タナガリ・ベタガリ 滑川町水房

浅野明さんの『稲干しのすがた』(文芸社 2005年12月)にあるバラ干しの平干し(=ベタガリ)と棚干し(タナガリ)の話で、滑川町の水房(みずふさ)(嵐山町に接する市野川左岸の地区)の稲刈りの仕方です。

バラ干
 平干
……ベタガリと呼ぶのは埼玉県滑川町水房である。この地ではタナガリと呼び、四うね分の刈った稲を束ねず、となりの二うねの稲の上にのせて干すという棚干しが行われている。上にのせた四うね分の稲が乾き、取り入れたあとに残った二うねの稲、これを刈っても棚にする稲がないため束ねず田に寝かせて干した。これをベタガリと呼んだのである。ベタガリの稲は乾いたところで束ね脱穀した。……バラの平干しは古くから行われていたようで、正安元年(一二九九)に、奧州江刺郡にある祖父河野通信の墓前へ上人が詣でた所の場に、墓のかたわらの田の中、稲を伏せて干してあるのがみられ、乾田の所では古くからみられたようである。(18頁~22頁)
一遍上人絵伝聖塚
 一遍上人絵伝聖塚の図
 【岩手県北上市稲瀬町水越にあります】
……
 棚干し
 ヤチ田・ドブッ田などと呼ばれ、足が深くもぐるような田ではむずかしいが、少し水はけのわるい田などではタナガリなどと呼ぶ棚干しが行われていた。埼玉県滑川町水房ではタナガリと呼ぶものは五【ママ】うねの稲を刈ると、となりの二うねの稲を少し寝かせ、この上に刈った五【ママ】うねの稲を束ねずにのせる。こうして五うね刈っては二うねの上にのせられた稲は七日ほど置かれ、乾いたところで小束十把分を一まるけにしておき千歯で扱(こ)いだ。五【ママ】うねの台となった二うねの稲は刈っても台とする稲がないため、ベタガリと呼び、束ねず田に寝かせて干した。長野県浅科村上原ではタナガリと呼ぶのは、四うねを少し寝かせ、この上に五うねの稲を束ねずにのせる干し方。これをオオダナとも呼んでいたという。二うねを寝かせ、これに五うねの稲をのせて干すのをコダナと呼んでいたが、コダナは雨にあうとつぶれてしまうためオオダナが多く行われていたという。オオダナは少しぐらい雨が強く降ってもつぶれることはなかった。
 タナガリの行われていた頃の稲はアイコクであった、と浅科村ではいっている。アイコクは丈が短く棹が太く丈夫であったといわれる。そのようなことがタナガリという干し方を行わせることになったと思われる。アイコクは味はわるいが寒さに強く、粒が大きく収量の多い品種で、ドブッ田に合う稲であったことから、昭和初期まで各地で栽培されていた。浅科村でもアイコクでタナガリが行われていたのは、昭和八年頃までであったといわれている。滑川町では品種について聞くことはできなかったが、タナガリを行っていたのは昭和の初め頃までであったといわれ、水房でもアイコクによってタナガリが行われていたのであろう。(23頁~25頁)……

4うね分か5うね分か統一されていませんが、それを棚干し(タナガリ)して、2うねの稲の上にのせて干す。それが乾燥すると、千歯扱きで脱穀するために、結束して取り去られる。その後、台になっていた2うね分の稲を平干し(ベタガリ)して、田んぼの地面に寝かせて干す。棹が太くで丈夫であったアイコク(愛国)という品種の稲であったから、上にのせられた棚干しの稲の重さに耐えられたということです。

浅野明『稲干しのすがた』(文芸社 2005年12月)目次

浅野明さんの『稲干しのすがた』(文芸社 2005年12月、250頁)の目次です。
文芸社の電子書籍サイト ブーンゲイト BoonGateで35頁分の立ち読みと500円で購入ができます。
http://www.boon-gate.com/search_results?search=%E6%B5%85%E9%87%8E%E6%98%8E

  まえがき
  地干し
   バラ干し
   束ね干し
    穂上立て干し
    穂下立て干し
   積み干し
  掛け干し
   三つ叉稲架
   四つ叉稲架
   二叉稲架
   杭立て稲架
   立木稲架
   縄稲架
   万年稲架
   万年杭
   斜め稲架
   合掌稲架
   棒稲架
   小屋稲架
   軒下稲架
   枝稲架
  四国の稲干し
  九州の稲干し
  参考文献
  索引

目次によれば、稲の干し方は地干し掛け干しに大別され、地干しにはバラ干し束ね干し積み干しの3タイプがあります。

ダイズ収穫 11月19日

澤田さんと細川さんで岩殿C地区のタイズの収穫をして、児沢家に干しました。
DSCN0633

ダイズの収穫、もみすり、リース 11月18日

澤田さんと細川さんで、岩殿C地区の黒ダイズを根元から切って児沢に運んできました。
DSCN0626DSCN0629

ハーベスターで脱穀した籾(もみ)を籾すりして玄米にしました。18.3キログラム。
DSCN0625

細川さんが試作したリースです。
DSCN0632

稲刈りと乾燥 読書ノート

おいしいお米とはどんなものでしょうか。
ふくい米.comというサイトに「おいしいお米の条件」が出ていました。
 おいしいお米とは

  ①つやがある(透明感があり白っぽくない)
  ②ご飯粒はふっくらしている
  ③ご飯粒の表面がしっかりしている
  ④臭いをかぐと、ご飯特有の香がある
  ⑤口中に入れて噛むと、「じゅっ」と広がる淡い甘さがある
  ⑥粘りがあり、ご飯粒同志が付着している
  ⑦適度な軟らかさがあり、口中でほぐれる
  ⑧ご飯以外の異味や異臭がない
  ⑨パサついたり、硬かったりせず食べてもカスがない

というもので、おいしいお米になる条件は

  1品種
  2産地(地形・土質・水質)
  3生産者(栽培法・施肥・農薬・諸管理)
  4気象条件(気温・日照・降雨)
  5収穫
  6乾燥・調整
  7貯蔵
  8精米加工
  9炊飯

とあり、各条件について詳述されています。
例えば、乾燥・調製については、

 乾燥、調整も最近は機械化が進んできたが、注目すべき点は2点。仕上がりの水分である。15.5%をベストとすると、14%以下になると、どのようなよい品種でも、粘りが悪くなる傾向がある。また、16%を超えると、カビが発生しやすくなる。ちなみに、検査では15.9%以下であればOKとなっており、13%の1等米もある。逆に16%を超えると規格外になる。
 また、天日乾燥は風味もよく、おいしいとされる。しかし、最近では、かっこだけのはさ干しが多くみられる。つまり、はさ干しだけでは水分が均等にならないため、水分調整が大変難しく、調整乾燥を機械でする農家がほとんどである。また、はさ干しのお米は胴割れや、発芽しやすく、その点を考えるとお奨めは出来ない。(おいしいだけならいいのだが、品質がついてこない)因みにおいしさだけから言うと、1番 天日乾燥、2番 屋内ハウス内太陽光循環システム、3番 除湿乾燥機、4番 送風乾燥機、5番 低温乾燥機、6番 高温乾燥機となる。2番の、 屋内ハウス内太陽光循環システムは設備投資が大きく、また、効率が悪く、時間が掛かるため余り普及していない。また、整粒と比較すると未熟粒はタンパク質含有量が高いため、整粒歩合が低下するにつれ、タンパク質含有量が高まる傾向がある。

と論じられいます。

以下、大舘勝治さんの『田畑と雑木林の民俗』の91頁からの引用です。
 稲刈り ……鎌での刈り方は、男は横に六株刈って一つかみにし、束ねて前進し、女なら四、五株刈って一つかみにし、根元の近くをマルキワラで結わえた。湿田の場合は直に置けないので、六株刈るうちの一列を株を高く残して刈り、その稲株に稲束の根元をかけておく方法が採用されていた。また、ソリなどと称する田舟の上で束ね、畦まで運ぶ方法も広く行われていた。
 乾燥 刈った稲は、乾田の場合はそのまま地干しにするが、湿田では稲架にかけて一週間くらい天日で乾燥させるのが一般的な方法である。以前は湿田が多かったので稲架にかけることが多かったが、暗渠排水を設けて乾田化すると、稲架にかける必要がなくなった。稲架にかけて自然乾燥した米はおいしいが、乾燥しすぎても米の味が落ちるといわれる。……

乾燥しすぎるとまずくなるということは経験的に分かっていることですが、来年度からは、水分計でチェックしていきたいと思いました。

田んぼのお礼のお米パック 11月16日

岩殿の田んぼでお世話になっている地権者、岩殿・入山田んぼの会の皆さんと、大東文化大学国際関係学部須田ゼミの学生・留学生向けのお米の小袋(2キロと3キロ)ができました。
DSCN0614DSCN0616

大東大須田ゼミ版シール
DSCN0617

入山田んぼの会版シール
DSCN0620

自然に親しむ会 市民の森-秋- 11月15日

ウォーキングセンターの事業「ネイチャーウォーク・自然に親しむ会 市民の森-秋-」に参加しました。物見山駐車場に集合し、3時間かけて市民の森・石坂の森の見晴らしの丘、満喫クラブの岩殿A地区の畑を廻り、正法寺で解散しました。ガイドは渡部さんで、紅葉には少し早かったですが、見晴らしの丘から富士山、畑ではモズの早贄(はやにえ)を見る事ができ、晩秋の里山の散策を満喫しました。市民の森の尾根づたいの園路にはハグロケバエの幼虫の集団が多数見られました。
DSCN0413DSCN0417DSCN0421

DSCN0498DSCN0501DSCN0546

DSCN0549DSCN0576

年度後半の伐倒作業を始める 11月14日 

市民の森保全クラブ定例作業日です。参加者は芦田さん、金子さん、澤田さん、鷲巣さん、渡部さん、Hikizineと、市みどり公園課のお二人で8名でした。
11月から、実生や萌芽したコナラが成長を続けられる明るい林床、日照が確保できる森林環境を回復するための間伐・伐木作業を行います。数十年から百年のスパンで、市民の森の森林環境の遷移を予想し、次世代、次々世代の市民に市民の森を残していくためには、今、何をしておくべきなのか、市民の森の「森林整備計画」作りが必要です。市民の森保全クラブは市民の森の未来、将来像を考えながら、森林環境のモニタリングと並行して、慎重に伐倒作業をすすめます。
DSCN0396DSCN0399DSCN0402

DSCN0403DSCN0406DSCN0407

作業エリアには樹齢が50年に達するコナラもあり、今年度はガイドバー50㎝のチェンソーを新たに購入しました。
DSCN0395

※上下作業の禁止は斜面における全ての作業の鉄則!!
 兵庫県『森林ボランティア作業安全マニュアル(Ⅱ)伐倒・機械使用編

 兵庫県『森林ボランティア作業安全マニュアル(Ⅰ)基礎編

ユリ根・ラッカセイを仕分け 11月13日

岩殿の畑で掘りあげたユリ根と児沢の畑で収穫したラッカセイを仕分けて、袋づめできるようにきれいにしました。
DSCN0587DSCN0585

市民の森保全クラブの2014年度、これまでと今後の活動

■4月~10月の活動
 チェンソーなど使用した枯損木の伐採 4月11日(7人)、4月27日(8人)、5月9日(7人)
 刈払機・鎌を試用した下草刈り・林床管理 6月13日(7人)、6月22日(雨天中止)、7月11日(雨天中止)、7月27日(8人)、8月8日(5人)、8月24日(5人)、9月12日(8人)、9月17日(追加作業日、8人)、9月28日(7人)、10月10日(東松山市環境未来フェアの出展準備、9人)、10月11日(環境未来フェア。パネル展示(活動概要・作業写真など)、ネイチャークラフト配布、作業道具・ホダ木・クヌギ苗など展示。9名)、10月17日(追加作業日、昼食会、8人)、10月26日(7人、作業終了後、作業エリア隣接地の木障刈実施)。
 市民の森植物観察会 7月25日(講師2名、会員有志参加6名)

■前半の活動の特筆できる事
今年度、降雨の影響で2回の活動を中止の作業日がでました。さらに、身体不調・故障のため保全作業に参加できないメンバーが5名近くでている中で(会員数14名)、9月、10月に追加作業日を1日ずつ設定して、年度前半に予定していた、下草刈り、林床管理を計画通り達成できたこと。東松山市環境未来フェアに参加し、活動をアピールできたこと。冬季の照度・樹木調査に向けて、7月25日の市民の森植物観察会、10月14日・16日にフロラ調査を実施し、これまでの作業中心の活動に観察・調査分野の活動を加えたことです。

■11月~3月の活動 会員募集中
 チェンソーなど使用した間伐・伐木作業 11月14日(金)、11月23日(日)、12月12日(金)、12月28日(日)、1月9日(金)、1月25日(日)、2月13日(金)、2月22日(日、キノコ駒打ち体験会に向けてホダ木準備)、3月13日(金)、3月23日(日、キノコ駒打ち体験会の予定)

参加者募集
 落ち葉掃き体験、堆肥場、焼き芋づくり 市民の森保全クラブ+岩殿満喫クラブ  1月17日(土、岩殿・物見山駐車場に午前9時集合、参加費無料)
      お知らせ
    記事検索
カテゴリ別アーカイブ