畑のタネを買う

細川さんと飯能市小瀨戸にある野口種苗研究所に出かけ、タネを買って来ました。

つるなしモロッコ(つるなしインゲン)
長うずら(つるなしインゲン)
金時ささげ
つるあり大福菜豆
沖縄島オクラ
なつサラダ(若穫り細葉エンサイ)
ツルムラサキ(中国やさい)
岡ひじき(ヘルシー野菜)
陸稲農林1号(もちおかぼ)
はと麦

須田さんからいただいたモチキビともども、児沢と岩殿で育ててみます。



岩殿C地区の作業 6月3日

澤田さん、細川さんで刈り払ったアズマネザサを集め、田んぼで燃やしました。
ダイズの畝や法面の除草をしました。まだ一部です。
適期の除草が、手間を減らし、除草剤の使用を抑えます。
DSC00362

入山沼落水開始 6月3日

入山沼の水がやって来ました。田んぼ一帯、これでもかというほど水があふれています。
DSC00352DSC00356DSC00357

岩殿B地区の水路のまわりの除草をしました。
刈払機の不調を塚本さんに直してもらい、作業を続けることが出来、助かりました。
DSC00358

入山沼側の上段の耕作放棄地には水路から水が入りこんで、水びたし状況になり、法面の下の方、数ヶ所から水が湧き出し、明渠に流れこんでいます。

片桐さんが田んぼの畦シートを張り直しました。
DSC00360DSC00361

ブルーシートの下においていた稲架け用の棒やイス代わりの長板を移動させ、畑の敷き藁用に稲わらを運び、ゴミを片づけました。

今日は耕地の各所で田植えが行われ、笑顔のあいさつが交わされていました。
米作りは水を通じて地域とつながっています。
DSC00339

岩殿B地区田んぼの畦均し

6月2日、岩殿B地区の田んぼです。
水位が下がって畦際の土の様子がよくわかります。
DSC00310DSC00311DSC00312

こちらも水路から水が入るようにして、田んぼの水口の前にたまっている水を減らす細工をしました。DSC00319

その後、夕方迄、畦のデコボコを均しました。畦と畦シートの間にすき間ができたので、シートの敷き直しが必要になってしまいました。削った土は山になっています。畑にして何か植えると良いかも知れません。
DSC00323DSC00324DSC00325

岩殿A地区上の田んぼ

昨日より更に水位が下がっているので、水路から水をいれるようにしました。
水路の水が少ないのでどれだけ入るかわかりませんが……。
DSC00309DSC00308DSC00313

岩殿C地区 6月2日

6月2日の岩殿C地区です。
堰は水位が下がって漏水はおさまっているようです。
DSC00302

畑はサトイモ、アオダイズ、クロマメも雑草とともに成長しています。
DSC00305DSC00306DSC00307

田中さんが田んぼで偶蹄目の足跡を見つけたそうです。イノシシ、シカが来ているのかも知れません。

田んぼの水管理

児沢の上の奥の田んぼと下の田んぼに水を入れました。
稲の活着にあわせた、きめ細かなく水管理を目指します。
DSC00314DSC00315DSC00316


サツマイモにも敷き藁

児沢の上の畑で、トマトの支柱立て、ジャガイモの土寄せをし、サツマイモに敷き藁をしました。
DSC00286

ウサギ発見

児沢のトウモクレンの木の下にウサギがいました。
DSC00284

今日も田んぼの学校支援

児沢田んぼで池袋自然クラブの田植えを支援しました。
スタッフとして片桐さん、関口さん、細川さん、三本さん、Hikizineの5名が参加しました。
上の手前の田んぼで苗箱2箱を使いました。
DSC00283
子どもたちは児沢や田んぼの水路で生きものを見つけて大喜びでした。農閑期になったら、子ども動物自然公園側のアズマネザサが繁っている場所もきれいにして、木陰の休憩場所を作っておきます。
お知らせ
岩殿漫喫クラブと市民の森保全クラブのこれからのイベント情報は、岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブ催事・イベント情報でお知らせ中です。
催事・イベント情報・比企探訪最近の記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ