岩殿満喫クラブ 岩殿 Day by Day

市民の森保全クラブ       Think Globally, Act Locally

一丁391円(内税)の豆腐 8月30日

肉の駅ららん藤岡店で買った豆腐です。肉の駅は群馬県食肉卸売市場の直営店で、道の駅ららん藤岡にあります。

伊香保段々豆腐
伊香保の名産
 ◆天然にがり使用
 ◆地場産大豆使用
もめん
大豆まるごと手造り豆腐
 大豆まるごと豆腐振興協会推奨品

一丁391円の豆腐 →97.75(100グラムあたり)
名称:豆腐
原材料名:大豆
     凝固剤(粗製海水塩化マグネシウム(にがり))
原産地:日本(群馬)
内容量:400グラム
消費期限:19.08.31
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
使用上の注意:生ものにつき早めにお召し上がり下さい。
製造者:山本作右衛門商店 山本修
 群馬県渋川市伊香保町伊香保557-25
 ℡ 0279(72)23…
プラ  フィルム:PP PET
   容器:PS PP

栄養成分表示(100gあたり)
熱量:62kcal
たんぱく質5.2g
脂質3.0g
炭水化物 5.2g
食塩相当0.1g

※大豆まるごと豆腐振興協会について ネットで検索してみましたが団体のHPはないようです。
とうふ処みうら(北海道寿都郡[すっつぐん]黒松内町[くろまつないちょう])の「大豆まるごと豆腐 雪ぼうず」のパッケージには「大豆まるごと豆腐振興協会推奨品」が印刷されていました。

※「十割豆腐」と「大豆まるごと豆腐」
山梨県中央市で買った「十割豆腐」も粉末にした大豆で豆乳をつくる豆腐で、おからはでません。
「十割豆腐」(1.大豆をまるごと微粉砕、パウダーにします。2.パウダーを、温水と撹拌。豆乳を製造します。3.できた十割豆乳を、固めて、大豆をまるごと使った十割豆腐ができあがり!)と「大豆まるごと豆腐」(大豆粉→加水・攪乱→加熱→豆乳→凝固→さらし→包装→急速冷却→大豆まるごと豆腐)の製法はパウダーにした大豆で豆乳を作る点で同一です。

 深刻なおからの問題
  産業廃棄物となるおから
 開発までの道のり
  これまでにない豆腐づくりに挑戦
 ノウハウを結集した微粉砕技術
  気流式粉砕機
 パイオニアとしてさまざまな賞を受賞
  新しい価値を生む製品としての確かな証
 画期的な製法を確立
  省資源・環境保全・省力簡易作業を実現
  従来製法との比較
 大豆まるごと
 大豆まるごと豆腐とは
  大豆まるごと豆腐 開発物語
  大豆まるごとのパイオニア
 大豆の機能性
  女性の若さを保つ働き
  シェイプアップ・筋肉づくり
  血液をサラサラにする働き
  老化防止
 おからの問題
  従来製法との比較
 大豆まるごと豆腐製造工程
  省資源・環境保全・省力簡易作業を実現した画期的な製法です。
 大豆パウダーのデリバリー
 システムのご案内
  21世紀の新しい食品加工技術
  豆腐づくりをサポートする豊富なオプション
  項目別比較表
 システム概要
 大豆まるごと豆腐・豆乳の展望
 導入実績
  導入実績マップ(2006年9月現在)
 大豆まるごと豆腐の健康有効性調査
  調査実施機関
  調査協力機関
  対象商品
  目的
  方法
  結果・考査
 十割豆腐の独自製法の秘密とは?
 製法について
  画像説明
 <製品表示>
名称:丸大豆豆腐
原材料名:大豆(国産)・豆腐用凝固剤
保存方法:要冷蔵(5℃以下)
製造者:株式会社アグリマインド

 <成分表>(製品100g中)
エネルギー:69kcal
タンパク質:5.6g
脂質:3.7g
糖質:2.2g
食物繊維:2.1g
ナトリウム:23.7mg
カルシウム:47.5g
リン脂質(ステアロ・オレオ・レシチンとして):216mg
大豆サポニン:63mg
大豆イソフラボン:32mg
 財団法人日本食品分析センター調べ


あつまれ!くらかけっこ!スタッフとして参加 8月29日

くらかけ清流の郷・鞍掛山で開かれた「あつまれ!くらかけっこ!」(東松山市主催)にスタッフとして参加し、鞍掛山散策路・展望広場でのプログラムを渡部さんと担当しました。

開会式(森田市長挨拶)、鞍掛山散策後、鞍掛堰~鞍掛冠水橋でガサガサで生きもの探し、川遊び
P8290020P8290030P8290038

前々日に仕掛けたモンドリ網・仕掛け網を回収し、水槽で川の生きもの観察
P8290001P8290003P8290007

都幾川右岸にある神戸用水の取水口(標高35m)、都幾川右岸の親水護岸から山頂(標高83m)の鞍掛山展望広場に至るコースは、トレイル(自然観察路)として優れていることを再認識しました。
鞍掛展望広場からの展望図(環境保全課作成)
P8290023
貼りあわせるのが大変。作成ありがとうございます。
展望広場からは、蛇行している都幾川にかかる橋や、河岸段丘崖下の低地の施設(学校橋、月田橋、上唐子のホタルの里、鞍掛堰、鞍掛冠水橋、浄空院、丸木美術館)、松山台地上の建物(国立女性教育会館、菅谷中学校、明星食品嵐山工場、滑川総合高校、ケーヨーデイツーつきのわ駅前店、嵐山病院、東松山工業団地の工場や物流倉庫)、さらに比企丘陵上にある花見台工業団地、二ノ宮山(標高131.8m)展望塔、滑川町配水場などを見ることができます。秋~冬になると群馬県や栃木県の高山がどの程度見えるようになるのか、楽しみにしています。

満喫クラブ・保全クラブ活動エリア案内 8月28日

大東大学生サークルPlus+の小野代表と広報担当清水さんを案内して、岩殿満喫クラブ入山谷津エリアと市民の森保全クラブの雪見峠エリアをまわりました。その後、ガストで昼食を食べながら9月以降の活動スケジュールとボランティア参加の要請、SNSを通じた情報の発信・拡散の支援、イベントチラシ作成の依頼などしました。どういう展開になるか楽しみです。
P8280012P8280015P8280016

田んぼの畦刈り 8月27日

片桐さんが、岩殿A・B地区の草刈りをしました。今日は刈払機にナイロンコード(ナイロンカッター)をつけて刈り具合を試してみました。
P8270042P8270045P8270047

埼玉県東松山市の地質 8月27日

原田吉樹・荒井豊『埼玉県東松山市の地質』(東松山市発行、19年7月改訂版)、化石と自然の体験館で購入しました(A5版、84頁、800円)。
P8250036

地質
1.埼玉県東松山市の地質
 1.1概要
 1.2東松山市の地質図
 1.3東松山市大字神戸鞍掛山の地質図
2.東松山市の基盤岩類
 2.1吉見変成岩類
 2.2柏崎の頁岩
 2.3基盤岩類から供給された神戸層の礫
3.東松山市の新生代 新第三紀の地層と化石
 3.1新生代新第三紀の地層(海成層)の対比
 3.2 1回目の海の時代(約1600~1500万年前)
  3.2.1荒川層
  3.2.2市ノ川層
  3.2.3野田層
  3.2.4福田層
 3.3隆起して陸化した時代(約1500万年前)
 3.4 2回目の海の時代(約1500~1100万年前)
  3.4.1神戸層
  3.4.2根岸層
  3.4.3将軍沢層
  3.4.4葛袋の岩石、鉱物
  3.4.5葛袋の化石
 3.5陸の時代(約1000~300万年前)
 3.6東松山市の新第三紀までの深度
4.東松山市の新第三紀末~第四紀の地層と化石
 4.1河川の時代(約300~100万年前)
 4.2やや冷涼な次代(約73~13万年前)
 4.3台地形成の次代(約13~1万年前)

湧泉
5.東松山市の湧泉
 5.1新第三系と段丘礫層の境界から湧出するパターン
 5.2中位段丘の段丘崖から湧出するパターン
 5.3武蔵野段丘の段丘崖から湧出するパターン
 5.4武蔵野面の窪みや谷から湧出するパターン
 5.5立川段丘の段丘崖から湧出するパターン

地層・岩石の利用
6.東松山市の地層や岩石の利用

参考文献
協力者・協力団体
執筆者略歴

鞍掛山散策路下見 8月26日

29日のイベントに向けて再度、鞍掛山散策路の下見をしました。
P8260008P8260005

P8260032

ハグロトンボの雌(♀、カワトンボ科)
P8260022


一丁120円(内税)の豆腐 8月25日

肉の駅ららん藤岡店で買った豆腐です。肉の駅は群馬県食肉卸売市場の直営店で、道の駅ららん藤岡内にあります。

林豆富店
手造りとうふ

一丁120円の豆腐 →30.0円(100グラムあたり)
品名:もめんとうふ
原材料名:丸大豆
     凝固剤(硫酸カルシウム・塩化マグネシウム含有物(にがり))
     消泡剤
内容量:400グラム
消費期限:19.08.26
保存方法:要冷蔵(5℃以下)
製造事業者:林豆富店
 群馬県藤岡市白石2243の2
 製造責任者:林栄子
 ℡ 0274(23)44…
プラ
遺伝子組み換え大豆は使用しておりません。

林床の草刈り 8月25日

市民の森保全クラブ定例活動日。参加者は芦田さん、新井さん、片桐さん、金子さん、澤田さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineの8名でした。渡部さんの指導で「刈払機使用及び作業の注意点」について学習、その後、新エリア尾根の園路付近の下草刈りを刈払機、鎌を使ってしました。
P8250028P8250032

P8250034P8250035

休憩時に鷲巣さんの右手の甲にとまっていたサトキマダラヒカゲ(タテハチョウ科)
P8250020P8250026
人の汗が好き?

ラビットアイ系ブルーベリー鈴なり 8月24日

ラビットアイ系ブルーベリーのビッグバルドウィン、ノビリス、ティフブルー共に鈴なりです。
P8240007P8240011P8250005
8月下旬になって、農産物直売所いなほてらすへの出荷者、パック数共に減ってきました。上旬の3分の1位で、24日、25日完売です。

埼玉県立自然の博物館展示解説書 8月23日

長瀞町にある埼玉県立自然の博物館の展示解説書2冊です。

埼玉の自然誌~埼玉の自然を知る・学ぶ~(埼玉県立自然の博物館発行、2019年3月)
P8250041

ごあいさつ
もくじ
埼玉県の自然を一望してみよう

第1章 博物館と秩父の自然
 1 日本地質学発祥の地と博物館
 2 長瀞の自然
 3 ジオパーク秩父
 4 埼玉県立自然の博物館

第2章 地質
 日本列島の中の埼玉
 埼玉県の歴史
 1 大洋の時代 石灰岩・チャート・緑色岩の形成
   古生代石炭紀~中生代三畳紀(3億年~2億100万年前)
  大洋の時代の岩石と化石
  武甲山の地質と石灰岩採掘
   コラム:放散虫革命
 2 大陸の時代 付加体の形成
    中世ジュラ紀~新生代古第三紀(2億100万年から2500万年前)
  秩父帯・四万十帯
  三波川帯
   コラム:国会議事堂に使用されている埼玉県石材
  領家帯と跡倉ナップ
  山中層群
 3 古秩父湾の時代 日本列島の原型形成
    新生代新第三紀(約2500万年~約1000万年前)
  秩父盆地の地層と化石
  古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群
  丘陵の地層と化石
 4 列島の時代 現地形の形成
    新生代新第三紀中新世(約1000万年前)~第四紀(現在)
  秩父トーナル岩と秩父鉱山
  ゾウが来た道
  ヒトの時代へ
   コラム:平野の地形
    日本一広い関東平野
    気候変動と河岸段丘
    関東造盆地運動 沈降する埼玉北部
    秩父盆地の川成段丘
   コラム:埼玉県産の鉱物

第3章 生物
 埼玉県の生物相
 気候と植生帯
 埼玉県のシンボル
 1 低地
  冬鳥のたたずむ池や沼
   コラム:河川敷の生きもの
   コラム:外来生物
 2 台地・丘陵
  冬枯れの雑木林
   コラム:人の暮らしと生きもの
  緑の濃い夏のアカマツ林
 3 山地
  彩られる秋のブナ林と渓流
   コラム:ニホンジカの増加による影響
   コラム:水滴散布
  石灰岩に刻まれた自然の造形
 4 亜高山
  シャクナゲ咲く初夏の原生林
   コラム:林床をかざる 美しいコケの世界
  様々な生きものの暮らす原生林
   コラム:針葉樹林の更新
   コラム:森をささえる 菌類の役割
  岩場に生きる
   コラム:不思議な生きもの 地衣類

参考文献
施設案内
利用案内

知って!埼玉 ~化石でたどる2000万年~(埼玉県立自然の博物館発行、2019年7月)
P8250042

ごあいさつ
プロローグ 埼玉県のトリセツ
 日本そして埼玉県の誕生
 埼玉県の基本データ
 日本の、そして埼玉の生物はどこからやってきたのか
 化石からたどる生物相の成り立ち

第1章 古秩父湾の時代 ~秩父の海の誕生から消滅~
 秩父の海の盛衰と化石
 比企丘陵の化石 ~他地域に見られる古秩父湾の時代の化石~
 荒川河床の化石 ~寄居・深谷~
 荒川から大発見 73本の巨大ザメの歯
 古秩父湾の時代の海の王者 史上最大の魚類メガロドンとは
 埼玉にサイがいた!? ~埼玉の海の時代の終焉~
 サイがいた森 楊井層の植物化石

第2章 ゾウの時代 ~大陸との接続と分断
 大陸からの分析 ~仏子層の化石と古環境~
 日本を代表するアケボノゾウ化石産地
 大陸との接続

第3章 巨獣の時代 ~古東京湾の時代~
 関東平野を広く覆う海 ~古東京湾の時代~
 ナウマンゾウが連れてきた!? 日本の生物たち

第4章 人類がやってきた ~変わりゆく生物相~
 奥東京湾の時代 ~人類の時代のはじまり~
 本州最古の縄文人前身骨格 妙音寺洞窟埋葬人骨
 現代型生物相の形成と崩壊
 消えゆく生物と露頭

資料篇展示資料一覧

研究ノート
 埼玉県産パレオパラドキシアから分かること
 菅沼標本からわかること
 日本のサイ化石 カワモトサイの重用性
 小型化したゾウの謎に挑む
 根小屋産出哺乳類化石群
 ツキノワグマはいつからツキノワグマか?

      お知らせ
    記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ