岩殿C地区の畑

沼下の畑にたまった水が、北側の水路(溝)に落ちる様にしました。
DSC00631DSC00632

田んぼにしてもよさそうです。
DSC00626

大豆畑の様子です。
DSC00593DSC00592DSC00594

無名沼イ号の水位 6月9日

堤のどこから水が漏れているのか、堤の内側を蹴って、水を濁らせてみました。
DSC00596DSC00597

(午後4時半頃)水位は少し下がっています。
DSC00625DSC00624

岩殿の畑の排水

大雨の時、東の隣の遊休農地から畦を越えて入ってくる水を下の畑に落とす排水路を掘りました。
DSC00613DSC00615DSC00616

モチ苗、岩殿に到着

嵐山町古里の大塚基氏さんが育ててくれたモチの苗8箱を受取り、岩殿まで運んで着ました。
車窓から、神戸、唐子、越畑、古里、吉田、中尾、羽尾、野本の各地の田んぼを見て来ましたが、各地それぞれに違いがあるような気がしました。田植えの時期が異なるだけではない、何かがあるかも……。
DSC00605DSC00609

児沢の畑 6月9日

雨の間に雑草が目だってきました。
サツマイモも元気に育ち、下の畑のゴマも伸び始めました。
DSC00581DSC00587

DSC00585DSC00582






児沢探検隊の田植えイベントは6月14日に延期

連日の雨で、児沢探検隊の田植えイベントは14日(土曜日)に延期されました。
田んぼに苗がおいてありました。三本さんモミからの育苗、大変でしたね。
DSC00571DSC00578DSC00577

ライ麦も穂をつけています。
DSC00572DSC00573

児沢田んぼ 6月8日

田んぼの水量の調整はうまくできているようです。
DSC00566DSC00567

DSC00568DSC00569

DSC00580

岩殿C地区の水田転換畑

水がたまった湛水(たんすい)状態で、ダイズの湿害が恐いです。
DSC00553DSC00554DSC00555

DSC00558DSC00560


無名沼イ号 6月8日

満水状態です。貯水がきちっとできればと思います。
でも、水漏れしないで満水になると、今度は堰堤の上を越流、最悪、堰堤が壊れる、破堤……くわばら、くわばら。
DSC00556DSC00551DSC00550

岩殿C地区下の田んぼ

水口をU字溝のフタで閉めて、水路の水を無名沼ロ号へ水を流しました。
下の田んぼも北側(進入路側)が高いことがわかります。
DSC00535DSC00536DSC00537

DSC00564




お知らせ
岩殿漫喫クラブと市民の森保全クラブのこれからのイベント情報は、岩殿満喫クラブ・市民の森保全クラブ催事・イベント情報でお知らせ中です。
催事・イベント情報・比企探訪最近の記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ