢家北側の畑は山からの水が畑のまわりを流れています。畑に越水しないように排水溝を深く掘らなくては……。
PA230021PA230022

昨日の児沢田んぼ 10月24日

鳩山町役場雨量計の累積雨量は10月18日深夜から23日明け方までで272mm、白山中学校では19日から23日明け方までで285mmに達しました。17日のお昼頃までに51mmの累積雨量があり、更に300㎜近く雨が降ったので耕地のあちこちに大きな水たまりができていました。

PA230014
児沢の田んぼの稲架が風で倒れているのではないかと心配しましたが無事でした。雨が続いて脱穀ができず困っています。

東松山市:市野川の水位上昇により避難勧告発令 10月23日2時

東松山市は市野川の水位が氾濫のおそれのある水位に達したため、10月23日午前2時、「避難勧告」を発令しました。
避難勧告の発令 平成29年10月23日02時01分配信 市野川の水位が氾濫のおそれのある水位に達したため、午前2時、「避難勧告」を発令しました。対象は市ノ川の一部、大字松山の一部、松本町2丁目の一部、御茶山町の一部、小松原町、砂田町、新宿町、山崎町、五領町、六軒町、六反町の、市野川の近くや、ハザードマップで浸水するとされている地域にお住まいの方です。これらの地域にお住まいの方は、速やかに避難行動をとってください。避難場所は、東松山特別支援学校、新明小、お近くの市民活動センターです。外が危険な場合には、自宅の2階や近くの建物の高層階など、より安全な場所に避難してください。
※問い合わせ:東松山市役所秘書室危機管理課(0493-21-1405)
東松山市水害ハザードマップ(荒川水系市野川)

天神橋の氾濫危険水位は19.58m。午前2時20.03m、3時20.28m。
※市野川天神橋水位経過(10月22日2時~23日2時) (←埼玉県川の防災情報より)
天神橋(市野川)水位情報

その後も水位は上昇し、午前5時20.44m(最高)、その後水位は下がりはじめ、7時20.13m、8時19.83m、9時19.47m、10時19.17mとなり、9時30分東松山市は避難勧告(市野川水系)を解除しました。天神橋のはん濫注意水位19.25mです。

午後4時頃の天神橋。午後4時17.67m。11時現在16.96mまで水位は下がりました。
PA230004PA230002PA230001

天神橋観測所(市野川)河川カメラ映像(←埼玉県川の防災情報より)
PA230010PA230011

市民の森保全クラブ定例活動日 10月22日

市民の森保全クラブの定例活動日です。台風21号の降雨のため、現場作業は中止。衆議院議員選挙の投票日で高坂丘陵市民活動センターが使えないので、ガストで話合いをしました。参加者は金子さん、澤田さん、細川さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineの6人です。昨日の「環境ボランティア活動を楽しく「安全に」すすめるルールづくりシンポジウム」について報告し、配付資料を回覧しました。多摩グリーン森木会の「グリーンボランティア活動における安全ガイドライン」はコピーし、今後、全員で読み合わせて議論していきたいと思います。10月14日に予定されていた「市民の森・石坂の森」自然学習ウォーキング秋の森からの贈り物は、前日までの降雨でフィールドの状態が悪く中止となりましたが、準備してきたシイタケの駒打ち用のホダ木をどうするのがよいか話合いをしました。市役所と協議し、月末(30日・31日)に作業します。

『原木きのこ栽培虎の巻』(監修:一般財団法人日本きのこ研究所 発行:日本特用林産振興会
 10月15日はきのこの日。日本特用林産振興会が1995年に制定。10月はきのこ類の需要が高まる月で、その真ん中の15日を記念日としたそうです。
page-0004page-0001

page-0002page-0003

10月10日に嵐山町のトラスト3号地でいただいたホダ木。原木シイタケが18日には笠(かさ)の直径が20㎝をこしていました。
PA180020PA180023

環境ボランティア活動を楽しく「安全に」すすめるルールづくりシンポ 10月21日

多摩市立グリーンライブセンターで開かれた「環境ボランティア活動を楽しく「安全に」すすめるルールづくり」シンポジウムに参加しました。主催はNPO法人よこはま里山研究所(NORA)、恵泉女学園大学たま里山研究室(TAMA)、協力は(株)かんぽ生命保険、司会は松村正治さん(NORA理事長)でした。
シンポ安全ルールづくり

開催趣旨
 里山保全や森林づくりなどの環境ボランティア活動は、もともと市民が自発的に始めたものでした。
このため、現場の安全管理については、「ケガと弁当は自分持ち」と言って、個人の自己責任とする傾向がありました。

 しかし近年は、市民団体・NPO等が行政と協定を交わして活動するなど、市民と行政の協働関係は深まっており、環境ボランティア活動の社会的な役割が高まっています。
 事故やケガが発生した場合、ボランティア個人の責任ではすみません。
 想定されるリスクに備えて、組織的に(市民団体も行政も)安全を管理することが求められています。
 特に、チェーンソーや刈払機を使う活動や、グループで作業する場合などには、個人の技術レベルを上げるとともに、組織としてのルールをつくる必要があります。

 安全性を高めるためにはコストが必要です。
 多くの市民団体では、お金を含めたコストを支払う十分な余裕がありません。
 また、がんじがらめのルールをつくると、ボランティアの意欲がそがれることも懸念されます。
 ルールはつくればよいのではなく、つくったルールが関係者によって守られることが大切です。

 それでは、どのようなルールづくりが望ましいのでしょうか。……
PA210004PA210007PA210011
事例報告①赤羽誠さん(多摩グリーンボランティア森木会事務局長)「多摩グリーンボランティア森木会安全な活動への取組み」
 配布資料:『ボランティア活動における安全ガイドライン』
123
456

事例報告②伊藤道男さん(NPO法人ちば里山センター副理事長)「千葉の里山活動の現場から安全を考える」

事例報告③松井一郎さん(NPO法人森づくりフォーラム理事、森づくり安全技術・技能全国推進協議会理事)
 グリーンボランティア保険
page-0006

森づくり安全技術マニュアル
《基本編》《動力機械編》《応用作業編》《指導編》目次・内容紹介

コメントは松本武さん(東京農工大学教員)「フィールドにおける安全管理」でした。

市民の森保全クラブの年度後半はコナラ大径木の伐倒作業が始まります。現場、雨天時の高坂丘陵市民活動センターでの話合いに、本シンポの内容や配付資料を活用していきたいと思います。

一丁28円(外税)の豆腐 10月20日

マミーマート東松山店で買った豆腐です。

我が家のもめん
 とっても美味しい
 木綿豆腐に仕上げました。

一丁28円(外税)の豆腐 →9.3円(100グラムあたり)
品名:木綿豆腐
原材料名:大豆(カナダ、遺伝子組換えでない)
添加物:凝固剤(塩化マグネシウム〈にがり〉)
内容量:300グラム
消費期限:17.10.26
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
製造者:株式会社三和豆水庵
 茨城県古河市尾崎2647-1
お客様ダイヤル:℡0120ー59ー…
受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日・年始年末を除く)
使用上の注意:開封後はお早めにお召し上がり下さい。
プラ:容器 フィルム

栄養成分表示(100g)当たり
 エネルギー 80kcal
 たんぱく質 9.1g
 脂質 3.6g
 炭水化物 2.9g
 食塩相当量0g

グリーン・ツーリズム実践研修会 10月19日

埼玉県主催で参加費無料。参加者募集中!。埼玉県内でグリーン・ツーリズム(自然・農業体験、食体験、農の暮らし・文化体験などをして農山村で余暇を楽しむこと)の体験プログラムを提供してみたい方を対象に、来訪客を受け入れる上で必要な知識習得を目的とした研修会が開催されます。

<研修の3つのポイント>
その1:埼玉県ならではの立地と特性(里地・里山・里川)を活かした“ちょ田舎・里ツーリズム”(自然・農業体験、食体験、農の暮らし・文化体験)の推進。
その2:受講者が企画書を書けるようになること。
その3:県内の実践事例から学ぶ。

○開催日時:いずれも13時~17時
第1回:10月27日(金曜日)グリーンツーリズムの意義と動向を学ぶ
第2回:11月9日(木曜日)プログラムの企画イメージを描く
第3回:11月30日(木曜日)企画イメージを企画書としてまとめる

○開催場所:埼玉トヨペット(株)3階会議室(さいたま市中央区上落合2丁目2-1 、JR埼京線北与野駅南口より徒歩1分)

○対象者:埼玉県内で新たにグリーン・ツーリズム体験プログラムを提供したい農業者等(既に実施していて、体験プログラムを発展させたい方も含みます)

○申込方法:「申込書」に必要事項を御記入の上、埼玉県グリーン・ツーリズム推進協議会事務局あてにFAXまたはメールで御送付下さい。
 埼玉県グリーン・ツーリズム推進協議会事務局
 FAX:0493-22-4460
 メール:arakawa@matsuyama-syobou.com

GT研修会(表)GT研修会(裏)
チラシ「グリーン・ツーリズム実践研修会 ご案内」(PDF:1,263KB)
研修会参加申込書(PDF:560KB)

レンゲをまく 10月18日

青木ノ入のかぼちゃ畑と上の遊休農地にレンゲをまきました。
PA180018PA180019



ワラを切る 10月18日

児沢探検隊の押切器を借りて、ワラを切りました。敷きわらに使います。
PA180011PA180015PA180017
お知らせ
岩殿漫喫クラブと市民の森保全クラブのこれからのイベント情報は、岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブ催事・イベント情報でお知らせ中です。
催事・イベント情報・比企探訪最近の記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ